国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    女優・俳優

    1

    1: 2017/06/23(金) 13:40:33.61 ID:FG/3k3sb0
    まるみえやん
    no title
    石原さとみ

    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。身長157cm。血液型A型。ホリプロ所属。2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。

    (wikipediaより抜粋)  

    【【画像】石原さとみのTシャツが透けててヤバイ】の続きを読む

    2

    1: 2017/06/10(土) 05:19:53.58 ID:CAP_USER9
    女優、伊藤かずえ(50)が9日、東京都内で行われた著書「伊藤かずえが12キロやせたレシピ」(小学館)の出版会見に出席した。 伊藤は昨年夏、バラエティー番組の企画でダイエットに挑戦。野菜や肉などバランスの良い食事を続け、100日間で65・5キロ→53・5キロの減量に成功。同著ではそのレシピを公開している。

    現在はシングルマザーとして長女(15)の子育てに奮闘中。「やせる前は娘に『顔デカ、デブ』といわれたけど、やせたので娘のセーラー服を着てみたら、ちゃんと着ることができた。制服は娘と兼用にします」とお茶目に喜んでいた。


    著書「伊藤かずえが12キロやせたレシピ」の出版会見で調理する伊藤かずえ=東京・神宮前
    2


    http://www.sanspo.com/geino/news/20170610/geo17061005010009-n1.html

    【【画像】伊藤かずえ、12キロ減量した結果が凄い】の続きを読む

    2


    【ドラマ】<小栗旬>「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放った!同局に対して怒りをあらわ


    1: 2017/06/22(木) 12:36:23.54 ID:CAP_USER9
    すでに最終回を迎えた4月クールのフジテレビ系ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に西島秀俊とW主演していた、俳優の小栗旬が放送シーンをカットした同局に対して怒りをあらわにしていたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

    ほかの同局のドラマが軒並み視聴率1ケタに落ち込む中、同ドラマは全話平均10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で終了。同誌によると、小栗にとっては原作者の金城一紀さんと5年間構想を練った作品とあり、人一倍思い入れが強かったという。

    シーンがカットされたのは、5月2日放送の第4回。冒頭、小栗らが演じる特捜刑事たちが、玩具のロケットと戯れるシーンからスタートするが、その前にテレビから「北のロケットは発射失敗」というニュースが流れる場面があったのだという。

    ところが、オンエア時期は北朝鮮情勢が緊迫。視聴者に誤解を与えるという理由から、そのシーンをカットして放送。制作の関西テレビからそのことを放送直前に知らされた小栗は、「早く教えてくれていれば撮り直しもできた」と怒り心頭。「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放ったのだという。

    1

    小栗は、テレビ局の幹部があまりにも“自主規制”することがテレビをつまらなくしている原因だ、と日頃からいら立っていた矢先だったのも怒りの原因だったという。

    「いまだに小栗の気性の荒さは有名で、関わった作品にかける情熱もかなりのもの。その感情が“暴走”してしまうと今回のような件が起こってしまった。とはいえ、小栗は同局のドラマシリーズ『信長協奏曲』がヒットし、映画版もヒット。同局の“功労者”だけに、出演拒否されたらシャレにならない」(テレビ関係者)

    同誌に対し、小栗の事務所は「フジテレビさんと新しいお仕事も進んでます」とコメント。フジは今度は小栗への粗相がないように、細心の注意を払った方がよさそうだ。

    リアルライブ 6/22(木) 12:20配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000003-reallive-ent


    【【激怒】小栗旬「フジのドラマには2度と出ない」】の続きを読む

    1

    1: 2017/06/21(水) 18:57:39.99 ID:CAP_USER9
    女優の尾野真千子が20日放送のフジテレビ系「トーキングフルーツ」(毎週水曜日、深夜0時25分~55分)に出演。極貧時代や自殺を考えた過去を明かした。

    中学生の時に河瀬直美監督作品、映画「萌の朱雀」(1997年)の主役に抜擢されて女優デビューを果たした尾野。中学卒業後に奈良県から上京し、女優活動を本格的に始めたが、「ほんとここ最近です、幸せな食卓を囲めるのは」と、30歳前くらいまでは経済的に厳しかったことを明かした。

    「ほんと大変だったと思うんです、今考えても。道端に生えてる草とかも摘んできて…とかももありましたし、ゆでて食べました、みたいな(笑)」と当時の生活を語った尾野。しかしそんな生活も「全然、苦だと思ってないんです」といい、「それを言えるじゃないですか、今。損してないんです」と、極貧生活にも意味があったと語った。

    さらに、「死のうと思っちゃったりしたこともあるんです」と切り出した尾野。オーディションを何本受けても受からず、「私なんかが東京に出てきた意味もない」「死んでやろ」などと思ったこともあったという。

    しかし、それを思いとどまらせたのは親の存在で、「私が今ここで線路に飛び込んだとしたら親が泣くし、“散らかったもの”とかを『どっかやってくださいよ』とか『迷惑なんですけど』って言われるのは親。 たぶん死ぬまでそのことを背負って生きなきゃいけない」と、親の大切さや、“生かされている”ということに気づかされたいう。

    さらに、「『死にたい』と思うほど、に私は芝居がやりたいんだなということにも気づかされた」と語り、苦しかった過去にも意味があったと思い起こした。
    https://mdpr.jp/news/detail/1695221 
    (modelpress編集部)





    【尾野真千子が衝撃的な過去を語る】の続きを読む

    1: 2017/06/19(月) 18:29:20.10 ID:CAP_USER9
    https://news.dwango.jp/2017/06/19/137381/girls/
    Girls 2017/06/19

    波瑠が19日、アメブロオフィシャルブログを更新し、ばっさりとショートヘアに変身した姿を公開。さらに自身が主演をつとめるTBS系連続ドラマ「あなたのことはそれほど」(毎週火曜よる10時~)最終回へについて「天罰が下る?なんだかんだうまく収まる?どっちでもいいかな。自分とは関係ない夫婦のことだもの。」「どう受け取ってもらってもそれはお任せします。」と明かした。

    同ドラマ最終回を目前に「お知らせ。」と題して更新されたアメブロには、「明日、ドラマ『あなたのことはそれほど』ついに最終回となります。天罰が下る?なんだかんだうまく収まる?」と、最終回の展開について触れると、「どっちでもいいかな。自分とは関係ない夫婦のことだもの。」と明かした。

    「正しいとか間違いとか、そういう軸を持って考えてたら不倫はしないでしょうし。自分が傷つけたわけでもない人に、それは間違いだとか、ひどいとか言われてもですし。本人たちだってああそうですか、間違いなのはまぁわかってますけど。ってぐらいのことでしょう。」と綴り、「もちろん不倫はいけないと思います。でも赤の他人が清く正しく生きていてるかどうか、私はあんまり興味ないなぁ、なんてことも思っちゃいます。ただ、もし身近に不倫が実際にあったら、どう思うかもわからないですけどね。簡単に言い切れることは何もないんでしょうね。」と、自身が演じた美都のことではなく、波瑠自身の”不倫”の考えた方などを綴っている。

    「この物語の結末にムカムカしたとか、笑えたとか、どう受け取ってもらってもそれはお任せします。楽しんでいただけますように。」と、ファンへメッセージを送った。

    アメブロ最後には「それから最後になりましたが、髪を切りました。」と、ショートボブヘアをばっさりカットしたショートヘア姿を公開し、「あなそれもCMも、よろしくお願いします。」と締めくくっている。

    1


    【【画像】波瑠、バッサリ髪の毛を切った結果】の続きを読む

    このページのトップヘ