国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    歌手

    1: 2016/11/04(金) 18:43:47.89 ID:CAP_USER9
    さすが我らが永ちゃん!

    ロックシンガー矢沢永吉の格言にファンたちが惚れ直したようだ。

    10月30日に放送された音楽番組「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)で、ゲスト出演したTOKIOの松岡昌宏の口から知られざる矢沢エピソードが明かされた。

    同回では80年代の歌謡曲について学んでいくというのがメインの内容だったが、その中で山下達郎や松任谷由実などの70年代に活躍したシンガーソングライターが80年代になるとアイドルに楽曲提供するようになり、歌謡曲の音楽性が幅広くなって進化を遂げたと紹介。

    その流れで松岡は、事務所の先輩であるマッチこと近藤真彦が矢沢のファンで、矢沢に楽曲提供のオファーを出したというエピソードを紹介。結論から言うと、これを矢沢は断ったというのだが、その断り方が矢沢節全開でカッコ良すぎると話題になっている。

    「後日、矢沢は近藤に断りの電話を入れたそうですが、その際に矢沢は『あなたのことよくテレビで拝見して、すごい素晴らしいし、本当にかっこいいと思う。あなたのこと好きです。あなたに最高の曲を作りたい』と近藤を褒めつつも、結局はNGを出したとのこと。その理由として放った一言が、『ただごめんね、最高の曲ができたら僕が歌いたいよね』という粋なものでした。これに松岡も『最高の断り方じゃない? この断り方かっこいいな』と大絶賛していました」(エンタメ誌記者)

    この松岡の意見には永ちゃんファンも同意。「なんだこれ、ロック過ぎるだろ!さすが永ちゃん」「他のヤツが言ってたらウザいけど、永ちゃんならOK」「近藤クン、キミってロックじゃないからって言いたかったんだろうね」と、溜飲を下げたようだ。

    結果、近藤は体よく断られただけなのだが(笑)。

    http://dailynewsonline.jp/article/1222709/
    2016.11.04 17:59 アサ芸プラス

    no title

    【矢沢永吉が近藤真彦への楽曲提供を断ったセリフがこちら】の続きを読む

    1: 2016/11/05(土) 20:40:35.70 ID:CAP_USER9
    体調不良のため自宅療養していることが明らかになった歌手・華原朋美(42)の診断結果が5日、所属事務所から発表された。

    「発熱や倦怠感などの体調不良を訴え、医療機関で検査を受けましたところ、「急性ストレス反応」で1か月の休養期間が必要と診断され、その間、活動を休止させて頂くことと致しましたのでご報告申し上げます」とFAXで発表した。

    体調不良のため長期休養する可能性があることが3日のスポーツ報知の報道で明らかになった華原。

    事務所によると、約1週間前から発熱や全身の倦怠(けんたい)感があり、都内の病院で診察を受けたという。事務所は、診断結果が判明する5日に「今後について改めてお知らせします」としていた。

    華原は10月31日に、月曜レギュラーを務める日本テレビ系情報番組「PON!」(月~木曜・前10時25分)を休んだほか、3日に都内で行われた本田美奈子.さんの追悼ライブイベント「音楽彩」を欠席。

    30日にオークラ千葉ホテルで開催予定だったbayfmの公開録音「『ビートルズから始まる。』Special Party」の中止も発表していた。さらに5日は、都内で行われているスポーツイベント「ザ・コーポレートゲームズ」の「セレブレーションパーティー」に出演する予定だった。

    10月30日に更新したインスタグラムでは、「日本一の白馬キャリーに会いたいよ。早く乗りたい。
    点滴なんてしてる場合じゃないね」と体調不良を匂わせていた。別の投稿では、伏し目がちで寂しげな写真を掲載。

    ファンから心配する声が寄せられていた。今年8月のコンサートでは「とっても幸せです」と俳優・阿部寛似の一般男性との熱愛を報告したが最近の華原について関係者は「精神的に落ち込んでいるように見えた」と話しており、一部では「恋人と破局し、ショックを受けているのでは?」と指摘する声もあった。

