毎日毎日新聞を購読してもらおうとやってくる女営業さん、最後の最後にとんでもない手を使って勝ちとる

1:


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:20:01.19 ID:VpMxzJl/0   

ガチャ

男「なんで名前知ってるんですか」

女「調査したからです!」

男「怖っ」

女「私くらいの腕前になると普通ですよこれくらい」

男「……そうですか」

女「あ、私の名前を教えてませんでしたね」

男「いや結構です」

女「女といいます!」

女「気軽に女さんとか呼んでください!」

男「呼びません。取らないんで帰ってください」

女「サービスしますよ!」

男「映画のチケットもトイレットペーパーもいらないです」

女「……くっ」

158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:23:03.40 ID:VpMxzJl/0   

男「それがサービスだったみたいですね」

女「ち、違います!」

男「じゃあどんなサービスですか」

女「……かっ!」

男「?」

女「身体売ります! 今までもこれで勝ち取ってきました!」

バタン

女「!!」

女「なんで閉めるんですか!!」

ガチャ

男「こんなことで身体売るような人とは怖くて話してられません」ペコ

女「う、嘘です!!」

男「……」

バタン


1:


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:26:08.76 ID:VpMxzJl/0   

女「(うぅ……なんであんな事言っちゃったんだ……)」

翌日

ピンポーンピンポーンピンポーン

ガチャ

女「処女です!」

男「……」

バタン

女「し、閉めないでください!」

ガチャ

男「……なんですかいきなり」

女「昨日の話は嘘なんです。信じてください……」

男「情緒が不安定すぎる」

女「(本のタイトルみたい……)」

166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:29:08.59 ID:VpMxzJl/0   

女「お願いします。新聞は取らなくていいんで信じてください!」

男「何を目的として来てるんですか…」

女「お願いします!」

男「わかりました。信じます」

女「良かったぁ…」

女「では失礼します!」

バタン

男「(振り回されすぎてるな)」

男「(……はっきり拒絶しないと)」

翌日

ピンポーン

女「また来ましたよー!」


1:


172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:32:00.08 ID:VpMxzJl/0   

女「開けてくださーい!」

ガチャ

男「随分フランクになりましたね」

女「そりゃもう男さんと私の仲ですから!」

男「……」

女「反応薄いですね」

男「納得できません」

女「うーん」

女「ていうか知ってます?」

女「明後日は大雨みたいですよ」

男「……新聞の勧誘はしないんですか?」

女「今日はそんな気分じゃないので」

男「…………」

173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:35:09.03 ID:VpMxzJl/0   

男「……それは知りませんでした」

女「じゃあ気を付けた方がいいですね!」

男「そうですか。では」

バタン!!

女「!」ビクッ

男「はぁ……」

男「(もういい加減やめてほしい……)」

男「…………」

男「…………」

男「…………」

男「(明日言おう)」

男「(強く断らないとずっと来られるだけだ)」

男「…………」


1:


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:38:13.57 ID:VpMxzJl/0   

翌日 昼

ピンポーン

男「(……そうか)」

男「(すでにこれでムカつくのか)」

女「すいませーん!」

男「(この声も……)」

女「すいませーん!!」

男「……」イライラ

ガチャ

女「今日はちょっと出るの遅かったですね!」ニコッ

男「……………………」

女「?」

男「言っていいですか?」

女「な、なんですか?」

182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:41:10.32 ID:VpMxzJl/0   

男「迷惑なんです。毎日毎日」

男「最初はネタにでもなると思って付き合ってましたけど限界です」

男「呼び鈴の音が耳触りなんです。不快です」

男「熱心さはすごいと思いますけどもうやめてください」

男「違う人のところにいってください」

男「もう……」

男「もう来ないでください」

女「……」ズキ

女「……そうですよね」

女「さ、さすがにこんなかわいい子でも毎日だとイヤになりますよね!」アセアセ

女「なんちゃって……」

女「あはは」

女「……」

女「……」グスッ


1:


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:44:10.98 ID:VpMxzJl/0   

女「今まですみませんでした」

女「失礼します…」スタスタ

バタン

男「…………」

男「…………」

女「…………」スタスタ

女「おかしいなぁ」

女「もっとキツく言われたことだって何度もあるのに…」グスッ

女「今までで一番苦しい…」スタスタ

ピチャ

女「雨降ってきた…」

女「……」スタスタ

女「家戻ろう……」スタスタ

197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:48:28.23 ID:VpMxzJl/0   

ピリリ

男「(……メールか)」

『明日はジブリにする?』

男『悪い。明日の映画行けない』カチカチ

『えー』

男『なんか気分が乗らなくて』カチカチ

『埋め合わせは?』

男『ちゃんとします』カチカチ

『じゃあ焼肉連れてって』

男『おーけー』カチカチ

『3回ね』

男「…………」

男『おーけー』カチカチ

『やったー』


1:


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:48:58.59 ID:VpMxzJl/0

男『日曜なら映画多分行ける』カチカチ

『わかった』

男『また明日連絡する』カチカチ

『はーい』

男「財布確認しとこう…」

207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:52:00.00 ID:VpMxzJl/0

   翌日 朝

男「すごい雨だな」

男「……」

男「……」

………

……





男「まだまだ降ってるな」

男「むしろ強くなってるくらいだ…」

男「映画断ってよかった」

男「…………」



1:


211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:54:59.79 ID:VpMxzJl/0   

夕方

男「あー」

男「警報まで出てきたな…」

男「こんなに降るなんて……」

男「せめて明日までには止んでくれるとうれしいけど」

男「………」

男「………」

男「………」

男「今日が雨でよかったかもしれないな」

男「わざわざ雨の中来させないで済んだし……」

男「昨日のうちにはっきり言っておいてよかった」

男「……いや心配する義理はないんだけど」

男「ていうか俺以外にも未契約いるだろうから雨は関係ないな」

男「…………うん。関係ない」

217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 14:58:41.30 ID:VpMxzJl/0   



男「雨弱まってきたな」

男「……」

男「……」

男「飯作ろう」

男「……」ガサゴソ

男「……」ガサゴソ

男「米もないのか」

男「……」

男「……」

男「……買いに行こう」

ガチャ

男「!!」


1:


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/07(火) 15:02:38.08 ID:VpMxzJl/0   

男「え…」

女「……」グッタリ

男「こ、こんなところで行き倒れ?」

男「てかあれって勧誘の人だよな…?」

男「ちょっと大丈夫ですか」トントン

女「……うぅ」

男「やっぱそうだ」

男「私服見るの初めてだからピンとこなかったのか…」

女「……」

男「すごい濡れてるし…」

男「傘とかなかったのか?」

男「どうしよう…」

男「救急車呼ぶか」

女「…だ、大丈夫です……」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)