国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    モデル


    1: 2017/08/03(木) 21:36:24.070 ID:UG5vXD+6d


    e

    no title
    えなこ
    えなこ(1994年1月22日- )は、日本の女性コスプレイヤー、歌手、声優。Carnival☆Stars所属兼イメージガール。女性アイドルグループパナシェ!の元メンバー。愛知県名古屋市出身。パナシェ!解散後に引退するもファンの熱い誘いに負け復帰。TV、ネット、歌手、声優、着用モデルなどや国内外のイベントに出演している。

    コスプレの魅力は大好きな作品のキャラクターになりきれるのと写真でアニメ作品の世界を表現できる所であり嬉しい事は同じ趣味の仲間が増える事。

    月収は100万円以上でコミックマーケットでは2日間(年2回)で1000万円以上を売り上げた。ただし同人写真集(電子書籍:CD-ROM)の衣装・装備品・入稿・スタジオ・カメラマンの代金も自費で支払っている。好きな色はピンク。

    (wikipediaより抜粋)
    【【画像】えなことかいう美少女コスプレイヤー】の続きを読む

    1: 2017/08/12(土) 07:54:10.98 ID:CAP_USER9
    7月29日発売の『実話ナックルズ』(ミリオン出版)に、『アノ「イッテQ」レギュラーか 混浴ニャン2 衝撃流出17枚』という見出しで、両目が黒線で伏せられた男女が混浴温泉に一緒に浸かっている写真やキス写真が17枚掲載された。

    記事中には、「河●麻●子」と表記されている他、同誌発売前から『世界の果てまでイッテQ!』や『ヒルナンデス!』(ともに日本テレビ系)などの人気バラエティ番組に出演している某タレントの衝撃写真が流出すると囁かれていたことから、河北麻友子(25)ではという見方が強まっている。

    同記事によると、掲載された写真は2011年に撮影されたもので、一緒に写る男性は有名サッカー選手とのこと。コメントを寄せている芸能関係者によると、流出原因は同業者の嫌がらせが濃厚だそう。

    この記事を受け、問題視されているのが、河北が「20歳以上ならデビュー後5年、10代なら25歳まで恋愛禁止」を鉄則とするオスカープロモーションに所属していること。所属事務所のルールを違反したことに加え、このような写真を撮影したこと自体「脇が甘すぎる」との厳しい声が上がっており、各番組を降板するとの憶測まで飛び交う事態に発展している。

    しかし、2016年6月放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に武井咲、剛力彩芽、忽那汐里のオスカー所属女優が揃って出演し、事務所の恋愛禁止ルールについて語っていたが、忽那は「私、それあんまり聞いた覚えないんだよね」、武井も「わかる。25歳まで禁止とか聞いてない!」とのこと。剛力だけが「嘘だ! レッスンを受ける時に誓約書を書いてる」と反論したものの、武井は「社長はそう言って(=ルールを作って)整理しているんだなって思う。アイドルのように頭ごなしに恋愛禁止だと言うわけじゃなくて、そういうルールの中でやりましょうねって。圧力みたいなのは何も感じない。それに反発しようとも思わない」と言及した。メディアが問題視するほどオスカーの「恋愛禁止ルール」は“鉄則”ではないのではないだろうか。

    過去には、2014年に女優・香里奈(33)が、泥酔した大股を開き、パンツ丸出しで爆睡している写真が流出し、メディア露出は激減した。2009年には、元日本テレビアナウンサーの夏目三久(33)が、ベッドに寝そべりカメラ目線で避妊具を持って微笑む写真が流出。これを機に、2011年に同局を退社しフリーに転身している。

    女性芸能人のセクシーだったり、夜を匂わす写真が流出するたびに“衝撃写真”と騒動になり、「タレントの落ち度」として責任を追求する風潮がある。確かにタレント自身の脇の甘さとも言えるが、違法行為をはたらいたわけでもなく、彼女が責められる言われはない。むしろこのような写真が出回ることは、一種のリベンジポルノの被害者とも言えるのではないだろうか。タレントとしての責任云々よりも、ひとりの女性として彼女たちが気の毒でならない。

    (夏木バリ)

    https://news.infoseek.co.jp/article/messy_51258/
    no title

    no title

    no title

    【河北麻友子の混浴写真流出に「脇が甘い」はひどい!】の続きを読む

    1: 2017/08/06(日) 00:27:01.772 ID:HyPSH7USd
    no title

    えなこ
    えなこ(1994年1月22日- )は、日本の女性コスプレイヤー、歌手、声優。Carnival☆Stars所属兼イメージガール。女性アイドルグループパナシェ!の元メンバー。愛知県名古屋市出身。パナシェ!解散後に引退するもファンの熱い誘いに負け復帰。TV、ネット、歌手、声優、着用モデルなどや国内外のイベントに出演している。

