国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    女優・俳優

    【芸能】大沢たかおデート報道?お相手より「ダサい私服」にネット女子動揺

    1: 2016/03/29(火) 16:35:27.95 ID:CAP_USER*
    29日、大沢たかお(48)が銀座で美女とデートしていたと報じられた。そのお相手は20代の女性だそう。 福山雅治(47)の結婚後、独身男性“最後の砦”の一人と言われている大沢のデート報道に、ネット女子は動揺を隠せないようだ。しかし、それはお相手に関することではないよう。

    女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」では、大沢の交際報道以上に「私服」がネット女子を震撼させている。

    「たかおの私服がダサい。年齢考えない私服にドン引き」
    「服もうちょっとちゃんとしてよ」
    「大沢たかお好きなのに、私服がいつも残念」
    「(私服が)ダサくてビックリ。女うんぬんより、ただただダサすぎる」
    「キャップにマスクにパーカーのフードで銀座のデパートって、余計に不審者に見える(笑)」
    「ほんとに大沢たかお?違う人じゃ・・・変装にしても服装ダサすぎ」
    「この格好でデパートって・・・流石に恥ずかしいよね年齢的に。それだけで視線を集めてしまうと思う、逆に。もう私服バレしてるしさ」


    銀座のデパートに現れた大沢の服装は、上下グレーのスウェットと思われる“B系”ファッション。さらに、頭にはニューヨークヤンキースのキャップ、顔は大きなマスクで隠している。 その上からグレーのパーカーのフードを被っている“やりすぎ変装”ため、アラフィフの大物イケメン俳優にしては「年齢不相応」と、ネット女子は捉えているようだ。

    1

    また、大沢としては厳重な変装のつもりだったのかもしれないが、「銀座でその格好は余計に目立つ」という声も多数あり、結局周囲にはバレバレだったのかもしれない。

    ダサい服装もさることながら、お相手とされる女性についてもコメントが寄せられている。

    「美女?顎でとるやないかい」
    「しゃくれ好き?」
    「しゃくれてるね・・・綾瀬はるかも確か・・・」
    「綾瀬さんを彷彿させる激写」
    「パッと見てすぐ分かる、しゃくれ具合ですね」


    今回のデートのお相手の顔は、目こそ隠されているが、顔全体の雰囲気は伺うことができる。それを見たネット女子は、「顎」がしゃくれていることに注目しているようだ。 さらに、以前ドラマで共演した綾瀬はるか(31)との交際報道もあった大沢。ネットでは「こういう顔が好きなのか」という声まで上がっていた。

    大沢の事務所は「その女性は恋人ではない」とコメントしている様子。今後もマスコミのターゲットにされることを考えれば、大沢は「私服」にも気を遣った方がいいかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/intro/1109125/
    2016.03.29 11:30 東京独女スタイル

    【【画像】大沢たかおの私服がダサすぎる・・・これマジか】の続きを読む

    1

    1: 2017/04/26(水) 19:30:46.41 ID:CAP_USER9
    朝ドラ「ひよっこ」(NHK)に出演中の有村架純が4月24日、自身のインスタグラムに自撮り画像を投稿。その画像が男子の間で大いに話題となっている。

    評判の1枚には「10日ぶりのジムは疲れたな。今日もお疲れさまでした」との文章が添えられており、眠りにつく直前なのか布団に入っているように見える。メイクはしていないようで、ほぼ“すっぴん”と言っていいだろう。

    「まるで夜の行為におよぶ直前のようだと男子たちがよからぬ妄想をし、興奮しています。眠いのか目が潤んでいるように見え、せつなそうな表情をしているのもより行為前を感じさせますね」(芸能ライター)

    なぜこんな色香あふれる写真を投稿したのかは謎だが、出演している「ひよっこ」は視聴率が苦戦しているため、話題作りのためというのは考えすぎだろうか。

    「彼女は発売中の女性誌『ar』で肌見せの多いグラビアにも挑戦。もともと艶ショットにはそれほど抵抗がないんです。ですからインスタグラムでもたまに大胆な1枚を公開してくれというわけです」(前出・芸能ライター)

    ぜひ「ひよっこ」でも限界ギリギリの艶シーンを見せてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1304833/
    2017.04.26 17:59 アサ芸プラス
    no title

