国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    女優・俳優

    1: 2017/01/12(木) 08:32:40.45 ID:CAP_USER9
    新年仕事始めの風物詩・マグロの初競りが1月5日、築地市場で行われた。今年はすしざんまいの木村清社長が212kgの青森県大間産クロマグロを、7420万円で競り落とした。

    マグロといえば、なんといっても松方弘樹(74才)だ。真っ白なクルーザーでマグロ相手に竿を振るうドキュメンタリーは、正月番組の定番だった。

    2015年5月には、石垣島沖で361kgもの超巨大マグロを釣り上げ、世間は仰天。このマグロは、すしざんまいが約185万円で落札。松方が釣ったマグロの握り約1万2000貫を求めて、都内各店には大行列ができたほどだ。

    その松方は今、釣り船ではなく、病床で闘っている。著書『松方弘樹の世界を釣った日々』(2016年3月、宝島社)の出版を目前にした昨年2月、頭痛や体のしびれなどを訴えて医師の診断を受けた松方は、そのまま大学病院への入院を余儀なくされた。

    入院時には右手右足に軽いしびれがありました。開頭して生体検査を行った結果、脳リンパ腫であることが判明したんです」(病院関係者)

    「脳リンパ腫」とは脳の深部にできる悪性のリンパ腫で、発症率は10万人に1人という非常に稀な病気だ。腫瘍の場所によって体の麻痺や失語症、視力・視野の障害や認知能力の低下といったさまざまな症状を引き起こす。また、腫瘍によって脳が圧迫され、激しい頭痛や嘔吐に襲われることもあるという。松方の知人が言う。

    腫瘍が脳内にあるため手術で病巣を取り除くことは難しいらしく、松方さんは放射線治療と抗がん剤治療を中心に取り組んでいます。ところが昨年秋頃、ちょうど抗がん剤を投与しているときに脳梗塞を起こしてしまったそうです

    脳リンパ腫によって脳にストレスがかかったり、抗がん剤を使う“副作用”で脳梗塞を併発する例は少なくないとされる。松方の場合はそれが抗がん剤をまさに投与中だったので、一時的に脳リンパ腫の治療を中止せざるをえなくなったという。

    しばらくして再開しましたが、その後もさらに小さな脳梗塞を2度起こしてしまったようで、腫瘍の治療が思うように進んでいないようです」(前出・知人)

    そのため、松方の容体はかんばしくない状況が続いているという。

    体を自由に動かすことが難しくなり、自力でベッドから起き上がることができない状態なので、秋頃から移動はすべて車椅子です。調子のいい悪いはありますが、この年末年始はほとんど言葉も出なくなっています。意識も混濁することが多くなり、病室を見舞った人の顔を見ても誰だかわからないような状態だったそうです。容体は一進一退。一時的に危険な状態に陥ることもあるようです」(別の松方の知人)

    昨年春の入院当初は、大学病院のVIP個室にいたという松方だが、いつ仕事に復帰できるのかもわからない中で、経済的にも厳しい状況に追い込まれているという。

    昨年の秋頃には個室ではあるが、かなり狭い部屋に移ったそうです」(前出・病院関係者)

    病室では25年間、松方と暮らしている事実婚の女性が毎日、朝から晩まで寄り添っている。 松方のマグロの最高記録は361kg。もう一度、大海原で釣り竿をしならせ、大物を釣り上げる松方の姿が見たい。

    ※女性セブン2017年1月26日号

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170112-00000005-pseven-ent&p=1

    松方弘樹
    no title

    【【悲報】松方弘樹の現在が悲惨すぎる】の続きを読む

    masami

    1: 2017/01/11(水) 07:54:52.42 ID:YhnFo+cd0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    http://www.oricon.co.jp/news/2084328/full/

    女優の長澤まさみ(29)が10日、東京・EX シアター六本木でミュージカル『キャバレー』の会見に出席。キャバレーの歌姫を演じる長澤は、大胆に露出した胸元やガーターベルトが目立つ衣装で登場し、明日11日からの上演へ向けて「不安はありますが、素敵なカンパニーでできることが幸せ」と笑顔を見せた。

    同作は、1929年ナチス台頭前夜のドイツ・ベルリンを舞台に、キャバレー「キット・カット・クラブ」で毎夜繰り広げられる退廃的なショーと歌姫サリー・ボウルズの恋模様を描く。

    初のミュージカルに緊張しているかと思いきや、長澤は「ここにいる先輩方に支えられてきょうまで稽古をしてきました。楽しくできたので、稽古場と同じ気持ちをお客さんに届けたい」と余裕の表情。

    顔を白く塗り、奇抜な服装だった共演の石丸幹二は「ご覧の通り普通の人間ではない」と苦笑し、「日常にない世界に飛び込んで私も演じてみたい」とコメント。長澤の恋の相手を演じる小池徹平は、「長澤さんとはべったり、ドキドキするシーンもある」と予告した。

    会見にはそのほか、小松和重、村杉蝉之介、平岩紙、秋山菜津子、演出の松尾スズキが出席。11日より同所にて上演。

    no title

    no title

    https://22.snpht.org/170110235600.jpg

    【長澤まさみの実物がポスターと全然違う!(画像あり)】の続きを読む

    1: 2017/01/10(火) 19:07:00.11 ID:CAP_USER9
    http://www.oricon.co.jp/news/2084328/full/
    2017-01-10 17:42

