国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    炎上芸能人

    1

    1: 2017/04/21(金) 20:02:49.93 ID:CAP_USER9
    30代のホストの男性から現金を脅し取ろうとして逮捕されたセクシー女優の坂口杏里が、普段から“金にモノを言わせて”ホストたちをはべらせていたという話が漏れ伝わってきた。

    「王様ゲームで負けたホストには、罰ゲームとしてさまざまな“恥辱ゲーム”をやらせていたようです。負けたホストを四つん這いにして、テーブルに見立ててフルーツやシャンパンを背中に置いたり、その格好のまま足先を舐めさせるなど、エピソードには事欠きません」(業界ライター)

    坂口は、セクシービデオの出演料が数千万ともいわれているが、毎日のようにホストクラブで散財していたそうだ。

    「杏里はもともと性欲過多で、以前に交際していた芸人の小峠英二も『次の日の仕事に差し障る』と周囲に漏らしていたほどです。母親の坂口良子の遺産も、ホスト遊びで食いつぶし、3万円の恐喝で逮捕されるとは、金の管理能力が全くないと言っていいでしょう」(関係者)

    今回逮捕に至った容疑は、「ベッドを共にした写真をばらまく」と恐喝したものだというが、別のホストたちも「釈放されたら、オレも写真をばらまかれるのでは」と戦々恐々としているようだ。万が一、そんな写真がインターネット上へ投稿されたら、他の上客に嫌われて売り上げが激減しかねない。ホスト引退の引き金にも成り得る。

    「杏里は『シャンパンタワー』を好んで頼み、一晩で数十万を散財していました。彼女のような客は“パワー客”と呼ばれ、ホストたちのあいだで奪い合いになるのですが、いつもナンバーワンかツーが必ず付いて、金をはき出させていました。大抵は数十万のボトルを入れてくれるので、店の売り上げとしては助かるのですが、酒癖が悪く、何か粗相があると『ここで土下座してよ』と下っ端ホストに説教をしていたそうです。なだめるのが大変だったというスタッフの証言もあります」(同・関係者)


    坂口は、サイン会などのイベントでは、足を運んでくれたファンにサービスたっぷりで、握手やハグをしている姿も確認されている。

    「セクシー女優としては頑張っていたようですが、私生活ではまるで子供のようなものでした。そこらへんを見つめ直さないと、釈放されても仕事は難しいでしょう」(前出・ライター)

    転落した“大物女優の娘”を待つ試練の道やいかに。

    http://dailynewsonline.jp/article/1303246/

    【恐喝容疑の坂口杏里「ハレンチなホスト遊び」の内容がこちら】の続きを読む

    1: 2017/04/17(月) 21:49:57.61 ID:CAP_USER9
    佐々木と渡部の交際が発覚する2015年4月の約半年前のこと。佐々木は女性ファッション誌『an・an』(2014年9月24日号)の表紙で、ある男性タレントと濃厚なキスを披露しているのである。

    佐々木は胸元が大きく開き、肩も露わになった黒のセクシーなワンピース姿で、男性に抱きついている。お相手は昨年12月に芸能界を引退した元俳優・成宮寛貴(34)だった。


    2

    1

    3
     
    【佐々木希、激ヤバな相手との濃厚キス写真が話題に】の続きを読む

    「裕太が怖い…」高畑家のヤバすぎる現状、カーチャン可哀想(´・ω・`)

    1: 2017/03/13(月) 17:35:04.99 ID:tLiw4agF0

    t
     
    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51078/

    「あの事件で、家庭がめちゃくちゃになった…」。昨年8月にホテル従業員への暴行容疑で逮捕され不起訴処分になった高畑裕太の母・高畑淳子は周囲にこうこぼしているという。

    裕太は釈放後、埼玉県内の病院に入院したが、昨年末に母親と住む自宅に戻った。裕太は精神的に落ち込み、自宅に引きこもり「仙人のようにヒゲが伸びていた」という近隣住民の目撃談もある。
     
    母・淳子としては何を言われようが、最愛の息子。いまだ事件を冤罪と思い込んでおり、裕太に容赦ない報道を浴びせたマスコミには敵意ムキ出しだ。

    「週刊文春」3月2日号では、自宅前に集まっていたマスコミに対し、般若のような形相で「あなたたち、何やってるの! 私が何をしたんですかぁ!」と、怒鳴り散らしたという。

    これを受け、ネット上では「全く反省してない」「涙の謝罪会見は何だったの?」「息子の事叱れよ」と批判が殺到したが…。

    「これまで我慢していた淳子さんの感情がこの日は爆発したのでしょう。それほどいまの“高畑家”はヤバイそうですから」 そう明かすのは、高畑を知る舞台関係者だ。一部では淳子が息子の就職先探しに奔走。自身の劇団青年座で引き取るという話も流れているが、

    「そんなレベルではないみたいですよ。裕太君の精神はいまも不安定で、母親に対し罵声を浴びせることもあるそうです。さすがに殴ったりはしていないでしょうが、彼女は周囲に『裕太が怖い…』とこぼしているとか。息子が何を考えているかわからないそうです」(同)という。

    「裕太さんは幼少期、通学途中で見つけた石コロを蹴り続けることに熱中するあまり、大遅刻するなど、他人とは違う行動で目立ってきた。高校時代のアダ名は『バカ畑』。そんな彼と体を張って向き合ってきたのが淳子さんなんです。ようやくタレントとして独り立ちしたと思った矢先に事件を起こし、昔の状態に戻ってしまった。いや、もっと悪いかもしれません。彼女の脱力感、喪失感は計り知れませんよ」(同)

