面白いアメリカンジョークはっていこぜwwwwwwww

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:16:15.99 ID:piYyNq2Z0
新しい囚人が刑務所に着いた。
入所手続きが済み監房へ入れられると、程なく誰かが大声で「52」と叫んだ。
すると囚人全員が笑い出した。
静かになってからしばらくすると今度は誰かが「23」と叫び、また みんな笑い出した。
不思議に思ったその新米は、番号が言われただけでどうしてみんな笑っているのかを古参の囚人に尋ねた。
するとその古株から、答えが返ってきた。

「俺らはここが長いもんだから、同じジョークを何回も聞かされているんだ。
そんで、時間を節約するために各々のジョークに番号を振ったっていうわけだ」
その時、また一人の囚人が「37」と叫んだが、みんな静まり返ったままだった。

新米が古株に「どうしてみんな笑わないんだ?」と尋ねると、
「なぁに、あいつは冗談の話し方っていうもんが分かってないのさ」という返事だった。

「俺もやってみていいかなぁ?」、と新米。
「おお、やってみな」、と古顔。
そこで、新米はしばらく考えて「97」と叫んだ。
すると大騒ぎになり、みんなヒステリックなほどに笑い始め、
床の上を転げ回った喜んでいる者 もいた。

30分ほど経っても、まだ思い出し笑いをしている者がいる。
新米はジョークが受けたことに気をよくして、
「面白いヤツだったんだろうね?」と古顔に言う。

「ああ、最高だった。何せ、新ネタだったもんな」
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:17:28.28 ID:9+JTRI5F0
休憩がてら、喫茶店に入ったんだ
タバコを吸おうとしたら店員が来て、申し訳なさそうに
「ここは禁煙です・・・」
と注意された
だから俺は言ったんだ
「スイマセン」
22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:17:09.36 ID:RdAq+0Sz0
「パパ、ごめんなさい。裏庭のトイレをつぶしたのはボクたちなんだ」
「パパ許して。あのトイレボロいから、遊びでやってたらすぐに倒れてつぶれちゃったんだ」
「このくそガキ!!!てめえら今日は晩飯ぬきだ!とっとと部屋にすっこんで寝やがれ!くそったれめが!!!」
「パパ、そんなのひどいよ。ちゃんと正直に話したのに」
「そうだよ、ワシントンのお父さんは叱ったりしなかったんだよ」

「ワシントンのおやじは、桜の木の中でう◯こしてる最中じゃなかったんだよ!!!」
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:17:39.98 ID:2+WUZpZB0
「あのー、表につないである犬の飼い主はあなたですか?」
「そうだが?」
「すみません、私の犬が、あなたの犬を殺してしまいました」
「えっ!あのライオンのように強く牛のように大きなボクサー犬を?
あんたの犬はいったいどんな犬なんだ?」
「チワワです」
「えっ!チワワ?いったいどうやって殺したんだ!?」
「あなたの犬が、私の犬を喉に詰まらせたんです」
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:20:51.43 ID:pl/cGsEq0
牧場で働くトムとジョン。
ある日、敬虔なクリスチャンであるジョンの頭に3度も鳥のフンが落ちた。

トム「毎日教会に出向いてるというのに、神はひどいことをするなw」
ジョン「いやいや、やはり神は偉大だ。牛に翼を与えなかったのだから。」
27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:21:29.20 ID:RdAq+0Sz0
客「君のところの犬は、君が髪を切っているのを見るのがよほど好きなんだな」

床屋「いや、こいつは耳が落ちてくるのを待ってるんですよ」
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:21:34.89 ID:CNAGnWcB0
57
31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:24:05.97 ID:TA6NL/XI0
>>28
クソワロタwwwwww
32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:28:27.66 ID:gisvhjBpO
>>28
優勝
34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:29:55.27 ID:RdAq+0Sz0
>>28
ワロタwwwwwwww
29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:23:38.92 ID:RdAq+0Sz0
日曜日の礼拝の後、オグラディ神父がいつものように人々を見送っていると、マリー・クランシーが泣きながらやってきた。
「どうしたんだね」神父が尋ねた。 「ああ、神父さま、ひどいことが起こったんです。」
「何が起こったんだね、マリー?」
「神父さま。夫が、ゆうべ亡くなったんです。」
「おおマリー、それは大変なことだ。それで、ご主人は最期に何か願いを言ったかね?」
「え、ええ。」
「ご主人は何と言ったのだね、マリー?」
「夫はこう言ったんです」マリーが答えた。
「頼む、マリー、その銃をおろして — 」
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:28:30.25 ID:RdAq+0Sz0
哺乳瓶を作ってる工場を見学に来た男の話
工場長「ここが哺乳瓶のゴムの部分を作ってるところです。」

プシューッ ポン! プシューッ ポン! プシューッ ポン!

工場長「あの『プシューッ』というのがゴムを伸ばして形を作ってる音で、
    『ポン』というのが飲み口の穴を開けている音です。」
男「なるほど。ところで向こうの機械は何ですか?」
工場長「今はどこも不景気で、哺乳瓶だけではやっていけないんですよ。
    それでここでは一緒にコンド●ムも作ってるんです。見ますか?」

プシューッ プシューッ プシューッ ポン!

