国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    女優・俳優

    1: 2017/10/01(日) 23:09:29.18 ID:CAP_USER9
    女優の小西真奈美がデビューアルバム「I miss you」をiTunes Storeでリリースした。

    「小西が歌手デビューと聞いて意外に思う人も多いかもしれません。ですが、2008年の主演映画『Sweet Rain 死神の精度』で主題歌を歌っています。この時は小西真奈美の名前ではなく、劇中の役名である『藤木一恵』名義でした。2016年には本人名義でシングル『トランキライザー』をリリースしました。クールなイメージの強いスレンダー美女なのに、声が幼いアニメ声だったため『かわいい』、『萌え死ぬ』と評価され、熱心なファンもいます」(エンタメ誌編集者)

    今回の「I miss you」は小西が作詞作曲した4曲を収録。サウンドプロデュースは日本を代表するラッパーで音楽プロデューサーのKREVAが担当している。小西のシンガーソングライターデビュー作にファンもさぞ大喜びしていると思いきや、どうも勝手が違うようだ。

    「むしろファンからは悲鳴が上がっています。カバータイトルにもなった『I miss you』という曲は、ラップですが、曲そのものも歌い方も稚拙。『見てると痛い』という声も出るほど。これなら出さないでほしかったという意見すらあります。ファンから完全に拒否されてしまいました」(前出・エンタメ誌編集者)

     女優業に専念していればこんなことにはならなかった…かもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1360532/
    2017.10.01 17:59 アサ芸プラス
    6

    5


    【【悲報】小西真奈美にファンから悲鳴!「お願いだからもうやめて」 】の続きを読む


    【芸能】田中邦衛(84)が老人ホームから自宅復帰、妻が明かすリハビリ生活

    1: 2017/10/02(月) 08:44:14.08 ID:CAP_USER9
    『北の国から』(フジテレビ系列)の主役・黒板五郎役をはじめ、数々のヒット作に出演してきた田中邦衛氏(84)は、2010年公開の映画『最後の忠臣蔵』への出演を最後に表舞台から遠ざかっている。

    そんななか、田中氏が介護付き有料老人ホームに入居していることを報じたのは、『週刊ポスト』2015年10月30日号だった。記事では、田中氏が高熱で入院したのをきっかけに歩行困難となり、車椅子生活になったこと、自宅に戻ることを目標にホームでリハビリに励んでいる様子などを伝えた。

    当時、夫人は「(本人は)“しっかり足を治して自宅に帰ってくる”と言っている」と語っていた。その後、念願叶って田中氏は自宅へ戻ることができたというが、足の状態はまだ思わしくないようだ。自宅近くの住民がいう。

    「数か月に1回ぐらいかな。車椅子に乗った邦衛さんが自宅から出てきて、ワンボックスカーに乗ってどこかに行くのを見かけます。白髪も多く、テレビで観ていた頃よりだいぶ老け込んでいた」

    自宅玄関には車椅子用のスロープが設置されている。夫人は改めてこう話してくれた。「スロープは主人のために昨年付けました。体の状態ですか? 車椅子の時もあれば、歩ける時もあります。芸能界への復帰については……分かりません。ただ、元気になってきていることは事実です」

    人情味溢れる演技をまた見られる日を待ちたい。

    ※週刊ポスト2017年10月13・20日号

    http://news.livedoor.com/article/detail/13691330/
    2017年10月2日 7時0分 NEWSポストセブン

    1


    【【画像】田中邦衛(84)の現在の姿がこちら…】の続きを読む

    4

    吉高由里子の主演映画が「100年残る大爆死」!? 乃木坂46の小規模公開映画に完敗 

    1: 2017/10/01(日) 10:43:50.81
    9月23日より公開した吉高由里子(29)主演映画『ユリゴコロ』の興行成績が伸び悩んでいる。全国296スクリーンの大規模公開だったにも関わらず、初登場8位という結果だ。

    この週のランキングは、1位がHey! Say! JUMPの山田涼介(24)と西田敏行(69)の共演が話題を集めた東野圭吾原作の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、2位が乃木坂46メンバーの薙刀青春映画『あさひなぐ』(漫画原作)で、どちらも初登場でランクイン。以下は公開2週目以降の『ダンケルク』『三度目の殺人』『エイリアンコヴェナント』『関ヶ原』『怪盗グルーのミニオン大脱走』という順で続き、8位に『ユリゴコロ』、9位に『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、10位に『スクランブル』となった。

