医者「ご家族の命は長くありません」突如訪れた余命宣告に動揺する親族に代わって、彼女の心の支えになったのは恋人だった。

1:

幼馴染の男性が取った行動とは
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:06:40.88 ID:yOOYeIydO

確か昨日だった。俺はあいつと会った。引っ越してきたらしい。
俺は声をかけた。

男「お?久しぶりじゃん。幼馴染だよな?」

幼馴染「…」

おかしい。違和感の原因を突き止めるのはそう難しくなかった。

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:09:54.67 ID:yOOYeIydO

男「…?どうした?」

人違いか?いや…そんな筈は…でもひょっとしたら…

幼馴染「…」

なんだ人違いか。自分を無理矢理納得させて、アパートの自分の部屋に戻ろうとした。

男「すみません、人違いでした」

幼馴染「アンタ、男でしょ?」

足が止まった

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:13:09.67 ID:yOOYeIydO

男「なんだよ、人違いかと思ったじゃないか…あー恥ずかしい思いして損した」

幼馴染「ふぅん」

もしかしたら、こいつ明日から俺と同じ高校に通うのか?

男「お前ってさ、もしかして通う高校って」

幼馴染「〇〇高校」

当たった。ちょっとテンションが上がった。でも、なにか違う。こいつ、こんな性格だったっけ?

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:16:57.28 ID:yOOYeIydO

男「そうだ!引っ越しの後片付けとか、荷物の整理とか手伝うよ!」

幼馴染「いや…いいよ」

男「そっか…」

なんか鼻っ柱を折られた気分だなぁ…

まぁこいつも女の子だ。男には見られたくないものだってあるに違いないさ。

男「じゃ…用があったらいつでも呼んでくれな」

部屋に戻り…寝た。

隣からあわただしい音がしたが、呼ばれない以上しかたない。明日から新学期だ。

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:21:56.21 ID:yOOYeIydO



あいつはもう部屋にいなかった。初日からお早い登校ですこと…。

学校

男友「おう!お前また同じクラスだな!」

男「お、そうなのか。よろしくな」

男友「はは、何を今更!」

無意識に幼馴染の名前を探した。無い…無い…あった。灯台下暗し、とはこのことか。同じクラスだ。

男友「まぁ…教室に行こうぜ」

男「そうだな」

多分今年も出席番号でいえば、1番後ろの席だろう


1:


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:25:43.93 ID:yOOYeIydO

やはり席は1番後ろか。

あいつは1番前の隅だった。

男友「あの子…うちの学校にいたっけ?可愛い子はすぐチェックしてるんだが…」

お前のチェック精度は舐めたモンじゃないが、「あの子」は転校生だ、無理もない。

女友「あの子多分転校生だよねー…。なんか怖いなぁ…雰囲気が」

聞いてたのか

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:29:24.18 ID:yOOYeIydO

男友「話しかけてこいよ!お前が友達第1号だ」

女友「えぇ~」

男友「帰りにタコ焼きおごってやるよ」

女友「イェッサー!」

小柄な女友が幼馴染の席に走っていく。机の上に乗り出し、気さくそうに話しかけている。

あいつの昨日のようすじゃ、突っ返されるのがオチ…

女友「そんなわけで、よろしくぅッ!」

幼馴染「うんっ!よろしくねっ」

あ…あれ…?

そこには昔のあいつがいた

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:35:52.96 ID:yOOYeIydO

先生からの紹介により、幼馴染は自己紹介した。うん、普通に明るい。友達もたくさんできるだろう。じゃ、昨日なんで…。

放課後

男「おう、一緒に帰るか?アパート隣だし」

幼馴染「いい。一人でかえる」

男「はぁ…俺…お前に嫌われちゃったのかなぁ…」

幼馴染「…」

しまった、つい口をついて!

あいつは廊下に鞄を持って飛び出し、帰ってこなかった。

男友「おやおや、あの子となんか関係あんのか?」

男「べ…別に…」

女友「タコ焼き~~」

男友「わかったって!こら、引っ張るな!」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:40:36.50 ID:yOOYeIydO

アパート

一応謝ったほうがいいのか…
コンコンとドアを叩く

男「…いる?」

カギ…かかってないし…

男「は、入るぞ」

幼馴染「入らないで!!!」

ビックリしたね。イヤーたまげた。だって怒声がいきなりさぁ

男「あ、あのさ、今日、何か悪いこと言ったみたいで…ごめん」

幼馴染「…」
幼馴染「わかったから、さっさと部屋に戻って」

絶対許してもらってないな。ったくもう…。

自分の部屋に入ると、隣からすすり泣くような声がきこえた

これはマズイ


1:


