国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    国内芸能

    magi

    1: 2017/02/20(月) 23:02:12.94 ID:CAP_USER9
    あからさまなスルー対応に視聴者も呆れ顔だ。

    ドランクドラゴンの塚地武雅が、2月15日のバラエティ番組「モシモノふたり」(フジテレビ系)に出演。恋愛はもちろん、人生におけるすべてのことに対してネガティブ思考の塚地が、「全てに対してポジティブ」だというあるタレントと同居生活する模様が放送された。

    「そのお相手はモデルのマギーです。考え方が正反対な2人でしたが、言いたいことはズバズバ言ってくれるマギーに塚地もいい意味で刺激を受けたようで、企画を通して前向きになれたようです」(芸能ライター)

    そんなマギーの印象について、塚地は「キレイな人はより磨きをかけるんやな。ストイックですよね」と絶賛。さらには「極上の女性ですよね」と、これ以上ないぐらいの褒め言葉を並べ立てた。

    しかし、マギーといえば「ORANGE RANGE」のYAMATOとの真剣交際が報じられていながら、1月に人気バンド「Hi-STANDARD」の横山健との不貞愛が報じられたばかり。イメージが急落中とあって、塚地とは真逆の印象を持った視聴者も多かったようだ。


    「マギーは不貞スキャンダルに関して一切釈明もないまま、しれっと出演を続けています。そんなマギーが“全てにおいてポジティブ”と言われても視聴者は失笑するしかない。仕事終わりの塚地を玄関で出迎え『おかえりなさい。ずっと待ってたんですよ』と笑顔で伝えているのを見て、『どんどん無表情になっていった』『この企画は気持ち悪い』といったネガティブな声がネット上にあふれていました」(エンタメ誌ライター)

    ベッキーのような釈明会見も行わないまま出演し続ける限り、視聴者はいつまでたってもマギーを“ポジティブ”には観られないかもしれない。

    (田中康)

    アサ芸プラス2017年2月20日17時59分
    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_75788

    【【悲報】マギーに視聴者がどんどん無表情に】の続きを読む

    1: 2017/02/20(月) 09:54:08.96 ID:fcHctMEw0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    2月15日、元SMAPの木村拓哉主演の映画「無限の住人」完成報告会見が都内で行われた。会見には木村のほかにヒロインの杉咲花をはじめ、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香らも登壇。300人近く集まった報道陣を大いに沸かせた。

    「中でもいちばん盛り上がったのは、木村の顔が大きいという事実が確認できたことに尽きます。福士が隣に並んだ瞬間、多くの報道陣がギョッとして目を見張るほど2人の顔のサイズはまったく違いました。これぞ“公開処刑”だと思いましたね。ただし木村の顔が大きいといっても、一般人よりも小さめなくらい。福士の顔がずば抜けて小さいんです。映画やテレビなら小さい福士の顔でもカメラで拾えますが、壇上ではあの小ささは表情が見えにくくて損。福士は舞台経験がありませんが、このまま映像系で進むほうがいいかもしれません」(女性誌記者)

    ちなみに市原の顔は、木村より小さく福士より大きいサイズだったとのこと。「それぞれの年齢が23歳、30歳、44歳なので『年齢と顔の大きさは比例する』なんて声もあがっていました」(前出・女性誌記者)

    木村はその存在感で、より大きく見えるのかもしれない。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170218/Asajo_24352.html

    k


    【木村拓哉と福士蒼汰の顔の大きさの違いがヤバイ・・・】の続きを読む

    当時は軽いネタ画像だったけど、今はこの清水富美加と高畑祐太の2ショット画像洒落にならない 

    1: 2017/02/20(月) 18:36:11.24 0
    わずか1年前なのにね
    今では洒落にならない

    no title

    【清水富美加さん、去年の激ヤバ2ショット画像がこちら。これは出家するわと話題に】の続きを読む

    k

    将棋界初、外国人女流棋士誕生

    1: 2017/02/20(月) 21:17:35.92 ID:aWVPYGhL0 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    将棋の女流3級、カロリーナ・ステチェンスカさん(25)=ポーランド出身=が20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われた第44期女流名人戦の予選準決勝に勝ち、規定を満たし、女流プロ棋士(2級以上)への昇格を決めた。外国人棋士は男女を通じて史上初。

    ステチェンスカさんは平成25年に女流棋士を目指して来日。留学生として山梨学院大に通いながら、女流棋士養成機関「研修会」に入会。27年に規定の成績を挙げ、「女流棋士仮資格」に該当する女流3級への昇級を果たした。

    女流3級は仮資格のため、正式資格である女流2級に昇級しないと資格は剥奪される。女流2級への昇格は女流3級になって2年以内に、(1)1年間で参加公式戦数と同数の勝ち星(2)2年間で参加公式戦数の4分の3以上の勝ち星(3)昇段級の女流1級に該当-のいずれかを満たすことが条件。

    ステチェンスカさんは女流3級となって以降、あと1勝で女流プロ棋士という対局が2回あったが、いずれも敗れていた。女流3級2年目のステチェンスカさんはこの日の勝利で決まった同予選決勝進出が「女流1級に該当」の条件を満たすことになり、昇格が決まった。

    ステチェンスカさんは20日、貞升南初段(30)と対戦し、勝利した。

    日本将棋連盟の佐藤康光会長は「厳しい道のりでしたが、見事な戦いぶりでした。将棋界初の外国人女流棋士として、これからますますの活躍を期待しています」とコメントした。

    http://www.sankei.com/life/news/170220/lif1702200023-n1.html
    no title

    no title

    s


    【将棋界初の外国人女流プロ棋士が美人すぎる(画像あり)】の続きを読む

    u

    【話題】内村光良MCの「イッテQ!」強い番組作りの秘訣は出演者とスタッフの熱意

    1: 2017/02/13(月) 17:02:08.97 ID:CAP_USER9
    【芸能ニュース舞台裏】キムタクドラマのライバルとして立ちはだかる日本テレビの人気番組「世界の果てまでイッテQ!」の10周年スペシャルの収録と囲み取材が先日、都内で行われ、MCの内村光良らが登場した。

    「注目だったのは、強い番組作りの秘訣が出演者の口から語られたことです。20分のVTRを作るのに、出演者は6日間スケジュールを押さえられるそうです。普通なら2時間特番を作れるくらいの拘束です。出演者とスタッフが熱を持ってやっている、テレビとはこうあるべきだ、と熱弁していましたね」とテレビ誌ライター。

    途中で、その発言が他局の番組批判になると心配した出演者もいたようだが、時間と金と熱量を注ぎ込んだ結果、高視聴率番組、長寿番組が生み出されているのは確かなようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000015-ykf-ent

    【「イッテQ!」高視聴率の理由が判明!ウッチャンとスタッフがヤバすぎる・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