国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    国内芸能

    na

    1: 2017/01/10(火) 16:41:50.23 ID:CAP_USER9
    志穂美悦子さん、長渕との生活語る「面白い人。『自分の夢を一緒に走ろう』という人」

    2017年1月10日12時43分

    元女優の志穂美悦子さん(61)が10日、テレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演し、 夫のシンガー・ソングライター長渕剛(60)について語った。

    日本初の女性アクションスターとして活躍も、1987年に長渕との結婚を機に芸能界を引退。3人の子供を育て現在は「花活動家」として活躍している。31年ぶりの再会になる黒柳徹子(83)は開口一番、「あなた、全然スタイル変わらないわね」と驚いた。

    s4

    s0

    志穂美さんは長渕との結婚について「ドラマで共演して、役者さんとして(の共演)だったんですけど、役者さんにはない不思議な感覚を持っていて。それがきっかけですね」と長渕の魅力にひかれたことを明かして、「女優は好きだったけど、必要とされたので、期待に応えたいというのはありましたね」と結婚に踏み切った理由を語った。

    家庭では、“記録係”として家族の映像をまとめる役割を担っており、「映像の世界にいたので、映像をとりためようと…。(長渕が)面白い方なので。被写体として面白い」と明かした。長渕が初めて肉体改造に取り組んだ際にも、映像で“密着”。「撮って、編集してテロップ入れて、音楽を入れました」と話した。

    家庭に入ったことに対しても後悔はないという。「家の中も面白かったですし、音楽の世界には連れて行ってもらえたので…。(仕事の)現場を見て欲しいというか、見なきゃダメという人だったので、『自分の夢を一緒に走ろう』という人だったので…」とライブなど夫の現場に帯同する生活に刺激を受けたという。

    s1

    現在はフラワーアレンジメントなどを手がける「花活動家」として活躍中。志穂美さんは「フラワー・アクティビストです」と自称しており、黒柳に自らが製作した作品をプレゼント。黒柳は「今度は(番組に)夫婦でいらしてください」と“再会”を希望した。

    s2

    (38年前に同番組に出演したとき)

    shi

    (現在)


    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170110-OHT1T50069.html


    【【画像】長渕剛の妻のご尊顔】の続きを読む

    1: 2017/02/22(水) 20:22:42.97 ID:dBrTwZFF0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    宮崎美子
    宮崎 美子(みやざき よしこ、1958年12月11日 - )は、日本の女優、タレントである。 熊本県出身。熊本大学法文学部法学科卒。ホリプロ所属。1991年に宮﨑 淑子(みやざき よしこ、「﨑」の字は山偏に竒)と改名するが、2000年に本名の宮崎美子に戻す。

    『Qさま!!』で日本漢字能力検定1級に合格した。女優という枠を越え、麻木久仁子らと「知的な熟年女性タレント」「インテリ女優」「高学歴女優(役者)」として出演する機会も多い。


    (wikipediaより抜粋) 



     
    【【画像】宮崎美子の全盛期のグラビアが凄い!】の続きを読む

    mine

    1: 2017/02/23(木) 00:37:44.39 ID:TMQo27ko0
    no title

    no title


    峯岸みなみ 
    峯岸 みなみ(みねぎし みなみ、1992年11月15日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである。チームKではキャプテンを務めている。東京都出身。プロダクション尾木所属。

    2013年
    1月31日に発売された『週刊文春』の『AKB48 峯岸みなみ 若手ダンサー宅お泊まりをスクープ撮!』に関して、頭髪を丸刈りにした姿で自ら謝罪を行った動画がYouTubeにアップロードされた。また、2月1日付で、研究生への降格処分が発表され、BBC、CNNなど数多くの国際的なメディアがこの事象を報道した。

    mi

    (wikipediaより抜粋) 

    【峯岸みなみの胸の大きさが小嶋陽菜を超える!ライザップ効果は早くも消失かと話題に(画像あり)】の続きを読む

    1: 2017/02/10(金) 17:21:24.60 ID:Um+DiNT8p
    no title

    吉村志穂 
    吉村 志穂(よしむら しほ、女性、1989年12月13日 - )は、日本のバレーボール選手。神奈川県伊勢原市出身。ニックネームはシホ。Vプレミアリーグの上尾メディックスに所属していた。

