国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    国内芸能

    hamazakiayu


    1: 2016/09/12(月) 04:40:41.03 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 9月12日(月)4時0分

    歌手の浜崎あゆみ(37)が、14年に結婚した10歳下の米国人医科大学院生と離婚する意向を11日、 公式ファンクラブサイトで明かした。

    「3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれ別の道へ進むことになりました。 彼は彼の想(おも)う道を。私は私の想う道を。」と報告。理由など詳細は明言せず、 「引き続きツアーのリハと新曲のレコーディングに集中して突き進みますっ!!!」としている。

    関係者によると「離婚届はまだ提出していないが別居をしている」という。 所属事務所は「プライベートは本人に任せております。コメントは控えさせていただきます」とした。

    浜崎は11年の元日にオーストリア国籍の俳優と結婚するも、約1年で離婚。 この時は結婚の手続きに不備があり、戸籍上は未婚のままだった。 現在の夫とは13年12月に婚約。 翌年1月に仏パリで行われた映画のレッドカーペットでツーショットを披露したあと、同3月に婚姻届を提出した。

    その後、拠点を米ロサンゼルスに移していたが、昨年7月に雑誌のインタビューで 「仕事がしにくかった。軸がずれてる感じ」という理由で、すでに日本に軸足を戻していることを告白していた。


    この記事の続きを読む

    atsukoyuuta


    1: 2016/09/11(日) 09:58:51.95 ID:dWshVgUj0
    高畑淳子 入院・裕太と母子の時間 病院に布団運び込み…
    スポニチアネックス 9月11日(日)7時17分配信

    俳優の高畑裕太(22)が強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕されたが不起訴処分となり、9日に釈放されてから一夜明けた10日、母で女優の高畑淳子(61)は裕太が入院する埼玉県内の病院で過ごした。

    淳子は主演舞台「雪まろげ」の稽古を都内で終えた9日夜に裕太の入院する病院に駆けつけた。 淳子の所属事務所によると、10日がオフだったため病院に泊まり、久しぶりに息子と長時間を過ごしたという。

    10日午後6時半ごろには、淳子が普段使っている車が病院に到着し、布団が運び込まれた。裕太が群馬県警前橋署に勾留されている間、3度訪れて面会していたが、心を落ち着けて会話ができるのは久しぶりだったようだ。

    ただ、稽古は11日から24日の初日まで連日続く。関係者は「初日までは毎日。1日8~9時間とハードで、 稽古の前後の時間に病院に行くことはできないだろう」と説明。座長の重責も担っているだけに、その間は病院を訪れず“息子断ち”で仕事だけに集中するとみられる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000070-spnannex-ent

    この記事の続きを読む

    1: 2016/09/09(金) 15:37:05.41 ID:CAP_USER9
    能年玲奈改め“のん”が9日、主演声優を務めるアニメーション映画『この世界の片隅に』(11月12日公開)の完成披露試写会に出席。都内でのイベント出演は久々とあり、イベント終了間際に待ち受けた報道陣から「トラブルは解決しましたか?」など、改名騒動や独立騒動など種々の騒動についてコメントを求められる一幕があったが、この日は笑顔を見せるだけで質問には答えず。 報道陣に申し訳なさげに一礼して会場を去った。

    昭和19~20年の広島市と呉市を舞台に戦争を通し、移ろい変化していく世の中でたくましく生きるヒロインのすずの姿を描いた、こうの史代の人気マンガを原作とする本作(双葉社)。壇上にはヒロイン・すずの声を演じたのん、こうの、クラウドファンディングで制作資金を集め、本作の制作にこぎつけた片渕須直監督が出席。のんは片渕監督やこうのと並んで完成した作品を見たといい、「めちゃくちゃ緊張しました。(監督の反応に)びくびくしました」とにっこり。

    作品については「声で挑戦させていただくときにも思ったんですが、セリフとか入っていなくて映像だけで泣けてしまう作品。すごくいいです」と絶賛。「素晴らしい作品に出演できて光栄です。
    映像で通して見させてもらって、戦争が一つのものとして(独立して)あるものでなく、普段の生活と隣り合わせなものだと実感できました。すごく怖いなと思いました」とコメント。

