国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    アナウンサー・キャスター

    ko

    1: 2017/02/02(木) 13:13:43.35 ID:CAP_USER9
    退院した小林麻央が初めて主治医に尋ねたひとこと
    2017.02.02 07:00

    【闘病3年目。医師に初めて尋ねた言葉】

    《今日、退院してまいりました!!》。小林麻央(34才)は1月29日、都内の大学病院を退院して自宅に戻ったことをブログで報告した。およそ1か月ぶりのわが家。長女の麗禾(れいか)ちゃん(5才)が作ったピンクのティアラをかぶり、長男の勸玄(かんげん)くん(3才)が描いた絵を手に持った笑顔の麻央には、病室では見せない「母の眼差し」が溢れていた──。

    麻央は乳がんが肺や骨に転移したステージ4であることを公表している。

    「昨年秋頃には乳がんへの使用は国内未承認の治療薬を使ったり、今回の入院では骨への放射線治療をしたりしたそうです。ただし、状況は一進一退。副作用で食事が喉を通らず、耐えがたい痛みがあることもある。皮膚への転移も見つかりました。今後の治療方針は、とにかく痛みをコントロールしていくことでしょう」(麻央を知る関係者)

     麻央は退院後に《今回の入院は底まで行って、考え、弱気になりました。暗くなりました。》(29日ブログ)と吐露している。

     乳がんの発覚からおよそ800日──それまで胸の奥底に押さえ込んできた気持ちを、麻央は退院2週間前、思わず口にしたという。

     その言葉が記された1月13日のブログは、いつものように誰でも読める設定ではなく、会員限定の記事であり、冒頭にこんな言葉があった。

    悲しい気持ちになる方もいるかもしれないので、読みたい方だけご覧ください

     どれだけつらい状況でも、常に前向きな記事を載せてきた彼女にしては、非常にめずらしい文言だった。

    胸に皮膚転移が見つかり、お腹にも同じ可能性があるしこりが見つかって麻央さんはひどく落ち込んだそうです。口をついて出た言葉が『あとどのくらい生きられますか』──だった。闘病3年目で、このことを尋ねたのは初めてだったそうです。

    http://www.news-postseven.com/archives/20170202_489775.html

    【小林麻央「あとどのくらい生きられますか?」ついに主治医に尋ねる・・・】の続きを読む

    konnno


    1: 2017/01/10(火) 22:38:48.22 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 1/10(火) 22:29配信

    元日にヤクルト・杉浦稔大投手(24)と結婚していたことを発表した元「モーニング娘。」でテレビ東京の紺野あさ美アナ(29)が10日、自身のインスタグラムで2ショットを披露した。

    紺野アナは「お祝いコメント本当にありがとうございます。友達もお仕事でお世話になっている方も、応援して下さってる方からも、こんなにおめでとうと言って頂けて幸せです…!」とのコメントとともに、北海道の雪景色の中で手をつなぐ2人の写真を掲載。写真は杉浦の父親が撮影したものだという。

    ファンからは「こんこん、結婚おめでとう」「ステキなお2人」など祝福のコメントが多数寄せられた。189センチの杉浦と156センチの紺野アナの2ショットに「身長差ゴイスー」との声もあった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000216-sph-ent
    no title

    【結婚発表した紺野あさ美の写真が怖すぎると話題に(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