国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    アナウンサー・キャスター

    2

    1: 2017/04/09(日) 08:57:04.86 ID:CAP_USER9
    元フジテレビで現在はフリーの加藤綾子アナウンサー(31)が7日深夜に日本テレビ系で放送された「アナザースカイ」(後11・00)に出演し、兄が妹である自身の存在を隠していると明かした。

    加藤アナは、初の家族海外旅行でスイスを訪れた。現地で撮影した写真を公開。両親や加藤が写っていた。MCの今田耕司が「おにいちゃんも行ったの?」と尋ねると、加藤アナは「兄も行きました」と返答。写真を撮っているのが兄だった。今田が「おにいちゃんも入れたり」と家族全員で写っていないことをツッコむと、加藤アナは笑って「違うんです。兄は私のことを隠してるんです。出せないんです」と加藤アナが有名人であるため、兄が周囲にはその存在を明かしていないことを述べた。顔が似ているのか聞かれた加藤アナは「小さいころは似ていたんですけど兄は今はがっしり…太っているので、そんなに似てるとは言われない。胸板も厚い」と外見からは判断しにくいことを訴えた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12909556/
    2017年4月8日 18時37分 デイリースポーツ
    【加藤綾子アナ、知られざる家族の秘密】の続きを読む

    f

    1: 2017/04/08(土) 09:11:37.47 0
    no title

    no title

    2017年フジテレビ入社
    氏名:黒瀬翔生(くろせしょうい)
    出身地:長野県安曇野市
    出身高校:長野県松本蟻ヶ崎高校
    大学:法政大学法学部政治学科卒業

    【フジテレビに超絶かわいい新人アナ入社で日テレ時代終了へ】の続きを読む

    k

    1: 2017/04/08(土) 11:35:50.51 ID:CAP_USER9
    7日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、フリーアナウンサーの加藤綾子が、フジテレビ時代に1番仕事を辞めたいと思ったときを明かした。

    番組では、加藤がフジテレビの局アナ時代にあった辛い葛藤を明かした。加藤は9年前の2008年にフジテレビ入社後、10月から自身の冠番組「カトパン」を担当することに。そんなタイミングで「週刊誌とかに昔のことが色々出たりして。昔のちょっと派手な格好をしていたことが出た」という。


    no title

    1

    2

    4

    加藤は「表に出るっていうのは、こういうことなんだ…」と認識し、「すごく色んなことを言われた部分もあって」「そのときは1番(アナウンサーを)辞めたい」と思ったというのだ。自身の仕事のせいで「家族に迷惑をかけたくない」とも悩んだ。

    しかし、加藤は「もしここで辞めたら『ああ、入ってきてすぐに辞めた子いたよね』という印象で終わる。でも、ここから頑張れば、変えられるなって思った」と、踏みとどまった心境を語った。

    また、小さいときからピアノを始め、音大に進んだ加藤だが、学生時代も決して全力で音楽に向かっていなかったと反省している。そこで「ダメだったとしても、1回ぐらい『本当に一生懸命、私はやりました』って言えるものが欲しくて」と、アナウンサーの仕事に全力で取り組もうと決意したそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12907983/
    2017年4月8日 10時44分 トピックニュース 
    【【画像】加藤綾子アナ、過去のヤバイ写真が流出】の続きを読む

    f2

    【悲報】無免許運転で逮捕された藤原アナウンサー「一度も免許を取ったことがない」

    1: 2017/04/04(火) 09:49:14.48 ID:jNEFavQm00404
    無免許で車を運転したとして、今月1日、道交法違反の疑いで静岡県警掛川署に現行犯逮捕された静岡第一テレビのアナウンサー藤原恭一容疑者(27)が、同署に「1度も免許を取ったことがない」と供述していることが3日、分かった。

    f3


    同局によると、藤原容疑者は昨年5月、局に車の使用申請をする際、免許証のコピーを提出していたといい、 コピー偽造の疑いも浮上している。同局は「『1度も免許を取ったことがない』と供述していることは、掛川署から聞いています」 としながらも、偽造の可能性については「捜査中なので何とも言えません」としている。

