国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    お笑い芸人

    4

    1: 2017/04/09(日) 15:40:57.11 ID:CAP_USER9
    お笑いタレントで画家のジミー大西(53)が9日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、モテるためにアゴを整形したことを明かした。約150万円を要したという。

    MCの東野幸治が共演者を見て、「知ってますか?ジミーさん整形してるんです」と暴露。一様に「ええっ」と驚いた。東野が「皆、知らないの?」と言ってジミーに告白を促した。

    ジミーは、あごの両サイドを触りながら「アゴラインを5ミリ削った」と明かした。動機についてジミーは「みんなテレビ出たらそこそこモテるやん。なんでかモテへん」とモテたいがために整形手術を受けたことを明かした。ジミーは「問題はアゴが出てること。と思ってアゴを整形した。10年くらい前に」と話した。




    1

    2

    5



    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/09/0010080379.shtml

    【【整形】ジミー大西が150万円かけてアゴを削った結果(現在の画像あり)】の続きを読む

    a

    1: 2017/04/10(月) 23:59:12.12 ID:CAP_USER9
    4月から米ニューヨークに拠点を移して活動することを宣言している、お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(39)の渡米前最後の出演番組、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話/しゃべくり007」(後9時)が10日放送された。

    番組冒頭、綾部は「本当にオンエアが最後なので、この番組が終わったら皆さん綾部ロスです」と説明。「しゃべくり007」を最後の番組に選んだ理由を「6年前にピースで出させてもらって、お仕事が増えたので、最後にごあいさつをと思って選びました」と話した。

    綾部は帰国について「自分がやれるところまでやる。っていうふうに決めていて、半年、1年って区切りは付けていなくって、成功したらか、嫌になっちゃたなって思ったら帰ってきます」と弱気な発言。これには、しゃべくりメンバーから「それはダメだわ」とツッコまれると、「だってアメリカ住んだことないんですから。行ってみて生活が…毎日ピザばっかり食べられないとか、そういう細かいことが起きたら…」と理由を説明した。

    この発言を静かに聞いていた相方の又吉直樹(36)は「発表した去年の10月の時点では、こんな弱気なこと言ってなかったはずなんです」とあきれた様子だった。しかし、渡米発表の直後は「『勝負します』とかかっこよくって、相方として、うらやましいとか言うか、根性あるなと思ったんです」と当時の気持ちを告白した。

    しかし「だんだん(渡米の日が)近づいて来ると、スタンスが変わって来まして。最近は僕に、仕送りの方はどうなるんでしょうか?って。具体的に2000ドルって言われてる」と最近の綾部の弱音発言を暴露。これには「色々調べたら、40歳から雇ってくれる所が少ないんですよ。先生(又吉)、出版とかしてこっち(お金)ありますんで…」と綾部は弱音をはいた。 番組内では、終始いじられ続け、むちゃぶりを強要されると綾部は「私アメリカ行きたくないですよ」ともらした。

    スポーツ報知 4/10(月) 23:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000222-sph-ent 
    【ピース綾部「アメリカ行きたくない」最後のテレビ出演で本音を漏らす】の続きを読む

    2

    【芸能】ロンブー淳、和田アキ子と「ちょっともめてんすよね」

    1: 2017/04/07(金) 08:44:43.91 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)が5日深夜放送のTBS系「あの頃キミは若かった」(後11・56)に出演。歌手、和田アキ子(66)とプライベートでもめていることを明かした。

    番組冒頭、MCの落語家、笑福亭鶴瓶(65)は、ゲストとして登場した淳に対してあいさつもそこそこに「お前アッコさん大丈夫か?」と切り出した。

    淳は苦笑いしつつも、「ちょっともめてんすよね。いろいろけんかすることもあるんすよ。やっぱり」と応じた。

    淳は詳細は語らなかったが番組によると、「プライベートの飲み会でもめた」といい、それを知っていた鶴瓶から気遣いの声をかけられた淳は「大丈夫です。まだ立ってられるんで。立ってられなくなったら師匠のとこに相談には行くと思いますけど」と気丈に振る舞った。

    しかし「その話から入るとは思ってなかった」と予想外の話題があがったことに驚いていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12899909/
    2017年4月6日 15時49分 サンケイスポーツ

    【ロンブー田村淳と和田アキ子が大ゲンカしてる原因】の続きを読む

    このページのトップヘ