国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    炎上芸能人

    aska


    1: 2016/12/08(木) 13:23:36.13 ID:CAP_USER9
    ◆ASKAは本当に命を狙われていた!裁判での証言で逮捕された暴力団関係者から恨みを買っていたことが再逮捕の本当の理由

    本日発売の写真週刊誌「FLASH」によると、ASKAさんが恐れているのは、 自分が裁判で証言したことで逮捕された暴力団幹部とその組織。

    実際、その暴力団関係者は週間前に「懲役が終わって自分が出てきたらタマ取ったる。 あいつはチンコロ(覚醒剤の入手先をバラすこと)したんだから」と話していたといいます。

    [以下引用]
    ASKAにクスリを売って逮捕されたヤクザは、裁判では一貫して否認していた。 ところが、ASKAはわざわざ裁判に証人として出てきて『この人からもらいました』と証言した。 それはヤクザの論理では許されないこと。 我々は覚醒剤を売るとき、事前に『チンコロしたらどうなるか、わかっているだろうね』と釘を刺して、バラさないことを約束させる。それを反故にしたんだから」(暴力団関係者)
    [FLASH]

    ということですが、ASKAさんが逮捕されてから3カ月後の2014年8月には、当時「新宿の薬局」と呼ばれていた違法薬物の元締めと見られる暴力団幹部が逮捕されています。 その後、警察はASKAさんの証言をもとにこの組を徹底的に追い込み、 残った組員らも次々と逮捕され、組織は壊滅状態に。

    そのため、ASKAさんはかなり恨まれているとも言われていますが、中にはすでに懲役を終えて戻ってきた組員もいるとのこと。

    それを知っていたASKAさんは、最近は常に復讐に怯える生活をしていたようで、専門家の話では「そういった不安を紛らわせるために覚醒剤に手を出した可能性が高い」といいます。

    そういえば、ASKAさんは盗聴・盗撮の被害を訴えてもいましたが、 これはまんざら薬物中毒による幻覚や幻聴、被害妄想ではなく、本当にそのような兆候を感じていたのかも?

    今回の再逮捕は、恐怖に耐えられなくなったASKAさんが、警察に保護してもらうために自ら仕組んだ最終手段だったことも考えられます。

    それにしても、もしこの話が本当だとすると、今後は違法薬物で逮捕された人が、警察に供給ルートを自白することはなくなってしまうのでは? 逆に違法薬物の供給元としては、ASKAさんが「チンコロしても大丈夫」だという前例になってしまうことを恐れ、徹底的に狙ってくるような。

    捜査当局が違法薬物根絶のために徹底的に追求することはもちろんですが、証人を密売組織からバレないように上手く守るような仕組みも必要かと。

    とにかく、ASKAさんが次こそはしっかりと更生し、素晴らしい楽曲を再び世に送り出してくれることを願うばかりです。

    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

    芸能スクープ、今旬ナビ!! 2016年12月06日 18:31
    http://www.imashun-navi.com/article/444656196.html
    【ASKAが逮捕された本当の理由がヤバすぎる・・・】の続きを読む

    naru


    1: 2016/12/09(金) 19:34:40.26 ID:CAP_USER9
    本日2016年12月9日、俳優の成宮寛貴さんが芸能界を引退することを発表した。 成宮さんの発表を見ても分かる通り、この突然の引退劇には、先週12月2日発売号の『FRIDAY』から取り沙汰されている薬物疑惑騒動が深く関係しているようだ。

    そんな中、直接的な原因とも言える『FRIDAY』のTwitterアカウントにファンからの批判が殺到している。

    本日、13時に「成宮寛貴『コカイン要求』生々しい肉声データ」という記事のつぶやきを行っている『FRIDAY』のアカウント。 成宮さんの引退発表を受けて、このつぶやきへファンから過激な批判が殺到しているのだ。 リプライの内容を以下にかいつまんでご紹介したい。

