国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    歌手

    1: 2016/12/06(火) 14:28:57.86 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 12/6(火) 14:23配信

     歌手の宇多田ヒカル(33)が6日、自身のツイッターを更新。日本のグラビアアイドルや女性タレントがプロフィルとしてスリーサイズを公表することに疑問を呈した。

     宇多田は「ふと気づいた、女性のグラビアアイドルとかタレントがスリーサイズを公表してる(雑誌とかにも記載される)って日本でしか見たことない現象なんだけどこれっていつからある文化なんだろう」と問題提起。続けて「脱ぐことが仕事じゃない女優さんとかもスリーサイズ公表してるのすごいなあ」などと公表が当たり前となっている現状に驚いた。

     さらに「写真がない時代ならスリーサイズを数値化して伝える意味あるけど、写真で見ればおっぱいでけーなとかスタイルいいなとか分かるじゃん笑 不思議だなと思って」(原文ママ)といぶかしがり、「数字で知るともっとよくわかったような錯覚とか、品評したり比較するっていう立場の優越感を楽しめるのかな」と持論を述べた。

     「そこ(スリーサイズ)に文字数費やすなら、ぱっと見分からない情報知りたいな」とスリーサイズに代わる新情報を期待。「100M何秒で走れるとか15分でペヤングソース焼きそば何個食べられるかとか」と具体例を挙げ、フォロワーからも「そういう情報なら楽しい」「斬新」など、新提案に共感する声が多数上がった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000096-spnannex-ent
    utada

    【宇多田ヒカル、スリーサイズ公表にコメント】の続きを読む

    1: 2016/12/07(水) 14:00:33.88 ID:CAP_USER9
     脳腫瘍で療養中であることを公表していたシンガー・ソングライターの黒沢健一さんが、5日午前3時52分に亡くなった。享年48。黒沢さんの公式サイトで7日、発表された。通夜及び葬儀は近親者のみで執り行われ、後日ファンに向けた「お別れ会」の開催が予定される。

     黒沢さんが結成したバンド「L⇔R」のメンバーもコメントを発表。ギターで黒沢さんの弟でもある
    黒沢秀樹は「僕の実兄である黒沢健一は12月5日の深夜、夜明けを待たずに旅立ちました。家族の見守る中、安らかに眠るような最期を迎えることが出来ました」と報告し、「兄の遺してくれた作品が、一人でも多くの人の悲しみや絶望を癒し、希望の糧となってくれることを心から願っています」と呼びかけた。

     ベースの木下裕晴は「健一は自分の近くに長く一緒にいてくれた友人でもあります。よく会っていましたし、ソロの活動にも参加させてもらっていました。昨日亡くなった本人に会いましたが、寝ているくらいにしか思えず、未だに全く実感が湧きません」とコメント。

     元メンバーの嶺川貴子も「3年前久しぶりの再会をした時、健一君はぜんぜん変わっていなくて、笑顔で優しかった。短い時間だったけど、あの時再会できてよかった。発見された、健一君が描いた''いけんを言うもも'' の絵は、本当に私に似ていますね。大事にします。ありがとう」と追悼した。

     黒沢さんは19歳で南野陽子、島田奈美などへ楽曲提供やCM曲提供など、作家としてデビュー。1991年に弟の秀樹、木下裕晴と共にバンド「L⇔R」を結成し「Knockin' on your door」などがヒット。1997年に「L⇔R」を活動休止し、ソロアーティストとして活動を開始していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000318-oric-ent

    kennichi

    【【訃報】L⇔R・黒沢健一さん死去】の続きを読む

    rad


    1: 2016/11/29(火) 07:42:10.50 ID:CAP_USER9
    大ヒットアニメ映画「君の名は。」の劇中歌を担当したことで、一般的知名度が急増したRADWIMPS。

    その彼らが11月24日放送の音楽番組「SONGS」(NHK)に出演し、4曲を披露した。この選曲を巡って視聴者からは 「いったい何様のつもり?」との批判が殺到しているというのだ。音楽ライターがその理由を耳打ちする。

