国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    タレント

    【しくじり先生】北村弁護士の痴漢冤罪回避術が神解説「“私は今から何も触らないDNA検査をやってくれ!”と叫ぶこと」

    1: 2017/08/21(月) 18:12:46.23 ID:CAP_USER9
    弁護士の北村晴男が、8月20日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系列、毎週日曜21:58~23:05)に出演し、痴漢冤罪を回避するための授業を行った。

    北村は冒頭、授業について「今日の授業は本当に画期的です」と強調し「私自身が驚いている」と自信をのぞかせていた。

    今回は、ただ夜道を歩いているだけで痴漢の容疑がかけられ、57日間という期間を費やしようやく無実が証明された……という男性の再現VTRを流すことになった。 これは、実際にあった事件だったそうで「彼の行動には学ぶべき素晴らしい対処法と教訓が隠されている」と紹介した。 ちなみに、VTRの主人公・春日井さんはオードリーの春日俊彰が務めた。先生役で出演している相方の若林正恭は「アイツのドキュメンタリーだ」とヤジを飛ばしていた。

    ■春日井さんの行動と北村の見解

    ・主人公の春日井さんは同僚らとお酒を呑んだ後、アプリのルート検索を起動し、徒歩で約2時間かけて歩いて帰った。1時間ほど歩いた頃、警察官に止められ職務質問を受けたが、丁寧に答えていく(この時春日井さんは、痴漢があったことを知らなかった)。

    →近くに痴漢被害女性がおり、面通しがあった可能性がある。職務質問にしっかり答えたのは良い判断。被害女性が近くにいたので、警察官の本気度が違う。こういう場合に立ち去ろうとしても怪しさが増してしまうため、任意捜査のうちに容疑が晴れるよう協力することが大事。違法な捜査を抑制するためにも、警察官に断った上で録音しても良い。

    ・その後刑事が現れて「この近くで痴漢があって、“あなたの顔が犯人に似ている”と被害女性が言っている」と告げられた。身の潔白を証明するために警察署に行くことを任意で同意。警察署では事情聴取を受け、呼気検査、歩行チェック、指紋採取などが行われた。しばらくすると、ようやく開放される。春日井さんは自宅に帰って今回の出来事の経緯を記録。ルート検索の履歴を頼りに、具体的な帰宅ルートと時間を記入した。

    →今回の場合、お酒を飲んでおり、裁判で不利になる可能性があったので書き留めておいて正解。事情聴取の最中に防犯カメラの記録を要請しても良い。防犯カメラを見れば、冤罪であることはもちろん、真犯人が映っている可能性もあった。

    ・その後、弁護士にアポイントメントをとった。

    →できれば任意同行する際に弁護士へ連絡しておく。知らない場合は弁護士会に頼った方が良い。

    ・弁護士にルート検索のことを伝えると、「警察には見せないでください。このルートに当てはめて事件のストーリーを作られる可能性がある」と言われる。「警察が違うストーリーを提示してきたら、これを証拠に崩していきましょう」と説明を受けた。

    →指紋の検査などをしなくても、ルート検索だけで無実が証明された可能性がある。

    ・捜査は結局57日間を要し無実が証明された。

    →指紋採取したものを使って、微物検査(容疑者の手に被害者の衣服の繊維が付着していないかの検査)があり、これが無実の決め手になった。

    ここで北村は、微物検査よりもさらに精度の高い最新技術“DNA鑑定”について紹介。
    最新の科学技術では、肌が触れた衣服の表面から細胞片を検出し、この細胞片を解析することで触った人が分かり、“ふれたのか”、“触ったのか”、“揉んだのか”が判明すると説明した。


    この検査を用いて、電車などで痴漢冤罪にあった場合は「両手をあげて“私は今から何も触らない!DNA検査をやってくれ!”と叫ぶこと」を提案。

    これには生徒らも「画期的!」、「これ良いわ!」と絶賛。インターネット上でも「めちゃくちゃ画期的」「勉強になった!」「痴漢冤罪……ホント怖いな(汗)」「今日のしくじり先生、価値あり過ぎ勉強になる」と反響だった。

    北村は最後のまとめの教訓として「痴漢冤罪は急にやってくる。その時に対応できる知識を持っておこう」と訴えていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13500113/

    『しくじり先生 俺みたいになるな!!』 北村晴男弁護士
    no title

    no title

    【北村弁護士の痴漢冤罪回避術が凄い!ある言葉を叫ぶだけでOK!】の続きを読む

    【芸能】井上和香 休日診療で受診し医師から優しく注意


    1: 2017/08/12(土) 10:45:06.20 ID:CAP_USER9
    タレントの井上和香(37)が12日、ブログを更新し、2歳になる長女が風邪をひき、11日に休日診療を受診したところ、医師から注意を受けたことを明かした。

    前日から長女が発熱し、予定をキャンセルしたという井上。元気なものの、熱が上がったり下がったりを繰り返すため、念のため休日診療を受けた。すると「先生から、『子供は体温が変わりやすいの。だから頻繁に測って一喜一憂してたら大変ですよ。元気で、ご飯も食べて、寝られてるなら、ご飯の時に測るとか、お風呂に入る前に測るとかでいいのよ!』と、優しく注意を受けました」と明かした。「心配はしても、心配し過ぎは良くないですね 反省です」と心配のあまりの自身の行動を振り返った。

