国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    女優・俳優

    1: 2016/09/13(火) 10:37:03.58 ID:CAP_USER9
    no title


    スポーツライブストリーミングサービスのDAZN(ダ・ゾーン)は、女優・歌手の剛力彩芽をブランドアンバサダーに起用した。

    同社は、剛力がさわやかでスポーティーなイメージを持ち、幅広い世代から人気があることからブランドアンバサダーに起用。今後、ブランドアンバサダーとしてダ・ゾーンでのスポーツの新しい楽しみ方を伝える。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元: http://cyclestyle.net/article/2016/09/13/40914.html


    ※関連板 http://daily.2ch.net/idolplus/ アイドルニュース+

    【剛力彩芽、ストリーミングサービスDAZN(ダ・ゾーン)ブランドアンバサダーに】の続きを読む

    1: 2016/09/12(月) 17:57:31.58 ID:CAP_USER9
     庵野秀明氏が総監督・脚本を務めた映画「シン・ゴジラ」が異例の大ヒットとなっている。

     7月29日から8月28日までの公開1カ月で累計動員360万人、累計興行収入は53億円を突破。
    その勢いはいまだ衰えておらず、80億円超えも見込まれるなど、今年の邦画ランキング第1位が確実視されているのだ。

     そのため、早くも映画関係者の間では、来年3月に行われる日本アカデミー賞で「シン・ゴジラ」が果たして何冠を達成するのか? が大きな話題になっているという。

    「主役を務めた長谷川博己の主演男優賞、竹野内豊の助演男優賞のほか、監督賞、脚本賞、撮影賞などの獲得が確実視されています」(映画ライター)

     だが、こうしたなかでひとり蚊帳の外に立たされているのがメインキャストの石原さとみだ。

    「バイリンガルの米国大統領特使役を務めた石原は、日本語と英語を織り交ぜて話すセリフも多いのですが、 その発音に映画を見た人たちは『ルー大柴みたい』と酷評。客席からは石原が登場するたびに失笑が起こっていました。 これでは石原がCMに出ていた英会話学校も面目丸つぶれですよ(苦笑)」(前出・映画ライター)

    「シン・ゴジラ」への出演が決定した直後、石原はメディアに対して「いま絶対に日本人に見てほしい映画。 私の女優人生でも重要な作品になる」と意気込んでいたが、むしろ女優評価を落としかねない受難の作品となったようだ。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160912-90577543-asagei
    2016/9/12 10:00 アサ芸プラス

    no title

    【【石原さとみ】シン・ゴジラ映画賞総ナメの前評判も蚊帳の外?】の続きを読む

    1: 2016/09/12(月) 17:52:51.48 ID:CAP_USER9
    女優の安達祐実(34歳)が9月9日、タンクトップ姿で撮った長男とのツーショットを公式ブログで披露。 ファンから「セクシーすぎます!」「色っぽい!綺麗だし」「セクシーすぎます 2児の母には本当には全くみえない、、、」と反響を呼んでいる。

    9日付けのエントリー「男の子。」では、「男の子には男の子の可愛さがあるものだなぁ、と日々実感しています」「そして娘は身長も伸びてきて、靴のサイズは私と1センチしか差がないのですびっくり」と、子供たちの成長に想いをつづり、長男とのツーショットを公開。

    ファンから「今日の写真はセクシーすぎます!」「何とスタイリッシュにセクシーなんざましょ!」「ユミちゃんも赤ちゃんも可愛いすぎる」「あだちゆみちゃん、大人になったここ最近がめちゃめちゃ美しくてかわいい」「お人形さんみたいに綺麗ですね!」など、そのタンクトップ姿に絶賛の声が寄せられている。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160912/Narinari_20160912_39689.html

    タンクトップ姿で長男とのツーショット 安達祐実
    no title

    【安達祐実、セクシータンクトップ姿に絶賛の声「色っぽい」「2児の母には全くみえない」】の続きを読む

    1: 2016/09/12(月) 13:17:52.16 ID:CAP_USER9
    結婚秒読みと噂される井上真央(29)、松本潤(33)の大物カップルに、思わぬ障壁が出現した。 「SMAP解散騒動の煽りを受け、結婚に黄信号が灯ったんです」(芸能記者)

