国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    歌手

    maraiya

    1: 2017/01/02(月) 14:08:02.06 ID:CAP_USER9
     大晦日のタイムズスクエアに、最後のシンガーとして登場したマライア・キャリー(写真:ロイター/アフロ)

     タイムズスクエアに集まった大勢の人々が、翌年に向けてカウントダウンをする様子を生中継で見るのが、アメリカの大晦日の過ごし方。東海岸と西海岸では3時間も時差があるので、ニューヨークで年が明ける時、L.A.はまだ午後9時なのだが、それでも大晦日の夜は、どの家庭も、この映像をテレビで見る。

     おなじみのこの番組が、今年は、カウントダウン直前のパフォーマンスのせいで、普段にないレベルの注目を集めることになった。2016年の幕を閉じるシンガーとして現れたマライア・キャリーが、とんでもない失態をやらかしたのである。

     キャリーは、午後11時35分ごろ、「蛍の光」で華やかに登場。だが、次の「Emotions」が始まると、「どうしたの」「聞こえないわ」とつぶやき、うろたえた表情を見せる。一瞬、歌おうと試みるも、すぐにやめてしまい、伴奏とバックコーラスが流れ、後ろでダンサーが踊り続ける中、肝心の歌手が舞台の上を意味なく歩き回るという、なんともまぬけな状況となった。その次の曲「We Belong Together」では、最初こそ大丈夫かと思えたものの、途中、彼女がマイクを離している時にも歌声が流れてしまい、リップシンクであることがバレてしまう。最後はさすがに彼女も、「もう降参」といったようなポーズを見せて、しらけた様子で舞台を去った。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~
    Yahoo!ニュース 1/2(月) 10:48
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/saruwatariyuki/20170102-00066160/
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=UkTy_vSPkWc


    【【悲報】マライア・キャリーが大失態!全米注目の大晦日ライブでやらかす・・(動画あり)】の続きを読む

    1: 2017/01/01(日) 18:43:18.05 ID:CAP_USER9
    2016年の大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」。大ヒット映画『シン・ゴジラ』とのコラボ企画をはじめ、目新しい企画が数多く盛り込まれた内容となった一方で、視聴者からは「なんかグダグダだな」「明らかにリハ不足」との感想も目立った。

    確かに、4時間30分に及ぶ長い放送中には、ネット上で飛び交った「グダグダ紅白」という揶揄の声を象徴するようなシーンがいくつも見られた。

    ■ピコ太郎新曲「時間切れ」中断

    出場アーティスト総勢46組に加え、16年の「顔」となった10人の特別審査員やブレークしたタレントなど、錚々たる出演者が顔を揃えた2016年の紅白歌合戦。日本を代表するアーティストが力の入ったステージを披露した一方で、視聴者からは、

    「なんか進行がグダグダで見てて疲れる」 といった指摘が放送中からインターネット上に殺到していた。実際、放送中にツイッターの検索窓に「グダグダ」と入力すると、一番上に表示される関連ワードは「紅白」だった。

    いったい、何がそんなに「グダグダ」だったのか。その象徴的なシーンとして、視聴者からの呆れ声が相次いだのは、16年に大ブレークしたピコ太郎さんと、アイドルグループ「嵐」の二宮和也さんが共演したシーンだった。

    「紅白HALF TIME SHOW」と題したこの企画では、ピコ太郎さんが新曲『ポンポコリンポンペン』を披露したのだが、楽曲の演奏が始まるやいなや、まさかの「時間切れ」。曲のイントロが流れ出してすぐに、白組司会の相葉雅紀さんが、

    「何?何それ? いや、マジで終わりもう終わり!」と焦った様子でコメント。楽曲がバックで流れるなか、「ニュース挟んで(後半は)21時からですよ!」とカメラに向かって叫び、番組は突然NHKニュースへと切り替わった。

    なお、21時に番組が再開した後も、ピコ太郎さんの楽曲「中断」の話題は登場せず、何事も無かったかのように番組はそのまま進行した。

    ■タモリ、マツコの寸劇「何がしたいの」

    また、番組の幕間に挿入された、スペシャルゲストのタモリさんとマツコ・デラックスさんによる「寸劇」にも、視聴者からは「何がしたいのか意味不明」などと手厳しい声が相次いでいた。