    川崎橘高校では、2007年佐賀インターハイ(ベスト4)などで活躍した。
    2008年、東海大学に進学。2011年にユニバーシアード代表に選出された。同年12月、全日本インカレにおいて優勝の原動力となり、ベストスコアラー賞に輝いた。

    2011年12月、Vチャレンジリーグの上尾メディックスに入団が内定。
    2012/13Vチャレンジリーグにおいて、エースとしてチーム2度目となる優勝に大きく貢献し、最優秀新人賞を獲得。

    2016年6月、上尾メディックスは吉村の勇退を発表した。

    (wikipediaより抜粋) 


    【この女子バレー選手のボディ、凄すぎないか?(画像あり)】の続きを読む

    k


    1: 2017/02/22(水) 22:20:58.54 ID:CAP_USER9
    2月14日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に女優の川口春奈(22)が出演し、プライベートな一面にネット上では「病んでいる」と心配の声が上がっている。

    彼女は長崎県の島育ちだ。九州・大分出身の指原莉乃が「東京に染まった人は豆乳でカスタマイズしたのを頼み、インスタに必ず豆乳のシールが写るように載せる。それでその横にハイブランドの財布を置く。なぜか」と、“スタバ女子ディスり”を始めると川口も乗ってきて、嫌いな女子について語り出した。川口は、カフェでテイクアウトした際の容器(カフェ店員の手書きの文字や絵が描いてある)を撮ってSNSに投稿し「今日も一日ハッピーでいられそう」とかいうオシャレ女子が嫌い、なのだという。

    指原が「すごいわかる!特にタレントで、『声かけてもらいました、○○さん頑張って』っていうのが一番嫌い!」とヒートアップすると、川口も「そんなん誰が知りたいんやろ?載せんでいいやん」と思わず地元長崎の訛りが出るほど興奮していた。そうした“オシャレ女子”にも支持されていそうな川口だが……万人ウケ狙いが基本の若手女優がここまで言うのはなかなか珍しいことだ。

     そして、川口の入浴方法を話すと、スタジオからは驚きの声が上がった。「上京して(7年めにもかかわらず)友達ができない」という彼女は入浴時に“結構しゃべる”ようで、独り言で「今日なんもしゃべれなかったな。クソっ!」と反省やムカつく感情を口に出しながら「パッ! と水をかける」という。また、共演したことのない阿部寛と鬼ごっこをする夢をよく見るそうで、黒いマントの阿部にタッチされた人は死ぬという設定らしい。

    一連の話を聞いた指原は「闇深い」、後藤輝基は「ちょっと病んでるねえ」と評したが、川口といえば以前にも不安定な様子を表すエピソードがあった。

    一つ目は千葉雄大の股間を触っている疑惑、という衝撃的なものである。2014年の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、ドラマ宣伝のため出演していた玉木宏が「某女優に千葉君が『たまちん』を触られているのを目撃した」と話し、千葉も「『久しぶり、チン!』みたいに触ってくる」と暴露。ネット上では、「ベテラン女優ではなく若手、(千葉にとって)年下。何回か共演経験がある」という情報からすぐに「該当女優は川口春奈しかいない」と特定され、噂になった。玉木と千葉、川口が共演した映画『幕末高校生』の公開後というタイミングでもあり、同映画の舞台挨拶で玉木が「二面性があると思う」と川口を評していたからである。


    もうひとつは、2016年10月の『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)に出演した時のこと。川口は足を組んで座り、他のゲスト陣がVTRに盛り上がっている中、一人だけつまらなそうな無表情を貫いて放送中には2ちゃんねるで「アンビリバボーの川口春奈の態度がすごく悪い悪い問題!!」というスレッドまで立てられた。Twitterでも「テレビに出る人間の態度じゃない」「カメラ確認してから足組んでたの戻したし終始ほぼ真顔何こいつ?」と驚く投稿が相次いでいた。ちなみに2月9日に放送された生活情報バラエティー番組『あのニュースで得する人損する人』(日本テレビ系)に出演した際は、スタジオに出てきた鍋料理を「いただきます!」と豪快に口を開けて食べている様子が「すごい食べっぷり!」と話題になった。これが「二面性」なのだろうか? 静かにしていると「態度が悪い」、豪快にご飯を食べれば「ガツガツしすぎ」と批評されること自体、彼女にとってストレスになりそうだが。

