国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    炎上芸能人

    no title

    【テレビ】斉藤由貴の長女がテレビ初出演 テレビに映る母は「偽りの姿」とぶっちゃけ

    1: 2018/05/16(水) 11:33:42.83 ID:CAP_USER9
    女優の斉藤由貴が16日放送の日本テレビ系バラエティ番組「1周回って知らない話」(毎週水曜よる7時~)に出演する。
    (略)
    まずは、芸能生活34年、数々の賞を受賞している実力派女優の斉藤が登場。彼女がアイドルとして芸能界デビューしたことを知らない今どきの視聴者のために、「アイドルのイメージないけど、どんだけスゴかったの?」と直球で質問。それに対し、「正直、(アイドルが)とっても嫌でした」という斉藤は、スタジオで昔の自分の映像が出るたび顔をしかめてばかり。
    あるコンプレックスのせいで、「(映像が)何年も残っているのがすごく辛い」と意外な本音を打ち明ける。そんなアイドルの斉藤がいかにして実力派女優になったのか?デビュー当時の美少女CMや伝説のスケバン刑事など貴重映像も交えながら掘り下げる。

    そして、今どきの視聴者からは「ちゃんとお母さんをしているの?」という失礼な質問も。現在3人の子どもを持つ母でもある斉藤だが、東野も「普通じゃないと思う」と疑惑の目。
    そこで今回、大学1年生になる長女にテレビ初インタビューを敢行。若かりし頃の斉藤にそっくりの彼女は、芸能人としてテレビに映る斉藤について「偽りの姿」とコメント。
    「怒るとスケバン刑事」という母の真の姿をぶっちゃける。そして、最近斉藤が口にしたという、「普通のお母さんのほうがいいよね」という言葉に対して、娘は「普通のお母さんより…」と本音を明かす。
    スタジオでこのVTRを見ていた斉藤は思わず言葉を詰まらせ、子どもたちへの思いを口にする。

    (続きはソースをご覧下さい)

    https://mdpr.jp/news/detail/1766478 
    2018.05.16 11:00 




    2

    1

    この記事の続きを読む

    1

    【週刊新潮】“キスだけ”ではない山口達也の強制わいせつ “強姦寸前”だった事件の夜★

    1: 2018/05/08(火) 21:10:56.94 ID:CAP_USER9
    キスくらいですべてを失うなんて、代償が大きすぎる――。ジャニーズ事務所を契約解除された山口達也(46)には、一部からこんな声も上がる。

    だが山口が被害女性に働いた強制わいせつは、“キスくらい”ではなかった。

    ジャニーズも把握していない被害者調書の中身に基づき、事件のあった2月12日の流れを解説するのは、さる捜査関係者だ。この日、朝の情報番組「ZIP!」(日テレ系)の出演を終えた山口は、日中からビールを飲み始め、被害女性に部屋に来るよう誘ったという。

    「“1人で行ったら絶対に強姦される”と危険な空気を察知して、知人の少女に頼み込み、何とか付いてきてもらうことにしたんです」(捜査関係者)

    山口と未成年の被害女性、そして同じく未成年の知人は、山口が司会を務めるNHK Eテレ『Rの法則』で繋がっていたことは報道のとおり。彼女たちが部屋に到着すると、山口は甘めの缶酎ハイなどを勧めた。2人は缶に口をつけて飲むフリをしていたが、ここで事件は起きる。

    「山口が被害女性に近づき、キスをしようとしたのです。彼女は嫌がって顔を背けるんだけど、その際、山口の唇が彼女の頬に触れた。それをきっかけに山口は顔面を舐めまわし、さらに腕や腰、胸に触り、ソファに押し倒そうとしました。その間、“やらせろ”とか卑猥な言葉を投げ続けエスカレートしていたから、強姦寸前でした」(同)


    被害者は逃げ出し、母親に連絡。2人で麻布署に赴いて被害を報告し、舐められた顔面から山口の唾液が採取された。

    その後、山口が強制わいせつ容疑で書類送検されたのは4月20日のこと。この際に付された「厳重処分」という意見書こそが、“キスだけ”ではない山口の振る舞いを裏付ける材料になる。

    「これは、“起訴されて当然だ”と警察が判断しているという意味です。したがって、少なくとも“キスをする”“顔を舐める”という、これまで報じられている内容以上に悪質な行為があったと判断していたことになります」(元東京地検検事で弁護士の郷原信郎氏)

    5月9日発売の週刊新潮ではさらに、山口の部屋に行かざるを得なかった被害女性の事情と併せ、事件を詳しく報じている。

    「週刊新潮」2018年5月17日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00541751-shincho-ent


    この記事の続きを読む

    1

    山口達也さん、ZIPの女性スタッフもお持ち帰りしていた

    1: 2018/05/08(火) 05:44:21.78 ID:PKho2UgZM
    今回の事件の発端にもなったのがアルコール。 昔から彼の“酒乱ぶり”は有名だった。
    「年齢が近い元・光GENJIの佐藤アツヒロさんと、デビュー当時はよく遊んでいました。渋谷のクラブ『F』では、女性客を隣につけて、キャーキャー騒いで幅をきかせていましたね」