    タモリさんとマツコさんは、紅白の会場に訪れたが、入場券を忘れてしまった一般観覧者という設定。番組中ではたびたび、入場を断られた2人が警備員と押し問答になるシーンなどが放送された。結局、2人はステージに一切姿を見せないまま、番組の放送が終了するという「謎の演出」だった。 

    そのほか、原作映画の主演を務めた俳優の長谷川博己さんを起用するなど、かなり大掛かりな内容だった『シン・ゴジラ』とのコラボ企画も、司会者との息がうまく合わずに「グダグダ」となるシーンが見られた。

    例えば、コラボ企画の一番のピークともいえる、「歌の力でゴジラを凍結させる」という一連のくだりでも、紅組司会の有村架純さんと白組司会の相葉さんの息がうまく合わず、「それではいきますよ、渋谷紅白迎撃作戦、開始ー!」と有村さんがカメラに呼びかける中、相葉さんは声を揃えられずに「えっ、えっ、何それ?何なの?」と戸惑うばかりだった。

    >>2以降に続きます

    2017/1/ 1 18:25
    http://www.j-cast.com/2017/01/01287288.html
    no title

    【【悲報】紅白がグダグダだった理由がこちら】の続きを読む

    kyari

    1: 2016/12/28(水) 17:05:46.47 ID:CAP_USER9
    35年ほど前に若い女性の間で大流行した“聖子ちゃんカット”に、きゃりーぱみゅぱみゅが挑戦した。メイクやファッションも当時の雰囲気を取り入れながら、現代風“松田聖子”に変身したきゃりーの姿に「聖子ちゃんカットなのにオシャレに見えるのはさすが!」とファンも絶賛している。

    1980年代を代表するアイドル・松田聖子が、厚めの前髪を目の上ギリギリでカットしサイドはレイヤーを入れて後ろに流していたヘアスタイル、いわゆる“聖子ちゃんカット”が若い女性の間で大流行した。一般人だけでなく彼女より後にデビューした小泉今日子、堀ちえみ、石川秀美、早見優ら「花の82年組」女性アイドルも、デビュー当時はこぞって“聖子ちゃんカット”だったものだ。日本中の女の子が夢中になった“聖子ちゃんカット”は、「顔の造作を選ばず、万人に似合う」素晴らしい髪型とまで言われていた。

    この“聖子ちゃんカット”を、現代風にして挑戦したきゃりーぱみゅぱみゅ。12月27日の『きゃりーぱみゅぱみゅ kyarypappa Instagram』にて、ピンクを基調としたナチュラルメイクに真っ白なピーターパン・カラーのファッションで決めた姿を公開した。髪色がハイトーンカラーの“聖子ちゃんカット”というのも新鮮で、きゃりー風“聖子ちゃんカット”として完成度が高い。

    フォロワーからも大好評で「超絶きゃわいい!」「お人形さんみたい なんでも似合うね」「いまこの髪型似合うのきゃりーだけ!」「聖子ちゃんの偉大さを再確認」「おじさんには涙もの」といった多くの声が見受けられた。本家・松田聖子の感想も、ぜひ聞いてみたいものだ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/japantechinsight_333092/

    “聖子ちゃんカット”に挑戦したきゃりーぱみゅぱみゅ
    no title

    きゃりーぱみゅぱみゅ
    no title

    【きゃりーぱみゅぱみゅ、聖子カット挑戦の結果がこちら(画像あり)】の続きを読む

    sayuri

    石川さゆりの紅白歌合戦での曲目wwwwwwwwwwwwwwwwww 

    1: 2016/12/19(月) 18:46:52.61 ID:IPTBBVw7d
    H19年 津軽海峡冬景色
    H20年 天城越え
    H21年 津軽海峡冬景色
    H22年 天城越え
    H23年 津軽海峡冬景色
    H24年 天城越え
    H25年 津軽海峡冬景色
    H26年 天城越え
    H27年 津軽海峡冬景色
    H28年 天城越え←new

    なんやこれ

    【【紅白】石川さゆりの曲目がヤバイ・・・】の続きを読む

    1: 2016/12/19(月) 21:06:13.22 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000579-sanspo-soci
    サンケイスポーツ 12/19(月) 21:03配信

     東京地検は19日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明、58)について、嫌疑不十分のため不起訴処分とした。ASKAは同日午後7時10分、多くの報道陣が駆けつける中、身柄を勾留されている警視庁東京湾岸署から釈放された。逮捕時と同じグレーのジャケット姿のASKAは、左手をズボンのポケットに入れて玄関に姿を現すと、時折口元に笑みを浮かべながら用意された黒いワンボックスカーへと足早に歩き去った。報道陣からの問いかけには応じず、何度か頭を下げながら車に乗り込んだ。

