国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    モデル

    reah


    1: 2016/10/31(月) 05:07:05.96 ID:CAP_USER9
    タレントのリア・ディゾン(30)が、10月31日発売の『週刊プレイボーイ』46号(集英社)の表紙に登場。 日本のグラビア界を席巻した2006年当時と変わらぬ美貌とスタイルで、約8年ぶりに同誌の表紙を飾った。

    『プレイボーイ』の創刊50周年記念月間の第5弾となる本号では、同誌がこれまでに撮影してきた数々の「スクープ・グラビア」を一挙掲載。そのスクープ特大号の表紙モデルとして、“グラビア界の黒船”としてアメリカから来日し、日本中の男性から支持を集めたリア・ディゾンに白羽の矢が立った。

    担当編集者はリアの表紙抜てきについて、「週プレの過去の『スクープ』の中で、リア・ディゾンさんの存在は大きく、かつまだ『現役』であることから起用させていただきました」と説明。また「ビジュアルが当時とほとんど変わっていなかった」ことも、大きな要因に挙げている。

    久しぶりのグラビア撮影に挑んだリアの様子についても「最初はカンを取り戻すまでポーズなどで苦労していたが、すぐに慣れていました」と明かし、「見た目が変わらないので、現役バリバリだったころにタイムスリップしたような感覚になりました。本人も久しぶりのグラビア撮影にとても喜んでいました」と撮影現場の様子を振り返った。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ・リア・ディゾンが8年ぶりに表紙を飾った『週刊プレイボーイ』 (C)飯塚昌大/週刊プレイボーイ
     no title


    leah1

    leah2

    leah3

    leah5

    leah4


    http://www.oricon.co.jp/news/2080713/full/

    【リア・ディゾン、8年ぶりのビキニ画像!30歳でも美貌変わらず!】の続きを読む

    1: 2016/10/25(火) 16:34:45.00 ID:CAP_USER9
    女優でモデルの筧美和子(22)が、11月16日に初のスタイルブック『Me』と写真集『Parallel』(ともに光文社)を2冊同時に発売することが、明らかになった。 どちらも筧が専属モデルを務める女性ファッション誌『JJ』のチームが制作を担当し、あらゆる角度から筧の魅力を“丸裸”にする。

    スタイルブックは、ファッション、ビューティー、ライフスタイルなど、「今」の筧をリアルに感じられるラインナップ。 写真集は、写真修正なしの完全すっぴんショットから息を呑むようなセクシーショットまで、バスト89・ウエスト60・ヒップ85のダイナマイトボディーを余すところなく凝縮している。

    筧は「今回2冊同時発売ということで、しかも私のホームのようなJJのチームと一緒に作れたことで、より近いからこそ感じられるリアルな私だったり、新しい私を表現できたと思います」と2冊とも仕上がりに手応えは十分。

    撮影は2冊で2日という異例のスケジュールだったが「どんどん最高の写真を撮っていただけて、夢中になって楽しんでやっていました」と語り、 すっぴんショットも「いきなり思いついて言ってみたら、いいねぇ!となりその場で顔を洗いました。出来上がりもよりリアルな私になっていてよかったです」と自信を見せている。

    http://news.infoseek.co.jp/article/oricon_2080482/
    ORICON STYLE

    写真集とスタイルブックを同時に発売する筧美和子
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    スタイルブック『Me』
    no title

    写真集『Parallel』
    no title

    【筧美和子のスケスケ最新写真がこちら(画像あり)】の続きを読む

    okada

    1: 2016/10/26(水) 04:41:37.04 ID:CAP_USER9
    2016年10月26日

    お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右さんの娘でタレントの岡田結実(おかだ・ゆい)さんが、26日発売のマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)48号の表紙と巻頭グラビアを飾った。

    岡田さんが少年マンガ誌のグラビアに登場するのは初めてで、水着姿を初披露している。グラビアではタンクトップにショートパンツ姿などの写真も掲載されている。

    岡田さんは2000年4月15日生まれの16歳。トークバラエティー番組「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)のMCを務めるほか、17年2月に公開される映画「傷だらけの悪魔」で女優デビューすることも話題になっている。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ・「週刊少年サンデー」48号の表紙と巻頭グラビアを飾った岡田結実さん=小学館提供
    no title

    no title

    no title

    http://mantan-web.jp/2016/10/26/20161025dog00m200037000c.html

    【ますだおかだ岡田の娘、岡田結実が初水着グラビア!!(画像あり)】の続きを読む

    kiko


    1: 2016/10/15(土) 08:14:24.97 ID:CAP_USER9
    2016-10-15 00:23

    【水原希子/モデルプレス=10月14日】モデルで女優の水原希子が14日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系、毎週金曜23時~※この日は23時10分~)に出演。不眠や拒食に苦悩した過去を告白した。