    結婚してからは、抑えられていたのだが、’16年に離婚。その前後から、酒グセの悪さに拍車がかかる。
    「自分より立場の低いジャニーズの後輩や仕事仲間と飲むと、途中から豹変して強い酒を無理やり飲ませたり、物を投げたりほかの客に絡むなどひどいものでした。そのため、店によっては“出禁”になることもありました。記憶がなくなるまでお酒を飲んでしまうことも多かったそうですよ」(飲食店関係者)

    矛先が女性に向かうことも。
    「数年前から『ZIP!』の飲み会では、山口さんが酔っ払って女性スタッフを持ち帰ることがあったそうです。出張がある場合は女性スタッフと2人きりでは行かせず、必ず男性スタッフも同行させるよう指示もあったとか

    酩酊状態でとんでもない行動に出ることもあったそう。
    「以前、CM撮影の打ち上げでスタッフたちとカラオケに行ったときのこと。広告代理店の美人女性の隣を、山口さんはキープ。着席したまま、下半身に自分が着ていたジャケットをかけ、その下で女性に股間を触らせていたとか。スタッフもあきれていたそうです」(広告代理店関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00012292-jprime-ent

    この記事の続きを読む

    1

    山口達也、他メンバーとの格差に不満を持ち酒に溺れていた

    1: 2018/05/02(水) 05:16:02.69 ID:pLBArOura
    まさに酒に溺れ続けた山口。酒に逃げるようになったのは20代からのようで、それにはあるきっかけがあったという。

    「どうも、メンバー間での格差に彼は不満を抱いていたようですね。 映画やドラマで主演を務める長瀬智也(39)は絶対的なエースだし、国分太一(43)はMCとして地位を確立している。 彼らより自分は軽視されていると思っていたところもあるようです」(芸能プロ関係者)

    その2人だけでなく、他のメンバーにも劣等感を持っていたという。

    「城島茂(47)は何だかんだ言ってリーダーなので、事務所としても大切にしていた。 それ以上に、メリー喜多川副社長がお気に入りだったのが松岡昌宏(41)ですよ。 “彼のトークは絶品よ”と太鼓判を押していましたし、メリーさんのお友達である黒柳徹子の『徹子の部屋』には、毎年のように出演している。 そんなメンバーの待遇を見て、彼はより疎外感を持つようになり、酒に逃げていったようです」

    (芸能ジャーナリストの浅見麟氏)

    http://news.livedoor.com/article/detail/14647703/

    この記事の続きを読む

    山口達也の弟、涙ながらに謝罪

    1: 2018/04/30(月) 17:55:50.17 ID:UNMk15+Z0
    女は手当たり次第、喧嘩はすべて買う――TOKIO・山口達也の実弟・Kouzyインタビュー

    no title


    こんなのが出てきたら余計に印象悪いやろ…

    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20130527/Cyzowoman_201305_post_675woman.html
    この記事の続きを読む

    1

    【示談金2000万円】山口達也メンバーの女子高生強制わいせつ容疑 / 関係者「キス以上している可能性」

    1: 2018/04/29(日) 09:18:28.33 ID:GdyvZBHe0
    TOKIOの山口達也容疑者(46歳)が女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検された件で、恐ろしい情報が入ってきた。山口達也容疑者は女子高生をマンションに呼び、 強制的にキスをしたとして物議をかもしているが、実はキス以上の行為をしていた可能性が浮上したのである。

    キス以上ということは、山口達也容疑者が強引に女子高生の体を求め、ディープな男女の関係になったということである。その理由は示談金の金額である。 一部の情報によると示談金の金額は2000万円と言われており、キスをされたことによる強制わいせつの示談金としては、いくら未成年相手とはいえ高額すぎるといわれているのだ。

    示談は話し合いで「どう落とし前をつけるか」ということを決める行為であり、示談金は慰謝料という意味のほかに「相手に要望を飲んでもらう」という意味も込められている。よって「実はディープな男女の関係になったがキスだけで終わったことにしてほしい」という作り話を被害者側に飲んでもらうため、示談金を2000万円に設定した可能性があるのである。

    このようなことはよくあることで、未成年と男女の関係になっておきながら示談金を支払うことで「何もなかったこと」にしてもらう事例もある。もちろん、お金で解決しようとする加害者を許せず、起訴に持ち込む被害者も当然ながらいる。つまり、あなたの近くにいる人も、実は「弁護士とお金で罪をもみ消した強制わいせつ経験者」かもしれないのである。

    公式にはキスをして書類送検されることになった山口達也容疑者。TOKIOリーダーはブチギレ激怒しており、TOKIO復帰はありえないと断言している。山口達也容疑者は、このまま世間から消えていく可能性が大きいといえるだろう。 
    http://buzz-plus.com/article/2018/04/29/tokio-jk-yamaguchi/

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