    『ユリゴコロ』の興収は発表されていないが、1位の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が土日の興収約2億986万円で、最終興収15億円ペースのスタート。2位の『あさひなぐ』は土日の興収約1億2,600万円で最終興収10億円を目指せるスタート。ちなみに『あさひなぐ』の公開規模は『ユリゴコロ』のほぼ半分だ。さらに『ユリゴコロ』の1つ下につける前週公開の『奥田民生になりたいボーイ?』が、土日興収7,500万円・最終5億円目標の爆死スタートと考えると、『ユリゴコロ』は最終的に5億円にも満たない可能性が出てしまう。

    『ユリゴコロ』は、2012年4月公開の『僕等がいた/後編』以来、5年ぶりとなる吉高の映画主演作。松坂桃李(28)、松山ケンイチ(32)、木村多江(46)など実力派のキャスティングを揃え、熊澤尚人監督(50)は「吉高由里子の主演映画として、100年残る代表作だと思う」と自負していたが、動員に結びついていないのは何とも残念だ。

    全文
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0928/mes_170928_9233517386.html
    no title

    【【悲報】吉高由里子が相当ヤバイらしい・・・】の続きを読む


    【芸能】ドラマ「GTO」に出演した池内博之の現在…中国映画に続々と出演予定

    1: 2017/09/25(月) 22:25:31.43 ID:CAP_USER9
    25日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、俳優・池内博之の現在が紹介された。

    番組では、19年前にドラマ「GTO」(同)でブレークした池内が登場し、自身の現在を語った。月公開予定の北野武監督「アウトレイジ 最終章」にも出演している池内だが、実は現在は中国でも活躍をしているという。来年以降も中国映画2本、香港映画2本への出演が決まっているとのこと。

    アクション指導は、映画「プロジェクトA」などで知られる俳優のサモ・ハン・キンポーから受けたとか。大スターの教えは「心折れそうになって、何回か」と言うほど過酷だったという。池内は「日本人として来てんだから、なめられちゃいけねぇだろう!」という思いで克服したとのことだ。

    2016年には映画「鉄道飛虎」でジャッキー・チェンと共演も果たすも、周囲とまともなコミュニケーションが取れずに苦労したという池内。その後、自身に1年間中国語の修得を課し、次回作の映画「武動天地」では全編中国語の台詞に挑戦するそうだ。

    池内は、俳優業について「若い頃は手を抜いていた」と明かす。だが、いろいろな監督や演出家と仕事をともにするうちに「見透かされている」「必ず誰かが見てくれている」と感じ、真剣に取り組むようになったと語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13660858/
    2017年9月25日 16時22分 トピックニュース

    no title

    【GTOでブレイクした池内博之の現在がヤバイ】の続きを読む

    1


    広瀬すず「カップ焼そばおいしい~(胸ぷるん)」日清「スポンサー料5億どーん!!!」

    1: 2017/09/23(土) 08:40:59.09 ID:f7K4HB8A0
    俺「カップ焼そばおいしい~」
    日清「はい200円払って」

    マジでゴミ企業が
    差別しやがって二度と買わんわ

    【広瀬すず「カップ焼そばおいしい~(お胸ぷるん)」日清「ギャラ5億どーん!」】の続きを読む


    【悲報】テレ東、海に遊びに来ていた大槻ひびき、波多野結衣にインタビューしてしまう

    1: 2017/09/14(木) 23:37:36.81 ID:Ro97qFaD0
    no title

    真ん中誰や?

    【【放送事故】テレ東さん、人気セクシー女優にインタビューして家について行こうとしてしまう】の続きを読む

    1: 2017/09/21(木) 19:41:41.71 ID:kHaVZ+HU0● BE:322453424-2BP(2000)
    長澤まさみ(30)が9月11日『しゃべくり×深イイ合体SP』(日テレ系)に出演し、セクシーな衣装に対して「いまはあんまり抵抗なく着れちゃう」と明かし、相変わらずのエ◯クイーンぶりを発揮した。

    (中略)

    長澤は6月に30歳を迎えてからというもの、さらに暴走モードが加速。7月公開のスポーツブランド『アンダーアーマー』のウェブCMでは、前より明らかに大きくなった胸を揺らして踊りまくる狂気のダンスを披露した。

    u

    u1

    「8月22日放送の日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』で、彼女は1日2軒のペースでラーメンを食べ歩きしている驚きの私生活を告白しました。確かに最近、胸がさらに大きくなりGカップになったと噂されている。」(同)

    Gカップではなく、ラーメンだけに“どんぶりカップ”と呼ぶべきか。


    http://wjn.jp/sp/article/detail/9050911/

    【長澤まさみ、胸が更に大きくなる】の続きを読む

    このページのトップヘ