国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    お笑い芸人

    1

    1: 2017/04/08(土) 14:09:42.43 ID:CAP_USER9
    ダウンタウン浜田雅功の妻でタレントの小川菜摘が8日、読売テレビのバラエティー番組「特盛!よしもと」(土曜、前11・55)に出演し、浜田について「老いがひどい」とぼやいた。

    番組では、有名タレントの裏の顔についてトークを展開。浜田の家庭内での素顔を問われた小川は「今はもう、おとなしい初老のおじいちゃん。老いがひどくて…」と言い放った。

    さらに「この間も2階から降りてきて、トイレに入ってから戻ってきて。ニヤニヤしながらだったので、『なぜ笑ってるの?』って聞いたら『物置に水を取りに来たのにトイレに入ってしまって、(便器の前に)立った瞬間、オレ、小便したくないのになぁ。あ、オレ、水を取りに来たんや、と』って。ボケがひどいんですよ。本当に!」と酷評。MCの今田耕司と月亭八光は、先輩芸人の“劣化”にショックを受けていた。

    デイリースポーツ 4/8(土) 13:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000055-dal-ent
    【【悲報】浜田雅功の老化がガチで笑えない事態に・・・】の続きを読む

    【芸能】アンジャ児嶋「俺は何も聞いてねーぞ!」 相方・渡部建の結婚祝福

    1: 2017/04/09(日) 22:35:13.99 ID:CAP_USER9
    no title


    お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(44)が9日、自身のツイッターを更新。
    「おーい! 俺は何も聞いてねーぞ! 結婚おめでとう」と、同日、女優・佐々木希(29)との結婚を発表した、相方の渡部建(44)を祝福した。

    “児嶋”の祝福ツイートを受け、フォロワーからは「大丈夫だよ、大嶋!!」「大嶋さん、渡部さん結婚だって! おめでとうございます」「おめでたいですよね、中嶋さん(笑)」といった、お決まりの“名前間違いネタ”の祝福コメントが続々と届いている。

    渡部は、この日、日本テレビ系バラエティー『行列のできる法律相談所3時間SP』に出演し、結婚を生報告。MCの雨上がり決死隊・宮迫博之からお互いの呼び名を聞かれると、「僕のことは『わっくん』と呼んで、僕は『のんちゃん』と呼んでます」と照れながら告白。発表後は佐々木も電話出演し、スタジオにいた藤田ニコルから「行ってきますのチューとか、おやすみのチューはする?」と聞かれると「うーん、たまにするね」とうれしそうに明かしていた。

    sn

    以下ソース参照
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000324-oric-ent 
    【渡部建と佐々木希が結婚発表!その直後の児嶋のツイート内容がヤバイ】の続きを読む

    1

    【芸能】松岡修造に“笑い”で惨敗!ナイナイ矢部を「クビにすべき」と視聴者がマジ提案

    1: 2017/04/07(金) 08:08:03.23 ID:CAP_USER9
    「やっぱり一番つまらない」と、名指しでフルボッコにされている。

    3月30日に放送されたバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気コーナー「ゴチになります!」に、元プロテニスプレイヤーで熱すぎるキャラで支持されている松岡修造が初参戦。

    同コーナーは金額を知らずに料理の料金を予想し、設定金額から最も遠かった出演者がこの日の飲食代を全て負担するという企画。松岡は1品目を食べ終わり、最初の金額予想では「1万5000円‥‥マイナス5サウザンドイエン」と、ちょっとウザい感じに1万円と予想し、「すごくめんどくさいよ」と共演者にツッコまれるなど、相変わらずの濃いキャラを発揮した。

    さらには絶品の松坂牛を食している最中、羽鳥慎一の代理として前半戦の進行を務めていた日本テレビの町田浩徳アナから料理の感想を聞かれると「話しかけんじゃねえ」と毒づき、やりたい放題でお茶の間の笑いを誘った。

    一方で、そんな高評価の松岡とは対照的に「やっぱりつまらない」と視聴者から名前が連打されたのが、残念ながらビリとなって自腹を切ったナイナイ矢部浩之だ。

    「この日の舞台となった五ツ星ホテル、リッツカールトン大阪は矢部が4年前に披露宴をあげた場所です。それもあり、矢部は『ここかな? 結婚式挙げたん』とトボけたあげく、最後の締めでは『息子たちよ、今度大阪泊まる時はリッツではなく、テントだ』とボケて番組は終了。しかし、視聴者のウケはイマイチどころか最低だったようです」(エンタメ誌ライター)

    矢部のスベりっぷりに、シーンとしてしまった視聴者が多かったようだが、「コイツは本気でつまらんわ」「素人でももう少しオモロくできる」「矢部を降板させて松岡をレギュラーにしてほしい」と、もはや必要なしのムードだ。

    番組では年間で成績が悪いレギュラーメンバーがクビになるというルールだが、一番面白くないメンバーを外すという新ルールも適用するべきかもしれない?

