国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    貴乃花親方

    1

    【芸能】若貴 16年ぶり再会も会話なし…兄・花田が明かす

    1: 2018/01/26(金) 20:22:43.27 ID:CAP_USER9
    元横綱若乃花でタレントの花田虎上(はなだ・まさる)が26日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「怪傑えみちゃんねる」に出演。最近、絶縁状態となっている弟・貴乃花親方と16年ぶりに会ったことを明かした。

    親方は日馬富士の暴行問題に端を発した騒動の渦中にあるが、花田は「こないだ、16年ぶりぐらいに(弟に)会いました」と告白。MCの上沼恵美子らスタジオの共演者を「エ~ッ?!」と驚かせた。

    花田によると、「共通の兄弟子が亡くなったんで。お焼香してる(自分の)前に、本人(弟)がいた」という。16年ぶりの“再会”は通夜か葬儀の席だったようで、弟と会話をしたか?と聞かれると、「しゃべんないです。お焼香あげてる時なんで」と一切言葉を交わさなかったことを、いつもの人なつっこい笑顔で語った。

    ゲストのキャイ~ン・天野ひろゆきから、「弟さん、マフラーの具合はどうだった?」とネット上や視聴者も気になっているマフラーの巻き方を冗談まじりに質問されると、「オレが言うと、カドが立つ」と苦笑い。

    花田とはかつて別番組で一緒にMCを務めるなど公私ともに仲がいい上沼が「でも、ものすごい深い、仲の悪さやね」と“若貴兄弟”の仲の悪さについてしみじみ念を押すと、「はいっ」と即答。お焼香の場で会った時には、「最近どう?」という声がけや、別れ際のあいさつすらもお互いにしなかったことを明かし、驚かせていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000127-dal-ent

    この記事の続きを読む


    「相撲」衝撃!貴ノ岩にも暴行容疑 元貴乃花部屋力士の訴訟で発覚「逃げ回る力士にエアガン」

    1: 2017/12/28(木) 17:26:46.73 ID:CAP_USER9
    元横綱日馬富士(33)に暴行を受けた十両貴ノ岩(27)が、逆に“暴行疑惑”で昨年12月27日に東京地裁へ証人として出廷していたことが26日、わかった。引退した貴乃花部屋の元幕下力士が日本相撲協会を訴えている民事訴訟で、3人の元力士が貴乃花部屋で行われていた暴力の実態などを証言。貴乃花親方(45)と花田景子夫人(53)も貴ノ岩と同日に証人尋問で出廷した。訴訟は現在も東京高裁で争われている。

    相撲協会を訴えているのは、十両目前の幕下3枚目だった2014年九州場所限りで引退した元貴斗志(27)。貴乃花親方に引退届を出されたことから15年3月、相撲協会を相手取り「地位確認等請求」、「報酬の支払い」などを求めて東京地裁に提訴。今年3月に請求を棄却されたものの、控訴して現在は東京高裁で係争中だ。

    裁判記録によると、元貴斗志は14年10月18日の朝稽古中、貴乃花親方から「不良みたいな態度を取りやがって。荷物をまとめて出ていけ」などと何度も怒鳴られ、貴乃花部屋から追い出されたという。

    貴乃花親方は元貴斗志について、「起伏の激しいところがあり、精神が乱れることが多々あった」、「やる気がなく、更生することはない。力士の模範になることはありえない」と判断し、20日に引退届を提出した。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/171228/spo1712280012-n1.html

    この記事の続きを読む


    【元横綱】日馬富士、貴ノ岩&貴親方に直接謝罪願う 慰謝の措置話し合いも申し入れへ

    ha


    1: 2017/12/11(月) 17:06:51.32 ID:CAP_USER9
    大相撲の元横綱・日馬富士(本名・ダワニャム・ビャンバドルジ、33)が平幕・貴ノ岩(27=貴乃花部屋)に暴行した問題で、鳥取県警は傷害容疑で11日、書類送検。

    これを受けて元横綱の弁護士は本人に代わり「改めて貴ノ岩関をはじめとする皆様に心からお詫び申し上げます」とのコメントを発表。


    今後、貴ノ岩と貴乃花親方(45=元横綱)に直接謝罪と慰謝の措置についてお願いの申し入れを行うとした。

    コメントは矢田次男、吉野弦太両弁護士の連名で発表され、「現在、まだ検察官による処分前の捜査中であることに鑑み、事実関係の詳しいことは申し上げられません」とした上で「貴ノ岩関に対する傷害の事実は、間違いなく送検されたことを重く受け止めるとともに、横綱という立場にありながら、このようなことをし、現在のような事態になったことについて、改めて貴ノ岩関をはじめとする皆様に心から深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

    文書の最後は「これまで日馬富士は警察の捜査に全面的に強力して参りましたが、この度、ひととおり警察捜査が終了し書類送検されたことから、これを機に、改めて貴ノ岩関と貴乃花親方とお会いして謝罪するとともに、慰謝の措置をどのように行うべきか、話し合いをさせていただきたく、お願いの申し入れを行うこととしております」と結んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000112-spnannex-spo



