国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    お笑い芸人

    1

    1: 2017/06/12(月) 20:34:34.27 ID:CAP_USER9
    吉本時代の後輩芸人や親交のある芸能レポーターたちの口から“彼”の名前が出る機会がなぜか急増中。復帰への地固めはすでに完了か!?

    ついに“あの男”がテレビに帰ってくるか――。2011年に芸能界を引退した島田紳助(61)氏が、関西準キー局で芸能活動を再開するという情報が、テレビ界を駆け巡っているのだ。「早ければ、今秋にも再始動するのではといわれており、現在、某ワイドショーが復帰のスクープ、独占取材をモノにしようと、水面下での動きが活発になってきています」(番組関係者)


    7本もの人気番組を抱え、テレビ界の頂点に君臨していた紳助氏だったが、過去の“黒い交際”が発覚。11年8月23日に開いた緊急会見で引退を発表して、すべてのレギュラー番組を降板し、視聴者の前から完全に姿を消した。その後、復帰説が浮上するたび、一部取材に、本人が「(復帰は)絶対にありません」と否定してきた。

    「今年の4月の初めには、現在の紳助さんは旅行にゴルフに草野球、さらに週に3~4回の筋トレと、悠々自適の非常に健康的な毎日を送っていることが、芸能レポーターの井上公造氏によって紹介され、改めて“復帰はない”と話していることが伝えられました」(テレビ誌記者)

    だが、これを額面通りに受け取ってはいけない。「実は、4月の復帰否定情報が流れたときには、すでに復帰へのさまざまな調整が始まっていたようです。その動きを知る関西のテレビマンたちは“いやいや、話が逆やろ”と笑っていました」(前出の番組関係者)

    なんでも紳助氏は、カメラの前でしゃべりたくてウズウズしているという。「今年3月、友人約60人を集めて紳助さんの誕生パーティが行われたそうですが、紳助さんは一人マイクを握り、約4時間にもわたって出席者を笑わせ続けたといいます。トークの腕、笑いの勘に一切の衰えはなく、むしろパワーアップしているようにさえ見えたそうです。あれだけのしゃべりの才能を持て余す日々に、もう耐えられなくなっているかのようでした」(ワイドショー関係者)

    確かに、「未練はない」「復帰はない」と言いながら、この1~2年、紳助氏はかなりメディアとの距離を縮めているように見える。

    https://taishu.jp/detail/28106/

    【島田紳助さんがついに芸能活動再開】の続きを読む

    ダンディ坂野 現在月収400万 ブレーク時とあまり変わらず

    1: 2017/03/03(金) 20:23:04.59 ID:U8I0JimH0
    現在の貯金額1000万円と明かしたヒロシ。番組MCのネプチューン・名倉潤(48)、次長課長・河本準一(41)らから「月2000万円の収入だとして、1年で1億円超す。何にお金を使ったのか」問われ「風俗。女性につぎ込んだ」と白状した。現在でも月80万円の収入があるというが、ブレーク時と違って「クソみたいな扱いを受ける」と嘆いた。

    一方のダンディ坂野は、MAX月収400万円と告白。現在は地方を入れて8~9本のCM契約があり、ブレーク時と今の収入は「あまり変わらない」と告白。「CM(契約)で食べていける」とダンディ。最後の一瞬だけ「ゲッツ」と演じるCMがほとんどで、使いやすさでCMを「ゲッツ」していると明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000170-sph-ent
    ダンディ坂野
    ダンディ坂野(ダンディさかの、1967年1月16日 - )は、日本のお笑いタレントである。本名、坂野賢一(さかの けんいち)。身長166cm、体重57kg。石川県加賀市出身。サンミュージックプロダクション所属。血液型はAB型。

    g

    黄色のタキシードを着用し、粋なジョークを飛ばすのが彼の芸風であるが、そのジョークのほぼ全てが駄洒落を連発するだけのものである。

    ジョークを言った後に苦し紛れで言う決め台詞「Get's!!(ゲッツ)」は、一時期若者たちの間で流行した。「面白くないネタを披露して、滑って気まずくなった空気の中で使う」のがゲッツの本来の使い方であるが、人気絶頂期には滑るはずのネタがしばしばウケてしまい、彼を困惑させたという。