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-78664/
    2017年04月07日 05時58分 アサ芸プラス

    【「クビにすべき!」ナイナイ矢部の現在がガチでヤバすぎる件】の続きを読む

    1: 2017/04/07(金) 11:16:15.87 ID:dtFJbRlUa
    タレント大久保佳代子(45)が10日発売の「週刊大衆」(双葉社)でセクシーグラビアに挑戦し、同誌の「創刊60周年記念スクープ袋とじ」として掲載されることが6日、分かった。

    下ネタトーク連発の姉御キャラで人気だが、「実はエロい」と業界では評判の美ボディーを初披露。温泉を舞台に、胸元もあらわに着物で横たわる姿など、“和”の雰囲気漂うエロスを見せている。

    大久保佳代子は「週刊大衆」の袋とじで美ボディーを披露
    1


    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1803667.html
    【【画像】大久保佳代子(45)の袋とじセクシーグラビアが凄すぎる!】の続きを読む

    1

    1: 2017/04/03(月) 06:03:56.27 ID:CAP_USER9
    珍獣に追い回されながらも、内心では虎視眈々と未来の自画像を思い描く。
    そんな器用な振舞いを見せるのが、あのイモトアヤコ(31)だという。一体、どんな目論見が――。

    太眉にセーラー服という出で立ちのイモトが珍獣ハンターとして東奔西走する「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)は、先ごろ10周年を迎えた。

    2月5日と12日、2週連続で放映された特番の視聴率はそれぞれ22・5%、22・2%と、完全に日曜のゴールデン枠を圧倒しました。番組内に数ある企画のうち、やはりメインは海外ロケ。これまでコモドオオトカゲに追い回され、虫やワニを食べ、そして『登山部』としてキリマンジャロやマッターホルンの高嶺に登頂したりと、涙を流しながらも困難に立ち向かうイモトの姿は、すっかりお茶の間に定着しました」(芸能記者)

    バラエティー番組とはいえ、しばしば死と隣り合わせの状況が襲ってくる。で、その“危険手当”はといえば、

    「イモトのギャラは1回につき約30万円。ひとつの海外ロケで5~6日費やすので、日当にして数万円といったところです」(局関係者)

    というから、およそ過酷なミッションとは不釣り合いな額なのだ。それでも、

    「彼女は2007年に番組オーディションに合格し、レギュラーとなったのですが、当時のギャラは現在の10分の1程度でした」(同)

    海外ロケにはマネジャーやメイク担当は同行せず、トレードマークの眉毛は自ら描いているという。

    で、そんな状況からステップアップを図るべく、新たな動きを見せていると指摘するのは、さる芸能ジャーナリストである。

    「3月17日には、NHKドラマ『あなたにドロップキックを』で、日テレ以外の局で初めてドラマ主演を果たしました。“バラエティーから女優へ”というと、最近では菜々緒が挙げられますが、演技力はさておき、役者を経験すると芸能人としての取り扱いが変わってくるのです」

    つまりは先々、CMなどのギャラのベースに差が出てくるということで、

    「イモトは女性からも嫌われず、また幼児からお年寄りまで万遍なく受け入れられている。いわば家族そろって見られる芸人。そんなアドバンテージを引っ提げて、今後は演技の方向にシフトしていく狙いです」(同)

    郷里の鳥取で幼い頃からイモトを知る男性も、こう明かすのだ。

    「時々帰省して近所を散歩していますが、上下とも黒のジャージでスニーカー姿。自分でも『まだまだオーラが足りんなあ』って言ってます。そう言えば、以前はサインする時、色紙に『珍獣ハンター』と肩書を入れていたのに、最近は書かなくなりましたね」

    ドラマに詳しいライターの吉田潮氏が言う。

    「見てくれ勝負の『お人形女優』には出せない普通っぽさが彼女の味。ネギや生姜といった息の長い『薬味女優』を目指せばいいのです。デビュー当時は体当たりの汚れ仕事ばかりで一流女優になった、泉ピン子のようになるかもしれません」

    高嶺へのアタックが始まったわけだ。

    ワイド特集「贈る言葉」より

    「週刊新潮」2017年3月30日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170403-00519372-shincho-ent
    デイリー新潮 4/3(月) 5:59配信

    【イモトのイッテQ海外ロケ1本のギャラがヤバすぎ!】の続きを読む

    このページのトップヘ