国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    炎上芸能人

    uma

    1: 2016/11/26(土) 14:56:18.15 ID:CAP_USER9
    今年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされたあのワードが、ついに馬名になった。その名は「センテンスプリング」。メイショウボーラー産駒の2歳牡馬で、今は石川県の小松トレーニングセンターで調整中。栗東・大根田厩舎の所属でデビューを目指す。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000059-sph-horse

    【センテンスプリングがデビュー!!】の続きを読む

    1: 2016/11/18(金) 14:30:46.41 ID:CAP_USER9
    「状況は変わっていません。検討していません」
    10月31日、日本テレビの定例会見で福田博之編成局長がそう語ったのは、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音との不倫騒動以来、日テレのレギュラー2番組『天才!志村どうぶつ園』『世界の果てまでイッテQ!』での休演が続く、ベッキー(32)のレギュラー復帰について。「バラエティー番組トップクラスの視聴率で、強力なスポンサーを集める『イッテQ』に復帰を決めれば、他局の番組も続くことになると思いますが、このハードルはなかなかクリアできない。ただ、間もなく騒動から1年。これ以上はっきりしない状況では、視聴者も番組を純粋に楽しむことはできません。そういったことを踏まえての発言でしょう」(民放編成担当)

    早期の番組復帰を否定した格好だが、最近のベッキーはやけに元気。髪を短くし、新聞広告では背中ヌードを披露。ハロウィン前には『魔女の宅急便』のコスプレ姿を公開し、11月1日にはAIの武道館ライブに親友の上戸彩と訪れて観客を驚かせるなど、活動的になっているのだ。「いずれも稼ぎになるような活動ではないが、実は、彼女には意外な金脈があるんですよ」こう明かすのは、SNSに詳しい芸能関係者だ。

    「すべては、スマホの公式アプリです。『インスタ』にコスプレ写真を公表したり、妹・ジェシカを担ぎ出したりするのも、この有料会員の獲得が目的。すでにダウンロード数は5000オーバー。アプリ内のほとんどのコンテンツが月額300円の有料会員にならないと楽しめないので、これだけで月に150万円、年間1800万円は上がりが出ているはずです」 さらに、この状況にあって、年会費3980円のファンクラブも稼働中。アプリと合わせて、年間2500~2600万円は事務所に金を落としているという。「事務所への借金を返すにはほど遠いものの、どこか余裕があるのは、このためでしょうね」(同)

    ファンから直で吸い上げるビジネスモデルを構築していたベッキー。しぶとい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1230246/
    2016.11.18 12:00 週刊実話
    beki

    【【驚愕】ベッキーの意外な収入源】の続きを読む

    1: 2016/11/16(水) 07:25:23.90 ID:CAP_USER9
    《今日は新しいクリニックに行ってみました。今まで挑戦しなかった分野の身体へのアプローチを試してみようと思います》

    11月10日付のオフィシャルブログで、乳がんとの新たな闘いを始めたことを明らかにした小林麻央。姉の麻耶とのツーショット写真も載せられており、寛解へ向け希望に満ちた笑顔をのぞかせている。

    「国内未承認の新薬を使うとなると、月に100万円以上かかることはザラ。また、最先端の遺伝子治療などは、1クール300万円以上かかることもあります。すでに発症から2年も経過していますから、入院費も入れたら数千万円は使っているでしょうね」(芸能レポーター)

    夫である市川海老蔵は、10月からスタートしたドラマ『石川五右衛門』(テレビ東京系)で13年ぶりの連ドラ主演を務めている。また、本業の歌舞伎も夏休み以外はフル稼働だ。

    「海老蔵といえば、父親の團十郎さんの借金が19億円あると言われています。いまだに実家の土地や建物は、借金を肩代わりした松竹の持ち物になっていますから。ここまで彼が一生懸命に働いても、完済したという話は聞こえてきません」(スポーツ紙記者)

