国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    女優・俳優


    【芸能】山本耕史 家庭の主導権は妻「僕はハイって言ってるだけ」    

    1: 2018/04/12(木) 05:02:29.46 ID:CAP_USER9
    俳優の山本耕史(41)、モデルのアンミカ(46)が11日、東京・六本木の在日スウェーデン大使館で「VOLVO POP UP STORE in Roppongi」記者発表会に出席した。

    山本は妻で元女優の堀北真希さん(29)との間に一昨年、第1子が誕生してから自身で車を運転する機会が増えたそうで「やっと子供も歩けるようになってきたので、都内の走り回れる公園まで行ったりすることが多いですね。買い物も行かなくはないけど、夫婦のものよりも、子どもの物を見ることが多いです」と生活ぶりを明かした。

    「(夫婦2人での)デートは今のところはできない。2人の時間ができたら」と子どもとの時間を優先。「パワーバランスは昔から彼女にありますから。僕はハイッて言ってるだけ。それが心地良いんですけどね。男って夢ばっか語ってるだけですから、女性に任せておいた方が良い」と持論を展開し「本当にけんかはない。ただ、折れるのは絶対に僕です。やばいなと思ったらすぐに僕が折れる。年も一回り違うので。こんな僕をもらってくれたんだから」と夫婦の円満ぶりを強調していた。



    1

    2018年4月11日15時21分 スポーツ報知 
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180411-OHT1T50092.html
    この記事の続きを読む

    2

    サトエリこと佐藤江梨子のむっちむちボディコンきたー

    1: 2018/04/14(土) 09:49:35.15 ID:cWr/vTqo0● BE:618588461-PLT(36669)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000002-spnannex-ent

    女優の佐藤江梨子がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)に第3週(16~21日)から登場することが14日、分かった。
    “サトエリ”の朝ドラ出演は2001年前期「ちゅらさん」以来17年ぶり。今回は「ボディコン」を披露するとあり、話題を呼びそうだ。
    1

    この記事の続きを読む

    1

    【共演】 波留、泳ぐエイを鶴瓶と勘違い「確かに似てる」と反響    

    1: 2018/04/13(金) 11:54:34.79 ID:CAP_USER9

    女優の波瑠が12日、自身のインスタグラムに水族館を訪れた際の写真をアップした。そこで見たエイが笑福亭鶴瓶に似ていると、鶴瓶をイジるようなコメントを寄せた波留に、ファンから「最高かよ!!! ちょっと天然ぽいところがまたいい」「確かに少し似てますね」と反響が集まっている。

    波瑠はこの日、巨大な水槽の中で大きな体を翻して泳ぐエイを見上げる自身の写真を投稿。「あ、つるべさんだ。と思ったらエイでした。メガネを外したつるべさんによく似たエイでした。なんちゃって」とコメントした。鶴瓶自身もネタにすることがあるだけあって、確かに何となく似ているようだ。

    これに対しファンから「めっちゃ笑いました笑笑 確かに似てますね」「鶴瓶さん似のエイの表情も波瑠ちゃんの表情も可愛くて面白いですぅ~」「鶴瓶さん、メガネ外すと可愛いのですね 波瑠ちゃんのなんちゃって。も可愛いですー!」「鶴瓶さんと仲がいいですよね!二人を見ていてほっこりします」といった声が寄せられている。

    波瑠と鶴瓶は、鶴瓶が司会を務める『A‐Studio』の5代目サブMCとして2013年4月からの1年間を共にした仲。波瑠主演の連続テレビ小説『あさが来た』に鶴瓶がゲスト出演したこともあった。

    引用:https://www.instagram.com/06_haru_17/

    https://www.crank-in.net/news/55357/1
    no title

    1

    この記事の続きを読む


    【テレビ】松岡茉優、体調不良で番組欠席 心配の声相次ぐ

    1: 2018/04/08(日) 05:22:13.37 ID:CAP_USER9
    女優の松岡茉優が、司会を務める予定だった7日放送のフジテレビ系「ENGEIグランドスラム」を体調不良のため欠席した。

    2015年の第1弾からナインティナインとともにMCを務めてきた松岡は、番組公式ホームページにコメントを寄せ「この度はご心配をおかけして申し訳ありませんでした」と謝罪。