    藤原容疑者は1日午後6時20分ごろ、同県掛川市の市道で他の車との衝突事故を起こし、無免許が発覚した。 当時は、同県袋井市のエコパスタジアムで行われたJ1磐田-清水(静岡ダービー)を取材した帰りだったとみられる。 車には同局社員3人も乗っていた。

    また、藤原容疑者は、3日にスタートした同局の生放送番組「マルシェア」(月~金曜前10時25分)で、月~木曜日にMCを務める予定だったが、番組は欠席。放送で説明はなく、金曜MCの伊藤薫平アナ(33)が司会進行した。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1802168.html
    【逮捕された静岡第一テレビのアナウンサーがガチでヤバいやつだった・・・】の続きを読む

    1

    1: 2017/04/01(土) 09:01:10.84 ID:CAP_USER9
    銀座のクラブで働いていたことを理由に一時は内定取り消しの憂き目に遭い、訴訟の末に入社した経緯を持つ日本テレビの笹崎里菜アナウンサー。それだけに入社時は注目度も高かったが、やはり2年も経過すると話題にものぼらなくなってきた。

    しかし、だからこそ彼女の今が気になる。関係者に話を聞き、彼女の現在を追いかけた。

    「今の彼女の立場としては、ごく普通のアナウンサーと同様です。特別な厚遇や冷遇があるわけではありません。ただ、現場スタッフは気を使っているように感じますね」(テレビ局関係者)

    気を使っているとは、どういうことだろうか。

    「入社から2年が経過するとそろそろ新人というレッテルが剥がれます。この時期は、アナウンス技術を伸ばしていかないといけない大切な時期でもあるんです。通常なら、彼女が出演している各番組のプロデューサーなりディレクターが、細かいアドバイスをしてアナウンス技術が向上するように仕事の手はずを整えるのですが、笹崎アナの場合は周囲が助言などをしないんですよ」(同)

    やはり入社時の経緯が理由なのか。

    「誰も明確に理由を言いませんが、明らかに入社時の訴訟を意識しているようです。必要以上に関わりたくない相手という見方をされていますね。よほどのミスがあれば叱責するでしょうが、本来ならスタッフがアドバイスをするような場面でも彼女の場合にはほとんどスルーされていますね」(同)

    表向きの待遇は他のアナウンサーと同様のようだが、内実は違うようだ。

    「そもそも入社時に裁判までして入っているので、上層部からも『接し方には気を付けろ』と指示されています。この言葉の真意は『平等に扱え』ということなんですが、現場スタッフとしては、よかれと思っていったことが差別的だと受け止められたら面倒なので、誰もが積極的に関わることを避けているんです」(同)

    たしかにアドバイスをして返り討ちに遭うようなことは誰もが避けたいのだろう。しかし、そんな現状を過ごしているとすれば、笹崎アナの今後はどうなるのか。

    「自力で成長していくしかありません。局アナは入社から5年目がひとつの節目といわれており、その時点でアナウンサーとしてこれ以上は伸びしろがないと判断されれば、他部署に飛ばされることもあります。笹崎アナの場合、あと3年。それまでに自力でアナウンス技術を向上させ、自分の確固たる地位を築かないといけません。無論、アナウンサーとしての技術がなかったとしても、下手に他部署に飛ばせばまた厄介なことになるかもしれないので、彼女の場合には例外となる可能性もあるかもしれませんが……。いずれにしても自力でのし上がるしかないですね。今後も、誰も彼女とは深く関わろうとしませんから」(同)

