廃墟巡りしてたら呪われてた話

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:36:53.19 ID:wMCDdSGK0
あるんだけど需要ある?眠い?
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:37:34.70 ID:U8f1ddCx0
ちょっとだけ興味ある
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:38:43.92 ID:CVuYx+j90
どんな呪いかだけくわしく
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:40:29.43 ID:wMCDdSGK0
>>7
死んだ
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:40:49.15 ID:CVuYx+j90
>>11
早く、成仏してください
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:39:52.07 ID:wMCDdSGK0
工口い話では無い
本題から書いちゃうか、前戯的なのから書くかどっちがいいかな
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:41:27.46 ID:CdwbMUjf0
なにこのスレ恐い

引用元



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:42:27.40 ID:wMCDdSGK0
死んだのは俺じゃねーよww

実話なんで面白さには欠けるかも。
怖い話ってより不思議な話。
自分の中の整理も兼ねて勝手に書いてく。
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:43:22.71 ID:BDPdhCRL0
廃墟巡りしてるからめっちゃ気になる
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:44:03.39 ID:wMCDdSGK0
眠気覚めてきたし前戯から書く


幽霊なんか信じてない俺なんだが、心霊スポットとか廃墟とかに行くのが大好きで高校生くらいの頃はよく友達と行っていた
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:45:53.60 ID:wMCDdSGK0
みんなパンツはけよww

よく一緒に行く3人がいたんだ
ABCにしとく
呪われると噂の場所はガンガン行ったし、ここでこれをすると呪われると言われる行動は率先してやるような馬鹿だった

まずは4人で行った時の話をしようと思う
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:47:24.86 ID:wMCDdSGK0
大阪の皆殺しの館とかいう廃墟に向かった
父親が家族を斧で惨殺して自分も自殺?忘れた
んで、返り血が残ってるとか家中にお経が書いてあるとか行ったら呪い殺されるとかのありふれた噂があるとこだった

Aの
「お経読もうぜ」
の一言で決まった企画である
32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:49:37.39 ID:wMCDdSGK0
途中はすっ飛ばすが、いろいろ遊びながら廃墟があるだろう敷地の竹藪の前に着いた

夕方の少し暗くなり始めたころだった
その家一軒のためにトンネルと道路が作られたような所で、トンネルは封鎖されていた
頑丈に鍵がつけられ、明らかにもう何年も人が触れたような跡は無い

A「さっきフェンスのとこあったやん」
ということで、フェンスをよじ登って侵入した
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:51:58.07 ID:wMCDdSGK0
場所とか景色とかの説明って難しいな


トンネルの先の舗装された登り坂を進むと、だだっ広い芝生に出た
何もなかった。井戸がひとつ、ぽかんと口を覗かせていた

B「はぁ!?なんもねー」
みんな一気にテンションダウン
AとBは文句言いながら座ってだべり始めた

俺とCは、この家で亡くなった家族の墓があるという嘘か本当かわからない程度の噂から、周囲を散策
少し高台になってて、正面と左手は遠くに少し民家が見える
右手は森のように鬱蒼としていて入る余地がない

AとBは「貞子ーw」とか言って井戸で遊んでる
46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:55:40.33 ID:wMCDdSGK0
スペック書いとくわ

俺→童貞。幽霊とか言ってるやつバカじゃねーの?
A→DQN。幽霊?いるんじゃね?
B→同じくDQN。幽霊とかこ、こわくねえし!
C→いいやつ。幽霊なんていませんよw


昔は廃墟のサイトとか作ってたけど、軽い気持ちで廃墟行くなよ?
幽霊とかじゃなくて物理的に危ない
俺は一回床踏み抜いて死にかけた
48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:56:21.84 ID:CVuYx+j90
どうせCが死ぬんだろ!
ガクガクブルブル( ❀⃙⃕⃠⃝⃘⃚‿ゝ❀⃙⃕⃠⃝⃘⃚)
50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:56:46.92 ID:G5TnFRLe0
こういう場合は案外Aが死ぬ
51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:56:48.76 ID:U8f1ddCx0
bが死にそう
56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:58:06.05 ID:wMCDdSGK0
一瞬、風が強くなって森の生い茂っていた草が揺れた
「あっ」って声が出た
一瞬だが、草が隠してしまっている先に一本の轍が見えたんだ

C「なんかあったな」

Cも気付いてたことにびっくりした
二人で草を掻き分けもう何年も誰も踏んでなさそうな獣道を進む
日が暮れてしまったのかと思うほど暗い
倒木や落ちてきた枝で完全に塞がれているところは、若い男二人で力づくでどけた
更に進んでいくと、突然前に壁が現れた
敷地の端に着いたんだと思う

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 02:59:41.86 ID:wMCDdSGK0
その時、突然耳鳴りのように周りが静かになって、空気が変わった
Cは壁に向かって右側をじっと見てる
俺も右を見た
66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 03:02:56.03 ID:DINUJ+0hP
怖い・・・
67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 03:03:29.81 ID:wMCDdSGK0
墓だった
ちゃんとした墓石ではなくただの石が置いてある感じ
だが、よく見ると線香とかいろいろ置いてあり墓とわかった

その中に、キレイな花が供えられていた
まさに今供えられたのかと思うほどみずみずしい
どう考えても人が来た跡はなかった、と言うよりあの倒木や大きな枝を越えて来れるはずなかった



C「とりあえず戻ろ!」

珍しく焦るC、そのことに焦った俺も早く戻りたかったのですぐに引き返した
69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 03:05:29.93 ID:lwvzJCix0
こういう話好きだ
70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 03:06:26.15 ID:wMCDdSGK0
墓の話はしてないので、Cも気づいたか気になって引き返しながら話す

俺「なんかおかしくない?」
C「マジであいつなんなん!?」
俺「えっ?」
71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 03:06:48.57 ID:ji5D/oCd0
あいつ?
77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 03:08:46.53 ID:ji5D/oCd0
ドキドキ
82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2012/01/28(土) 03:10:09.94 ID:wMCDdSGK0
ここからCから聞いた話


墓の前に着いたとき耳障りがした

視線を感じて右を見たら墓の後ろの森の中からこっちを見てる人がいた

いつのまにかいなくなってたこと、笑ってたように見えたこと、女のように見えたことだけ覚えてるという
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)