国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    炎上芸能人

    1: 2016/10/04(火) 00:07:12.46 ID:CAP_USER9
    女性自身 10月4日(火)0時0分配信

    「復帰以後も、マネージャーはテレビ局への謝罪と営業回りを欠かしていませんが、最近は“売り込み先”を変えつつあるんです。バラエティ番組ではなく、これまで縁がなかったドラマ関係のプロデューサーに営業をかけています。“女優転身”を図るのかと、ちょっと話題になってますよ」(テレビ関係者)

    9月29日の日経新聞朝刊に掲載された宝島社の全面見開き広告で、“セミヌード広告”を披露したベッキー(32)。もともとレギュラーを務めていたバラエティ番組への復帰を模索していたベッキーだが、5月の『金スマ』復帰は視聴者からの苦情が殺到。事実上失敗している。

    「それで他局もいまだに彼女の起用に二の足を踏んでいるというのが実情です。“ならば、新分野開拓を”ということですよ」(前出・テレビ局関係者)

    じつはベッキー自身が女優業に熱意を見せているという。

    「以前からドラマ出演はありましたが、休業中にたくさん本を読んだことで“演じる”ことへの興味が高まったそうです。バラエティ番組と違って、フリートークで芸人たちから不倫ネタに厳しいツッコミをされる心配もありません。じつは彼女、騒動前には共演するお笑い芸人に“上から目線”でダメ出ししたり、芸人の恋愛トークに“気持ち悪い!”を連発したりして、一部の芸人から恨みを買ってるんですよ(苦笑)。“復讐”が怖くて、当分は彼らとの共演には尻込みせざるをえないでしょうね」(前出・テレビ局関係者)

    だが、“腫れ物”扱いだったベッキーを起用するドラマは本当にあるのか。

    「脇役ででも起用すれば話題になるし、プロデューサーはみんなベッキーに興味はあるんです。問題はスポンサー。とにかく視聴者の反応を気にしますからね。でも、今回の“捨て身チャレンジ”で風向きが変わったとなれば、その点もクリアできます。早ければ、来春の連ドラで芸能界完全復帰もあるかもしれませんね」(キー局の編成局幹部)

    “裸一貫”の賭けは「吉」と出つつあるようだ――。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161004-00010001-jisin-ent
    becky

    【ベッキー、女優転身か?ドラマで完全復帰計画が浮上中】の続きを読む

    becky2

    1: 2016/09/29(木) 11:59:51.58 ID:CAP_USER9
    ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫スキャンダルが噴出し、一大騒動を巻き起こしたタレントのベッキーが29日、新聞広告で背中ヌードを披露。大きな注目を浴びているが、ネット上ではシラケムードが漂っている。

    ベッキーを広告モデルとして起用したのは出版社の宝島社で、広告を掲載したのは日本経済新聞社。
    ベッキーは、チャームポイントだったロングヘアをバッサリ切り、ショートヘア姿と綺麗な背中ヌードを披露。「あたらしい服を、さがそう。」というキャッチコピーも記載されており、ベッキー自身にも重なる意味深なキャッチコピーでもあった。

    一部報道では、ファンが歓喜したと報じられているが、一方で「だから?」「もう無理だろ」「オワコン」「裸になっても意味がない」「芸能界への執着がすごい」「痛々しい」などとシラケムードが漂っている。

    ベッキーは、不倫の影響で芸能活動を一時休止したが、その後、一部のテレビ番組に出演し、復帰。10月からはラジオのレギュラー番組もスタートする。ただ、徐々に活動を再開させているものの、まだまだ本格復帰というにはほど遠いのが現状。「起死回生」の背中ヌードが、本格復帰の足がかりとなるか、注目だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1203253/
    2016.09.29 11:33 リアルライブ

    no title


    【ベッキー、ついにヌードになるも批判殺到!(画像あり)】の続きを読む

    1: 2016/10/01(土) 07:38:10.31 ID:aVy21e370 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との交際が発覚したタレント・ほのかりん(19)が、レギュラー出演中のNHK・Eテレ「Rの法則」の今後の出演を見合わせることが30日決まった。NHKによると、この日、ほのかの事務所側と協議。復帰のめどは定めていないという。

    また、出演予定だった舞台「Luna Rossa」(13~18日)も降板することが、舞台を主催するアリー・エンターテイメントのホームページ上で発表された。ほのかは週刊誌に未成年飲酒を報じられていた。

    rin


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000001-spnannex-ent

    【【厄病神】ゲス川谷と交際発覚した19歳ほのかりん、テレビ番組から降板!舞台も降板!】の続きを読む

    1: 2016/09/28(水) 16:14:53.96 ID:CAP_USER9
    ベッキー(32)との不倫騒動を機に5月に離婚したロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)が、新恋人と交際を始めたことがわかった。2人はすでに半同棲状態で、9月24日からは一泊で2人を含めたグループで栃木県に行き、梨狩りや温泉を楽しんでいた。