    入社5年目を節目とする考え方は日本テレビではよくあることだという。特例扱いされない場合には、あと3年で飛ばされる可能性もあるのだ。果たして彼女はそのときまでに周囲を納得させられるアナウンサーになっているのだろうか。裁判までしてつかんだ仕事だからこそ、踏ん張ってほしいものだ。

    tocana3月30日(木)9時0分

    2


    【元ホステスの笹崎里菜アナの現在】の続きを読む

    2

    1: 2017/03/27(月) 16:40:01.50 ID:CAP_USER9
    元フジテレビの加藤綾子(31)に続き、フリー転身が確実視されていた日本テレビの水卜麻美アナ(29)が、三十路を前に局アナとして人生をまっとうする腹を固めたという。

    (中略)

    そもそも、水卜アナがフリー転身を囁かれた背景には、『関ジャニ∞』横山裕(35)との熱愛があった。「2人が結婚を前提に交際していたのは間違いない。ところが、ジャニーズ事務所と日テレ局内から交際に大反対の声が上がったんです。さんざん悩んだ水卜アナは、周囲のプレッシャーに耐え切れず、横山との愛を貫くため、退社する方向だった」(事情通)

    その水卜アナがフリー転身を諦めたということは、すなわち…。

    「破局ですよ。なんでも横山から一方的に別れを切り出されたそうです。すでに横山には別の彼女がいるみたいです。売り出し中の某グラドルXです。そんな横山の冷たい仕打ちにようやく彼女も目が覚めた」(同) 

    だが、横山に振られたショックで水卜アナの女心はボロボロ、ズタズタ…。まるでボロ雑巾のような有り様なのだという。「水卜アナが失恋すると、やけ食いから体重が一気に10キロ近く増えるんです。ストレスから1日5食、6食なんてザラでした。早朝からカツ丼、お昼にステーキ、おやつに牛丼、夕食に天ぷら、夜食にケーキなんて、大男でも音を上げるようなメニューをペロリと平らげていたんです。社食には、水卜アナ専用席があるくらいです。ガツガツ食べていると、局員は『おっ、また振られたな』と分かる雰囲気だった」(放送作家) 

    ところが、今回の水卜アナは少し様子が違った。「激ヤセなんです。体重が5~7キロは落ちているんじゃないですか。食べてはいるけど失恋のショックで全然、太らないそうです。おっぱいもDカップの88センチだったのが、Cカップの83センチになってしまったというから深刻ですよ。今回ばかりは本当に落ち込んでいる」(芸能プロ関係者) 

    ~続き・詳細 は引用元をご覧ください~


    週刊実話|掲載日時 2017年03月27日 12時00分 [女子アナ] / 掲載号 2017年3月30日号
    http://wjn.jp/article/detail/4348334/
    1

    【【衝撃】水卜麻美アナの激ヤセ画像!痩せた理由もヤバイ!】の続きを読む

    o

    1: 2017/03/28(火) 19:47:18.08 ID:zI3TktYmr
    第89回選抜高校野球大会第8日の27日、第2試合で高校通算79本塁打の “怪物スラッガー”清宮幸太郎内野手(3年)を擁する早実(東京)が8―11で東海大福岡(福岡)に敗れ、2回戦で姿を消した。

    早実と東海大福岡の試合では実況を担当したNHK・小野塚康之アナの早実寄りの発言も注目を集めた。 特に“清宮びいき”ととられかねないものが多く、初回の第1打席で構える姿に「バット軽そ~う!」とハイテンションに叫んだり、6回の第3打席で三塁打を放った際、三塁へ走る姿に「すごい走り方。ドンドンドンときました。なかなか愛らしい」と感想を述べたり…。

    9回の最終打席では「ショートフライでどよめきが起こる甲子園!」など清宮を持ち上げ続けたものだから、ツイッターでは「実況うるさい」「早実(清宮)寄りの実況で聞いていて不快。東海大ナイン、関係者に失礼」などの意見が続出した。大会に出場した他校の選手は「応援が相手寄りになることもある。実況も同じことで、自分たちが気にすることはない」と語ったが、これもまた大きな話題になった。

    4

    http://news.livedoor.com/article/detail/12858840/
    2017年3月28日 16時30分 東スポWeb
    【【悲報】定年間近のNHKアナが大炎上中】の続きを読む

    このページのトップヘ