    1月に表面化し、直後に活動継続を発表したものの、わずか半年あまりで正式に解散が決定したSMAP。 そんな“ドタバタ劇”の余波が、2人を直撃しているというのだ。

    「稼ぎ頭のSMAPが解散したら、事務所としては嵐に頑張ってもらうしかない。 その状況で、事務所は松潤の結婚を認めるわけありません。 デキ婚で強行突破なんてことになったら、“血みどろバトル”に発展しますよ。 まあ、将来の幹部候補といわれる松潤が、そんなリスクは取らないでしょうけど……」(前同)

    井上、松本カップルといえば、05年のドラマ『花より男子』(TBS系)での共演を機に交際をスタートさせたといわれ、以来、互いに多忙の身ながらも愛を育んできたといわれている。「長年の交際で、松潤ファンからも“結婚するなら真央ちゃんしかいない”と認められており、井上自身も1月に放送された『さんまのまんま30周年スペシャル』(フジテレビ系)で、結婚について“30歳までにはしたい”と発言していました」(芸能事務所関係者)

    実際、来年1月9日に30歳となる井上は結婚へ向け、着々と身辺整理を進めているというのだ。 「8月に、週刊誌の取材に対して、本人も認めていたように、井上は事務所独立へ向け動いています。仕事を減らし、結婚に向けての準備ということなんでしょう」(前同)

    昨年末までは、ジャニーズ事務所も2人の結婚を前向きに捉えていたとか。「来年1月に婚約発表、2月に結婚なんてスケジュールまで話し合われていたらしいですよ」(前同) その計画が、SMAP解散騒動で吹き飛んでしまったのだ。井上もさぞや意気消沈しているかと思いきや、そんな彼女に今、“起死回生のチャンス”が巡ってきているという。

    「実は来年1月放送予定の木村拓哉主演ドラマのオファーがきているらしいんです。

    聞くところによると、ヒロイン役がなかなか決まらず、綾瀬はるかや満島ひかり、はては売り出し中の波瑠からもNGをくらってしまい、スタッフは必死で代役を探しているんだとか」(前同)

    解散騒動で“裏切り者”のイメージがついてしまった木村だけに、視聴率が苦戦することは火を見るより明らかで、どこも及び腰になっているのだ。「井上にとってみれば、バトルに勝利する千載一遇の機会ですよ。落ち目のキムタクドラマに手を差し伸べることで、ジャニーズ事務所に恩を売ることができるわけですから。井上に“貸し”ができたら、結婚に頑なにノーを突きつけることはできませんよ」(同)

    先日、とある酒席に顔を出した井上に、同席したテレビ局関係者が酔った勢いで「嵐のコンサートには行かないの?」と聞いた際、「う~ん、そろそろ行きたいかな」と笑って答えていたという。電撃結婚への逆転の一打となるか!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1194658/
    2016.09.12 11:30 日刊大衆

    no title

    【井上真央「松潤と電撃入籍」がSMAP解散でご破算に!?】の続きを読む

    1: 2016/09/09(金) 15:37:05.41 ID:CAP_USER9
    能年玲奈改め“のん”が9日、主演声優を務めるアニメーション映画『この世界の片隅に』(11月12日公開)の完成披露試写会に出席。都内でのイベント出演は久々とあり、イベント終了間際に待ち受けた報道陣から「トラブルは解決しましたか?」など、改名騒動や独立騒動など種々の騒動についてコメントを求められる一幕があったが、この日は笑顔を見せるだけで質問には答えず。 報道陣に申し訳なさげに一礼して会場を去った。

    昭和19~20年の広島市と呉市を舞台に戦争を通し、移ろい変化していく世の中でたくましく生きるヒロインのすずの姿を描いた、こうの史代の人気マンガを原作とする本作(双葉社)。壇上にはヒロイン・すずの声を演じたのん、こうの、クラウドファンディングで制作資金を集め、本作の制作にこぎつけた片渕須直監督が出席。のんは片渕監督やこうのと並んで完成した作品を見たといい、「めちゃくちゃ緊張しました。(監督の反応に)びくびくしました」とにっこり。