    「ふざけんな、責任とれよ」
    「お前らほんとクズだな」
    「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」
    「この罪は一生許さない」
    「何が楽しくて一人の人間の人生壊してんの?」
    「チョーシのんなクソ雑誌が 廃刊しろや」  
    「金は儲かった? 証拠無くても書いちゃえばいいもんなお前らは」
    「許されると思うなよ。廃刊しろ」
    「今の年収の何十年分かくらいは賠償すべきでは?」
    「陰性って出たじゃん。ふざけんな」
    「人の人生歪めて楽しいですか?」
    「人の人生を奪って得たお金で家族養ってるのか」
    「デマでも悪質過ぎますよね」
    「文春ごっこ楽しいか?」


    ──などなど、大変過激な言葉が並んでいる。

    この『FRIDAY』へのバッシングはしばらくやみそうもないが、何かしらの対応を行うのか?また、人気俳優を失った所属事務所も今回のスクープには怒り心頭なはず。 今後の続報が待たれる。

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1209/rct_161209_3552387966.html

    「成宮寛貴『コカイン要求』生々しい肉声データ」 『FRIDAY』のツイートに批判殺到
    http://twitter.com/FRIDAY_twit/status/807076479771156480
    【成宮の引退でFRIDAYに批判殺到「責任とれよ」「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」】の続きを読む

    horietakafumi


    1: 2016/12/08(木) 20:02:39.99 ID:Y5pl5pO80
    元ライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文さんの“新恋人”として、タレントの大島薫さんの名前を挙げた『週刊文春』 (2016年12月8日発売号)。大島さんに直撃して、関係を持ったとの証言も取っています。

    堀江氏がメロメロだという、大島薫さんってどんな人?

    大島さんはたいへんな美女ですが、生粋の男性(手術もせず女性ホルモンも使わず)で、元セクシー女優という変化球な経歴の持ち主。現在はイベントなどで活躍中です 。

    oshima

    大島さんは、ご両親がブラジルの日系二世で、ブラジルで生まれて日本で育ったそうです。高校を卒業後、セクシー女優として活躍し、タレントへと転身しました 大島さんはAV女優として活躍していたこともあります。その業界のことも、客観的に語ってくれました。

    『週刊文春』は、「女性の格好をした大島さんが男性役、男性の堀江氏が女性役というパターンもあったということだ」と書いています 。

    異次元に突入したホリエモンの今後も、ちょっと楽しみではあります。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00630100-jspa-life
    【ホリエモンの新恋人「堀江氏が女性役というパターンもあった」】の続きを読む

    ho


    1: 2016/12/07(水) 21:43:07.84 ID:CAP_USER9
    ◆ホリエモン“新恋人”はカリスマ「女装男子」

    11月22日未明、ホリエモンこと堀江貴文氏(44)と妖艶な雰囲気の美女が手をつないで、六本木の高級ホテルに入るところを週刊文春取材班が撮影した。

    その後の取材で、お相手は女性ではなく、「女装男子」と呼ばれる男性であることが判明した。 これまで堀江氏は女優でタレントの廣井ゆう(26)と交際していると報じられていた。

    “新恋人”は女装男子のなかでもカリスマ的な存在となっている大島薫さん(27)。 本の執筆やタレント活動をしており、ツイッターのフォロワーは18万人を超えている。

    no title

    大島さんを直撃すると、最初は戸惑っていたものの、 デート現場を確認していることを説明すると「ウソは言いたくないので」と言葉少なに語った。

    ――堀江さんとはどのような関係ですか?

    曖昧な関係というか……。この前会ったときは、彼も好意を示してくれました

    ――男性同士の愛情ということですか?

    同性でも愛情はあります。そこで行為出来るか、出来ないかの違いだと思います

    ――ホテルに入って行かれましたが、行為はしているのですか?

    ……そうですね

    堀江氏に電話で話を聞こうとしたが、「週刊文春です」と名乗ると即座に切られてしまった。

    二人がホテルに入る写真や交際の詳細は12月8日発売の「週刊文春」に掲載される。

    週刊文春 2016.12.07 16:00
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6863

    ■前スレ(1が立った日時:2016/12/07(水) 16:34:40.44)
    【文砲春】堀江貴文、カリスマ男の娘とホテルに入る姿が激写される ★4
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481107230/
    【週刊文春】堀江貴文、カリスマ女装男子とホテルに入る姿が激写される ★4(実質★5)
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481107794/

    【ホリエモンの新恋人(女装男子)のご尊顔がこちら】の続きを読む

    no title

    1: 2016/12/03(土) 12:30:25.25 ID:CAP_USER9
    ◆成宮寛貴の「コカイン疑惑報道」緊急追跡 西麻布の秘密クラブ出入り?