    「大好きな『ENGEIグランドスラム』の収録に参加できず、残念でなりません。いつも放送をかかさず見るのですが、テレビの前で新鮮に見ることを楽しみながら次回のために日々精進していきます」とつづった。

    また、代役は元フジテレビアナウンサーの中村仁美が務め、「(松岡さんは)この番組を大切にしていらして、どうしても出たいとご本人はおっしゃっていたそうなんですが」と説明していた。

    松岡は先月19日にも体調不良のため、出演していた舞台の夜公演を見合わせたことがあり、ファンからは「茉優ちゃん大丈夫かな。。心配」「ゆっくり休んでほしい」「茉優ちゃんがいないグランドスラムは寂しいよ―」といった声が寄せられている。(modelpress編集部)


    https://mdpr.jp/news/detail/1758620
    4

    この記事の続きを読む


    【俳優】ゴルフクラブで殴られ顔に大ケガの俳優・椿隆之さん、加害者「金がない」と裁判拒否…治療費は回収できる?

    1: 2018/04/03(火) 11:23:42.06 ID:CAP_USER9
    顔面をゴルフクラブで殴られ重症を負った俳優の椿隆之さんが、3月26日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、加害者が民事裁判に応じないことを明かした。椿さんは、2016年11月に路上トラブルで、加害者の男性にゴルフクラブで殴られ、左ほお骨粉砕骨折、鼻骨骨折など全治半年の重症を負った。

    1

    2

    3

    刑事裁判では、懲役3年、執行猶予5年の判決が出ている。椿さんは、手術費用や治療費、慰謝料などを求めて民事裁判を行おうとしているが、相手は「今、お金がないから待ってください」と伝えて来たという。番組で、椿さんは「民事裁判を起こすことについて、相手方に話し合いを求めていますが、それにさえ応じない」と事情を話した。

    民事裁判で、このように相手が拒否した場合、相手に支払い能力がない場合でも、裁判は起こせるのだろうか。また治療費は回収できるのか。民事訴訟に詳しい中西祐一弁護士に聞いた。

    「民事裁判は、相手方が裁判を拒否している場合でも、起こすことができます。また、相手方に支払能力がない場合でも、裁判を起こすことはできます。 裁判所は、相手方に支払能力があるかないかにかかわらず、法的に支払う義務があれば、判決で支払を命じることになっています」

    相手が出廷しなくても、裁判は進められるのか。

    「裁判を起こしたにもかかわらず、相手方が出廷しない場合は、原則として、原告側の請求を全面的に認める判決が言い渡されます。これを『欠席判決』と呼んでいます」

    現実問題として、裁判に出廷せず、支払能力もないような相手が、賠償金を支払ってくれる可能性は限りなく低そうだ。そのような場合、何か対策はないのか。

    「私の経験上でも、裁判にすら欠席する相手は、敗訴しても、自発的にお金を払ってくれる可能性は極めて低いですね。 そのような場合は、強制執行手続によって相手方の財産を差押えなくてはなりません。不動産や預金・給料を差し押さえることが多いと思われます。 ただ、差し押さえる財産がどこにあるかは、基本的には自力で探さなければならないとされているため、財産がないとか、預金口座のある金融機関・勤務先が分からないなどの事情で差押えができない場合も少なくありません」

    椿さんは、番組で「費用ばかりがかさんで、裁判を続けられない」とも指摘している。

    「『相手が出廷しない場合、費用ばかりかさんで、裁判を続けられない』という発言は、民事裁判は欠席判決ですぐに終わるけれども、強制執行の目処が立たない限り、結局お金を回収できず、裁判費用が無駄になってしまう、という意味であろうと思われます。 現実に、椿さんと同じような理由で裁判を諦めざるを得ない方々は少なくありません。強制執行制度の強化や、民間保険・犯罪被害者に対する国の給付金などの制度で補っていく必要があると思われます」


    2018年04月03日 09時17分
    弁護士ドットコムニュース
    https://www.bengo4.com/internet/n_7654/

    関連ニュース
    暴行被害の椿隆之、加害者が裁判応じない苦しい現状
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803260000375.html

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