    また11日が2014年に亡くなった、元女優で母の嵯峨京子さん(享年73)の命日だったことをから、「自分が母になって、改めて自分も母に愛されて育ったんだなと気づくことが増えました。娘を通じて、『あの時母もこんな気持ちだったのかな』と思ったり。全て感謝しかないです」と偲んでいた。

    井上は15年7月、映画監督の飯塚健氏との間に第1子となる女児を出産した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000037-dal-ent 
    デイリースポーツ 
    1

    【井上和香の長女の現在】の続きを読む


    【音楽】ソニン『カレーライスの女』の過激ジャケ写にとまどい「誰が喜ぶの?」


    1: 2017/08/09(水) 22:55:25.23 ID:CAP_USER9
    8月3日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に女優のソニン(34)が出演。グループの解散秘話や、ソロ活動の苦難について語った。

    ソニンは17歳のときに『EE JUMP』を結成するも2年で解散。MCを務める次長課長の河本凖一(42)から「解散したほんまの具体的な理由はなんなん?」と聞かれると、「最初は解散する前に、実は本当に忙しい中で、彼が遊びたくてしょうがなくて」と、相方だったユウキが遊びたい盛りの時期だったと説明。「(ユウキが)ライブの前日にホテルから外出してしまったところを、たまたまマネージャーさんに見つかってしまって、それで揉めちゃって」と告白した。

    この事態を重く見た事務所が、ユウキを3か月間の謹慎処分に。そのため、ソニンはライブ当日、謹慎になったユウキのラップパートまでこなすなど、一人でライブを乗り切ったと語った。

    さらに、謹慎明けのユウキが、未成年でありながら“夜の店”に行っているところを週刊誌に撮られてしまい、それが原因で事務所を解雇。結局、EE JUMPは事実上解散となった。当時、知名度が低かったソニンは「私だけでやっていく自信はなかった」と不安を抱いていたようで、話題作りのため、番組の企画で570キロのマラソンをすることに。実家のある高知県から、祖父母の故郷である韓国までを19日間かけて完走。その後、ようやくソロCDデビューにこぎ着けるが、それが“マッパ姿にエプロン”という衝撃的なジャケットの『カレーライスの女』だった。

    本当にエプロン以外何も着ていなかったのかと河本に聞かれたソニンは「本当です。エプロンがあるので一応ずれないようにちょっと止めてはいるんですけど」と回答。続けて「これ需要あるのかな。出して誰が喜ぶのかな?」「自分が胸が大きいのか小さいのか、形がいいのかすらも分からず……」と疑問だらけだった当時の心境を打ち明けた。

    https://taishu.jp/detail/28971/

    s


    【【画像】ソニンの裸にエプロンはガチで裸だった!】の続きを読む

    3

    1: 2017/08/13(日) 18:26:42.12 ID:CAP_USER9
    この夏、あの“ビーチの妖精”の露出度が飛躍的に増えそう!?

    全国各地で夏の甲子園大会出場校がすべて決まった。各メディアとも、有名校や地元に縁のある著名人からのコメントを掲載するなど大会盛り上げに必死だが、その著名人の中に、元ビーチバレー選手で、現在はママタレとしても活躍する浅尾美和(31)の姿もあった。「浅尾のコメントが好評です。『頑張れ』といった月並みな応援ではなく、球児に寄り添った内容で、高校野球関係者も一目置いていました。一時期、夏の甲子園大会を特集する『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)の後継者に噂されたほどです」(アマチュアスポーツ担当記者)

    元祖美女アスリートの浅尾は一時期、ビーチバレーの解説も務めたが、お世辞にも上手いとは言えない内容だった。それでも“畑違い”の高校野球でコメントを寄せたのは、一昨年夏、母校・津商業が甲子園に出場したこと。そして、弟が高校球児であるため、一ファンとして高校野球を観戦してきたからだそうだ。「野球に関する専門的なコメントではなく、スポーツに打ち込んできた先輩として、球児たちの必死さ、涙、その悔しさが分かる内容でした。自身の経験談として、あんなに練習したのに、強豪校に勝てなかったときの悔しさ、どうやったら勝てる んだと悩んだことなども語られ、『好きなスポーツに打ち込んできたから、あんな素敵な笑顔になれるんだ』と、高校野球への愛情を語っていました。競技は違えど、悔しさ、悩みを視聴者に共感させるものでした」(同)

    三重県代表・津田学園が甲子園で勝ち上がればもちろんだが、学生スポーツの喜怒哀楽を理解する浅尾はこの先、「応援メッセンジャー」として登場しそうだ。 「春の高校バレーのときも、応援メッセージを寄せています」(TV局員)

    目下、ビーチバレー普及のために奔走しているだけに、この夏はビーチと甲子園の“二刀流”になる? 「多忙で、ビーチバレーのコスチュームのまま球場入り」なんてことになれば、オジサンはなお嬉しい。

    http://wjn.jp/article/detail/0597495/
    1



    【【ビーチバレー】浅尾美和の現在(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