    ストレスで不眠・拒食に「自分を責めていた」

    水原は今回、年に10回も訪れるという香港へ。今では活躍の場を海外へと広げているが、その原点ともいえる地で、デビュー当時からこれまでのこと、仕事を続ける意味など本音を打ち明けた。

    13歳でモデルの仕事を始めた水原。一時期は「ストレスが溜まりすぎて全然眠れなかったり、食が通らないことがあった」と不眠、拒食に陥っていたと告白。「期待に応えられなかったかもしれないと不安でいっぱいだった。自分を責めて、自分の力不足だ、プロじゃないんだと思っていた」とプレッシャーに推し潰れされていたという。

    また、女優デビューとなった映画「ノルウェイの森」(2010年)ではいきなりヒロインに抜擢。当時は、「毎日怒鳴られて、毎日泣かされてました。女優は生半可な気持ちではできないと思った」と大きな壁にぶつかっていたと振り返り、今でも不安と向き合っているとも。それでも「(作品が)終わってから『楽しかった』と思える」といい、「全部自分の人生。たくさん経験して考えることで、人と違う表現、自分らしさが生まれる」と仕事へのポジティブな思いを語った。

    差別に苦悩した過去「自分の存在が恥ずかしいと思っていた」

    壁にぶつかりながらも水原が常に前を向いているのは「仕事を通してみんなを笑顔にしたい、希望や夢与えたい。それができることってすごいことだし、そういう存在になりたいから」と照れながらも本音を語った水原。

    その思いを抱くようになったのは、自身も経験した「差別」が影響しているという。アメリカ人の父と韓国人の母を持ち、日本で生まれ育った水原は、子供の頃「自分の存在が恥ずかしいと思っていた」と周囲からの差別で自己嫌悪に。

    否定するのではなく、受け入れることで新しいスタイルや考え方が生まれる。だから、いろんな差別がなくなればいいのにって心から思っています」と強い思いを主張し、「差別で苦しんでる人がたくさんいる。だから私は伝えたい」とこの仕事を続ける理由についても言及。「自分だけにしかない魅力を皆さんに見つけてほしい。早く差別のない時代になって欲しいし、そのために私は強く生きてる姿勢を見せなきゃ」と使命を燃やした。(modelpress編集部)

    https://mdpr.jp/news/detail/1624264

    【水原希子「日本での差別に苦しんだ」 不眠症や拒食症も患う】の続きを読む

    bi

    1: 2016/10/12(水) 21:21:57.68 ID:CAP_USER9
    「第7回国民的美魔女コンテスト」最終選考会が12日、都内で行われ、 山形県のフラダンスインストラクター田中恵さん(37)がグランプリに輝いた。スポンサー賞も受賞しており、W受賞となった。

    応募総数約1500人の中から選ばれた田中さんは、感激で涙を浮かべながら「本当に幸せです。山形から生徒さんが応援にきてくれました。この感謝の気持ちを明日から還元していきたいと思います」とあいさつ。主催する雑誌「美ST」(光文社)の井上智明編集長は「みんなが幸せになるような笑顔」と受賞理由を明かした。

    準グランプリには神奈川県のスキンケアアドバイザー松瀬詩保さん(42)が輝いた。「まさかこのような賞を頂けると思わなかった。本当にありがとうございます」とし、「今回、勝手に応募してくれた主人と息子に(喜びを)伝えたいです」と話した。井上編集長は「嫌いな人いないと思います。人柄が外見にもにじみ出ているのが決め手」と明かした。田中さんと松瀬さんは、芸能事務所オスカープロモーション所属も決定した。

    また、スポンサー賞の「輝く美魔女賞」に埼玉県の主婦、田中悦子さん(49)、読者投票による「Web賞」には兵庫県の元宝塚で、現在はヨガインストラクターの綺華れいさん(37)が選ばれた。

    日刊スポーツ
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1723496.html
    「第7回国民的美魔女コンテスト」でグランプリに輝いた田中恵さん(左)と準グランプリの松瀬詩保さん(撮影・上岡豊)

    no title


    他画像
    no title

    no title


    【【不評】美魔女コンテストグランプリに輝いた田中恵さん(37)のご尊顔がこちら】の続きを読む

    このページのトップヘ