国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    にゃんこスター

    【芸能】アンゴラ村長「超大物吉本芸人への非礼」に吉本若手が「シメる」ブチギレ!

    1: 2018/01/11(木) 12:37:24.68 ID:CAP_USER9
    昨年の「キングオブコント」を機に大ブレイクを果たしたにゃんこスター。男女混成コンビにして両者が交際中という話題性から、年末年始もバラエティ番組に引っ張りだことなった。

    そんな中、同コンビで「リズム縄跳び」を担当する女芸人・アンゴラ村長に関して“物騒な話題”が──。

    「今彼女に対して“マジギレ”している芸人がいるんですよ」と語るのは放送作家だ。アンゴラ村長に対する怒りの声が飛び交う背景に「正月特番での彼女の言動」があるという。

    「1月2日の特番『新春しゃべくり007』(日本テレビ系)に、にゃんこスターが出演したのですが、そこで『“超大物先輩芸人”に対してアンゴラがナメた口をきいた』というんです」

    いったい、その“超大物芸人”とは?

    「宮川大助・花子の花子さんです。番組の序盤、ブルゾンちえみとのからみの際にアンゴラ村長が盛大にスベってしまい、花子さんが『あんた、しゃべりアカンな!』とダメ出ししたのですが、ここからのアンゴラ村長の言動が問題視されているんです。あろうことか芸歴40年を超える大先輩の花子さんに指を指し『あんた』呼ばわりしたあげく、『大阪弁でしゃべりすぎ』『もうちょっと黙っておいたほうがいい』と“非礼すぎる反撃”をしたんです。番組を見た吉本の若手数人が『絶対に許さん』『アンゴラをシメる』とライブの楽屋で息巻いていましたよ」(前出・放送作家)

    一方で「トークの弱いアンゴラ村長にそんなアドリブができるわけがなく、間違いなく『台本ありき』でしょう」と、この放送作家は指摘するが、新年早々、お笑い界らしからぬ物騒な話である。

    http://www.asagei.com/96212 


    2

    1
    この記事の続きを読む


    a

    アンゴラ村長さん、終わる 過去の性格の悪さ丸出しのツイートが発掘される

    1: 2018/01/03(水) 14:50:34.19 ID:pnHbNxgR0
    10月アンゴラ村長は早稲田大学卒業後、都内のIT系ベンチャー企業に勤める身。
    Twitterによれば「芸人3年目と社会人5ヶ月目」だそうだ。
    そんか彼女の過去のツイートが話題になっている。
    そのツイートがことごとく“痛い”のだ。

    「狭いコミュニティの中で偉そうな顔してればいいのよ。私はもっと高みを目指しますので、どうかその低能稚拙という個性を失わないようにね(^^)」
     
    「今日は上目遣いで歩くブスを見たから不機嫌だった」

    「お笑いのオーディションに応募したつもりだったのに、 お笑いもできる『アイドル』のオーディションに応募してしまった…書類審査とおっちゃった…」
     
    「夜10時からセッ◯スを放送してくれたらもっとテレビ見るよな」
     
    「男性は体にチ◯コなんか下げちゃって…恥ずかしくないのかな?笑」

     
    これらは2012年~2014年にツイートされたもの。アンゴラ村長がまだ10代後半だった時期だ。 「不本意だけどアイドルのオーディション通っちゃった」的な発言をするのは、なかなか痛い。素朴な見た目とは裏腹に、ズバズバ言う系の毒舌だったよう。 彼女は2013年に「悪口を言うためのツイッターアカウントがあったのですが、機種変したら入れなくなりました。無くなって初めて大切さに気付く」とツイートしている。

    だが、それ以前には「悪口を楽しむ人間にはなりたくないなあ」ともツイートしていて、言っていることが破茶目茶だ。
    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171011/Messy_54361.html

    no title

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