    もともとは海老蔵の母方の親族が作った借金だった。それを團十郎さんが保証人になっていたため、成田屋が背負うことになってしまったのだ。

    「海老蔵襲名披露公演や大河主演やセンチ出演などで、借金は半分くらいに減ったこともあったんです。しかし、あの六本木での暴行騒動で舞台を降板。

    センチなども打ち切りになり、また借金を増やしてしまった。その後、夫婦の新居を購入したりと、なかなか思うとおりに返済は進んでいないようですよ」(梨園関係者)

    そんな中で始まった麻央の闘病生活。治療費などが重くのしかかっているという。

    「海老蔵はブログで殿堂入りしているように、月間1億PV(ページビュー)を超える月もある。年間にブログだけで3000万円以上稼いでいると言われています。

    また、麻央も今年9月から闘病の模様などをアップしており、こちらも月に1億PVを超えていることもあります」(ワイドショー関係者)

    そんな、麻央のブログを見た民放各局は、海老蔵サイドに彼女の闘病を密着取材させてくれるようオファーを出しているという。

    「なんでも、取材謝礼は1億円を提示した局もあるそうですよ。そんな話に海老蔵さんはかなり悩んでいるといいます。妻をテレビの前に出すことに葛藤があるみたいですね。

    ふたりの結婚式を放送した日本テレビと、中村勘三郎さんの闘病に密着していたフジテレビが特に積極的みたいですね」(制作会社関係者)

    乳がんから立ち直る姿を見せることは、同じ病で苦しむ人の大きな力になることは間違いない。1日も早く元気な姿を見せてもらいたい─。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161116-00008507-jprime-ent
    週刊女性PRIME 11/16(水) 7:21配信
    mao

    【小林麻央、ブログの収益はなんと年◯万円以上!!】の続きを読む

    1: 2016/11/09(水) 20:35:28.56 ID:CAP_USER9
    【ベッキー/モデルプレス=11月9日】
    タレントのベッキーが9日、Instagramを更新。プライベートで驚いたというエピソードを明かした。

    ベッキー、大人クールな眼差しに「カッコいい」「しびれる」 新境地に絶賛相次ぐ

    ◆ラーメン屋で「ほんとうにびっくり」

    昨日、ラーメン屋を訪れたというベッキー。「ベッキー♪♯」名義で歌手活動も行っているが、「並んでいたら、有線で私の歌が!」と、自身の持ち歌がかかったことを報告。「かなり衝撃的でした」「ほんとうにびっくり」と驚きが隠せなかった心境を振り返り、「リクエストしてくださった方、ありがとうございます」と感謝した。

    この近況報告にファンからは「そりゃリクエストするよ」「良い曲ばっかりだもんね」「どの曲だったのか気になる!」といったコメントが多数。プライベートにも「ベッキーもラーメン屋で並ぶんだ!」「ラーメン1人で行っちゃうところが好き」などの反応が寄せられている。

    ◆徐々に活動再開

    1月の不倫騒動による活動休止から、徐々に活動を再開しているベッキー。レギュラーを務めるラジオ番組が放送されているほか、10日には神戸で行われるイルミネーション点灯式に出席予定。

    Instagramでの近況報告には、毎回ファンから温かい声援が集まっている。(modelpress編集部)

    http://news.livedoor.com/article/detail/12260864/
    2016年11月9日 19時57分 モデルプレス

    https://www.youtube.com/watch?v=kE-xjEynG1o


    ベッキー♪♯ - 心こめて

    no title

    【ベッキー「かなり衝撃的!」なプライベートでの出来事を明かす】の続きを読む

    1: 2016/11/06(日) 18:57:05.99 ID:rJwofCgM0● BE:379095213-2BP(2000)
    http://www.yukawanet.com/archives/5128471.html
    no title


    多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科を出ており、2020年東京オリンピックのエンブレム問題で一躍話題となったデザイナーの「佐野研二郎」さんですが、 どうやら出身校で「葬式」が行われたようです。 しかしご本人が亡くなられたという情報はなくあくまで「ブラックジョーク」のようなもののようですが、ネットでは物議をかもしている。

