尻フェチの俺が高校のとき女先輩二人と工口いことをした話を聞いてほしい

1: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 00:50:44.884 ID:+vrw4Zap0.net
思い出して興奮してきたから書く
5: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 00:52:48.424 ID:+vrw4Zap0.net
初心者で何もわからんから優しく見守ってくれ
スペック


当時16歳 身長160cmのチビ
体と顔が幼い 尻フェチ

女先輩1 ここではMとしておく
17歳で身長165くらい
派手な川口春奈って感じ
尻がデカくてめちゃくちゃ出っ張ってる

女先輩2 ここではSとしておく
同じく17 身長は161で俺より少し高い
有村架純の顔を丸くして、雰囲気を柔らかくした感じ
女にも好かれる可愛らしい性格

友達 YとFしておく
本題にはあまり関係ない
どっちもいい奴
9: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 00:54:04.767 ID:+vrw4Zap0.net
なんか山の話が始まったが書いてく

高校の部活はバドミントンだったんだけど、人数がそこまで多くなくて(特に男子)
三年生はそもそも一人もいなく、実質二年生が最上級生だった。
何人か強い人も居たけど、和気あいあいとしてて、部活っていうよりもサークルに近い感じだった
13: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 00:57:34.565 ID:rGPxeN0Qp.net
>>9
見てるよ
18: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:01:41.784 ID:/tMEMxaDd.net
ほんとに工口いんだろうな

引用元



12: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 00:56:49.468 ID:+vrw4Zap0.net
ちなみに一年生は、俺とYとFの三人に加えて、大人しい女子2人しかいなかった。
一個上の先輩は女子は8人くらいいたが男子はいなかった。
で、必然的に俺ら三人は先輩の女子によく弄られた。Fは大人しいヤツだったが、俺とYは自分からもよく話しかけに行って、部活終わりにカラオケや焼肉に行ったりもしてた。
14: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 00:58:35.790 ID:+vrw4Zap0.net
見ててくれる人がいたか

そこでいつもいたのはSとM。
どっちもカーストは上の方ね
Mは意外に彼氏取っかえひっかえなビッチ
Sは男子に人気のマドンナ的な感じな
どっちもオカズにはしてた

そんなある日、和気あいあいと部活をやっていると、SとMと身長の話になった
M「ウチ最近身長伸びたかもしんないさー」
S「うん、たしかに」
俺「羨ましいっス。俺全然伸びなくて」
みたいなことを言ってると
M「え、比べてみようよー」
と俺の手を引っ張って背中合わせになった
その時、自分の尻に柔らかい感触を感じたんだ
15: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:00:28.903 ID:BLiD9r9z0.net
工口いことのレベルによっては糞スレ
16: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:00:36.053 ID:+vrw4Zap0.net
バドミントンの部活の格好はTシャツに短パン、要するにパンツの上に薄い布を被せているだけのようなもの
それに、スマッシュを打つ時にシャツが捲れ上がるのが邪魔で短パンにシャツをインしている人が殆ど
要するに、もろ尻ってこと
17: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:01:15.929 ID:+vrw4Zap0.net
まだ本編じゃないんだ
気長に待ってくれ
パンツはもう少ししたら脱いでいいよ
19: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:02:18.578 ID:+vrw4Zap0.net
Mの柔らかい尻と自分の尻を密着させていると、Mの尻たぶと俺の尻たぶが合わさってお尻の割れ目まではっきり分かった。童貞の俺は興奮を隠すのに必死
M「どう、S?」
S「んー、Mの方がちょっと大きいかな…」
Sは遠慮気味に言う。Mは勝ったなどと得意げな顔をしている。俺はまじすかーとか言ってたと思う。
男子が女子に身長で勝てないのはプライドが傷つくが、それをえぐるMはあまり気を遣えない先輩だと言うのも分かってたし、何より、興奮でそんな事どうでも良かった
Sは俺を気遣うように笑いかけた
20: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:02:53.994 ID:+vrw4Zap0.net
実は俺はSが気になってて、本気でアプローチはしてなかったものの付き合えたら嬉しいと思ったし、何度も夢に出てきた
その笑い顔はすごく癒された
Sの尻柔らかいんだろうなーとか考えてた
21: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:04:02.750 ID:+vrw4Zap0.net
S「わたしは、俺くんに勝てないかなー」
そう言って突然Sも背中合わせになってきた。神は俺に味方した。ぷるん、と再び俺の尻に先程よりもさらに柔らかい感触が伝わってくる
先程まで動いていて少し汗ばんだお互いの柔らかい尻肉を押し付け合うと、不覚にも少し勃起してしまった。角度的には、バレてなかったと思う
Sは背中越しからもいい香りがして、何より、無防備に尻を押し付けるような女子には見えず、余計興奮した
S「負けたな!こりゃ」
Sは気を遣って俺を勝たせてくれた。
そして、俺から離れるとニコニコして
S「俺くん、可愛いし気にすることないよ」
と言ってくれた。若干ショタっ気もあった俺は惚れた。もうカッコよくなくてもいいと思った。その日の夜もオカズにした
22: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:04:28.021 ID:/tMEMxaDd.net
アルファベットじゃなくて名前つけてくれると分かりやすいんだが
23: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:07:47.376 ID:+vrw4Zap0.net
仮名でSはサキ、Mはミクとしよう
Yはあまり出てこないが、ユウマとしておく。
25: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:08:53.805 ID:+vrw4Zap0.net
実質ここから本編
お色気背比べから2週間ほど経ったある日
ミクに突然家に遊びに誘われた。
ミクが言うにはサキと俺の三人で遊びたいというものだった。噂には聞いていたが、ミクは結構男にだらしなく、彼氏をよく替えていた。特に興味の無い男も自宅に呼んだりすることもあったらしい
俺は一瞬良からぬことを考えたが、ユウマも呼びたいと希望した。
童貞丸出しの俺に興味あるわけもないと思ったからだ
27: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:11:29.714 ID:+vrw4Zap0.net
すまん、新参だから許してくれ

しかし、
俺「先輩んち行くけど来る?」
ユウマ「あー、すまんなぁ。俺は今日用事あるんよ」
俺「まじ、一人キツいんだけど」
ユウマ「いいじゃん、お前女みてーなもんだろw」
俺「うるせえオニギリ頭w」
みたいな感じで断られた。
俺は迷ったが、流石に何も起こらないと思ってサキと俺でミク家に向かうこととなった。
28: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:13:51.740 ID:+vrw4Zap0.net
サキ「え?ユウマ来れないの?」
ミク「うん、でもいいじゃん、三人でもさ」
三人で自転車に乗ってる時だった。
要するに、ミクはサキにユウマも来る体で話していたということである。
俺の頭は?だったが、気にしないことにした。
これが小芝居だったことは後で気づく
サキ「夕焼けきれーだねー」
ミク「写真撮りたくない?」
サキ「だね!撮ろ、俺くん!」
夕焼けをバックに自撮り棒で写真を撮った
ミクが肩を組んできたときの手がすごくスベスベしていた
31: 以下、からお送りします 2017/03/05(日) 01:17:14.603 ID:+vrw4Zap0.net
その日は部活が午後だったため、三人でファミレスで軽く夕飯を済ました
それからコンビニでお菓子や飲み物を買って、ミクの家に向かった
ミクの家は留守だった。父が単身赴任でいないらしく、その日の母は看護師で夜勤、兄は彼女の家に入り浸っていて帰ってこないらしい。今考えるとフラグはここで結構立ってた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)