    【有村架純のすっぴん画像が夜の行為直前のようだと話題に】の続きを読む

    1


    1: 2017/04/27(木) 12:41:14.34 ID:CAP_USER9
    今年2月、所属事務所を退所し宗教団体「幸福の科学」に出家した、法名・千眼美子こと女優・清水富美加(22)だが、いまだ体調不良のため、同教団での芸能的活動も白紙状態だ。

    現在、清水と触れ合える唯一の場所といえるのが本人のツイッターだが、更新頻度は低く、今月19日に約1カ月ぶりの更新。満開の桜の木の前で、帽子とマスクで顔を隠した写真とともに「ふぇーい。いつか。この前。」とツイートした。意味不明な内容に、ネット上には「みんなに迷惑散々かけといて、ふえーい。とは、呆れる、、、。」など批判が続出する事態となったが、中には応援コメントを投稿する根強いファンも。

    清水本人はツイッターアカウントを千眼美子としながら、括弧付きで本名・清水富美加とも表記。出家してもなお、芸能活動に未練があるのではないかとの声もある。

    体調は? 今後の芸能活動の予定は?

    「幸福の科学」広報局は2月12日付の「女優・清水富美加氏の幸福の科学への出家について」と題した公式発表で、具体的な病名は明かしていないが心身ともに不調であるとし、医師の診断の結果ドクターストップがかかったため、芸能活動を中断していると説明した。出家イコール引退ではなく、教団関連の映画など芸能的活動を継続することに含みを持たせている。

    現在の状況はどうなのか。

    「幸福の科学」広報局は26日、編集部の取材に応じた。「体調はよくなってきてはいるものの、まだ完全には回復していません。体調のいいときだけ聖務(教団の仕事)をしている状態です」と説明。今後、芸能的な活動をやるかどうかについては「体調が回復してからの判断」とのことで、事実上、現時点では白紙状態だ。ツイッターが世間との唯一の接点となっている現状についても「マスコミ各社から取材依頼を多数いただいていますが、本人の体調が十分ではないのですべてお断りしている状況です」と説明している。

    果たして清水富美加は形を変えて芸能的な活動をしていくのか? それとも、このまま完全引退という幕引きになるのか? まずは体調回復を待ちたい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12988332/

    【清水富美加の現在を教団に聞いたらガチでヤバかった】の続きを読む

    【画像】神田沙也加(30)と結婚した無名俳優(39)の風貌がヤバすぎる

    1: 2017/04/26(水) 11:50:09.88 ID:gFEkJWvo0
    女優の神田沙也加(30)が結婚することが25日、分かった。お相手は9歳年上の俳優、村田充(みつ、39)。すでに2人で結婚披露パーティーの準備を進め、親しい知人には報告を済ませている。日取りについては、今後決めていく。昨年夏、舞台での共演で知り合い、周囲によると、交際は約8カ月。神田正輝(66)と松田聖子(55)の長女として生まれ、幼いころから注目された沙也加がついに最愛の人とゴールインを決めた。

    no title

    1

    【【画像】神田沙也加(30 )の結婚相手がヤバすぎる・・・】の続きを読む

    1

    1: 2017/04/24(月) 12:34:53.85 ID:CAP_USER9
    4年前に亡くなった母・坂口良子のたくましさをぜひ、見習った方がいい。美人女優として有名だった坂口だが、スキャンダルにまみれ、公の場に姿を現さない時期もあったのだ。

    結婚は86年。坂口は30歳で、当時はバブル真っ盛り。ご多分に漏れず相手は不動産会社役員。時を待たず巨額の申告漏れが発覚し、坂口は「地上げ屋の女房」と書き立てられた。91年、そんな時代に生まれたのが杏里で、お金に苦労して育ったようだ。

    その後、夫の会社は破綻状態になり、坂口名義の自宅が知らない間に担保に入れられ、ついに離婚に至った。その過程で知らない間に連帯保証人にされ、背負わされた金額がなんと40億円にのぼっていることも判明。借金を必死に完済し、プロゴルファーの尾崎健夫と再婚――。大腸がんを患わなければ今も幸せな生活を送っていたはずだ。

    杏里はそんな母・良子を見て育ち、秘めた思いもあるはず。40億円を背負ってもくじけなかった姿を思い出し、なんとしても、立ち直ってほしい……

    http://news.livedoor.com/article/detail/12972957/

    【【坂口杏里の母】坂口良子の借金額がエグいと話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