    川谷の交際相手はタレントの、ほのかりん(19)。

    「中学高校時代は雑誌『ニコラ』のモデルとして活躍し、卒業後はガールズバンド『コムシコムサ』を結成。ギターを担当しています。女優としては『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)で福士蒼汰や清水富美加と共演しました。現在はNHK・Eテレの人気番組『Rの法則』のレギュラーです」(ほのかの知人)

    2人は三軒茶屋のバー「P」で知り合った。この店で川谷は自分の曲を歌ったり、ベッキーとの話を自虐ネタとして話すなどしていたという。

    それぞれの事務所に事実確認を求めたところ、川谷側は「交際していることは事実です」と回答。ほのか側も交際の事実と、川谷のマンションに住んでいることを認めた。

     詳しくは9月29日(木)発売の週刊文春が報じる。
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6612
    no title
    honokarin

    【【ゲス】川谷絵音の新恋人「ほのかりん(19歳)」顔写真がこちら(画像あり)】の続きを読む

    1: 2016/09/25(日) 07:08:09.64 ID:CAP_USER9
    10月1日スタートのFMの新番組で月1回レギュラーDJを務めることが明らかになったタレントのベッキー(32才)。不倫騒動後、初のレギュラーとなったが、地上波テレビのレギュラー番組にはいまだ復帰することができていない。9月10日放送のNHKドキュメンタリー『NEXT 未来のために』ではナレーションを務めたが、このときは声のみだった。果たしてベッキーは、本格復帰できるのだろうか?

    元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義さんの見立ては極めて厳しい。碓井さんは「『金スマ』への出方がとても悪かったと思います」と指摘する。

    5月13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』でベッキーは中居正広(44)と共演。自身の心情や、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)の妻(当時)や関係者への謝罪を口にした。率直に気持ちを語るベッキーの姿は、ネット上などでは概ね好評だったはずだが…。

    「まずタイミングが早すぎました。早くても秋頃だろうといわれていたのですが、事務所側に『忘れられる前に復帰させたい』という焦りがあったのでしょう。相手の奥さんにまだ謝罪もできておらず、ただ会う約束を取り付けたというだけの状態での収録は完全に勇み足。自分たちの都合を優先してフライングしていたことがバレてしまい、『まだ会ってもいないのか』と反感を覚える視聴者もいました」(碓井さん、以下「」内同)

    謝罪こそあったものの、“今後のベッキー”の姿が見えなかったことも、本格復帰を阻む一因になっていると碓井さんは指摘する。 

    「相変わらず優等生の『白ベッキー』のイメージを保とうとしていたので、『結局、何も変わっていないじゃん』と思う視聴者もいた。『黒ベッキー』がいいかどうかはさておき、多少なりとも新しいベッキーとして登場しなくてはならないのに、休んでいる間、何を努力してきたのかもわからない内容でした」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160925-00000004-pseven-ent
    NEWS ポストセブン 9月25日(日)7時0分配信
    becky

    【ベッキー、ようやくラジオのレギュラーが決定するも依然として批判の声】の続きを読む

    1: 2016/09/19(月) 03:08:06.46 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 9月19日(月)2時50分配信

     ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん、27)が19日深夜、自身のツイッターを更新。「言いたくても言えないことたくさんあった」、「全部音楽にした」などと意味深なつぶやきをたたみかけるように投稿した。

     川谷は、1月にタレントのベッキー(32)と不倫騒動起こしたが、音楽活動を継続。12日にはアルバム「達磨林檎」を12月7日に発売することを公式サイトで発表した。1月にもアルバム「両成敗」をリリースしており、精力的な楽曲制作を行っている。

     川谷はツイッターで「全く尊敬に値しない人間かもしれないけど 俺の音楽を聴いてくれてるみんなには全力で音楽を浴びせ続けるから。ゲスの次のアルバムは俺らの音楽が全て詰まってる」とファンへメッセージ。さらに「俺不器用だしさ。気持ち伝えるのも下手なんだわ。次のゲスのアルバムに全部詰まってるから。あと3本MV公開するから。俺らの本気見せるわ。絶対音楽は裏切らないから」と発言し、次作もかなりの意欲作であることをうかがわせた。