    こちらは多摩美大で行われております、葬式ならぬ「多摩美術大学芸術祭2016」のようです。 あの2020年東京オリンピックでのエンブレム問題で話題となった佐野研二郎氏の出身校ということもあり彼のネタをつかったジョークのような芸がいまネットになっている。がしかし、コレがあまりにもブラックすぎるということでネットでは「不謹慎だ」との声も。
    【大学で「佐野研二郎の葬式ごっこ」が開催される。ネットでは不謹慎との声も】の続きを読む

    1: 2016/11/01(火) 06:24:01.38 ID:CAP_USER9
    “ゲス不倫騒動”により芸能活動を自粛していたタレントのベッキー(32)に、人気バラエティー番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)を足がかりに地上波テレビ放送に本格復帰するのでは、との情報が浮上した。いろんな意味でベッキーにとっては地上波復帰しやすい“ありがたい”条件が揃っているというのだ。

    ベッキーは今年1月、人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)との“ゲス不倫疑惑”が報じられ、芸能活動自粛に追い込まれた。5月にTBS系のバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演し、SMAPの中居正広(44)を相手に不倫を告白。さらに今月9日には、フジテレビ系の人気バラエティー番組「ワイドナショー」にコメンテーターとして初出演したが、その後は地上波の番組に出演する機会に恵まれていない。そうしたなかの「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」への出演の噂だ。

    太川陽介(57)と蛭子能収(69)が路線バスを乗り継ぎ、設定された目的地まで3泊4日の日程で旅をするというのがコンセプト。近年では特番として年間3回、放送されている。

    番組の特徴の一つは、毎回違う“マドンナ”と呼ばれる女性タレントがゲストとして加わること。このマドンナとして「ベッキーが出演するのでは?」とささやかれているのだ。テレビ局関係者は「ベッキーが出演する以上、“ゲス不倫騒動”に触れざるを得ないが、蛭子さんは全く空気を読まずスキャンダルについてもズケズケと聞く。ベッキーに平気で聞くでしょうが、シリアスじゃなく軽い感じで聞いてくれるから、ベッキーにとっても“ありがたい”のでは」と指摘する。

    さらに“ありがたい”存在が太川。同番組での太川はリーダーとして、自由奔放に行動する蛭子をたしなめることが恒例となっている。「蛭子さんがベッキーのスキャンダルをツッコんだ時、あまりに際どかったら太川さんが修正してくれる。しかも太川さんはベッキーと同じ、サンミュージック所属の先輩。ベッキーを早く地上波に本格復帰させたい事務所としては、最も安心して任せられるはず」(同)

    スキャンダルに揺れた女性タレントが出演した前例もある。前回は9月24日に放送されたが、この時のマドンナが熊切あさ美(36)だった。しかも前日の23日は、熊切の元カレである歌舞伎役者の片岡愛之助(44)が女優・藤原紀香(45)と京都・上賀茂神社で結婚式を挙げた日だ。

    もちろん意図したわけではないだろうが、絶妙のタイミング。そのうえ番組では、“空気を読まない”蛭子が熊切に「いろいろよく騒がれてる」「相手の男を他の人に取られてるでしょう?」などとズケズケ切り込むのはもちろん、旅先の一般人の女性から「新しい出会いができたもんね」とプロ野球・ヤクルトの山田哲人内野手(24)との熱愛報道をツッコまれたほど。ただ、熊切は平然と「仲のいいお友達です」とかわしていた。

    「もちろん本当にまずいところはカットしてるでしょうけど、番組が“タブーなし”であることを印象付けた。事務所の先輩である太川さんもいるから、ベッキーも安心して出演に踏み切れるのでは」(同)

    2013年以降、正月特番も含めて放送されているが、年明けにはベッキーが路線バスに乗る姿が見られるかもしれない。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/611666/
    2016年11月01日 06時00分

    no title

    【ベッキー、テレ東の「あの番組」で地上波本格復帰か!?】の続きを読む

    1: 2016/10/26(水) 05:38:26.85 ID:CAP_USER9
    ホテル従業員の女性に対する強姦致傷容疑で逮捕後、不起訴となり釈放された高畑裕太(23)の“復帰計画”に誤算が生じているという。当初の予定では事件のほとぼりが冷めた後、母親の高畑淳子(62)が取締役を務める「劇団青年座」に入団し“キワモノ俳優”を目指して一から出直すつもりだった。

