藤井聡太くん頭の回転速すぎるやろ

1: 2018/01/01(月) 21:32:08.04 ID:iSh+aEEb0
とある経済学者との対談の一部
https://blog.40ch.net/2018/01/01/fujii-sota-4th-stage-dialogue-with-economists-thelleros-theorem-discussion/
安田 人間の行動には説明がつかないこともあるので、全てというわけにはいきません。
ただ、安定して観察される現象については、筋のいい見方ができるのではないかと思います。
ではここで、1対1で数字を数え上げるゲームをしてみましょう。
「1から順番に数字を数え上げる」「一度に三つまで数えることができる」「ある数字を数えた方が負け」というルールです。今回は、「21を数えたら負け」という設定にします。まず、1。

藤井 2、3。

安田 4。

藤井 (5秒ほど考えてから)5。

安田 6、7、8。

藤井 あっ、そうか……。これは多分負けです。

安田 なぜ、気づいたのですか。

藤井 21が「4の倍数+1」になるからです。

安田 やっぱり、気づくのがとても速いですね。このゲーム、先手に必勝法があるのか、後手に必勝法があるのか、わかりますか。

藤井 後手必勝です。

安田 そうです。
先手がどう数えても、後手は必ず4の倍数で、そして20で数え終えることができるからです。
このように、有限の手数で終わりが来るゲームは、必ず先手必勝か後手必勝かが決まっています。
これは、考えた学者の名前にちなんで「ツェルメロの定理」と言われています。
将棋はとても複雑なゲームですが、同じようにどちらかが必勝になるはずです。
f


【藤井聡太四段と大学教授との対談がヤバイ…頭の回転速すぎるやろ…】の続きを読む