    「ボーっとしているところもあり、だけど気の強いところもある。そういうところに共感しました。共感する部分から共鳴させて演技するように頑張りました」とヒロインのすずについて振り返り、さらに「(アフレコ中、監督への)質問がしつこかったんじゃないかなと心配です」と触れ、照れ笑いも。

    こうのは「のんさんの声によって物語の中に明るさが出た。物語にはない新しい魅力が増した。芯の強さも感じられた」と、のんの奮闘を讃え、片渕監督も「(声優を決める際)のんさんしか思いつかなかった。のんさんにやってもらって本当によかった」としみじみ。「すずが血や肉のきちんと通った人間になった。すずさん共々(これからものんを)応援してあげてほしい」と客席へ呼びかけていた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160909-00010003-otapolz-ent
    おたぽる 9月9日(金)14時40分配信

    no title

    no title

    no title

    no title

    この記事の続きを読む

    1: 2016/09/11(日) 00:54:41.67 ID:CAP_USER9
    6月に放送されたドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)の第八話にて、まるで別人のような顔になって登場した女優・夏菜(27)が、さらなる注目を集めている。

    今回話題となっているのは、彼女のInstagramに投稿された写真。顔をクシャっとさせて力いっぱい笑っている顔が写されているのだが、どうも鼻筋が変だ。なぜなら、ほうれい線、えくぼ、目頭、目尻、眉頭には皺が寄り、笑顔特有の“表情の動き”があるにも関わらず、鼻筋は微動だにせず、眉間から鼻先にかけて「何か詰まってる?」と思わずにはいられないほどどっしりと重い存在感がある。この投稿には「露骨に整形がわかるな」「鼻にしか目がいかない」「巨鼻!」とネットがざわついている。

    大幅なイメージチェンジを図り、明らかに不自然な笑顔にも関わらず、自ら発信する夏菜。本人はその不自然さに気付いていないのだろう。

    というのも、8日に放送された『ノンストップ』(フジテレビ系)に登場していた、鼻のプチ整形に失敗した女性・A氏に所以する。A氏は、鼻を高くするために“ヒアルロン酸”を打ち続けるうちに、“繰り返し打つ必要のないポリアクリルアミド”を医師から勧められて変更して注入。効果は持続したものの「もっと高くしたい」という欲が出てしまい、何度も追加注入、しまいには鼻に注入できる場所がなくなってしまい、眉間を高くすることに。すると、周囲の人から「眉間に何か入れているの?」と指摘されるようになってしまい、ここで、ようやく自分の鼻がおかしくなっていたことに気付いたのだとか。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2016/9/10 21:00 messy
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160910-40586997-messy
    no title

    この記事の続きを読む

    1: 2016/09/11(日) 13:55:39.55 ID:CAP_USER9
     相武紗季が大阪の万博記念公園駅近くにあるららぽーとEXPOCITYでカピバラやカメ、ペンギンなどを見て楽しんだ。
    彼女がInstagramに「楽しくってキャッキャ」とめがね姿を公開したところ
    「可愛すぎかよ。惚れてまうやろーー!」と反響を呼んでいる。

    9月9日、彼女は『相武紗季 aibu_saki Instagram』にてららぽーとEXPOCITYに
    昨年オープンした新感覚水族館・NIFREL(ニフレル)を満喫する姿を投稿した。
    兵庫県出身なので実家に寄った際に足を運んだのだろうか。
    フォロワーからも「宝塚帰ってきてますか!」「さきちゃん、お里帰りですか?」といったコメントが寄せられている。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2016/9/11 12:29 Techinsight
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160911-51027584-techinq
    no title

    この記事の続きを読む

    heysayyamada


    1: 2016/09/09(金) 19:49:00.47
    山田涼介のCMが打ち切りか!超人気アイドルの少女妊娠スキャンダルで味の素などスポンサー公式HPからCMが消えたと騒然!
    2016年09月09日 17:54
    http://www.johnnys-watcher.net/article/441779695.html


    男性アイドルグループのメンバーが当時17歳の少女と飲酒に及んだ上、妊娠させていたーー。
    東京スポーツが報じたスキャンダルは業界内外に衝撃を与えている。同紙面では、“超人気若手グループ所属”といった表記にとどめ、グループ名やメンバーの名前ともに伏せられているため、その正体探しに注目が集まっている。 そして一部関係者の間では、「参加者と見られるメンバーの出演CMが消えた」と話題になっている。