    ところが、被害女性の告白記事が「週刊現代」で2週にわたり掲載されたことで、芸能界復帰はいったん白紙にせざるを得ないという。

    先月9日に群馬県警前橋署から釈放された高畑は、メンタル面の不調を理由にそのまま埼玉県内の病院に入院した。完全個室でパソコンやスパ、シアタールームなどもある至れり尽くせりのセレブ病院だ。母・淳子には再び「親バカ」という声が殺到したが…。

    「ひどく落ち込んだ裕太さんの精神状態は尋常ではなく『死にたい』とこぼすこともあったそうだ。
    入院直後に淳子さんが布団持参で病院に寝泊まりしたのは、目を離すと何をしでかすかわからないから。充実設備の病院にしたのは気晴らしの意味と、セキュリティーが万全だからです」とは事情を知る関係者。

    高畑は事件を起こし、所属していた「石井光三オフィス」をクビに。2世俳優として将来を期待されながら、一転して路頭に迷うことになった。そこで奔走したのが、母・淳子。自身の所属事務所「劇団青年座」に掛け合い、引き受けてもらうことになったという。

    「淳子さんは青年座の看板女優で取締役でもある。相談されて断るわけにはいきませんよ。すでに彼女から青年座の代表に話は通してあると聞いています」(舞台関係者)息子の再就職先まで面倒をみるのだから、またまた「親バカ」という声が飛びそうだが「淳子さんはとにかく『自分の目の届くところに』という考え。これは親バカではなく、仕方のないことかもしれません」(同)

    公共の電波に乗るバラエティー番組やドラマの出演は絶望的でも、舞台ならば再起は可能。事件の影響から好青年役は無理にしても“キワモノ俳優”として開花することは考えられる。だが、そんな矢先にイレギュラーが発生した。「週刊現代」に被害女性のインタビュー記事が掲載されたからだ。告白の“伏線”には、高畑の釈放時に弁護士が「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」とコメントしたことや、「週刊文春」に女性側の“美人局”を連想させるような記事が掲載されたことがあった。

    「女性だけでなく、通報した知人男性にも元暴力団関係者との情報が広まり、マスコミが集まる騒ぎとなった。今回の反論はじわじわ広がる“美人局疑惑”にクギを刺す狙いがあるのでは」とはワイドショー関係者。同誌で被害女性は高畑との一部始終をハッキリと語ったという。

    「ベッドに押し倒されると、すぐ耳元で、『脱げ』と低くすごみのある声で言われました」「避妊具もつけずに性行為に及んで…。私は、『やめてください』と訴え続けましたが、『いいから黙れ』と脅すように言われました」被害女性は「週刊現代」24日発売号でも第2弾として示談に応じた経緯などを話している。

    一方、寝耳に水だったのは高畑サイドだ。同誌に記事が掲載されることは知らされておらず、淳子はひどく動揺したという。結果、高畑親子は再び“渦中の人”に。息子の劇団青年座復帰プランも白紙に戻すしかなくなった。

    19日に主演舞台「雪まろげ」の東京公演千秋楽をこなした淳子は終演後、舞台に正座し、涙ながらに「ありがとうございます!」と大絶叫。関係者によれば、事件の影響で「体重は5キロ以上痩せた。顔色の悪さを隠すために、ファンデーションの量も倍増した」という。

    よかれと思ってやったことが「親バカ」と叩かれ、まだまだ母の憔悴の日々は続きそうだ。

    東スポWeb 10月26日(水)5時31分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-00000003-tospoweb-ent

    写真
    no title

    【【悲報】高畑裕太、青年座への再就職計画は白紙に!】の続きを読む

    このページのトップヘ