国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    アナウンサー・キャスター

    mao

    1: 2016/12/15(木) 20:52:00.12 ID:CAP_USER9
     歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)が15日、5日ぶりにブログを更新。「ブログが久しぶりになってしまいました。だいぶ弱ってしまい、すみません。幼稚園のクリスマスパーティも参加できず、悲しく思っていましたが、子供の笑顔を写真で見るとそれだけで、うれしいです。写真を送ってくれる幼稚園のママたちや遊びに連れて行ってくれるママたちに感謝でいっぱいです」とママ友に感謝した。

     長女、麗禾ちゃん(5)と長男、勸玄くん(3)の写真をアップ。勸玄くんは風邪をひいてしまったといい、「大好きな梅干しの白湯を飲んだりして安静に過ごしています。昨夜は姉が一晩中 私の背中をさすってくれました。本当に優しい手。みんなみんなありがとう」と姉・小林麻耶(37)を含め、家族への思いをつづった。

    サンスポ 2016.12.15 20:43
    http://www.sanspo.com/geino/news/20161215/geo16121520430039-n1.html

    【病状悪化か?小林麻央「だいぶ弱ってしまい」5日ぶりのブログ更新】の続きを読む

    moea


    1: 2016/12/08(木) 10:00:29.91 ID:CAP_USER9
    テレビ朝日の報道・情報番組「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)のサブMCを務める田中萌アナウンサー(25)と加藤泰平アナウンサー(33)が8日、同番組への出演を取りやめた。

    8日発売の「週刊文春」が2人の不倫疑惑を報道。同局は事実関係について「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」とする一方で、2人の出演については「報道・情報番組ということもあり、出演を当面見合わせることにしました」と説明していた。

    番組は今月2日、「2016ユーキャン新語・流行語大賞」のニュースを伝えた際、「ゲス不倫」「センテンススプリング」「文春砲」がノミネートされながら大賞を逃した「週刊文春」記者・文春(ふみはる)君を直撃したVTRを流した。

     (VTRからスタジオに戻り)

    田中アナ「いや~、今年は文春の記事が話題になりましたね」

    吉野真治アナ「あらためて、文春砲がいつ発動されるのか、聞いたんです。それが気になる内容だったんです。その時のやり取りを再現してみます。田中アナはディレクター役を」

    12/2 

    田中アナ「(番組ディレクター)次の文春砲はいつですか?」

    吉野アナ「(週刊文春記者)まあ来週号で1個大きいの、あるんじゃないですか」

    田中アナ「(番組ディレクター)えっ?内容は?」

    吉野アナ「(週刊文春記者)ん…現場を震撼させるような」

    田中アナ「(番組ディレクター)現場?ちょっとだけヒントを」

    吉野アナ「(週刊文春)ん…何ですかね…」

    田中アナ「(番組ディレクター)何でしょうか?」

    吉野アナ「(週刊文春記者)最後に逃げられたくないんで。勘弁して」

    no title

    no title

    この時点で取材は大詰めだったといい、田中アナは自身に降りかかるとは思っていなかったのか…。

    参考動画 文春砲w 
    https://youtu.be/Pslzp382Ko8


    スポニチアネックス 12/8(木) 9:44配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000091-spnannex-ent

    【テレビ】<テレビ朝日>不倫報道の田中、加藤アナが番組出演せず! 欠席理由一切触れず・・・©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481157804/

    【田中萌アナ「次の文春砲はいつですか?」→翌週自分に降りかかり番組降板!】の続きを読む

    ike


    1: 2016/12/04(日) 17:03:15.33 ID:CAP_USER9
     3日放送の「池上彰のニュースそうだったのか!!」(テレビ朝日系)で、池上彰氏が、韓国の現状を「民主主義国家としてはまだ発展途上ともいえる」とコメントした。

    番組では、韓国の朴槿恵大統領をめぐるスキャンダルを取り上げた。 この事件に関連して、朴大統領との親交を利用して国政に介入したなどとして、友人の崔順実(チェ・スンシル)被告が職権乱用と詐欺未遂で身柄を拘束された。 さらに、朴大統領の責任を問い、辞任を求める抗議デモに、全国で190万人が参加したとも発表されている。

    ここで池上氏は、韓国でこのような大規模なデモが発生する背景について、約30年前の成功体験があったのではないかと分析したのだ。

    韓国は1988年のソウル五輪直前まで軍事独裁政権下にあり、事実上、言論の自由もなければ、民主的な選挙も存在しない状態だったという。 だが、87年の「6月民主抗争」で、数万から数十万人規模のデモが韓国全土で20日間以上にわたって発生した結果、民主化が達成されていた。

