国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    アナウンサー・キャスター

    1: 2017/06/19(月) 16:01:23.25 ID:7KV5d8Fo0
    5

    1

    19



    立花麻里

    立花 麻理(たちばな まり、1981年8月3日 - )は、TVQ九州放送のアナウンサー。

    埼玉県浦和市で生まれ、小学生の頃に親の仕事の都合で岩手県盛岡市へ引っ越し、以後実家は盛岡である。高校時代は新体操部に所属し、インターハイにも出場した。

    大学卒業後の2004年に入社。他局からの移籍が多いTVQでは珍しく生え抜きのアナウンサーである。小規模局ということもあり、入社時の新人研修はテレビ東京本社で“同期”の松丸友紀、滝井礼乃と共に受けていた。TVQでは看板アナウンサーとして各ジャンルで活動し、地上デジタル放送推進大使も務めた。

    2012年8月、1つ年上の音楽家と入籍。その後も仕事メインで活動していたが、2014年に第1子を妊娠。8月から出産・育児休暇に入り、2015年9月に復帰した。

    (wikipediaより抜粋) 

    【【画像】九州で最もスゴイ胸の女子アナがこちら】の続きを読む

    a

    【女子アナ】フジテレビ、入社試験でセクシーポーズを要求 カトパンはスカートを膝上までズリ上げ

    1: 2017/07/12(水) 00:39:53.89 ID:CAP_USER9
    フリーアナウンサーの加藤綾子(32)が、フジテレビ入社試験でセクシーポーズを披露するよう求められたことを明かした。加藤は、10日深夜放送の「クジパン」に出演。フジの新人、久慈暁子アナに、自身の経験などからアドバイスした。

    入社試験の話になり、加藤は「『セクシーポーズをしてください』って言われたの」と振り返り、突然の要求に戸惑いながらも「ちょっとスカートのすそを上げたの。セクシーっていうからちょっと見せた方がいいかと思った。膝上まで」と明かした。

    しかしほかの受験者たちにどんなポーズをしたのか尋ねると「そんなの聞かれてないよ」と言われ、後日、人事に尋ねてみたところ、「まさか『セクシーポーズしてください』でスカートまくりあげるとは思わなくて、セクハラとかで訴えられたら大変だから」との理由で中止になっていたという。

    加藤は「先輩方に聞いたら、ちょっとうなじを見せたりとかポーズをとったりとか、そんな感じだったんだって。(自分は)本気のセクシーを求めてると思って、本気で挑んじゃって」と笑った。


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1853618.html

    【フジテレビ完全終了…女子アナ入社面接でとんでもない要求をしていた】の続きを読む

    16

    【女子アナ】加藤綾子 志村けんと共演裏に飛び出した“玉の輿婚”密約

    1: 2017/07/07(金) 23:47:36.47 ID:CAP_USER9
    フリーアナのカトパンこと加藤綾子(32)に交際説が再浮上。そのお相手は、あの大御所お笑い芸人の志村けん(67)だという。

    「志村は、すでに3年前に正式に結婚の申し込みをしている。彼の資産は50億円以上とされ、常々『跡取りがいるわけじゃないし、残してもしょうがない』と語っている。カトパンは最近、メークが濃くなったことで、カレ氏ができたのではないかと言われているだけに、相手は志村じゃないかと、もっぱらです。もし結婚することになったら超玉の輿ですよ」(前出・芸能記者)


    http://npn.co.jp/article/detail/29526691/

    【加藤綾子アナ、資産50億円の男に結婚を申し込まれる!】の続きを読む

    【芸能】恋愛ネタも食レポも不可「夏目三久」現場でNGリスト続々 

    1: 2017/07/05(水) 16:04:48.60 ID:CAP_USER9
    夕暮れでも続く汗ばむ陽気は、朝も暗いうちから働く身には少しこたえる。犬の機嫌を伺いつつ散歩しなければならないとなれば、なおのことだろう。好奇心旺盛な小型犬は、飼い主を振り返りもせず、あっちこっちへ進んでいくーー。

    この日、夏目三久(32)が愛犬に振り回されながら帰ってきたのは、午後6時半を過ぎたころ。街に明かりが灯り、やっと涼しくなり始めた時間に、彼女の一日は終わった。翌朝5時25分にはまた、全国に笑顔を届けなければならない。

    現在、TBSの朝の顔として『あさチャン!』のMCを務める夏目は、テレビ朝日では土曜深夜の顔である。 2012年4月放送開始の『ナツメのオミミ』以来、6回のリニューアルを重ねる土曜深夜1時台の番組枠。 放送中の『chouchou』まで5年以上、MCの座を守っているが……愛犬以上のやんちゃぶりに、制作現場は振り回されている。

