国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    女優・俳優

    1: 2016/09/11(日) 00:54:41.67 ID:CAP_USER9
    6月に放送されたドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)の第八話にて、まるで別人のような顔になって登場した女優・夏菜(27)が、さらなる注目を集めている。

    今回話題となっているのは、彼女のInstagramに投稿された写真。顔をクシャっとさせて力いっぱい笑っている顔が写されているのだが、どうも鼻筋が変だ。なぜなら、ほうれい線、えくぼ、目頭、目尻、眉頭には皺が寄り、笑顔特有の“表情の動き”があるにも関わらず、鼻筋は微動だにせず、眉間から鼻先にかけて「何か詰まってる?」と思わずにはいられないほどどっしりと重い存在感がある。この投稿には「露骨に整形がわかるな」「鼻にしか目がいかない」「巨鼻!」とネットがざわついている。

    大幅なイメージチェンジを図り、明らかに不自然な笑顔にも関わらず、自ら発信する夏菜。本人はその不自然さに気付いていないのだろう。

    というのも、8日に放送された『ノンストップ』(フジテレビ系)に登場していた、鼻のプチ整形に失敗した女性・A氏に所以する。A氏は、鼻を高くするために“ヒアルロン酸”を打ち続けるうちに、“繰り返し打つ必要のないポリアクリルアミド”を医師から勧められて変更して注入。効果は持続したものの「もっと高くしたい」という欲が出てしまい、何度も追加注入、しまいには鼻に注入できる場所がなくなってしまい、眉間を高くすることに。すると、周囲の人から「眉間に何か入れているの?」と指摘されるようになってしまい、ここで、ようやく自分の鼻がおかしくなっていたことに気付いたのだとか。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2016/9/10 21:00 messy
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160910-40586997-messy
    no title

    この記事の続きを読む

    1: 2016/09/11(日) 13:55:39.55 ID:CAP_USER9
     相武紗季が大阪の万博記念公園駅近くにあるららぽーとEXPOCITYでカピバラやカメ、ペンギンなどを見て楽しんだ。
    彼女がInstagramに「楽しくってキャッキャ」とめがね姿を公開したところ
    「可愛すぎかよ。惚れてまうやろーー!」と反響を呼んでいる。

    9月9日、彼女は『相武紗季 aibu_saki Instagram』にてららぽーとEXPOCITYに
    昨年オープンした新感覚水族館・NIFREL(ニフレル)を満喫する姿を投稿した。
    兵庫県出身なので実家に寄った際に足を運んだのだろうか。
    フォロワーからも「宝塚帰ってきてますか!」「さきちゃん、お里帰りですか?」といったコメントが寄せられている。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2016/9/11 12:29 Techinsight
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160911-51027584-techinq
    no title

    この記事の続きを読む

    no title

    1: 2016/09/07(水) 17:05:27.66 ID:CAP_USER9
    女優の広瀬すずが5日放送のクイズ番組「ネプリーグSP」(フジテレビ系)に出演し、あまりのおバカっぷりがネット上で話題になっている。

    広瀬は10日公開の映画「四月は君の嘘」で共演した山崎賢人、E-girlsの石井杏奈、中川大志と出演。 クイズ番組初出演の広瀬は制限時間内に日本語の単語を英語で解答する「ハイパーイングリッシュブレインタワー」というコーナーに挑戦。

    正解もあったものの、「朝食」、「例えば」、「警察」などの中学生レベルの英単語を答えられずパニックに。
    他のチームで出演していたタレントの小島瑠璃子からは、「バカだったね?」といじられる始末。 ネット上では「クイズ番組出しちゃダメだ」などの声が相次いだ。

    広瀬といえば、昨年6月に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の人気コーナー 「食わず嫌い王決定戦」で番組スタッフについて、「どうして、大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」などと発言。 「スタッフを軽視している」などとヤリ玉に挙げられた。

    また、同月出演した「VS嵐」(フジ)では、当時34歳だった嵐のリーダーの大野智に対し、 「もうちょっと上だと思ってた。40歳ぐらい……」と思わず本音をポロリ。嵐ファンから猛バッシングを受けてしまった。

    先月30日放送の「人気者から学べ そこホメ!?」(フジ)では、食事シーンを隠し撮りされた際、 イスにひじをつき、脚を組んでケータリングの料理を食べる姿をさらし、マナーの悪さを批判する書き込みが相次いでいた。

