国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    歌手

    wada


    1: 2016/11/28(月) 01:23:15.60 ID:CAP_USER9
    女性歌手としては単独で歴代No.1となる連続出場記録31回、そして自身の40回めという記念すべき2016年の紅白歌合戦に選ばれなかった和田アキ子さんが、26日に出演したラジオ番組で事務所批判、または紅白出場歌手選出の闇を暴露するような発言をして話題になっています。

    11月24日に紅白出場歌手が発表され、自身の落選が明らかになったあと、和田さんは所属事務所であるホリプロを通じてマスコミ各社に「とても残念」「正直悔しい気持ちも」あるとしながら、感謝の気持ちも綴っていました。 「これも、これからの歌手人生のための1つの通過点と思っております。和田アキ子は、これからも、歌い続けていきます!!!

    このような前向きなコメントから、「意外と潔い?」とも思われたのですが、やはり実際は未練たらたらだったようで、紅白落選後初の生放送となるラジオでは、次のように発言しています。

    ***********
    [以下引用]

    和田は「正直な気持ちを言えば、言いたいことがいっぱいある」としたが、あえてそれは言わず、「もう落ち着いているんです。こんなに人が優しいと感じる私に戻してくれたことに感謝したい」と大人の対応。

    また、「もう通過点ですから」とした後、「今回は(紅白を)見たくない。とっとと日本を後にしたい。NHKだけスクランブルかけて欲しい」と冗談めかして話し、紅白の話題を締める際には「和田アキ子は永遠に不滅です!」と前向きだったのだが…

    聞き捨てならなかったのが思わず漏れた和田の本音。再来年、事務所の後輩の鈴木亮平が大河ドラマ『西郷どん』の主演を務めるが、和田の口からは『大河やるんだから、その事務所は強いって言うのに、関係なかった』とまるで事務所の上層部に対する批判ともとれる発言が飛び出した。たしかに、所属事務所は鈴木が堤真一の代役を引き受けただけにそれがNHKに対する“貸し”になったかと思ったようだが、NHKとすれば鈴木を抜てきした、という意識だけに、和田を紅白にとどめる理由はなかった」(音楽業界関係者)

    [リアルライブ]
    ***********

    和田さんの発言から、なんかちょっといろいろ推測したくなりますよね。 一つはっきりしているのは、出場する歌手は必ずしも本人の実力で決まっているわけではないということを言っているということです。 「大河やるんだから、その事務所は強いって言うのに」ですからね。

    まあ、その辺は公然の事実な部分であったとはいえ、落選直後に注目されているところでこういう発言は、考えなしなのか、または逆によく考えているのかわかりません。 もちろん、鈴木亮平さんは良い俳優だと思いますし、若手で西郷隆盛を演じるなら良い選択だったと思います。 ですが、もしかするとホリプロは鈴木さんをキャスティングしてらう代わりに、今後は和田さんの紅白出場は諦めるなんて取引があったのかもなんて思ったり。

    とはいえ、30年間毎年年末に出場してきた紅白に今年は出ないということが、66歳の和田アキ子さんにとってショックじゃないわけがありません。 今日の『アッコにおまかせ』でもなんだかんだと放言するのでしょうが、それも仕方ないんでしょうね。 ところで、和田さんの落選については、今日の午前中に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で、松本さんが興味深い発言をしています。

    ***********
    [以下引用]

    NHKさんがマンネリをダメやと思っているのかとびっくりする。風物詩はマンネリの極致なんですよ。マンネリをやめちゃったら紅白のよさが何一つない。毎年ちょっとのマイナーチェンジ、脱皮くらいでいい。今年はもう、身をえぐっちゃってるというか、シェイプアップしすぎ

    ネットの意見を見すぎてる。一般の意見とは必ずしもイコールではないから無視していいと思うんですよ。頑張ってマンネリを貫くと。視聴者との我慢対決に勝てるかどうかですよ、マンネリって。(NHKは)スポンサーも関係ないわけやし。若者をもっとって言っているわりには、初出場の人もなんで今なんやろという

    [オリコンスタイル]
    ***********

    「風物詩はマンネリの極致」というのは、一理あるなあと。 もしかしたら、“マンネリ歌手枠”と“その年に活躍した歌手枠”のバランスが取れている紅白が、もっとも理想的な形なのかも?

