国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    お笑い芸人

    no title

    【テレビ】みやぞん、中学時代に裏番長と呼ばれた過去告白 パンチングマシーンで驚異のパワー披露 

    1: 2017/05/30(火) 20:35:51.18 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(32)が29日放送の日本テレビ「しゃべくり007」(月曜後9・00)に出演。中学時代に学校の“裏番長”と呼ばれていたエピソードを披露した。

     09年にANZEN漫才のボケとしてデビュー。同局の「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)で闘牛、空中ブランコなど身体を張ったロケに全力で取り組む姿と、とてつもない天然キャラが話題となりブレーク。
    驚異の身体能力の持ち主としても知られており、番組では学生時代に取り組んでいたこととして「キックボクシング」が紹介されると、「昔、キックボクシングを習っていてパンチ力に自信があります。喧嘩したことないのに、中学時代に裏番長をやらされていました」と語った。

    「喧嘩したことなかったんだ?」と聞かれると、みやぞんは「はい。喧嘩したことがなかったんですが、小学校5年から中学校3年までキックボクシングをやってました」と説明。 当時は、サイズの大きいズボンやパンツを通常のベルト位置より低い位置で穿く“腰パン”が流行っていたが「(ズボンの)ダボダボが嫌でピシッとしたかった。中学時代、ジャージーのズボンを上着にインしていました。そうしたら、周囲が“アイツにはスキがない”って言い始めたんです」と、喧嘩に備えて“いつでもキックができるように準備している”と誤解されたという。

    スタジオにはゲームセンターのパンチングマシーンが登場。みやぞんは学生時代に地元にあるパンチングマシーンのベスト1に名前を載せていたといい、「裏番長と呼ばれたのもマシーンのベスト1にいつも名前が載っていたからなんです。当時は番長たちがマシーンに名前を残すのが流行っていたんです。でも(僕の記録を)抜けないんで“こいつ誰だ?”ってなって」と話した。

    みやぞんと出演者がスタジオでパンチングマシーンに挑戦。ネプチューンの原田泰造が107キロ、くりぃむしちゅーの上田晋也が87キロをマークしたあと、みやぞんが拳を当てると「世界チャンピオンレベル・129キロ」と表示された。原田ら共演者は「凄え!」「さすが!」とビックリ。みやぞんは、当時もこのくらいのパンチ力だったかと聞かれると「当時の方がもっといったと思う」と平然と答えた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/30/kiji/20170530s00041000179000c.html

    【みやぞんの中学生時代・・・ガチでヤバい奴だった】の続きを読む

    b1

    【芸能】ブルゾンちえみ「中学時代は恋人3人」友人語る意外モテ過去

    1: 2017/05/25(木) 07:27:15.64 ID:CAP_USER9
    b

    「地球上に男は何人いると思っているの? 5億……あと5,000万」

    強烈な印象を残すフレーズとともに“モテ女”ネタを披露するブルゾンちえみ(26)。 元日の『ぐるナイ!おもしろ荘』(日本テレビ系)で優勝するや、大ブレーク。 ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)で女優デビューも飾るなど、快進撃を続けている。

    彗星のように現れた彼女は、いったい何者なのか。そこで本誌は彼女の原点を追うべく、故郷の岡山県へと飛んだ――。

    岡山駅から電車に乗ってしばらくすると、人気は減り山や田畑が広がってくる。そんなお郊外ののどかな町で、ブルゾンは育った。

    「つねにクラスの盛り上げ役で、いつも面白いことを言っていました。小学校時代には同級生とお笑いコンビを組んでいたことも。女の子で周囲を笑わせる子なんて他にいなかったので、目立っていました」

    そう語るのは、小中学校時代の同級生。中学時代は陸上に打ち込んでいたというブルゾン、当時は髪形もボーイッシュで今と違って痩せていたという。だが持ち前のキャラもあって、男子からも慕われていたとのこと。 やはり“モテ女”の芸風と同じく、実生活でもモテていたのだろうか。中学校時代の同級生が語る。

    b2


    「私が知っている限りでは、3年間で3人と付き合っていました。 まわりの女子と比べても多いほうだったと思います。でも交際はどれも長く続かなかった。 一番長く続いた人でも2~3カ月ほど。あとの2人とは一週間ももたずに一瞬で破局していました」


    そして、寄ってくるのは人間だけではなかった。

    「彼女は動物が大好き。猫を飼っていましたが、道端でも犬や猫がいるとすぐ近づいて撫でてあげていました。 小学校の卒業アルバムでも将来の夢の欄に『動物を助ける人』と書いたり、尊敬する人の欄に“生類憐みの令”で有名な『徳川綱吉』と書いたりしていたほど。ムツゴロウさんのようなコでしたね」(小学校時代の同級生)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13108836/

    2017年5月25日 6時0分 女性自身

    【【画像】ブルゾンちえみの中学時代がヤバイ】の続きを読む

    1

    1: 2017/05/29(月) 08:09:34.94 0
    オリラジ中田
    茂木健一郎を擁護し、暗に松本人志さんを批判するブログを書いたところ吉本が全社をあげて大騒ぎし幹部と社長に謝れと言われてるところ」 「僕の意思としては謝らないと。人志松本に謝らない話、謝らなんなぁー言うてるところです」 「(ブログについて)世間は騒いでない。吉本内部だけ騒いでる」

    http://youtu.be/Ci7WTz-2208


    【【悲報】オリラジ中田が松本人志を批判した結果】の続きを読む

    1

    1: 2017/05/23(火) 07:42:06.78 ID:CAP_USER9
    5月18日に放送されたバラエティー番組「グサッとアカデミア!」(日本テレビ系)で、お笑い芸人・山田花子が息子2人を東大に合格させるため、奮闘する様子が放送された。

    共演者で予備校講師の林修が東大出身であることから、「ウチの子、どうやったら東大に入れますか?」と食い下がる場面も見られ、花子の真剣さが伺える。

    「花子がここまで子供の将来にこだわるのには理由があるんです」と言って、芸能関係者が続ける。

    「キスは1回1000円、“行為”は10万円。これ、何の値段だと思います? 思わずオトナのサービスを想像してしまいそうですが、実は花子との間で旦那が取り決めたスキンシップの値段なんです。視聴者からも、『旦那クズすぎ』『ヒモじゃん』といった声が出ています。トランペット講師である旦那には安定した収入がなく、家計費や旦那の飲み代まで花子が負担しているそうです。子供たちを東大に入れたい理由の一つに、夫のようになってほしくないという気持ちもあるのではないでしょうか」

    しかし、このハチャメチャな夫婦関係が暴露された後も、第2子が誕生するなど2人は仲睦まじく、家庭は円満のようだ。 独身時代はモテない女キャラでブレイクした花子だけに、もしかしたらこのエピソードも夫婦でキャラ作りの可能性もある?

    (佐藤ちひろ)

    アサジョ2017年5月22日15時25分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_29810/

    写真
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/asajo/asajo_29810_0-small.jpg

    【山田花子の夜の夫婦生活がヤバイ・・・旦那がクズすぎる】の続きを読む

    このページのトップヘ