国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    高梨沙羅


    【テレビ】<高梨沙羅>「メイクの師匠」告白でなぜかざわちんに非難殺到!

    1: 2018/03/11(日) 18:27:23.12 ID:CAP_USER9
    3月5日に放送された「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」(テレビ朝日系)に、平昌五輪でジャンプ女子日本勢として初の銅メダルを獲得した高梨沙羅選手が出演し、ここ数年に見られるメイクの変化について、改めて語った。

    素朴で可愛らしい印象だった高梨選手だが、近年ではメイクに取り組むようになり、急激に大人っぽくなったとして注目されている。その効果もあってか、平昌五輪開催中、韓国では“美女鳥(ミニョセ)”と呼ばれていたようだが、それについて「その“美”は美しいじゃなくて微妙の“微”だと思います。微妙な女の鳥のほうがシックリきます」と高梨は笑顔で謙遜。

    「そして、メイクについて『ざわちんさんのブログはいつも拝見させていただいてます。こういうふうにアイラインを引くのかとか、これはどうなってるんだろうなとかいろいろ(ブログを)見て研究してます』と告白。実は、それ以前にも『スポーツLIFE HERO’S』(フジテレビ系)で、高梨はざわちんのメイク術を参考にしていることを話していて、その際に『小澤さんの…』とざわちんの本名で説明したところから、ざわちんもブログで高梨メイクの写真と共に感謝を述べていました」(エンタメ誌ライター)

    ところが、高梨がざわちんの名前を口にしたことで、ネットでは「悪影響与えんな、ざわちん」「ざわちんはなんの資格も持ってない素人。メイクなんて参考にしないほうがいい」などと、なぜかざわちんに対する非難のコメントが多く寄せられている。

    「というのも、ざわちんがブログなどに載せているものまねメイク写真が画像解析業者に“合成写真”と鑑定されたことがネットで話題になっているのです。なんでも鑑定の結果、まねしている芸能人そのものの画像を自身のメイク画像に部分的に使用していたり、過度なレタッチをしていたとのこと。それによりアンチが急増してしまい、今ではざわちんがブログにものまねメイクを上げる度に、すぐに鑑定に回るという状況になっています」(前出・エンタメ誌ライター)

    高梨選手に悪影響が及ばないことを願うばかりだ。

    アサジョ / 2018年3月11日 10時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_47786/

    写真
    jpg,zoom=1000,quality=70,type=


    この記事の続きを読む

    t

    【平昌五輪】<高梨沙羅の凱旋帰国に拍手まばら…>本人は銅に満足?「今まで見たことがない異様な帰国風景でした」★3

    1: 2018/03/02(金) 08:13:36.35 ID:CAP_USER9
    「今まで見たことがない異様な帰国風景でした」
    とスポーツ紙ベテラン記者が語るのは、平昌五輪で銅メダルを獲得したスキージャンプの高梨沙羅(21)のことである。

    テレビでおなじみだが、選手が凱旋帰国する際、空港の到着ゲートからセレモニーや会見をする場所まで、数十メートルにわたって規制線が張られる。そして、選手たちはそこをカートを押して移動する。万雷の拍手や温かい声援を浴びながら。

    ところが2月14日、高梨がメダルを胸に羽田空港に降り立った際は違った。

    「たまたま居合わせたと思しき人たちが200人ほど群がりましたが、スマホで写真を撮るだけ。拍手はまばらで、“おめでとう”などの歓声もなく、シーンとしていました。仮にもこの4年間、羽生結弦との二枚看板で冬季五輪の広告塔を務めてきた選手。人気ないわけないはずなのに……」

    1

    テレビや新聞はメダリストに判で押したように“おめでとう”と連呼する。だが、ときにそれは白々しく映る。我々は知っている。“おめでとう”のメダルもあるが、“残念でした”のメダルもあるのだ。それが“金”でない限り。

    4年前のソチ五輪で金メダル大本命だったにもかかわらず4位に沈んだ高梨。その後、W杯史上最多に並ぶ通算53勝を記録するなどリベンジの準備は万端に見えた彼女はもちろん後者と思われた。それゆえ群衆は、発する言葉を見出せなかったのではないだろうか。


    「ただ、高梨本人は銅が獲れて心から喜んでいますよ。というのも、今や金銀を獲得した2強には到底及ばず、銅すら危うい実力だということを自覚していたので」

    では改めて、おめでとう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180301-00538561-shincho-spo


    この記事の続きを読む

    1

    【平昌五輪】高梨沙羅、韓国メディアで美人と評判・・・呼び名は「美女鳥」

    1: 2018/02/12(月) 22:23:00.69 ID:CAP_USER9
    今季未勝利のまま、4年前のリベンジへと臨むのがスキージャンプの高梨沙羅。 不安材料は多々あれど、現地では「美人」と報じられているという。

    ソチでは「金確実」との前評判にもかかわらず、重圧から失速。4位に沈んだ高梨は、その教訓を糧に臨む今回も調子が思わしくない。 男女を通じてワールドカップ個人通算新記録となる54勝を目前に、足踏み状態が続いているのだ。

    (中略)

    メダルへ黄信号がともる中「愛車は2000万円のベンツ」といった本業以外の話題がもっぱらである。 「昨季の賞金総額は500万円以下でしたが、CMのギャラは現在、1社1000万円といわれており、これだけで数千万円が入ってくる計算です」(前出記者)

    が、そんな彼女に援軍が。在韓ジャーナリストが言う。
    「高梨は現地メディアでは『美女鳥』と呼ばれています。韓国で好まれる“オルチャンメイク”で 『ルックスはキムヨナに迫る』などと称える声もある。ジャンプ競技が盛んでない当地では、 高梨はライバル視されることもなく、すっかり人気選手となっています」

    自前のハイレベルなメイク術であどけない少女から大人の女性へと変貌を遂げた高梨。 果たして韓国での人気を“追い風”へと変えられるか。

    「週刊新潮」2018年2月15日梅見月増大号 掲載

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02121215/?all=1



    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