    (▼続きは以下のURLでご覧下さい)

    芸能スクープ、今旬ナビ!! 2016年11月27日11:42
    http://www.imashun-navi.com/article/444374230.html
    【和田アキ子が紅白の闇を暴露!】の続きを読む

    aska


    1: 2016/11/28(月) 15:09:36.28 ID:CAP_USER9
    aska_burnishstone’s diary
    2016-11-28

    はいはい。みなさん。落ち着いて。
    間違いですよ。

    詳しくは、書けませんが、
    先日、僕の方から被害届けを出したのです。

    被害の内容は、想像して下さい。

    そしたら、逆に疑われてしまいまして、
    尿検査をうけました。

    何の、問題もありません。

    ずべて、フライングのニュースです。

    これから、弁護士と話をいたします。

    ASKA

    aska_burnishstone 12分前

    http://aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2016/11/28/145356
    aska1
    aska2

    【ASKAが逮捕報道後にブログ更新「はいはい。みなさん。落ち着いて。 間違いですよ。」】の続きを読む

    utata

    1: 2016/11/21(月) 05:14:31.44 ID:CAP_USER9
    2016年11月21日

    “宇多田ヒカルさんのそっくりさん”としてネットを中心に話題のモデルの若尾綾香さんが、21日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)49号のグラビアに登場した。若尾さんがグラビアに挑戦するのは初めて。抜群のプロポーションでセクシーなタンクトップ姿などを披露している。

     若尾さんは1989年8月4日生まれの27歳。「ミス・アースジャパン2014」で3位となり、タレントとして活動。バラエティー番組に宇多田さんのそっくりさんとして出演したことも話題になった。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ・「週刊プレイボーイ」49号のグラビアに登場した若尾綾香さん(C)西條彰仁/週刊プレイボーイ
    no title

    no title

    http://mantan-web.jp/2016/11/21/20161120dog00m200030000c.html

    【宇多田ヒカルそっくりモデルがセクシーグラビア初挑戦(画像あり)】の続きを読む

    1: 2016/11/18(金) 15:47:57.34 ID:CAP_USER9
    約6年ぶりに歌手活動を再開し、NHK紅白歌合戦への初出場の可能性が報じられていた宇多田ヒカル(33)の出演が内定したことが、本紙の取材で分かった。宇多田は英ロンドンに滞在しているため、放送当日の大みそかは現地から衛星中継での出演になる見込みだが、何と歌唱部分は事前録画する“超特別待遇”で話が進められているという。「生放送」を基本とする「紅白」だけに、来週にも発表される出場歌手の間から疑問視する声が湧き上がりそうだ。

    宇多田は今年、NHKの看板ドラマ・朝の連続テレビ小説の「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」を歌ったことから、同局にとってはSMAPの出演と並ぶ「紅白」の最重要課題となっていた。特に、9月22日に放送された同局の音楽番組「SONGS」が7・6%という高視聴率を獲得したことが大きかった。

    2010年8月に「人間活動」専念を宣言し、今春に活動を再開した宇多田。NHK関係者は「宇多田のNHK出演は、活動休止に入っていた2011年の1月15日に放送した特番『宇多田ヒカル~今のわたし~』以来、実に5年8か月ぶり。『SONGS』はふだん3%前後だったのが、7・6%をはじき出し、局内の雰囲気も一気に変わりました。もちろん、局内では番組の視聴者層が紅白とはやや異なっていることを指摘する声はありますが、過去最高だった松田聖子Part2(10年5月26日放送)の8・3%、あみん(07年7月11日放送)の8・2%に次ぐものでしたからね」と語る。

    この数字に、NHKが目の色を変えたのは当然の成り行きだった。

    レコード会社関係者は「今年は年間を振り返ってもヒット曲が極端に少ない。ここにきてピコ太郎とか明るい話題は出てきましたが、NHKにとってはSMAPと宇多田、そしてリオ五輪のテーマ曲を歌った安室奈美恵はどうしても出演させたい目玉アーティストですからね。しかし、SMAPは籾井勝人会長までラブコールを送りながらも出演は不透明。安室も出演に難色を示しており、ここで宇多田も…となったらNHKの面目は丸潰れです。となったら、宇多田側の条件を丸のみしても出演させたいはず」。

    基本的に、宇多田は他の出演者との横並びの出演は「あり得ない」(関係者)としており、紅白のために年末に日本に帰国することも「あり得ない」(同)。そうなると、紅白への出演は滞在先のロンドンからの生中継に限られてくる。