    基本的にはネタ芸人であり、お人好しな性格でフリートークは得意ではない。そのため、2003年をピークに人気が下降。唯一のレギュラー番組だった『3つのとびら』が2006年3月に終了して以来、テレビへの出演回数はめっきり減っていった。

    しかし、月に数本の深夜番組や地方のローカル番組、およびライブを主な活動の場に持ち、また、全国ネットのテレビでも「一発屋芸人」として出演する機会も多くなってきており、完全にテレビから消えたわけではない。本人も一発屋のキャラクターに徹している。
     
    (wikipediaより抜粋) 


     
    【ダンディ坂野の現在の月収がヤバイ・・・】の続きを読む

    1

    1: 2017/06/10(土) 13:59:21.28 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春が10日放送の読売テレビ「特盛り!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜、前11・55)に出演。昨年、寄生虫のアニサキスによって起こるアニサキス中毒にかかった際、仕事を休めず2日間、我慢したと明かした。理由について「休めない。家のローンがあるから」と泣きそうな表情で語った。

    庄司は昨年夏、地方ロケで鮭いくら丼を昼間に食べた後、その日の夜中に猛烈な胃痛に襲われたという。「痛さで起きて、5分間隔で痛くなる。ピンポイントで胃だけが痛くなる」と振り返った。通常1匹でも相当な痛さだと言われる中、庄司は8匹が胃の中にいたといい「鼻から内視鏡を入れて、はさみを通してアニサキスを取る。見失うと、鼻とかがまた痛い」と説明。

    MCの今田耕司が「麻酔とか、してもらわんかったの?」と聞くと、庄司は「できなかったんです。仕事の合間だったんで」と話した。

    MCの月亭八光に「痛くなってから、いつ病院へ行ったの?」と聞かれると庄司は「2日後です」と答え、2日も我慢していたことが発覚。「休めないんですよ。家のローンがあるから」と嘆いた。これには今田も「もう、売れや。あの家!」とあきれ返っていた。

    庄司は都内に1億5000万円相当と言われる自宅に在住。妻でタレントの藤本美貴は過去に、家のローンについて「35年ローンで75歳までです」と明かしている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000047-dal-ent

    【【衝撃】庄司智春の借金額】の続きを読む

    no title

    【テレビ】みやぞん、中学時代に裏番長と呼ばれた過去告白 パンチングマシーンで驚異のパワー披露 

    1: 2017/05/30(火) 20:35:51.18 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(32)が29日放送の日本テレビ「しゃべくり007」(月曜後9・00)に出演。中学時代に学校の“裏番長”と呼ばれていたエピソードを披露した。

     09年にANZEN漫才のボケとしてデビュー。同局の「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)で闘牛、空中ブランコなど身体を張ったロケに全力で取り組む姿と、とてつもない天然キャラが話題となりブレーク。
    驚異の身体能力の持ち主としても知られており、番組では学生時代に取り組んでいたこととして「キックボクシング」が紹介されると、「昔、キックボクシングを習っていてパンチ力に自信があります。喧嘩したことないのに、中学時代に裏番長をやらされていました」と語った。

    「喧嘩したことなかったんだ?」と聞かれると、みやぞんは「はい。喧嘩したことがなかったんですが、小学校5年から中学校3年までキックボクシングをやってました」と説明。 当時は、サイズの大きいズボンやパンツを通常のベルト位置より低い位置で穿く“腰パン”が流行っていたが「(ズボンの)ダボダボが嫌でピシッとしたかった。中学時代、ジャージーのズボンを上着にインしていました。そうしたら、周囲が“アイツにはスキがない”って言い始めたんです」と、喧嘩に備えて“いつでもキックができるように準備している”と誤解されたという。