    池上氏は「『みんなで集まってデモをすれば、自分たちの言い分が通るんじゃないか』という成功体験があるからこそ、何かあったらみんな集まるんじゃないかと言われますね」と持論を述べる。 そして、「韓国はそこから民主化に向かって歩み始めたという意味では、民主主義国家としてはまだ発展途上ともいえるんではないか、ということですよね」と指摘していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12370477/

    【池上彰さん「韓国はまだ発展途上」】の続きを読む

    taro


    1: 2016/11/10(木) 12:13:52.94 ID:CAP_USER9
    ◇米大統領選トランプ氏勝利

    誰もがトランプ氏を泡沫(ほうまつ)候補と侮っていた時から「99%大統領になる」と断言していたのがジャーナリストの木村太郎氏(78)。 なぜ“予言”できたのか。今後の日本への影響も含めて聞いた。

    僕が初めてトランプが大統領になると直感したのは昨年12月。当時の報道を見て、彼の暴言の数々は、米国人が言いたくても声に出せないことだと感じたからです。 移民や経済格差の問題にしても多くの米国人が心の中で思っていた。それを率直に表現したからこそ有権者に響いたんですよ。

    先月取材のため、米国に行ったのですが、トランプ勝利を確信するとともに大差もあるんじゃないかと思いました。 有権者に「どちらに票を入れるのか」と聞くと、最初は言葉を濁す。投票に行かないという人もいた。 でも、よくよく聞くとトランプ。「なぜ隠すのか」と聞くと「マスコミが想定するトランプ支持者は低所得の白人で人種差別主義者で女性蔑視の人たち。 隠さない方がおかしい」と言う。だから調査会社の質問にも多くの人が態度を明らかにしませんでした。「隠れトランプ支持」の数は想像以上だ、と思いましたね。

    日本にも大きな影響を及ぼしそうです。先日米国で、トランプのアドバイザーに会いました。 彼によると「米国は世界の安全のためにいろいろな国を助けてきたけど、もうできない。悪いけど手を引くよ」というのがトランプの基本的な考え。 おのずと日米安保は考え方を変えないといけなくなります。もしかしたら沖縄の基地がなくなってしまうかもしれない。

    それによって憲法改正の議論が甘く感じるくらい、日本人はこの国をどうやって守るのか、本当に血を流して戦うのかという議論が現実的になると思 もちろん、そうじゃない選択もあると思います。でも、国としての方針を真剣に考えないといけなくなるのは間違いないと思う。 あと、TPPは間違いなくやらないでしょう。実際、オバマ政権もやる気はなかったと僕は思っています。

    心配なのは、トランプがあまりにも目立ち過ぎなことです。 レーガン元大統領は就任2カ月で暗殺未遂があった。そうならないことを祈りたいですね。

    スポニチアネックス 11/10(木) 8:13配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000089-spnannex-ent

    写真
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20161110-00000089-spnannex-000-view.jpg

    【テレビ】<木村太郎氏>米大統領選、トランプ優勢報道に「当然」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1478673415/

    【木村太郎「当選するのはトランプ」1年前から予測できた理由とは?】の続きを読む

    1: 2016/11/09(水) 14:57:56.29 ID:CAP_USER9
    ジャーナリストの池上彰氏が9日、テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」に登場。米大統領選でヒラリー氏が米国民に嫌われる理由について、米国民が中央政府を信用していないという心情があると解説した。

    番組では米大統領選の速報を報道。トランプ氏有利という情勢について、なぜヒラリー氏は嫌われるのか?という話題となった。

    池上氏は、ヒラリー氏の夫が元大統領であることを挙げ「大統領時代の給料は実はそれほど高くはない。でも大統領を辞めた後にみんな財団を作るんです。そこで世界中から寄付を募る。また世界中を講演旅行して多額のお金が入るんです」という仕組みを説明。

    テレビ朝日の小木逸平アナウンサーが「(夫の)引退後、財団があるのに、また大統領になっちゃってどうするの?っていう話ですか?」と、夫婦で“荒稼ぎ”する姿勢を指摘すると、池上氏は「そうです」とうなずいた。

    また、米国民は「首都を信じていない。連邦政府を信用していないんです」とコメント。

    過去の大統領についても、オバマ氏はイリノイ州、ビル・クリントン氏はアーカンソー州など、地方の政治から中央へ舞台を変えたことを挙げ「ワシントン政治に汚れていない人が選ばれていた。その点、(ヒラリー)クリントンさんはずっとワシントン。その不信感を(米国民は)持っている」と、ヒラリー氏が支持されない理由を解説した。

    トランプ氏は政治家経験は一切ないが、「それが新鮮なんです」とも指摘していた。

    デイリースポーツ 11/9(水) 14:33配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000049-dal-ent

    写真
    no title

    【池上彰、ヒラリークリントンが嫌われた理由を解説!】の続きを読む

    このページのトップヘ