    女優の長澤まさみ(29)が10日、東京・EX シアター六本木でミュージカル『キャバレー』の会見に出席。 キャバレーの歌姫を演じる長澤は、大胆に露出した胸元やガーターベルトが目立つ衣装で登場し、明日11日からの上演へ向けて「不安はありますが、素敵なカンパニーでできることが幸せ」と笑顔を見せた。

    同作は、1929年ナチス台頭前夜のドイツ・ベルリンを舞台に、キャバレー「キット・カット・クラブ」で毎夜繰り広げられる退廃的なショーと歌姫サリー・ボウルズの恋模様を描く。

    初のミュージカルに緊張しているかと思いきや、長澤は「ここにいる先輩方に支えられてきょうまで稽古をしてきました。楽しくできたので、稽古場と同じ気持ちをお客さんに届けたい」と余裕の表情。

    顔を白く塗り、奇抜な服装だった共演の石丸幹二は「ご覧の通り普通の人間ではない」と苦笑し、「日常にない世界に飛び込んで私も演じてみたい」とコメント。 長澤の恋の相手を演じる小池徹平は、「長澤さんとはべったり、ドキドキするシーンもある」と予告した。

    会見にはそのほか、小松和重、村杉蝉之介、平岩紙、秋山菜津子、演出の松尾スズキが出席。11日より同所にて上演。

    no title

    no title

    no title

    【【画像】長澤まさみの腹と腰の肉が酷い・・・】の続きを読む



    masam
    1: 2017/01/10(火) 23:10:54.80 0
    しかも1ヶ月以上あるミュージカル
    このおっさんは100回以上長澤まさみとキス出来るのかorz


    https://youtu.be/nsQTZ7IuCRQ?t=2m6s

    masami2


    masami3


    masami4

    【【悲報】長澤まさみがおっさんとキスしまくる・・・(画像あり)】の続きを読む

    yuriko

    1: 2017/01/09(月) 05:20:16.72 ID:CAP_USER9
    2017-01-08 23:08

    ・今日は成人式なのですか。[yuriyuri1003]
     yuriko

    女優の石田ゆり子が8日、Instagramを更新。自身の約25年前の過去写真を公開し、反響を呼んでいる。

    ◆23歳の石田ゆり子

    石田は成人式の話題に触れ「わたしが20歳だったのはもう、27年も前のこと。ふと思い立ってその頃の写真を探して見た」と報告。

    20歳丁度の写真はなかなか見当たらなかったそうで、公開したショットは、石田いわくおそらく「たぶん23くらい」とのこと。ストライプ柄の洋服を着た石田がポージングをとり、カメラを見つめている。

    その変わらぬ美貌が女性たちの憧れの的となっている石田。コメント欄には「美少女すぎて…」「今も変わりません!!」「相変わらずお美しい」「どうしてこの頃と今も透明感が変わらないのでしょうか」など驚きと絶賛の声が多数寄せられている。

    ◆石田ゆり子のメッセージが深い

    また、石田は当時を振り返り「この頃のわたしは自分がどうしたいのか、実のところよくわかっていなかった」としみじみ。

    最後は「新成人のみなさん。おめでとうございます。大人になるっていいことだよ。責任がないところに自由はない。一緒に頑張りましょう。大人の日々を」と成人に向けてメッセージを送っており、 話題を呼んだTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で演じた“百合ちゃん”の台詞のように含蓄のある言葉に「ゆり子さんは皆のお姉さんみたい」「成人じゃないですがとても響きました」「素敵なコメント!」と感じ入っている人が多かった。(modelpress編集部)


    https://mdpr.jp/news/detail/1653231
    【石田ゆり子、25年前の写真が凄すぎると話題に(画像あり)】の続きを読む

    1: 2017/01/09(月) 13:54:47.69 ID:CAP_USER9
    女優の本仮屋ユイカ(29)が9日、東京・福家書店新宿サブナード店で、写真集「maururu」(ワニブックス、11日発売)の発売記念イベントを行い、撮影で結婚願望が吹き飛んでしまったことを明かした。

    5年ぶりの写真集とあって、撮影では「やりたいことをやろう」と、何も考えずに自身を解放した。タヒチの海で、イルカと泳いだり「毎日筋肉痛になるくらい」ジャンプするなどはじけまくったという。
     
    昨年は、妹で元東海テレビの本仮屋リイナアナウンサー(25)が結婚、妊娠を発表。 姉として、また、今年三十路(みそじ)を迎える女性として、自身の中で 「空前の結婚ブーム」が来ていたという。ところが、タヒチで心を解放した結果 「そんな(結婚したいという)気持ちがなくなちゃった」と苦笑い。 「今は表現することに集中したいです」と、すっかり女優モードに入っていた。

    ただ、タヒチに向かう飛行機の機内で「よい休暇を」とアナウンスされたことは、現在でも引っかかっているそうで「絶対、次に来るときはステキな愛する人と来たいと思います」と“リベンジ”も誓っていた。 なお、2月には同作の後編となる写真集「mahana」が発売される。

    http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/09/0009814663.shtml

    no title

    no title

    no title
    【本仮屋ユイカの最新写真集がセクシーすぎる(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