     ASKAはその後、ブログを更新。「無罪です。様々なことは、また、改めて書かせていただきます。すべての行動には、理由があります。いまは、それしかお伝えできません。予定が、20日間もズレてしまいました。こんなところで止まっているわけにはいきません。やれることを、やらなくては。みなさんを、最高のアルバムでお待ちします。今日は、少し疲れてます。おやすむね。みなさん、信じてくれてありがとう」とつづった。
    aska

    【釈放のASKAが衝撃のブログ更新!】の続きを読む

    hamasaki

    【芸能】浜崎あゆみ、渋谷の路上で撮影した“胸強調へそ出し衣装”が痛すぎる! 


    1: 2016/12/07(水) 18:31:40.65 ID:CAP_USER9
    「こんなかっこで恥ずかしくないのかな?」
    歌手の浜崎あゆみが12月3日にインスタグラムで公開した1枚の写真にそんな声が 寄せられている。写真は東京渋谷の道玄坂の路上で撮影されたもので、多くの人が行き交う歩道に立つ浜崎の姿が写されている。


     ベージュのブーツにジャージのズボンに黒の上着を羽織っている浜崎は、黒のキャップを目深にかぶり、黒のサングラス、黒のネックウォーマーを身に着け、いかにも「芸能人」といったいでたちだ。

     問題は上着のインナーで、有名スポーツブランドの丈の短いシャツを着ている。

    「上着の前が空いているため、シャツが丸見えになっているんですが、浜崎の豊かな胸が飛び出しそうなほどなんですよ。しかも、丈が短いのでキュートなヘソが丸見えになっています」(芸能ライター)

     同時に投稿された文章が、「笑える位スケジュールごっちゃごちゃ そして移動多すぎてテンパって自分の車を見失った」となっていることから、仕事の合間だと思われる。

     移動時もこんなカッコとは、さすが歌姫と感心したくなるが、世間一般の反応はどうも違うようだ。「こんな服で路上を歩くなんて恥ずかしすぎる」「浜崎であることを隠したいのか、それともアピールしたいのか、いったいどっちなんだよ」「これぞ頭隠してヘソ隠さず笑」と散々な言われようだ。

    「彼女は当然『イケてる』と思ってやったのでしょう。彼女のファンはほめていますが、一般の人は『痛い』と判断しています。かつてはファッションリーダーだった浜崎ですが、彼女のセンスと世間がズレてきてしまっているのではないでしょうか」 (ティーン向けファッション誌編集者)

     人気低迷やセールス低下が伝えられる浜崎。その原因はこんなところにあるのかもしれない。

    http://asajo.jp/21021

    no title

    【浜崎あゆみのヘソ出し私服が痛すぎると話題に(画像あり)】の続きを読む

    1: 2016/12/06(火) 22:29:06.06 ID:CAP_USER9
    【AFP=時事】
    米人気の歌手レディー・ガガ(Lady Gaga)さん(30)が、5日に放映されたテレビ番組のインタビューで、10代の時に性的暴行を受けたことによる精神的な後遺症の一つとして、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と現在も闘っていると告白した。

     NBCの番組「トゥデイ・ショー(Today Show)」は同日、シンガーソングライターのガガさんが、ニューヨーク(New York)にあるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の若者向けのホームレス支援施設「アリ・フォーニー・センター(Ali Forney Center)」で行ったインタビューを放映した。

     番組でガガさんは、「あの子たちに言ったの、私は心の病を抱えている、PTSDを患っているって」と明かした。

     LGBTのアイコン的存在で、以前から性的少数派の権利尊重を訴えてきたガガさんは、同センターを利用している若者に対し、自分の問題を直視する勇気を持ってほしいと呼び掛けた。

    あなたたちが抱えている種類の問題を私は抱えていないけれど、私には心の病があり、その心の病と毎日闘っている」「心の落ち着きを保つのを助けるために、私にはおまじないが必要なの。『あなたは勇敢だ、あなたには勇気がある』と唱えるの」と語った。

    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000039-jij_afp-int
    gaga

    【【衝撃】レディー・ガガ、PTSDを告白】の続きを読む

    このページのトップヘ