    スタジオにはゲームセンターのパンチングマシーンが登場。みやぞんは学生時代に地元にあるパンチングマシーンのベスト1に名前を載せていたといい、「裏番長と呼ばれたのもマシーンのベスト1にいつも名前が載っていたからなんです。当時は番長たちがマシーンに名前を残すのが流行っていたんです。でも(僕の記録を)抜けないんで“こいつ誰だ?”ってなって」と話した。

    みやぞんと出演者がスタジオでパンチングマシーンに挑戦。ネプチューンの原田泰造が107キロ、くりぃむしちゅーの上田晋也が87キロをマークしたあと、みやぞんが拳を当てると「世界チャンピオンレベル・129キロ」と表示された。原田ら共演者は「凄え!」「さすが!」とビックリ。みやぞんは、当時もこのくらいのパンチ力だったかと聞かれると「当時の方がもっといったと思う」と平然と答えた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/30/kiji/20170530s00041000179000c.html

    【みやぞんの中学生時代・・・ガチでヤバい奴だった】の続きを読む

    b1

    【芸能】ブルゾンちえみ「中学時代は恋人3人」友人語る意外モテ過去

    1: 2017/05/25(木) 07:27:15.64 ID:CAP_USER9
    b

    「地球上に男は何人いると思っているの? 5億……あと5,000万」

    強烈な印象を残すフレーズとともに“モテ女”ネタを披露するブルゾンちえみ(26)。 元日の『ぐるナイ!おもしろ荘』(日本テレビ系)で優勝するや、大ブレーク。 ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)で女優デビューも飾るなど、快進撃を続けている。

    彗星のように現れた彼女は、いったい何者なのか。そこで本誌は彼女の原点を追うべく、故郷の岡山県へと飛んだ――。

    岡山駅から電車に乗ってしばらくすると、人気は減り山や田畑が広がってくる。そんなお郊外ののどかな町で、ブルゾンは育った。

    「つねにクラスの盛り上げ役で、いつも面白いことを言っていました。小学校時代には同級生とお笑いコンビを組んでいたことも。女の子で周囲を笑わせる子なんて他にいなかったので、目立っていました」

    そう語るのは、小中学校時代の同級生。中学時代は陸上に打ち込んでいたというブルゾン、当時は髪形もボーイッシュで今と違って痩せていたという。だが持ち前のキャラもあって、男子からも慕われていたとのこと。 やはり“モテ女”の芸風と同じく、実生活でもモテていたのだろうか。中学校時代の同級生が語る。

    b2


    「私が知っている限りでは、3年間で3人と付き合っていました。 まわりの女子と比べても多いほうだったと思います。でも交際はどれも長く続かなかった。 一番長く続いた人でも2~3カ月ほど。あとの2人とは一週間ももたずに一瞬で破局していました」


    そして、寄ってくるのは人間だけではなかった。

    「彼女は動物が大好き。猫を飼っていましたが、道端でも犬や猫がいるとすぐ近づいて撫でてあげていました。 小学校の卒業アルバムでも将来の夢の欄に『動物を助ける人』と書いたり、尊敬する人の欄に“生類憐みの令”で有名な『徳川綱吉』と書いたりしていたほど。ムツゴロウさんのようなコでしたね」(小学校時代の同級生)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13108836/

    2017年5月25日 6時0分 女性自身

    【【画像】ブルゾンちえみの中学時代がヤバイ】の続きを読む

    1

    1: 2017/05/29(月) 08:09:34.94 0
    オリラジ中田
    茂木健一郎を擁護し、暗に松本人志さんを批判するブログを書いたところ吉本が全社をあげて大騒ぎし幹部と社長に謝れと言われてるところ」 「僕の意思としては謝らないと。人志松本に謝らない話、謝らなんなぁー言うてるところです」 「(ブログについて)世間は騒いでない。吉本内部だけ騒いでる」

    http://youtu.be/Ci7WTz-2208


    【【悲報】オリラジ中田が松本人志を批判した結果】の続きを読む

    このページのトップヘ