    「今年4月、リニューアルのタイミングで、十数人いたディレクターやADなどのうち、ほとんどのスタッフが辞めた。夏目側の要求に、制作側がついていけなくなったのが原因。本来であれば、前作と同じ制作陣で続けたかったが、一新せざるをえなくなった」(元テレ朝局員)

    人気の美人アナと働ける職場から、スタッフがこんなに離れてしまうなんて。取材を進めると、現場からの悲鳴は、すでに局内外に響き渡っていた。

    「収録日直前に『企画を変えてほしい』と言われ、決定済みのゲストをキャンセルせざるをえないことが何度もあったようだ。そのたびにひたすら謝り、会議からやり直さなければならない。現場は疲弊していた」(芸能プロ関係者)

    2015年10月から2016年4月まで放送の『ヤーヌス』ではこんなことが。

    「当初、ナレーションには東京03の角田晃広が起用される予定だったが、収録をすませたあとでボツになっている。角田は自身のラジオで『オンエアを見たら俺の声じゃないんだよ!』と憤っていた。 また、夏目は共演のピエール瀧とも合わなかった。番組は好評で瀧はスタッフ受けもよかったが、半年で打ち切りを余儀なくされ、瀧は外された」(前出・元テレ朝局員)

    昨年8月の有吉弘行(43)との結婚・妊娠騒動以降は要求がヒートアップ。 夏目は報道を真っ向から否定したが、同時に番組で恋愛、結婚、妊娠に関する話題は避けてほしいと言われたという。さらに「気の利いたコメントはできないから」と食レポもNGに。とうとう制作現場がお手上げになり、今春のリニューアルに至った。

    前出の『ヤーヌス』について、テレ朝広報部は「終了は通常の改編作業に伴うものです。また、番組の制作過程に関する質問には、従来お答えしておりません」と回答している。

    やんちゃはほどほどに。愛犬が教えてくれた教訓だ。
    (週刊FLASH 2017年6月27日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170705-00010003-flash-ent
    no title

    【夏目三久アナ、ヤバすぎる姿を盗撮されて終了へ(画像あり)】の続きを読む

    【芸能】小林麻央さん通ったクリニックが「無届け医療」で業務停止命令

    1

    1: 2017/07/04(火) 00:02:56.81 ID:CAP_USER9
    6月22日に逝去した小林麻央さん(享年34)。その壮絶な死から約1週間後の6月28日、驚きのニュースが飛び込んできた。他人のさい帯血を投与する医療を無届けで行ったとして、全国11のクリニックに業務停止命令が下った。そのうちの1施設が、麻央さんの昨年から何度も通っていたAクリニックだったのだ。

    「11カ所の民間クリニックではがん治療などの目的で、妊婦さんのへその緒の中にある血液、 いわゆるさい帯血を投与していました。'14年11月に施行された再生医療法ではさい帯血など他人の幹細胞を使った医療を行う場合、専門委員会に計画書を提出し、安全性などの審査を受ける必要があります。しかしAクリニックは届け出を出しておらず、厚生労働省から再生医療を一時停止せよという命令をうけたのです」(医療関係者)

    さかのぼること5カ月前。今年2月上旬の朝10時半、ショートのウイッグに顔の半分を覆うマスクとファー付きのコートで“厳重装備”をした麻央さんが向かったのがAクリニックだ。タクシーでクリニック前に降りた麻央さん。姉の小林麻耶(37)も一緒だった。

    麻央さんがAクリニックで受けていたというのは「水素温熱免疫療法」。業務停止命令の原因となったさい帯血治療とは別の治療法だ。だが水素温熱免疫療法にはこんな指摘もある。

    「この療法はまだ10年ほどの歴史しかない、医学的な根拠が乏しいものです。あと10年、20年たたないと、有用性はわかりません」(別の医療関係者)

    この療法は保険のきかない自由診療。1回数万円になる。少しでも効果が期待できるならと、麻央さんはわらにもすがる思いで他にもさまざまな民間療法を試していた。

    「食事の代わりにオーガニックの野菜や果物のみを使ったジュースを飲む『ジュースクレンズ』や、
    酵素を加えたヒノキのおがくずや米ぬかに体を埋める『酵素風呂』も試していました。夫の市川海老蔵さん(39)がさまざまな人に相談し、この治療法がよいと聞くとすぐに連絡をとっていました」(歌舞伎関係者)

    鹿児島のがん専門医院や、ニューヨーク在住の日本人医師にも相談したという。

    「先進医療も民間療法も、保険適用外です。海老蔵さんが負担した治療費の総額は1億円を超えていると聞いています」(別の歌舞伎関係者)

    愛する妻のためにありとあらゆる手を尽くした海老蔵。家族のために“わずかな希望”にかけた麻央さん。Aクリニックの業務停止令のニュースを聞いた家族の“無念”はどれほどだったろうか――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170704-00010002-jisin-ent

    【小林麻央が通っていた病院に業務停止命令!治療法がガチでヤバイ…】の続きを読む

    このページのトップヘ