国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    小林麻耶


    小林麻耶「海老蔵と付き合ってる    


    1: 2018/06/24(日) 10:40:28.35 ID:afFwtB1C0 BE:618588461-PLT(35669)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000055-spnannex-ent

    昨年6月22日に乳がんのため亡くなった小林麻央さん(享年34)を「偲(しの)ぶ会」が23日、都内で行われた。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)、長女の麗禾ちゃん(6)、長男の勸玄君(5)ら家族のほか、麻央さんの友人や仕事仲間ら200人以上が出席。姉でフリーアナウンサーの小林麻耶(38)は悲しみをこらえ、ユーモアあふれるスピーチを披露した。

    天国の妹に語り掛けるような、優しい口調だったという。非公開で開かれ、麻央さんの友人や仕事仲間らが多く集まった会。関係者によると、麻耶はスピーチで「私と海老蔵さんが付き合っているとか、私が振られたということになっちゃってる」と週刊誌などでの報道に触れ、「そういう報道が出ないように、麻央ちゃん見守っていてね」と話して笑いを誘った。

    明るく、食べることが大好きだった麻央さん。麻耶は「ピザとかジャンクフードが好きでした。食べる時に麻央を思い出してください」と出席者に呼び掛けた。
    1

    この記事の続きを読む

    1

    【芸能】小林麻耶、市川海老蔵長女の入学式に欠席 「母親代わり」に区切り、か?    

    1: 2018/04/12(木) 21:15:32.93 ID:CAP_USER9
    前日までの初夏の陽気から一転、花冷えとなった4月上旬。咲き残っていた桜の花びらが舞い散るなか、真新しい小さな制服に身を包んだ新入生と保護者たちが、胸を躍らせながら校門に向かって歩いていく。

    「この日は都内の有名私立小学校の入学式でした。篠原涼子さん(44才)と市村正親さん(69才)、長谷川京子さん(39才)とポルノグラフィティの新藤晴一さん(43才)が新一年生のお子さんと一緒に家族そろって出席されていました」(目撃した人)

    その中には市川海老蔵(40才)の長女、麗禾ちゃん(6才)の姿もあった。しかし、麗禾ちゃんの傍には海老蔵がおらず、小林麻央さん(享年34)が亡くなった後に“母親代わり”を務めてきた姉・麻耶(38才)の姿もない。

    「この学校は海老蔵さんだけでなく父・團十郎さん(享年66)の母校でもあり、歌舞伎役者やその子供たちが多く通っています。いずれは勸玄くん(5才)もこの小学校を目指すはずです」(歌舞伎関係者)

    入学式が待ちきれないといった様子で小走りしたり、軽くステップを踏んだりしながら校門に向かう麗禾ちゃん。その隣にいたのは、麻央さんのお母さん、つまり麗禾ちゃんのおばあちゃんだった。


    「寒かったからか、おばあちゃんが近くのコンビニで貼るカイロを買い、それを麗禾ちゃんが店の隅っこでおばあちゃんの背中に貼ってあげていました。おばあちゃんが“ありがとう”と言うと、一緒に手をつないで店を出る姿が微笑ましかったですね」(居合わせた客)

    海老蔵は3月から歌舞伎公演『源氏物語』の主演で全国を飛び回っており、この日は福岡・博多にいたため入学式に出席できなかった。ブログには登校前に麗禾ちゃんとテレビ電話をした様子を綴っている。

    麻耶はこれまで麗禾ちゃんや勸玄くんの幼稚園への送り迎えだけでなく、ママ友との交流も積極的に行うなど、麻央さんに代わって母親役をこなしてきた。幼稚園の運動会にも朝早くから並んで場所取りをし、麗禾ちゃんのバレエ発表会にも駆けつけた。


    この小学校の学校見学会にも麗禾ちゃんと一緒に参加する様子が目撃され、説明会にも願書受付にも姿を見せたのは麻耶だった。卒園式にももちろん出席。ボロボロと涙を流していた。ところが、待ちに待った入学式には最後まで姿を見せず、ブログで触れてもいない。

    「3年前に麗禾ちゃんは系列の幼稚園のお受験に合格していたという話を聞きました。麻央さんは前々から“子供たちをこの学校に進学させたい”と言っていて、念願かなったのですが、この学校は親御さんが参加するバザーや保護者会などの行事が多く、当時闘病中だった麻央さんにはかなり負担が大きいということで、近所の幼稚園に急きょ変更したそうなんです。麻央さんの思いを誰よりわかっていた麻耶さんにとっても、思い入れは強かったと思います。合格を飛び上がるほど喜んでいましたし、当然入学式も行くつもりだったと思います。

    ただ、海老蔵さんは麗禾ちゃんの小学校入学を一つの“区切り”と捉えていたようです。幼稚園までは子供たちも幼く、“母親代わり”が必要でしたが、小学生になったら変えていかなければいけない。麻耶さんの気持ちは痛い程わかりながら海老蔵さんから“今回は出席しない方がいいと思う”とあえてNOサインを出したんでしょう。父親としての決断だったんだと思います」(別の歌舞伎関係者)

    麗禾ちゃんが入学式を終えた後の4月6日、麻耶はブログに意味深な言葉を残した。「ようやく自分の本当の気持ちを吐露できた、と書いていました。“生きる力”が戻ってきたとも。それでも、10日のブログには“神様がいるならば、妹ではなく、私を召せばよかった”とも綴っていて、なかなか心の整理はつかないようですけどね…。麻耶さんにとっていちばんの幸せは、姪や甥の成長を見守ることで、一緒に遊んだり面倒を見たりするのが生き甲斐になっている。

    今も週に何度かは海老蔵さんのマンションを訪れては2人の世話を焼いていますよ。でも、海老蔵さんはそんな麻耶さんに感謝しつつも“彼女を縛りつけたくない”と思い、麻耶さんは麻耶さんで“このままでいいのだろうか”と悩んでいたので、今回のことがいいきっかけになるかもしれません」(麻耶の知人)

    花びらが散った後に青葉が芽吹くように、“家族”も新しい出発を迎えた。

    ※女性セブン2018年4月26日号
    小林麻耶、海老蔵長女の入学式に欠席「母親代わり」に区切り 
    4/12(木) 16:00配信 NEWS ポストセブン 
    https://www.news-postseven.com/archives/20180412_666505.html 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00000019-pseven-ent 

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