    人気ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の出演で知られる俳優・成宮寛貴(34)の、 コカイン吸引現場とされる疑惑写真を、2日発売の写真誌「フライデー」最新号が衝撃掲載し、 「また薬物騒動か」と芸能界に激震が走った。所属事務所は「事実無根」と全面否定しているが…。

    本紙が成宮のプライベートを緊急追跡すると、危ない評判が出るわ出るわ――。

    フライデーの最新号は「成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑の現場写真!」と題し、2カットの写真を載せている。 写真提供者は、成宮の友人を名乗る男性。 撮影されたのは11月9日未明で、場所は都内の成宮宅マンションだという。

    一緒にいるとすぐ「クスリを買ってきて」と頼まれるのが嫌で、成宮の恋人かのような噂を成宮本人に流され我慢できず、 関係を断ち切りたくて男性は告発に踏み切ったと同誌に話している。


    それにしても、男性の友人に「恋人のような噂」とはどういうことか?

    2000年のデビュー前、成宮は「ゲイの聖地」といわれる東京・新宿2丁目の素人男性が、ボーイとして在籍する店に入り浸っていた。 その2丁目時代については、本人も02年末にフライデー誌上で認めている。

    10代だった成宮と同棲や交際していたという男性たちの暴露告白も、 過去、たびたび週刊誌上をにぎわせたこともあった。 2丁目関係者は「10代の売れる前から知ってて、前に代々木上原(渋谷区)のジムでも一緒だったけど、あまりいいイメージはないですね」。 遊び場はもっぱら2丁目だったようだが、女性との付き合いがないわけでもない。

    大手広告代理店の関係者が明かす。 「数年前、業界系のパーティーとかブランドのサンプルセールで3回くらい会いました。 挙動が変とかはなかったけど、毎回ファッション系の若い女の子といて、本人も完全に女の子(笑い)。 おネエだとわざとっぽいけど、普通に女子のしゃべり方で、一緒に来てる子とキャッキャしてましたよ。 男の子といるとこは見たことないなぁ。“俺イケメンだろ?”的なオーラを発してカッコつけることも全くなかった」

    ただプライベートでは、やはりゲイ系の付き合いが主なようだ。 アラフォーのゲイ男性によると「ゲイAVにもバンバン出たりする、ゲイのボーイたちとかと成宮はツルんでるみたい。 その中には、クスリの噂がある子とかもいるから“まさか成宮も悪い遊びしてるんじゃ…”なんて話も出ていたよ」。

    最も気になるのは、成宮が“危ない場所”に出入りしていたとの情報だ。 「西麻布にある“秘密クラブ”に以前、成宮が何度か来ていた。 あんまり感じがよくない子なんで、どんな様子だったかよく覚えてないけど、 均整のとれた体の子が好きみたいで、いつもそんな感じの男を連れてました」

    聞けば、このクラブにはドラッグ好きが集まるという。 交際相手の好みは人それぞれで、女だろうが男だろうがそれは趣味・嗜好の問題。 だが、薬物に関するよからぬ噂のある遊び仲間や、場所に出入りしていたとしたら、 芸能人としての自覚がないと言われてもやむを得ないだろう。

    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

    東スポ 2016年12月3日(土)
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/624240/

    【成宮寛貴、ゲイのボーイ達と秘密クラブに出入り!】の続きを読む

    1: 2016/12/06(火) 20:44:50.96 ID:CAP_USER9
    http://www.oricon.co.jp/news/2082642/full/
    2016-12-06 20:39

    お笑い芸人の星田英利(旧芸名:ほっしゃん。)が6日夜、自身のインスタグラムを更新し、同日朝にインスタで示唆した芸能界からの引退発言を撤回した。

    https://www.instagram.com/p/BNrJesXD3Da/
    hochan

    【【炎上】ほっしゃん。星田が引退を撤回!!】の続きを読む

    このページのトップヘ