     また、「言いたくても言えないことたくさんあったわ。本当に。全部音楽にしたよ。聴いてね。おやすみ」と投稿。騒動の際には一切会見をすることなく、すべてベッキー任せにした上、ベッキーが多くの仕事を失い多額の損害金を払っている現状で、音楽活動を続けている川谷に対し、世間の批判はいまだに多いが、自分たちの音楽を聞いてほしい、として深夜の8連続投稿を終えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000159-spnannex-ent

    gesu

    【【ゲス】川谷絵音 Twitter投稿内容に批判殺到】の続きを読む

    1: 2016/09/18(日) 15:58:42.48 ID:CAP_USER9
    タレントのベッキーは今年1月の不倫騒動以来、自分の顔が写るプライベートな写真をインスタグラムには投稿していなかった。

    しかし今回はアメリカから帰国した妹と一緒に、魚市場を訪れた際のセルフィーを公開。 顔の半分は大きなマスクで隠れているものの、「やっぱりベッキー見ると元気になれる」とファンは大喜びしている。

    「お仕事リスタートです」「インスタも再開します」と『Becky becky_dayo Instagram』で発表してから2か月余りが過ぎたが、なかなか地上波のレギュラー番組に復帰するという知らせが聞こえてこないベッキー。

    インスタグラムも再開したものの投稿されたのは植物や食べ物の写真、ベッキーが写っているのは仕事絡みのものか彼女の足元だった。 以前のようなプライベートでの表情豊かな顔写真を望むファンの声は多かったのだが、9月16日にやっとニット帽を被るベッキーのバストショットが公開された。

    この日はアメリカ滞在中の妹・ジェシカさんが早朝の便で帰国。朝ごはんを魚市場で食べることとなり、ここで海鮮丼やうどんを注文したのだという。 ベッキーが育った地元の市場ということもあり、偶然に姉妹を知る喫茶店やレストランのママらと遭遇。 楽しい時間を過ごすことができたようだ。

    コメント欄には「ベッキーちゃん元気そうで何より!」「久々にベッキーの顔、見れて幸せ」 「色んな日常や情報を発信してね、楽しみにしています」とフォロワーから歓喜の声が殺到。ファンからの後押しで、これからはマスク無しの姿もインスタグラムで見られるかもしれない。

    何よりファンの一番の願いは、彼女がレギュラー番組への復帰することであるようだ。 「ベッキーいないと今までのレギュラー番組ほんと物足りない!」と、一日でも早く戻ってきてくれることを心待ちにしている。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160918-99872765-techin
    2016/9/18 13:29 Techinsight

    no title

    ベッキー、地元の魚市場での1枚(出典:https://www.instagram.com/becky_dayo


    【【近況】ベッキー 久々のプライベート写真公開!】の続きを読む

    1: 2016/09/16(金) 22:56:18.01 ID:CAP_USER9
    ーー「X」という男についてですが……。

    9月14日、東京・新宿の稽古場に入る高畑淳子(61)を直撃。そう声をかけると、事件後、一切本誌の質問に反応を示さなかった彼女が、真っ赤な目で本誌記者をじっとみつめていたーー。

    9月9日、強姦致傷罪で逮捕されていた高畑裕太(23)のまさかの”釈放劇”に世間が揺れた。 本誌がX氏という人物の名前を母・高畑淳子に問いかけたのにはワケがある。事件の核心を知る、高畑の知人・Y氏が証言する。

    「これまで、40代の被害女性Aさんの『知人男性』と報じられてきたX氏という人物。Aさんとの示談交渉は、Aさん側の弁護士、裕太の所属事務所の弁護士、高畑家の弁護士の三者がそれぞれ連絡をとりあい、まとめたものです。この交渉で大きな役割を果たしたのがX氏だったんです。このX氏の素性を 調べたところ、広域指定暴力団の関係者であることが判明したのです」

    X氏は地元では「広域指定暴力団の組員」として知られた存在であり、本誌が調査したところ、 X氏は金融機関のデータベースでは暴力団関係者と認定されていた。

    郷原総合コンプライアンス事務所代表の郷原信郎弁護士が話す。 「性犯罪は慎重に捜査しないとわからないことが多いのです。本当に強姦致傷が成立する事案であれば、 被害者の告訴がなくても起訴できます。つまり、元々強姦致傷と言えるほどの事件ではなかった可能性がある」

    事件当日、ホテルに戻った高畑裕太にいったい何があったのか。FRIDAY最新号では、この騒動を巡る最新写真と高畑の知人によるさらに詳細な証言を掲載している。

    FRIDAY 9月16日 7時31分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160916-00010000-friday-ent

    takahata

    【【スクープ】高畑裕太事件で 「示談交渉を仕切った暴力団関係者」】の続きを読む

    このページのトップヘ