    ◆華原 朋美(かはら・ともみ)1974年8月17日、東京都生まれ。42歳。91年に遠峯ありさの芸名でデビュー。
    95年に華原朋美に改名し、小室哲哉プロデュースのシングル「keep yourself alive」で再デビュー。
    96年にNHK紅白歌合戦に初出場。99年に小室との破局を報じられた。代表曲はミリオンを記録した「I BELIEVE」「I’m proud」など。

    スポーツ報知 11/5(土) 20:33配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000177-sph-ent

    写真
    no title


    【芸能】<華原朋美>睡眠薬大量摂取寸前だった!恋人との関係悩み精神“崩壊” 長期休養の可能性が浮上
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1478303928/

    【華原朋美、所属事務所が重大発表!】の続きを読む

    gakuto

    1: 2016/11/04(金) 19:57:22.79 ID:CAP_USER9
    ミュージシャンのGACKTが2日放送のフジテレビ系『TOKIOカケル』に出演。26歳の頃から“お米”を一切口にしていないことを明かした。

    次に食べるときは「死ぬ時」と話すGACKTは、「口から米をボロッボロこぼしながら『もう食べれないよう』って言いながら」人生の最後を迎えたい願望を話した。

     番組で、その私生活や恋愛観、人生観についてトークをおこなったGACKT。「僕ね、米食べてないんですよ。もう17年、18年くらい食べてないんですよ。死ぬほど好きなんですよ、米が」と、大好きにも関わらず“お米”をずっと口に入れていないことを明かした。

     TOKIOの国分太一がなぜ食べないのかを問うと、GACKTは「26歳の時にソロになって、その時に音楽で成功するってそんな簡単なことじゃないと思ったんですね」と、1999年にヴィジュアル系ロックバンド「MALICE MIZER」を脱退した当時を振り返った。

     続けて「とにかく自分の好きなものを置いていかないと、これ一度には全部手に入んないなと思った」と、ソロ活動に向けて自身をストイックに追い込む必要性を感じたというGACKTは、

    一番好きなものというと食べること」と“食”への強いこだわりを話す。「その食べることの中でも、米が大好きなんですよ。まず米捨てようと思って」と、ソロとして売れるために“お米”と縁を切ったことを語った。

     そのGACKTに国分は、「成功しているじゃないですか、もう」とコメント。いま現在の芸能界におけるGACKTの活躍ぶりに言及したが、GACKTは「いや、まだしてないですよね」と満足していないことをサラリと述べた。

     山口達也は「いつだろう。米食べられる日が来るのは」と興味津々の様子で疑問を口にすると、GACKTは「米は、死ぬ時でいいかな」とコメント。「最後に『ああ、これ死ぬな』って思った時に『米、炊いてくれよ』」と言いたい願望を口にし、TOKIOのメンバーを大爆笑で包み込んだ。

     国分は一つの懸念として、“お米”をいざ食べる時には期待感のハードルが挙がっているのでは?と指摘。

    これにGACKTは「もうね、それは正直よくて」と“美味しい″か、“美味しくない”かを問うことはなく、「最後に死ぬほど食べて、口から米をボロッボロこぼしながら『もう食べれないよう』って言いながら」人生の最後を迎えたい心境を語っていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00010000-musicv-ent

    【【衝撃】GACKT「お米はもう17年、18年くらい食べてない」】の続きを読む

    namie


    1: 2016/11/02(水) 12:26:07.13 ID:CAP_USER9
    リアルライブ 11/2(水) 12:05配信

     おおみそかの紅白歌合戦の目玉歌手としてNHKが安室奈美恵にオファーし、安室がNHKに対して無理難題をふっかけていることを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

     紅白の目玉としては、年内で解散するSMAPの名前があがっていたが、現状ではかなり厳しい状態。そこで、同誌によると、代わりとなる目玉の確保に力を入れており、高畑充希主演の朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌を歌った宇多田ヒカルを説得。収録出演の線で内諾を取ったと言われているという。