    「東スポによれば、問題が起きたのは今年2月。人気グループに所属するA、B、Cの3人は、 有名人夫婦の息子DとイケメンフリーターEといった男性陣、そして当時17歳の少女を含む女性陣7~8人との合コンに参加していたとのこと。 2次会はAが住む新宿区の高級マンションで行われ、最後に残った女性は女子大生と17歳の少女の2人だけ。

    その後、男5人は2組に別れて女子大生、そして17歳の少女と何らかのトラブルに至った。 未成年相手のスキャンダルだけに、これが事実であれば、所属事務所にも多大な影響が及ぶでしょう」(スポーツ紙記者)

    当然、各マスコミとも、真相の裏付けやAとB、またCの正体を探るべく奔走している。 そして東スポ報道の後追いで各週刊誌が動き出したと同時に、あるCMの放送が突然終了し、騒動との関連性が疑われているという。

    ■差し替えられた“該当CM”

    この一件について、前出の記者が語る。

    「東スポの記事が出たのとほぼ同時期に、ある男性アイドルXが出演する食品メーカーのCMが別のものと差し替えられています。 同時に、スポンサー公式サイトからもXが出演していた痕跡が丸ごと消えている。 これは周囲の関係者が万一の事態を想定しているとも考えられる。 この手の話はすぐに広まるので、記者による広告主や代理店への取材もかなり進んでいるようです」

    もはや業界全体が、記事の事実関係や該当者の正体、そして続報に注目しつつある状況といえる。
    今後の動向次第ではさらなる進展があるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1193371/

    この記事の続きを読む

    1: 2016/09/11(日) 02:56:16.45 ID:CAP_USER9
    タレントのベッキーさん(32)が2016年9月10日にNHK総合で放送されたドキュメンタリー番組「NEXT 未来のために」でナレーションを務めた。

    「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音さん(27)との不倫報道を受けて休業していたが、「地上波」での出演は、5月の「金スマ」(TBS系)以来。声のみとはいえ、NHKの地上波としては、騒動以来の「復帰」になる。同番組の放送を受けて、インターネット上では瞬時に「歓迎」と「批判」両方の声が上がった。

    番組タイトルは「NEXT 未来のために」
    ベッキーさんは9月8日に自身のインスタグラムで同番組に「語り」で出演することを報告しており、そのコメント欄は「絶対観る」「楽しみ」といった内容の「応援」コメントが寄せられていた。

    一方で、ネット上では復帰への批判も根強く、9月8日にJ-CASTニュースが報じた「ベッキーが語る『21歳ホストの死』 NHKで地上波に『登場』」の記事のコメント欄には、「国民の受信料でベッキーを雇うとは...。」「どう考えてもこれだけ批判があるベッキーを何故起用したのか疑問。今からでも放送を延期しナレーションを差し替えるべき。」などベッキーさんの起用に疑問を呈するコメントも寄せられた。

    そして、10日17時30分に番組が始まると、すぐさま「視聴者」からのさまざまな反応がインターネット上に寄せられた。

    番組は、大阪「ミナミ」でホストとして勤務し、急性アルコール中毒が原因で21歳で亡くなった男性の人生に迫るドキュメンタリー。番組のタイトル「NEXT 未来のために」や、一度挫折した社会の中で、人生を立て直そうとする姿を追う内容は、ベッキーさんの置かれている状況と似ているとも受けとられる設定だ。

    ベッキーさんは冒頭からナレーションを務め、開始から約3分の時点で、「語り ベッキー」というテロップが表示された。ドキュメンタリーがシリアスなテーマを取り扱うものであるためか、ベッキーさんは淡々とした語り口で、騒動前の「トレードマーク」でもあった「元気さ」は封印してるようだった。

    これを受けてツイッターには、「ベッキーの声だ。がんばれー。」「いまNHK『NEXT』で、ベッキーがナレーションをしている。声質とトーンが、実に良く耳に入りやすい。」と彼女の復帰を応援するコメントのほか、「内容も明るいものではないのは致し方ないが、ベッキー感が全く感じられない。」 と違和感を指摘した人もいた。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-277709/
    2016年09月10日 19時14分 J-CASTニュース

    no title

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