男「あれ?コンド●ムには『ポン』はいらないんじゃないですか?」
工場長「いやね。たまに『ポン』があったほうが、哺乳瓶の売り上げが
    伸びるんですよ。」
35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:30:17.01 ID:j0MazEM20
>>33
理解に時間かかったがそういうことか
36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:30:21.38 ID:xupgNlIq0
先生「キャシー、あなたがあなたがリンゴを5つ持ってたとするわね?
   そしてメアリーにリンゴを2つちょうだいといってもらったとします。
   そのあと私がリンゴを3つちょうだいって言ったら、
   あなたの持ってるリンゴは一体いくつ?」
キャシー「7つです」
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:32:02.24 ID:xupgNlIq0
親父「おい!!TVばかり見ているんじゃない!!外へ出ろ!!」
   「最近の子供はメディアに影響され過ぎてるんだ!!おかしくなるんだ!!
    外へ出て実体験をしてこい!!」

息子「うるせーな親父!!そんなこと、どこで聞いたんだよ??」

親父「テレビでやってたんだ!!」
38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:33:04.06 ID:RdAq+0Sz0
その夜、トムを見つけたデイブはとても心配になった。
こんなに酔いつぶれているトムは見たことがない。
デイブはトムの座っているカウンターに近づき声をかけた。

「よぉ、相棒、どうした。何かまずいことでもあったのか?話してみろよ」、デイブがトムをなだめる。
「お前の奥さんのことなんだよ.」赤い目を上げて、トムがぶっきらぼうに答える。
「おれのカミさん? うちの奴がどうした?」

トムが答える。
「あのなぁ、彼女なぁ、浮気してるみたいなんだ。俺ら 2人とも騙されてたんだよ。」
39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:35:23.06 ID:2+WUZpZB0
ある大金持ちがホテルへ行き、一番安い部屋を予約した。
すると支配人に、「息子さんはいつも最高級の部屋にお泊まりになりますが」
と言われたが、大金持ちは一言、
「ああ、彼には大金持ちの親父がいるからな。だが、私にはいないんだ」
40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:35:22.99 ID:RdAq+0Sz0
ある夜のこと、男がぐでんぐでんに酔っぱらって家に帰ってきた。
よろけながらドアを開けると、奥方がにらみつけていた。

「一体夜通し、どこをほっつき歩いてたんだい?」
「新しく、ちょっと変わったバーができてね。ゴールデン・サルーンっていって、
何でも黄金でできてるんだ」。
「何をたわけた事を! そんな所、ありゃしないよ!」
「いや、本当なんだ。大っきなドアが金で、床も金で、何でもか--
そうだ、トイレの男便器まで金なんだ」

そんな話が信じられなかった彼女は次の日電話案内に問い合わせ、
町の向こう側に「ゴールデン・サルーン」という店ができたのを知った。
さっそく電話して昨日の話を確認する。

「ゴールデン・サルーンですか?」
「そうです」
「大っきな金の扉があるんですか?」
「そうですよ」
「床も金で?」
「間違いなく」
「トイレの男性用の便器も?」

しばらく沈黙が続いた後で、店の人が叫び出したのが聞こえた。
「おい、トム。お前のサックスに昨日晩小便した奴だけどな、どうやら手掛かりがわかりそうだぞ」
42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:35:47.42 ID:xupgNlIq0
ある青年が、らくだと共に砂漠を旅していました。
しかし思った以上に長く続く砂漠に、若い青年の性欲は耐える事が出来ませんでした。
そこで青年は思い付きました。
「そうだ!らくだとやろう!」
青年はらくだの後ろへまわると早速自分のものを入れようとしました。
しかしその時らくだはトトッと数歩前へ。それに青年が近づき再びチャレンジ。
しかしらくだはまたもやトトッと数歩前へ。その後、何度も試したけど同じ事の繰り返し。
青年は行為をあきらめ、再びらくだと旅を続けました。
そしてしばらく歩いていると、なんと前方にきれいな女性が倒れているではありませんか!
青年は女性に言いました。
青年:「大丈夫ですか?」
女: 「あ、、の、のどが乾いて死にそうなんです、、。」
青年はここぞとばかりに言いました。
青年:「じゃあ、水をあげたらなんでも言う事をきいてくれますか?」
女: (ためらって)「はい、言う通りにします……。」青年は水をあげた。
女: 「ああ、ありがとうございました。おかげで助かりました。」
青年:「よし。言う事をきいてもらうぞ。」
女: 「……はい」 青年:「よし。じゃあ、そのラクダの背中を押さえていてくれ」
43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/11/20(火) 19:38:11.19 ID:RdAq+0Sz0
旅人が着いた頃、その町のホテルはどこも満室になっていた。
最後のホテルで彼が支配人に掛け合っている、
「部屋ぐらいどこかにあるんだろう....じゃあ、ベッドだけでもいい。
ほんとに疲れ切ってるんだ。どこでもいいんだ」。

「確かにダブルの部屋が一部屋ございます。お客様がお一人お入りなのですが、
 お話しすれば相部屋に同意してもらえるでしょう。
 でも正直申し上げましてして、そのお客様はいびきがひどくて、
 この一週間ずっと隣の部屋から苦情が出ております。
 これで本当にお客様によろしいかどうか...」

「それでいいよ。そこに泊めてもらうよ」と、疲れ切った旅人が答えた。

次の日の朝、旅人が晴れ晴れとした表情で下りてきた。
支配人が昨晩の様子を訪ねる。「ぐっすり眠れたよ。」と答える旅人。

驚いた支配人が続けて、「ひどいいびきをかく相手といて、ぐっすり眠れたんですか?」
「ああ、いびきはまったく聞かれなかったからね。」
「一体どうやって...?」

「僕が部屋に入ったとき、彼はもう寝ようとしていたんだ。
 だからそばに寄って、『お休み、ハニー♪』って言いながらほっぺたにキスしてやったんだよ。
 そしたら、あいつったら飛び起きて、そのまま寝ずに徹夜で、僕を見張ってた、というわけさ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



まとめ連合



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)