     今年はリオ五輪の年だっただけに、ゲストには出来るだけ金メダリストをそろえたい意向だというが、何としても出場してもらいたいのがNHKの五輪中継テーマソング「Hero」を歌った安室。そこで安室にオファーしたところ、所属レコード会社を通じて「コンサートに来てくれるファンのことを考えると、ライブ以外で生歌を披露することは難しい」との返答が。

     その後、何度か交渉を重ねるうち、安室サイドが条件を提示したが、それが「フルコーラスで歌わせてほしい」。紅白は1人あたり2~3分の持ち時間のため、NHKの担当者は頭を抱えてしまったというのだ。

     「NHKの紅白といえば、かつて長渕剛が海外からの中継で出演したうえ、堂々と時間をオーバーして歌い続け大ひんしゅくを買ったことがあった。それ以来、歌手の持ち時間には厳しいが、安室は紅白の出場経験もありそのことを知っているはずだがNHKの“誠意”をうかがい知るために無理難題をふっかけているのでは」(レコード会社関係者)

     安室は昨年、独立問題で揉めたデビュー以来の所属事務所から独立。しかし、まったく仕事へのダメージはなく、音楽番組への出演を封印し続けていることからライブは大人気。それゆえ、強気に出ていると思われるが、多少は譲歩してもよさそうなものだが…。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000008-reallive-ent
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【安室奈美恵が紅白出場条件として無理難題を突きつけていた!!】の続きを読む

    1: 2016/10/27(木) 18:38:54.30 ID:CAP_USER9
    70年代から80年代にかけて世界中で絶大な人気を誇ったアバ(ABBA)が再結成すると10月26日に明らかになった。

    アバは26日にオフィシャル・サイトで「デジタル・アバ」と題された告知で「最後の正式なライブ・パフォーマンスから35年近く経って、アバのメンバーはこれまで世界中の数百万人ものファンが夢にまで見ていたけれども絶対に不可能だと思われていたことを、つまり、新しいエンタテイメント体験を提供しようと準備しています」と突然発表。

    今回の再結成がイギリスのエンタテイメント・プロデューサーやマネージャーとして有名なサイモン・フラーとのプロジェクトとして行われ、リリースなどはユニバーサル・ミュージックを通じて行われることが明らかになっている。

    今回のプロジェクトではデジタルとVR(ヴァーチャル・リアリティ)テクノロジーの最先端を駆使するものとなっていて、これまで二度とツアーをやるつもりがないため再結成も行わないとその姿勢を貫いてきたグループをより自由な形でオーディエンスとの橋渡しをするものになるという。

    サイモン・フラーは今回のプロジェクトについて次のように語っている。「ここ数か月の間にアバのメンバーから持ち上がってくるクリエイティヴィティとアイディアには、ぼくも興奮でいっぱいになってしまっています。ぼくたちは新しいテクノロジーを模索していて、その先端にはヴァーチャル・リアリティとAIが あるんですけど、これによってこれまで想像もできなかったような、まったく新しい形のエンタテイメントとコンテンツを作ることができるようになるはずです

    http://ro69.jp/news/detail/150610?count=1&topic=1
    abba

    【【衝撃】ABBA再結成!!】の続きを読む

    jsoul


    1: 2016/10/26(水) 20:36:02.06 ID:CAP_USER9
    週刊文春 10月26日 16時1分配信

     2015年末の「日本レコード大賞」をダンス&ヴォーカルグループ「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下、三代目)の曲「Unfair World」が獲得した裏で、芸能プロダクション「バーニングプロダクション」が、三代目が所属する「株式会社LDH」に対して1億円を請求していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。

     週刊文春は1億円の請求書の写しを入手。請求書は、バーニングが通常使用するものと書式や社印が完全に一致した。但し書きには〈年末のプロモーション業務委託費として〉と記載されている。

     レコ大は、今年で58回目を数える老舗音楽祭だが、スポーツ紙の記者などが務める審査委員のレコード会社やプロダクションによる買収疑惑、談合疑惑が長らく取り沙汰されてきた。だが、これほど決定的な証拠が出てきたのは初めて。