    作品については「声で挑戦させていただくときにも思ったんですが、セリフとか入っていなくて映像だけで泣けてしまう作品。すごくいいです」と絶賛。「素晴らしい作品に出演できて光栄です。
    映像で通して見させてもらって、戦争が一つのものとして(独立して)あるものでなく、普段の生活と隣り合わせなものだと実感できました。すごく怖いなと思いました」とコメント。

    「ボーっとしているところもあり、だけど気の強いところもある。そういうところに共感しました。共感する部分から共鳴させて演技するように頑張りました」とヒロインのすずについて振り返り、さらに「(アフレコ中、監督への)質問がしつこかったんじゃないかなと心配です」と触れ、照れ笑いも。

    こうのは「のんさんの声によって物語の中に明るさが出た。物語にはない新しい魅力が増した。芯の強さも感じられた」と、のんの奮闘を讃え、片渕監督も「(声優を決める際)のんさんしか思いつかなかった。のんさんにやってもらって本当によかった」としみじみ。「すずが血や肉のきちんと通った人間になった。すずさん共々(これからものんを)応援してあげてほしい」と客席へ呼びかけていた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160909-00010003-otapolz-ent
    おたぽる 9月9日(金)14時40分配信

    no title

    no title

    no title

    no title

    【能年玲奈あらため「のん」、アニメ『この世界の片隅に』主演声優初挑戦で、久々の都内イベント出演】の続きを読む

    1: 2016/09/11(日) 00:54:41.67 ID:CAP_USER9
    6月に放送されたドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)の第八話にて、まるで別人のような顔になって登場した女優・夏菜(27)が、さらなる注目を集めている。

    今回話題となっているのは、彼女のInstagramに投稿された写真。顔をクシャっとさせて力いっぱい笑っている顔が写されているのだが、どうも鼻筋が変だ。なぜなら、ほうれい線、えくぼ、目頭、目尻、眉頭には皺が寄り、笑顔特有の“表情の動き”があるにも関わらず、鼻筋は微動だにせず、眉間から鼻先にかけて「何か詰まってる?」と思わずにはいられないほどどっしりと重い存在感がある。この投稿には「露骨に整形がわかるな」「鼻にしか目がいかない」「巨鼻!」とネットがざわついている。

    大幅なイメージチェンジを図り、明らかに不自然な笑顔にも関わらず、自ら発信する夏菜。本人はその不自然さに気付いていないのだろう。

    というのも、8日に放送された『ノンストップ』(フジテレビ系)に登場していた、鼻のプチ整形に失敗した女性・A氏に所以する。A氏は、鼻を高くするために“ヒアルロン酸”を打ち続けるうちに、“繰り返し打つ必要のないポリアクリルアミド”を医師から勧められて変更して注入。効果は持続したものの「もっと高くしたい」という欲が出てしまい、何度も追加注入、しまいには鼻に注入できる場所がなくなってしまい、眉間を高くすることに。すると、周囲の人から「眉間に何か入れているの?」と指摘されるようになってしまい、ここで、ようやく自分の鼻がおかしくなっていたことに気付いたのだとか。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2016/9/10 21:00 messy
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160910-40586997-messy
    no title

    【夏菜「露骨に整形がわかるな」「巨鼻」まるで別人、巨大化!? 大幅イメチェン、奇妙な鼻】の続きを読む

    1: 2016/09/11(日) 13:55:39.55 ID:CAP_USER9
     相武紗季が大阪の万博記念公園駅近くにあるららぽーとEXPOCITYでカピバラやカメ、ペンギンなどを見て楽しんだ。
    彼女がInstagramに「楽しくってキャッキャ」とめがね姿を公開したところ
    「可愛すぎかよ。惚れてまうやろーー!」と反響を呼んでいる。

    9月9日、彼女は『相武紗季 aibu_saki Instagram』にてららぽーとEXPOCITYに
    昨年オープンした新感覚水族館・NIFREL(ニフレル)を満喫する姿を投稿した。
    兵庫県出身なので実家に寄った際に足を運んだのだろうか。
    フォロワーからも「宝塚帰ってきてますか!」「さきちゃん、お里帰りですか?」といったコメントが寄せられている。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2016/9/11 12:29 Techinsight
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160911-51027584-techinq
    no title

    【相武紗季、めがね姿でカピバラを満喫「楽しくってキャッキャ」】の続きを読む

    このページのトップヘ