    「女優として台本のセリフをこなす能力は若手の中でも飛び抜けているが、ある程度、頭の回転の良さが必要なバラエティー番組は“惨敗”続き。 いくら番宣のためとはいえ、所属事務所は売り方を考えるべき。 そうしないと、今後出演したバラエティーでさらなる“失言”が飛び出しそうだ」(芸能記者)

    女優業にとってマイナスになることはやめた方がよさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1192229/
    2016.09.07 15:49 リアルライブ

    no title

    no title

    この記事の続きを読む

    1: 2016/09/09(金) 14:53:20.88 ID:CAP_USER9
    ゴールデンタイムの主演ドラマで「視聴率が取れない女優」と言われ、2014年頃からはすっかり“深夜ドラマ女優”となっていたのが剛力彩芽だ。

    だが、そこでも同様に今年4月放送の「ドクターカー」(日本テレビ系)では、平均視聴率3.47%の“大爆死”。
    これでは“女優生命崖っぷち”と言われてもしかたがない。

    そんななか、7月にスタートしたのが
    「グ・ラ・メ! ~総理の料理番~」(テレビ朝日系)だ。 放送当初から剛力の主演を不安視する声もあったが、始まるや初回は7.2%の好発進。 3、4話で4%台に落ち込むも、その後は5%以上をキープし、思いのほか安定感を見せている。 視聴者の感想も「グラメ面白い!」「全然期待しないで観たけど思ったより面白かった」と概ね好評の様子だ。

    しかし、好調の原因は剛力ではなく、脇の役者にあるようだ。視聴者の書き込みを見ていても「高橋一生目当てで見ています」「三宅弘城さんに注目してます」「私は小日向文世さん」「滝藤憲一さんと一生がかっこよくて見てる」 「片桐仁出た!」などといったコメントで盛り上がっているのだ。さらには「エンディングの出演者のダンスが好き」なんていう声も多い。

    テレビ誌記者は「深夜枠なのに、脇の俳優が豪華。今回は彼らに助けられた」と言う。

    「剛力はCMでは人気ですが、ドラマでの評価が低いんです。『ドクター~』では新人医師でシングルマザーの役を演じましたが、役の設定に“無理がある”と酷評された。
    でも『グ・ラ・メ~』は、一風変わった料理人をうまく演じていたし、脇の役者との息も合っていた。あれだけ演技達者な役者に囲まれて、剛力の下手さが目立つのではと思いましたが、杞憂でした。現場では、脇の役者たちがうまく剛力を盛り立てていて、すごくいい雰囲気だと聞いています」

    9月9日に最終回を迎える「グ・ラ・メ~」。視聴率好調に首の皮一枚でなんとかつながった剛力の女優生命だが、この結果が次回作に繋がるかは、まだ未知数だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1193180/
    2016.09.09 09:58 アサジョ

    no title

    この記事の続きを読む

    1: 2016/09/09(金) 14:00:55.17 ID:CAP_USER9
    女優の満島ひかりが第73回ベネチア国際映画祭に出席。出演した映画「愚行録」のワールドプレミアに姿を現し、2つのドレスを披露した。 だが、そのどちらもあまりに変なドレスだったため嘲笑の的になっている。

    まずは金色の花があしらわれたピンクのドレスで登場。 なんでもこれはイタリアの高級ファッションブランド「プラダ」のものだとか。

    「ドレス自体は華やかで素敵なものなのですが、肩に黒のショールのようなものを巻いていて、それが不自然なんです。まるで肩パットのようなんです。 ネットでは『北斗の拳』の悪役みたいだと指摘した人がいて、それでイメージが決まってしまいました」(スポーツ紙芸能記者)

    これで終わればよかったのだが、続いて着用したのは淡い水色のドレスで、なぜか胸に黒い犬の刺繍がほどこされたもの。 誰がどう見ても違和感がありあり。しかも背中には背番号のように「25」と数字が描かれている。

    「ヘンテコさ加減はこっちのほうが上です。犬も背番号も何を表しているのかさっぱりわかりません。
    これはイタリアのグッチ製とのことですが、田舎の個人経営ブティックで売れ残っている服と言われても納得してしまいそう。
    犬のイラストが描かれたアウトロー御用達のブランドがあるんですが、それかと思ってしまいましたよ」(前出・スポーツ紙芸能記者)

    ベネチア国際映画祭ということで、精いっぱいのオシャレをしたのだろう。 それが裏目に出てしまったようだ。奇をてらわず素材を活かすドレスのほうが満島には似合うのではないだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-65629/
    2016年09月09日 09時59分 アサ芸プラス

    no title

    no title

    no title

    http://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_movie/vff016-jpp022277073.jpg

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