国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    吉岡里帆


    吉岡里帆さんのすっぴんがおっさん

    1: 2018/05/11(金) 22:13:32.47 ID:Z/QaVZPh0
    今月8日に大腸がんのため、62歳で亡くなった芸能事務所「エー・チーム」の代表取締役社長・小笠原明男(おがさわら・あきお)さんの通夜が11日、 東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。所属する女優の吉岡里帆は取材に応じ、「本当にお父さんみたいな人」と話し始めると涙が止まらなかった。

    小笠原さんは1996年にエー・チームを設立し、俳優・伊藤英明を育てるなど活躍。現在、同社には岩城滉一、DAIGO、浅香航大ら多くの人気俳優、タレントが在籍している。

    焼香を終えた吉岡は「本当にお父さんみたいな人」と話し始めたが、そこから涙があふれた。おえつも止まらず「ごめんなさい。上手に話せない…。ちゃんと話さないとって分かっているんですけど…」と言葉を詰まらせながら「テレビが好きで、映画が好きで、周りにいてくれる人を大切に大切に思っている人」と故人の人柄を偲んだ。


    https://www.oricon.co.jp/news/2111274/full/

    うつむきながら涙を拭った吉岡里帆さん

    1

    2

    4


    この記事の続きを読む

    【芸能】吉岡里帆、「渓谷のスジ」見せ画像に女性は「あざとい」批判も男たちは大興奮

    1: 2018/05/01(火) 10:36:29.67 ID:CAP_USER9
    女優の吉岡里帆が胸の渓谷が見えている艶ショットを公開し、男性ファンから喜びの声が上がっている。

    4月25日にインスタグラムに公開された写真がそれで、オモチャの銃を構えた吉岡を捉えている。ラフな服装で胸元が大きく開いているため、渓谷のスジがしっかりと見えているのだ。
    no title

    (中略)

    吉岡は以前、ウェブ媒体の対談でグラビアや写真集を否定する発言をしてバッシングを受けた。その後発言を否定したものの、完全になかったことにはできていない。

    「この写真は海外で撮られたもので、写真集の撮影のために訪れています。今回、インスタにやたらと新たな写真集の撮影の様子をアップし、このようなサービスショットを投稿しているのは、グラビア否定発言を打ち消そうとしているのではないかとファンは感じているようです。それが『あざとい』という批判につながった」(芸能記者)

    男性ファンとしては批判にめげることなく、これからも肌見せの多い写真を見せてほしいというのが本音だろう。

    https://www.asagei.com/excerpt/103504

    この記事の続きを読む


    【芸能】吉岡里帆のタンクトップ&ショーパン姿に「スタイル良すぎ」の声    

    1: 2018/04/27(金) 05:05:28.82 ID:CAP_USER9
    女優の吉岡里帆が25日、自身のインスタグラムに黒いタンクトップ姿で笑顔を見せる一枚を投稿した。現在、写真集作りのために海外を旅する吉岡。そのセクシーなタンクトップ姿にはファンから「めっちゃかわいい」といった声が届いている。

    現在、写真集の撮影で海外を訪れている吉岡。「#一緒に旅感」というハッシュタグのとおり、よそゆきではないリラックスした笑顔の吉岡が、黒いタンクトップにデニムのショートパンツ、グレーのキャップというラフなスタイルで写真に収まっている。
     
    写真の吉岡はキャップにペンで字を書き、天井に吊るしたようだ。写真集のために開設された別アカウントによると、「旅人たちが、立ち寄った記念に自身の帽子や衣類を天井から吊るしてまた旅立っていくという、砂漠の中の面白いガスステーションを訪れました」とのことだ。
     
    ファンからは吉岡の素顔に対して「めっちゃかわいい」「スタイル良すぎます」といった称賛の声があがっている。また、吉岡が実践した帽子を吊るす行為についても、「素敵な文化ですね」といった感想があがっていた。


    [riho_yoshioka]
    no title

    no title

    no title


    https://www.crank-in.net/news/55664/1

    この記事の続きを読む


    吉岡里帆、推定Eの自分のバストを指して“柔らかい”と爆弾発言

    1: 2018/03/11(日) 16:09:18.80
    「この日の彼女は白のシャツに黒のズボンという衣装でした。シャツは長袖で下も丈の長いものだったので、肌見せはほとんどなし。吉岡がステージに上がってきた時は最初、ガッカリしましたが、よく見ると胸が以前にも増して盛り上がり、存在を激しく主張しているんです。彼女はこれまで推定Eサイズとされていましたが、それよりも大きく見えましたよ」

    イベント中には胸に関するちょっとした爆弾発言まで飛び出した。この日の衣装について聞かれた吉岡は胸のフリルの部分を指して「商品の“柔らかさ”が表現されているようです」とコメントした。

    「彼女は言葉の上では、商品に対して『柔らかい』と説明しているわけですが、どうしても『私の胸は柔らかい』と誇らしげに匂わせているようにしか感じませんでしたね。あの服装の下に隠されている部分をいろいろと想像せざるを得ませんでしたよ」(前出・取材カメラマン)

    全文はソースをご覧ください
    http://www.asagei.com/excerpt/100095 
    2

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