    彼らは『君の名は。』の劇中歌を1曲も歌わず、前日に発売されたばかりの最新アルバムから4曲を演奏したのです。 彼らが何を演ろうと自由に思えますが、今回の放送には『君の名は。』の劇中歌にちなんで 『「前前前世」を生んだバンドの今』とのタイトルが付けられていましたから、すべての視聴者が同曲を期待していたはず。 これでは視聴者に対する裏切りだと糾弾されるのもやむなしでしょう

    そんなRADWIMPSに対し、熱狂的なファンからは「これぞラッド」「ロックな姿勢だ」といった声もあがっている。 だが過去のヒット曲を演るならともかく、最新アルバムの曲だけを披露するのはNHKの電波を宣伝に使ったも同然。 これではロックどころかアルバムを売る気満々だが、今回選曲は彼らだけの責任ではないとの声もある。テレビ誌のライターが読み解く。

    目玉の少ない今年の紅白において、これまでテレビ出演を断ってきたRADWIMPSの出演は隠し玉のひとつ。 それゆえNHKとしては『前前前世』を紅白にてテレビ初披露するという希少感を演出したいはずです。 つまり今回の『SONGS』ではあえて同曲を封印させ、ファンの飢餓感を煽ったのではないでしょうか

    どうやらRADWIMPSにとってはアルバムの宣伝、そしてNHKにとっては紅白の番宣を行うことができ、両者にとって意味のある選曲だったのかもしれない。 ただしそこには、「前前前世」を待ち望んでいるファンに対する思いは欠けていたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1235492/
    2016.11.29 05:59 アサ芸プラス

    【紅白初出場のRADWIMPSに批判殺到!「いったい何様のつもり?」】の続きを読む

    1: 2016/11/30(水) 09:29:48.18 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 11/30(水) 9:03配信

     第3子を来年4月に出産予定の、歌手で女優の土屋アンナ(32)が29日、テレビ東京系「チマタの噺」(火曜・深夜0時12分)に出演し、ネットにゴリラと書かれていたことを打ち明けた。

     心の広い人になりたいと話す土屋は、司会の笑福亭鶴瓶(64)に「アンナはそのままの方がいいよ。みんなに好かれているのはそこやで」と褒められたが、「すごく嫌われてます。世の中いっぱい(ネットに)書かれるもん。2チャン見たことあります。なんかゴリラとか書かれてた」と報告。その理由に好き嫌いを直接本人に言ってしまうところではと分析し、一度「あなたがやっていることは、私の悪口を言っているけど、私はあなたに興味がない。だから私はあなたのことを誰にも言わない。もう無関心なのよ。だから、私のことも言わないでちょうだい」と直接告げた強烈なエピソードを話した。「向こうビックリしたやろうな」と鶴瓶が問うと、「すいません…しか言ってなかった」と打ち明けた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000017-sph-ent
    annna

    【土屋アンナ「2チャン見たらゴリラとか書かれてた」】の続きを読む

    wada


    1: 2016/11/28(月) 01:23:15.60 ID:CAP_USER9
    女性歌手としては単独で歴代No.1となる連続出場記録31回、そして自身の40回めという記念すべき2016年の紅白歌合戦に選ばれなかった和田アキ子さんが、26日に出演したラジオ番組で事務所批判、または紅白出場歌手選出の闇を暴露するような発言をして話題になっています。

    11月24日に紅白出場歌手が発表され、自身の落選が明らかになったあと、和田さんは所属事務所であるホリプロを通じてマスコミ各社に「とても残念」「正直悔しい気持ちも」あるとしながら、感謝の気持ちも綴っていました。 「これも、これからの歌手人生のための1つの通過点と思っております。和田アキ子は、これからも、歌い続けていきます!!!