    この記事の続きを読む


    【悲報】日馬富士をガチギレさせた貴ノ岩の本当の発言が判明してしまう

    1: 2017/12/07(木) 00:42:05.49 ID:luhJVC3+M
    本誌が報じたのは、ガチンコ力士として知られる貴ノ岩が酔って「俺はナイラ(モンゴル語で八百長の意)はやらない」と大声で発言し、それを知った日馬富士らが事件の夜に叱責していたという内容である。

    貴ノ岩本人への協会の聴取を拒み警察を介入させた貴乃花親方の振る舞いも、“八百長”“ガチンコ”という言葉を供述調書に残すためとの狙いがあった。



    「日馬富士」暴行事件でタブーに触れられない 「記者会」は「相撲協会」とズブズブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171206-00533996-shincho-spo

    この記事の続きを読む

    t

    貴乃花が「新日本相撲協会」設立へ

    1: 2017/12/03(日) 13:46:19.95 ID:4BQMMU4Q0
    事件発覚後、不気味な沈黙を守り続ける貴乃花親方(45)。その背景には、八角理事長(54)および相撲協会への根深い不信感があるという。 そして、完全決裂の先には、「第二相撲協会」設立というクーデター構想まであるというのだ。

    「あなた方のことは信用できないので、お断りします」
    11月22日、相撲協会の執行部が貴乃花親方を役員室に呼び出し、貴ノ岩に日馬富士暴行事件の事情聴取に応じるよう説得を要請すると、八角理事長らに向かって、こう言い放った。

    この貴乃花親方の発言は八角理事長、ひいては相撲協会に対する事実上の「宣戦布告」と言っていい。角界関係者は、「もはや相撲協会に居場所はなくなった」と前置きし、続けるのだ。

    「貴乃花は公益法人である相撲協会のいわば重役として、本来なら事情聴取に応じる義務があります。ところがそれを執行部の面々の前で拒否したということは、現執行部に対する三行半と言っても過言ではない。このまま貴乃花親方は協会を出ることも視野に入れているのではないか。となると、新しい団体を作るしかないことになる。つまり『第二相撲協会』設立ということですよ。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13975667/

    この記事の続きを読む

    t

    【アクロバット擁護】貴ノ岩も殴っていた!夏巡業中、同じモンゴル人力士を…日馬富士激怒の一因か

    1: 2017/11/19(日) 05:45:17.96 ID:Vz/QWmfJ0
    大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=に暴行を受けた前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花=が、今年の夏巡業中に同じモンゴル人力士を殴打していたことが18日までに分かった。

    関係者によると、日馬富士は貴ノ岩の乱暴なふるまいに立腹しており、10月25日に鳥取市内で暴行に及んだ要因の一つになっているという。後輩への説教のつもりが度を越し、日本中を騒がせる横綱による暴力事件につながった可能性がある。


    被害者である貴ノ岩も暴力を振るっていた。関係者によると事件が起きたのは夏巡業中で、殴られたのは別の部屋の幕下以下の力士。宿舎の風呂場の湯が出なかったため、貴ノ岩は確認を命じたが、報告が十分に伝わらずに激高。顔面を数発殴り、膝蹴りしたという。この場面を多くの力士が目撃していたという。

    暴力行為は許されることではないが、殴った相手が同郷の先輩の関取ということで、大事にせず被害届など表立った行動は起こすつもりはないと言う。しかしその後、この件が日馬富士に伝わり、度を越した貴ノ岩の行為をいさめる必要があると考えていたという。

    今回の日馬富士の暴行事件の背景には、思い上がった後輩の態度を許せないと判断した横綱の“制裁”の意味もあったと指摘する声もある。結果として暴行は明るみに出て、日本中の注目の中で任意とはいえ警察の聴取を受ける段階にまで発展した。

    力士の模範であるべき横綱が、暴力の連鎖で相手を負傷させた事実は決して許されるものではない。 殴打に訴えず、番付最高位の立場と説得力ある言葉で後輩力士の言動をいさめれば、違う結果になっていたのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000024-sph-spo

    この記事の続きを読む

    1

    【話題】日馬富士、逮捕の可能性ほぼなし 示談成立で不起訴も

    1: 2017/11/15(水) 07:16:14.01 ID:CAP_USER9
    11/15(水) 7:04配信
    スポーツ報知

     日馬富士の今後について、レイ法律事務所の松田有加弁護士に聞いた。

     Q 逮捕の可能性は

     A 被害届が出されると、警察は捜査を始める。証拠隠滅や逃亡のおそれがある場合は逮捕して強制捜査を行うが、今回のような場合は任意捜査になることがほとんど。日馬富士がきちんと応じれば、逮捕はほとんどないとみられる。

     Q 容疑は

     A 傷害容疑だろう。けがを負わせる際に殺意が認められれば殺人未遂容疑になるが、その可能性は低い。


     Q 力士ということで罪が重くなる可能性は

     A 被害者が女性など、圧倒的に体格差がある場合は別だが、相手も力士なので(重くなることは)ないだろう。


     Q 起訴されるか

     A 示談の成立がポイント。折り合いがつけば、内容を警察と検察に提出し、最終的に判断される。示談が成立しても起訴される可能性はあるが、不起訴には示談成立はほぼ絶対的な条件。


     Q 国外退去処分は

     A 1年を超える実刑判決の場合、退去処分となるが、今回は基本的にない。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000011-sph-spo

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