    川口の所属事務所はレプロエンタテインメントではないが、清水の引退騒動で「若手の芸能人なら薄給・激務は当たり前」と多くの年輩タレントが苦言を呈したように、芸能人として働くことは心身ともに相当タフでなければ難しいのだろう。単純に川口の性格的な問題なら良いが、日頃の激務から鬱憤が溜まって、病んでいる行動をしたり、無愛想になっているのだとしたらなかなか心配な事態だ。余計なお世話とは思うが、地方から単身上京し、7年経ってもまだ東京に馴染めないという川口を、所属事務所は十分にケアしてあげてほしい。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0218/mes_170218_8450283983.html

    【【悲報】川口春奈、千葉雄大の股間を「久しぶり、チン」と触る】の続きを読む

    1: 2017/02/25(土) 19:50:37.08 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1666311
    2017-02-25 18:52

    女優の桐谷美玲が25日、自身のInstagramを更新。美くびれ際立つコーディネート写真を公開した。

    米・ハワイに滞在している様子の桐谷は、「ハワイだから出来るコーディネート」というコメントを添えて、白のショート丈のレースブラウスにゆるいデニムをあわせたコーディネート写真を公開。ほっそりとした美くびれがあらわな正面ショットと合わせ、レースアップにデザインされたバックショットも披露している。

    モデルとしても活動し、スレンダーなスタイルで知られる桐谷。ファンからは「美玲ちゃん、くびれ凄すぎ!!」「ウエストに釘づけになっちゃったよ」「尋常じゃないくびれ…!さすがです」「可愛くてセクシー」など驚きと称賛の声が寄せられている。
    (modelpress編集部)

    no title

    no title

    no title

    【【悲報】桐谷美玲が異常に細いウエストを披露!ファンからも驚きの声(画像あり)】の続きを読む

    aiko5

    1: 2017/02/22(水) 16:31:43.10 ID:CAP_USER9
    NEWS ポストセブン 2/22(水) 16:00配信

    「愛子さまはさらにやせられたようだが、お体に異常はないのか」 「一体、どのような対応策が取られているのか」「回復のご様子が一切見られないではないか」。

    皇太子さまの57才の誕生日(2月23日)に先立って、ご一家の写真がメディアに公開された2月17日、宮内庁幹部に記者から矢継ぎ早に質問が飛んだ。写真には、「激やせ」といっても過言ではない愛子さまのお姿が写っていたからだった。

    「ご体調不安により、昨年9月から10月にかけておよそ1か月半、学校を欠席。その後、ご自身の誕生日(12月1日)や年末年始の行事へお姿を見せられたときの変貌ぶりは衝撃的でしたが、その時よりさらにおやせになったという印象を受けた人が多かったようです」(宮内庁関係者)

    aiko1

    (中略)

    ◆「長期化」と「再発」

    愛子さまの生活ぶりは長期欠席以前と変わらない程度まで戻ってきているように見える一方で、愛子さまの登校風景からは、むしろさらに体重が落ちているのではないかと感じてしまうほどだ。これに警鐘を鳴らすのは、精神科医の片田珠美氏だ。

    「愛子さまのお変わり様は、摂食障害のうち、拒食症といっていい状態だと思われます。そういった患者の多くは、やせている状態が心地いい、美しいと思い込んでいることが多いんです。場合によっては命の危険があるにもかかわらず、その危険性を認識することができない」


    そもそも、愛子さまのご体調不良は、過剰な「炭水化物抜きダイエット」が引き金だったともいわれている。

    「客観的に見れば病的な変化でも、本人はそう思っていない。むしろ“私はどんどん美しくなっている”と、恍惚の快感を覚え、さらにやせようとする。この状態は、体重低下の負のスパイラルといえるでしょう。愛子さまの拒食は、すでに危険水域といっても過言ではありません」(前出・片田氏)

    以下全文
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00000022-pseven-soci&p=2

    aiko3

    2017年2月

    aiko4

    2015年2月

    【精神科医が激痩せの愛子さまに指摘した内容がヤバすぎる・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