    このような前向きなコメントから、「意外と潔い?」とも思われたのですが、やはり実際は未練たらたらだったようで、紅白落選後初の生放送となるラジオでは、次のように発言しています。

    ***********
    [以下引用]

    和田は「正直な気持ちを言えば、言いたいことがいっぱいある」としたが、あえてそれは言わず、「もう落ち着いているんです。こんなに人が優しいと感じる私に戻してくれたことに感謝したい」と大人の対応。

    また、「もう通過点ですから」とした後、「今回は(紅白を)見たくない。とっとと日本を後にしたい。NHKだけスクランブルかけて欲しい」と冗談めかして話し、紅白の話題を締める際には「和田アキ子は永遠に不滅です!」と前向きだったのだが…

    聞き捨てならなかったのが思わず漏れた和田の本音。再来年、事務所の後輩の鈴木亮平が大河ドラマ『西郷どん』の主演を務めるが、和田の口からは『大河やるんだから、その事務所は強いって言うのに、関係なかった』とまるで事務所の上層部に対する批判ともとれる発言が飛び出した。たしかに、所属事務所は鈴木が堤真一の代役を引き受けただけにそれがNHKに対する“貸し”になったかと思ったようだが、NHKとすれば鈴木を抜てきした、という意識だけに、和田を紅白にとどめる理由はなかった」(音楽業界関係者)

    [リアルライブ]
    ***********

    和田さんの発言から、なんかちょっといろいろ推測したくなりますよね。 一つはっきりしているのは、出場する歌手は必ずしも本人の実力で決まっているわけではないということを言っているということです。 「大河やるんだから、その事務所は強いって言うのに」ですからね。

    まあ、その辺は公然の事実な部分であったとはいえ、落選直後に注目されているところでこういう発言は、考えなしなのか、または逆によく考えているのかわかりません。 もちろん、鈴木亮平さんは良い俳優だと思いますし、若手で西郷隆盛を演じるなら良い選択だったと思います。 ですが、もしかするとホリプロは鈴木さんをキャスティングしてらう代わりに、今後は和田さんの紅白出場は諦めるなんて取引があったのかもなんて思ったり。

    とはいえ、30年間毎年年末に出場してきた紅白に今年は出ないということが、66歳の和田アキ子さんにとってショックじゃないわけがありません。 今日の『アッコにおまかせ』でもなんだかんだと放言するのでしょうが、それも仕方ないんでしょうね。 ところで、和田さんの落選については、今日の午前中に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で、松本さんが興味深い発言をしています。

    ***********
    [以下引用]

    NHKさんがマンネリをダメやと思っているのかとびっくりする。風物詩はマンネリの極致なんですよ。マンネリをやめちゃったら紅白のよさが何一つない。毎年ちょっとのマイナーチェンジ、脱皮くらいでいい。今年はもう、身をえぐっちゃってるというか、シェイプアップしすぎ

    ネットの意見を見すぎてる。一般の意見とは必ずしもイコールではないから無視していいと思うんですよ。頑張ってマンネリを貫くと。視聴者との我慢対決に勝てるかどうかですよ、マンネリって。(NHKは)スポンサーも関係ないわけやし。若者をもっとって言っているわりには、初出場の人もなんで今なんやろという

    [オリコンスタイル]
    ***********

    「風物詩はマンネリの極致」というのは、一理あるなあと。 もしかしたら、“マンネリ歌手枠”と“その年に活躍した歌手枠”のバランスが取れている紅白が、もっとも理想的な形なのかも?

    (▼続きは以下のURLでご覧下さい)

    芸能スクープ、今旬ナビ!! 2016年11月27日11:42
    http://www.imashun-navi.com/article/444374230.html
    【和田アキ子が紅白の闇を暴露!】の続きを読む

    aska


    1: 2016/11/28(月) 15:09:36.28 ID:CAP_USER9
    aska_burnishstone’s diary
    2016-11-28

    はいはい。みなさん。落ち着いて。
    間違いですよ。

    詳しくは、書けませんが、
    先日、僕の方から被害届けを出したのです。

    被害の内容は、想像して下さい。

    そしたら、逆に疑われてしまいまして、
    尿検査をうけました。

    何の、問題もありません。

    ずべて、フライングのニュースです。

    これから、弁護士と話をいたします。

    ASKA

    aska_burnishstone 12分前

    http://aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2016/11/28/145356
    aska1
    aska2

    【ASKAが逮捕報道後にブログ更新「はいはい。みなさん。落ち着いて。 間違いですよ。」】の続きを読む

    このページのトップヘ