    コスプレの魅力は大好きな作品のキャラクターになりきれるのと写真でアニメ作品の世界を表現できる所であり嬉しい事は同じ趣味の仲間が増える事。

    月収は100万円以上でコミックマーケットでは2日間(年2回)で1000万円以上を売り上げた。ただし同人写真集(電子書籍:CD-ROM)の衣装・装備品・入稿・スタジオ・カメラマンの代金も自費で支払っている。好きな色はピンク。

    (wikipediaより抜粋)


    【セクシーコスプレイヤーえなこの最新画像】の続きを読む

    1

    1: 2017/07/31(月) 12:23:42.61 ID:CAP_USER9
    あの人気バラエティ番組出演者がまたスキャンダルか。月刊誌『実話ナックルズ』(ミリオン出版)が7月29日、『アノ「イッテQ」レギュラーか 混浴全裸ニャン2 衝撃流出17枚』と題し、記事中では「河●麻●子」と表記の上、混浴写真やキス写真を掲載している。

    同誌が発売されるや、表記名や『世界の果てまでイッテQ!』や『ヒルナンデス!』(共に日本テレビ系)など人気バラエティ番組に出演しているなどの情報から、人気モデルでタレントの、河北麻友子(25)なのではとの見方が強まっている。多方面で活躍する旬なタレントである河北麻友子だけに、今後の動向が注目されている。

    全日本国民的美少女コンテストでグランプリを獲るなど、輝かしい経歴を持つ河北。『イッテQ』では“出川ガール”の一人として度々出演し、流暢な英語を話すことでも知られている。2016年にはドラマ『白鳥麗子でございます!』(メ~テレなど7局共同で制作)で主人公の白鳥麗子を演じたことも記憶に新しい。

    『実話ナックルズ』が7月29日発売の9月号で、河北とおぼしき女性の男性とのキス写真や混浴写真を公開。両目は黒線で伏せられているものの、『実話ナックルズ』は同写真が2011年のものであり、相手の男性が超有名サッカー選手であると紹介。流出原因について、芸能関係者のコメントを交え、怨恨や同業者の嫌がらせではないかと記している。


    問題は、河北の所属するのが米倉涼子(41)や武井咲(23)らが所属する大手事務所オスカープロモーションであること。「デビュー後5年間(10代デビューのタレントは25歳まで)は恋愛禁止」という鉄の掟を敷くなど、若手タレントのスキャンダルにとかく厳しいことで有名だ。

    「掲載された混浴写真の笑顔は、頬が丸くお団子のように膨らむ河北の笑顔とかなり似ている。またスリムな手足や体形も河北と限りなく近い。これがもし河北本人であるなら、流出することも問題だが、恋愛禁止の掟を破ってこうした写真を撮ること自体、脇が甘すぎる」(報道関係者)

    河北が出演する『イッテQ』は、出演者にスキャンダルが相次いでいる。昨年1月にはベッキー(33)がゲス不倫で世間を騒がせて番組を降板。NEWSの手越祐也(29)も火遊びで浮き名を流し、今年5月には金塊強奪事件で逮捕された小松崎太郎容疑者のFacebook写真に写ったりコネチケ問題でファンの反感を食らったりして騒動となった。

    河北自身、過去にも恋愛話が度々浮上してきた。その一人が市川海老蔵(39)。河北が17歳だった約8年前に付き合っていたというウワサがある。また2014年には、写真週刊誌『フライデー』(講談社)にイケメン男性と一緒のところをキャッチされ、半同棲とも指摘された。

    「過去の恋愛といい今回の写真の一件といい、アメリカ育ちの河北のオープンな性格が悪目立ちしている。ファンの間でも『やっぱり』とあまり驚かれていない。一方で河北は、『イッテQ』のみならず他バラエティやCMなどに多数出演中。

    事務所としては本人にペナルティを課したいところだろうが、表沙汰になって途中降板の憂き目に遭えば、多額の違約金が発生する可能性が高い。できれば穏便に済ませたいというのが本音だろう。報道規制を敷いて、雑音をシャットアウトするのでは」(前出・報道関係者)

    ジャニーズ事務所に所属する手越も、一時期は『イッテQ』降格が取り沙汰されたがお咎めなし。過去の火遊びの写真流出疑惑が浮上した河北も、最終的には事務所の力でまるっと解決!?

    文・海保真一(かいほ・しんいち)1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

    デイリーニュースオンライン2017年7月31日08時05分
    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1339256/
    O0
    k

    no title

    【河北麻友子の混浴ニャンニャン写真、流出原因がヤバイ…】の続きを読む

    このページのトップヘ