    「一番の問題は、バーニングとスポーツ紙が普段から昵懇の間柄だということ。“赤坂”(バーニングの所在地)が供給する芸能ネタは彼らには必要不可欠なんです。各社には『B担』と呼ばれるバーニング担当記者がいて、日頃から会食などで親密に付き合っています」(音楽業界関係者)

     10月21日、週刊文春はバーニング、LDH、三代目のレコード会社であるエイベックスに事実確認を求めたが、ともに期限までに回答はなかった。

     そのわずか2日後、LDH代表取締役のHIRO(47)が突如、今年限りでの社長退任を発表した。

     週刊文春10月27日発売号では、芸能界最大のタブーの一つである「レコ大買収」について、詳細に報じる。

    <週刊文春2016年11月3日号『スクープ速報』より>

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161026-00006709-sbunshun-ent
    jsb

    ※前スレ 10/26 16:03
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477478221/

    【【週刊文春】三代目JSB、1億円でレコード大賞買収の決定的証拠!(画像あり)】の続きを読む

    1: 2016/10/22(土) 08:28:23.27 ID:CAP_USER9
    20日発売の「週刊新潮」(新潮社)でコブクロ・小渕健太郎の不倫が取り沙汰され、さらに一部では相方・黒田俊介にもキャバ嬢との怪しい疑惑が伝えられるなど、ファンに衝撃を与えている。そして、これとほぼ同じタイミングでコブクロのオフィシャルファンサイトには「ファンの皆さまへ重大発表!!」という“謎のカウントダウン”が設置され、ネット上では「まさか解散や休業!?」と注目を集めている。なんとも慌ただしいコブクロの周辺だが、関係者によると「カウントダウンと不倫報道はまったく関係ない。しかし、コブクロとその周囲は確実に追い詰められています」という。

    「まず、カウントダウンで発表されるのは、コブクロのCM出演です。20日から放送が始まったロッテ『ガーナ』のCMに、彼らの最新アルバム『TIMELESS WORLD』(6月15日発売)の収録曲『tOKi meki』が起用されていますが、こちらに2人も出演するようです。発表となる24日は、コブクロが現在開催中のコンサートツアー『KOBUKURO LIVE TOUR 2016 “TIMELESS WORLD”』の東京・日本武道館公演の日で、ここでメンバー自ら発表する予定だといいます」(広告代理店関係者)

    しかし、不倫報道のタイミングと重なってしまっただけに、ネット上では「嫌な予感……」、「解散発表も有り得る」、「あんな報道出ちゃったから、どうしても悪い方向に考えてしまう」などと、ファンを中心に不安が広がっているようだ。

    「せっかくのおめでたい発表やカウントダウンというサプライズ的な演出も、この状況下では失策だったと言わざるを得ません。不倫を信じたくないファンからも『意味深なカウントダウンのせいで困惑する』といった声が出ています。広告代理店・電通もCMへの悪影響を考慮して、各テレビ局に『不倫報道については一切触れないで』とお願いして回っている状況ですよ」(同)

    だが、そんな電通も今現在、過労自殺問題の渦中にあり、本来なら他者のフォローをしている場合などではない。

    「コブクロの出演が決まった『ガーナ』のロッテグループも、昨年から経営権を巡るお家騒動でゴタついていますね。さらに、コブクロの所属レーベル・ワーナーミュージック・ジャパンも、つい先日元社員が不当解雇を訴え、訴訟に発展しかねない状況。まさにコブクロ周辺は、全方向へ向けて不穏な雰囲気を漂わせています」(同)

    現状、報道に関してコブクロサイドからは何のコメントも出されていない。ファンは不安な気持ちを抱えたままだが、果たして武道館公演での発表は、プロモーションのみで許されるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1215263/
    2016.10.22 08:00 トカナ

    no title

    【【悲報】不倫三昧のコブクロが解散発表か?公式サイトで重大発表カウントダウン!】の続きを読む

    このページのトップヘ