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:45:56.48 ID:yOOYeIydO

翌朝、あいつはまたしても早く部屋を出ていた。

学校

女友「おはよーっ!」

男「お、おはよ」

男友「よう…」

男「ど、どうした」

男友「聞いてくれ。このおチビちゃんがさぁ…タコ焼き10人前って…もうなんなんだよ…」

女友「量の指定はなかったもんねっ!」

男友「だからといって遠慮を知らんのかこのドチビがぁあ!」

女友「ドチビとは何事じゃあああ!!!」

また始まった。

さ、HRだ。席につこう


1:


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:49:35.15 ID:yOOYeIydO

休み時間、あいつは色々な子とメルアド交換をしていた。友人関係に悩むことはなさそうだな。

男友「頼みがある」

男「なんだ?」

男友「金…貸して…くれ…あと1週間100円で過ごせる自信がない…」

男「ほら…仕方ねぇなぁ」

男友「恩に着る!!2倍返ししてやるからな!」

さて…俺はこれで一週間買い物は一切できなくなったわけだ。

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:52:06.62 ID:yOOYeIydO

自部屋

男「さぁてと…冷蔵庫の中身は…と…」

ニンジン、モヤシ、残りものの煮物…白菜etcと若干の調味料

男「うっ…とりあえず今日は煮物の残り食うか」

これから先一週間が思いやられる。もうお金ないんだもん…!


1:


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:59:37.11 ID:yOOYeIydO



だめだ…腹が減ってなにもする気になれん…寝るか…。

『コンコン』

ん?

男「はい」ガチャ

幼馴染「…」

男「お、お前から珍しいな。どうした?」

幼馴染「これ…」

その手には、可愛い絵柄がついたタッパがあった

男「?」

幼馴染「今日、何も食べてないんでしょ」

バレたか。朝飯は食べたけどなぁ。

幼馴染「はい」

男「おう、サンキュ」

俺が受け取ると、あいつはプイと自分の部屋に引き返した。なんか淋しい気がするけど、タッパの中にあった野菜炒めは美味しかった。


1:


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 22:02:47.62 ID:yOOYeIydO



さて、冷蔵庫にあったモヤシを炒めて食べて、今日もバリバリいけそうだ!! ん?郵便受けに何か入ってる?

弁当箱だった。

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 22:10:10.46 ID:yOOYeIydO

男友「そりゃお前、ツンデレって奴だよ」

男「ツン…デレ…?」

知ってる。いや言葉の意味は知ってるんだ!あいつがツンデレ…ねぇ…

男友「ためしにあの子に好きって言ってみろよ」

男「ためしって…」

男友「ったく…しかたねぇな…じゃ、俺があの子にお前があの子の事好きってことほのめかせばだな…」

男「待て!なんで俺があいつの事好きって事になってんだよ!」

男友「違うのか?」

男「あ、あぁ…!」

男友「そうか、行ってくる」

男「待てーーー!!」


1:


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 22:13:29.76 ID:yOOYeIydO

男「あ…あぁぁ…」

終わった…あいつに変な目で見られる…せっかく再会したのに…

女友「ありゃりゃ」

男友が喋ってる…その会話に全神経を集中する。

男友「…て訳なんだが、どうだ?」

幼馴染「ふぅん…私は…『あの人』の事、嫌いだなぁ…」

!!!!

終わった


1:


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 22:15:54.81 ID:yOOYeIydO

帰り道

男友「…正直ゴメンナサイ…」

男「いい…いいんだ…ははっ」

もうどうでもいいんだ…アハハハハ

男友「お前…自殺とかすんなよな…」

男「だーかーら!言ったろ?俺は好きじゃないってさ!!」

男友「あ…あぁ…」

女友「なんか悲しいね…」

男友「それだけは言うな…」

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 22:19:55.57 ID:yOOYeIydO

男友の話によると、ツンデレとはあの状況のときに

『なっ…///そっそんな話して何になるのよっ!!』

とか

『わっ私も…好き…かも…』

とか、動揺したり第三者には素直になったりするらしい。

ところがあいつは

「私は嫌いだなぁ」

淡々と答えた。しかも『あの人』と来たもんだ。

完全に嫌われてるな。でも、弁当とかくれたり、そういう優しさは変わってないみたいで有り難かった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



まとめ連合



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)