    裕太の“再入院”もウワサされるなか、淳子の心が休まる日はやって来るのか――
    【【悲報】高畑淳子「裕太が怖い」】の続きを読む

    s

    【話題】清水富美加が公開した寮生活、6畳間に2段ベッド

    1: 2017/02/17(金) 15:40:19.95 ID:CAP_USER9
    宗教法人「幸福の科学」の活動に専念することを表明した女優清水富美加(22)が、過去に出演したテレビ番組で公開していた寮生活の様子がネット上で話題となっている。

    清水は2015年7月18日に放送された日本テレビ系「メレンゲの気持ち」にゲスト出演。当時はNHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの同級生役を演じ、知名度が急上昇していた頃で、清水は同ドラマの舞台裏のエピソードなどについて語っていた。

    (中略)

    そうした中、寮生活を送っているという部屋を清水が自らVTRで紹介。4人暮らしをしているとのことで、玄関は多数の靴で埋め尽くされていた。そして自身の部屋は6畳。そこに2段ベッドが置かれていた。

    1


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-01780298-nksports-ent


    【清水富美加が去年までいたタコ部屋がヤバイ・・・(画像あり)】の続きを読む

    t


    1: 2017/02/23(木) 18:39:52.26 ID:L/ABSOHc0
    先日テレビ復帰した、昨年8月に強姦致傷容疑で逮捕され不起訴処分になった元俳優の高畑裕太の母である女優の高畑淳子が報道陣相手に大暴れしていることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

    高畑は今月13日、裕太の事件以前にレギュラー出演していたNHKの「スタジオパークからこんにちは」でテレビ復帰。同局に集まった報道陣にはまったく対応しなかったというが、同誌によると、 午後6時ごろ、生放送を終え自家用車で都内の一軒家に戻ると、復帰についてのコメントをもらおうと待機していた報道陣を一瞥。途端に表情を一変させ、運転席から飛び降りると、報道陣に向かって般若のような形相で、「あなたたち、何やってるの!私が何をしたんですかぁッ!」と言い放ったという。

    さらに、「カメラを下ろしなさい! ひとりひとり名刺を出しなさいよ!」と名刺を出させ、あるテレビ局のカメラマンだけ名刺を持参していなかったところ、「名前を言いなさい!」と詰め寄り、「私も写真を撮らせてもらいます!」と絶叫。報道陣にスマホを向け、約50センチの至近距離からひとりひとりの写メを撮影。


    高畑の所属事務所は「絶対、取材を受けるな」と命じ、徹底的にガード。昨年末から事務所スタッフが自宅をパトロールし、記者を見つけると110番通報を繰り返しているというが、高畑は事件について「息子はハメられた」と未だに納得せず。その一方で、逮捕で発生した億単位の賠償金に頭を悩ませ、母親が住んでいた実家を売却してしまったという。

    「裕太の事件で騒動の際は、主演舞台の全国公演を控えていたこともあり、無言を貫きかなりガマンしていたことでストレスが溜まってしまったようだ。現状では大きな仕事を抱えていないため、溜まったストレスを報道陣にぶつけているのでは。もともと、気性が激しいだけに、そのうち、報道陣とひと悶着起こして仕事にダメージを与えることにならなければいいのだが…」(演劇関係者)

    http://news.livedoor.com/article/detail/12712193/

    【高畑淳子に文春砲炸裂!自宅前で怒りまくり大絶叫してしまう・・・】の続きを読む

    当時は軽いネタ画像だったけど、今はこの清水富美加と高畑祐太の2ショット画像洒落にならない 

    1: 2017/02/20(月) 18:36:11.24 0
    わずか1年前なのにね
    今では洒落にならない

    no title

    【清水富美加さん、去年の激ヤバ2ショット画像がこちら。これは出家するわと話題に】の続きを読む

    f


    1: 2017/02/20(月) 14:44:56.44 ID:CAP_USER9
    女優の清水富美加が2月17日、出家名の千眼美子名義で告白本「全部、言っちゃうね。」を発表。年収や生い立ちなどこれまで表に出ていなかった部分が明かされており、各方面からの注目を集めている。

    そのなかで芸能関係者が「それは言っちゃダメでしょ!」と顔を青ざめる内容があるというのだ。芸能ライターが耳打ちする。

    「本書では芸能界における公然の秘密がひとつ明かされています。それは『オーディションを受けたのがデビューのきっかけということになってますが、実はスカウトが先なんです』という箇所。清水は中2の時に渋谷でスカウトされ、事務所の指示でレプロガールズオーディション2008を受けたわけです。このようにスカウトが先で、箔を付けるためにオーディションに合格させることは、他の事務所も含めて珍しいことではありません」

    同様のケースはアイドルグループのオーディションや、大手事務所主催の大型オーディションでも見られるという。 一般公募では目ぼしい人材が集まらない恐れもあり、保険の意味で出来レース的な枠を設けることにはリスクヘッジの意味も込められていそうだ。

    ともあれ、清水をスカウトしたスタッフは、素晴らしい原石を見つけたと興奮していたはず。その9年後にまさかこんな展開が待っていたとは、思いもよらなかったことだろう。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_75778/

    【清水富美加の告白本で業界人が青ざめた内容がこちら。芸能界の公然の秘密を暴露!】の続きを読む

    このページのトップヘ