    さらに条件が出ているとも。

    その中継も、宇多田側が百歩譲って、NHKホールとの会話は納得したとしても、パフォーマンス(歌唱部分)に関しては事前収録が条件になっている」(同)というのだ。

    そうなると問題となるのは「紅白」は生放送、生歌を基本としているだけに、宇多田だけを特別扱いするのかどうか。出演歌手の間でも意見が分かれそうだ。

    2年前に、ニューヨークからの中継に出演したイディナ・メンゼルと神田沙也加の部分を録画にしたケースはありますが、それは『みんなで歌おう!アナと雪の女王』という企画コーナーでした。まあ、今回も特別コーナーと位置付けてしまうのかもしれませんが、出場歌手の公平さという観点からしたら、中継も含め、ますますあいまいになってきますね」(芸能プロ関係者)

    ちなみに宇多田は、9月に生放送された「ミュージックステーション ウルトラFES 2016」(テレビ朝日系)でも、タモリ(71)とのトークも含め、出演部分はすべて録画だった。

    宇多田は、ニューアルバムが好セールスを続けており、ビルボード・チャートでは50万枚の大台を突破した。「音楽デジタル配信が好調」と音楽関係者が言う。 NHKのスタンスはどうであれ、宇多田側は「紅白」だからといって「特別なことはしない」という方針のようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12299601/

    2016年11月18日 11時0分 東スポWeb
    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=SRQbQ_nd4fc


    宇多田ヒカル - Can You Keep A Secret?

    【宇多田ヒカル、紅白出場もナマ歌は拒否!】の続きを読む

    wada

    【芸能】和田アキ子、ついに紅白追放か?NHKが下した”苦渋の決断” 

    1: 2016/11/17(木) 19:44:28.09 ID:CAP_USER9
    『NHK紅白歌合戦』から、今年ついに姿を消しそうな“常連”がいる。年末解散を控えるSMAPではない。 誰が呼んだか、“芸能界のゴッドねえちゃん”こと和田アキ子(66)だ。 和田に紅白歌合戦の「落選通告」が出された旨を、『週刊文春』(文藝春秋)11月17日発売号が伝えている。

    1970年以降、出場回数は実に39回。女性歌手としては歴代最多の紅白出場記録を持つ和田アキ子。 今年も出場できれば、40回目の節目になるはずだった。

    しかし、近年の和田にはヒット曲もなく、紅白では1972年発売の『あの鐘を鳴らすのはあなた』を6回も歌っている。 今年は7月に『All Right!!!』という新曲を出したものの、まったく話題になっていません。 さらには、和田は音楽番組『NHKのど自慢』の裏で、長年『アッコにおまかせ!』(TBS系)に出演し続けており、NHKが重視する貢献度という点でも疑問が残る。 実は、和田は数年前から『当落ギリギリ』と言われるようになっていました」(レコード会社関係者)

    和田の不出場を明確に伝えたのは、前述のとおり『週刊文春』だった。 記事によれば、とうとうNHKサイドから和田について「今年は出場いただけない」と通達があったという。 和田もホリプロも簡単には諦められないものの、NHKの決断を覆すのは難しいと見られている。

    業界的にも“不要論”が噴出していたという和田だが、もはやそれ以上に飽きていたのは視聴者だった。

    和田が紅白を落とされるに至った背景をスポーツ紙記者が語る。

    芸能界の“ご意見番”的なポジションにいる和田ですが、その物言いが批判・炎上する事態が相次いでいる。
    今年8月の『アッコにおまかせ!』では、リオ五輪で銅メダルを獲得したシンクロの日本代表選手らに向かって『決勝に残るつもりでやってらしたんですね?』とコメントをぶつけ、大炎上に発展しました。 こうした無神経発言が頻繁に取り沙汰されるため、視聴者の間でも『なんであんなに偉そうなのか?』という意識が刷り込まれ、アレルギーを起こす人がでてきた


    しかし、ホリプロや和田は、まだまだ『紅白』に未練がある様子だ。

    和田は“大物歌手”の肩書で評価や仕事を得ているだけに、『紅白歌手』の大看板だけは絶対に守りたいところ。 それがなければ、芸能界の番長的言動も単なる“お山の大将”で終わってしまいますから……」(前同)

    大晦日のNHKに、和田の姿はあるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1229786/
    2016.11.17 19:05 デイリーニュースオンライン

    https://www.youtube.com/watch?v=VqvOgdQ9Dhk


    あの鐘を鳴らすのはあなた - 和田アキ子
    【【朗報】和田アキ子、紅白落選!!】の続きを読む

    このページのトップヘ