国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    国内芸能

    1: 2016/10/16(日) 15:11:10.69 ID:CAP_USER9
    アサ芸プラス2016年10月16日09時58分

    離婚発表やSNSでの艶写真公開など、なにかとニュースを提供し続けている浜崎あゆみだが、本業の歌手としては苦しい立場に立たされていることが明らかになった。

    「浜崎は9月30日に新曲『We are the QUEENS』をiTunes限定配信でリリースしました。宇多田ヒカルがその2日前に新アルバムをリリースしたことで、“歌姫の対決”として注目されましたが、結果は浜崎の惨敗。新曲は1度もトップを獲ることができず、宇多田の後塵を拝しています」(音楽ライター)

    リリースから2週間、宇多田の「道」はトップ3につけているが、浜崎の「We are the QUEENS」は143位とその差は歴然。もはや宇多田と浜崎を同列で語ることなどはばかられるような有り様だ。

    新曲はスマートフォン用ゲームのために書き下ろされ、CMソングに起用され連日のようにテレビから聞こえてくる。離婚を発表したりあられもない姿をSNSで公開したりと、話題作りもぬかりない。プロモーション攻勢にもかかわらずセールスに結びついてこないのが現状だ。

    「しかも宇多田の新曲はCDと配信でリリースされたのに対して、浜崎は配信のみ。それなのに配信ランキングで負けているのは危機的状況といっていいでしょう。ちなみにiTunesでは、順位は明らかになりますが総ダウンロード数をiTunesサイドが発表することはありません。CDを出さず配信限定にしたのは、売り上げ枚数が大幅に減少していることを浜崎サイドが明らかにしたくなかったのではないかという声もささやかれています」(音楽業界関係者)

    歌姫の座から転げ落ちた浜崎。もはや生き残る道はSNSを炎上させて注目を集めるしかないのではないかという見方が出るほど。これからの彼女から目が離せなくなりそうだ。

    http://www.asagei.com/68017

    ayumi

    【【悲報】浜崎あゆみ、最新曲が壮絶爆死】の続きを読む

    1: 2016/10/17(月) 00:03:50.46 ID:CAP_USER9
    インドネシア・ジャカルタを拠点に活動するJKT48の仲川遥香(24)が16日、東京・秋葉原のAKB48劇場で凱旋公演『仲川遥香、ありがとうを伝えに来ました。with JKT48』(2日間3公演)終演後、囲み取材に応じた。年内をもってJKT48およびAKB48グループ卒業を発表している仲川は、卒業前に同所のステージに立つのは最後と明言。「AKB48はみんな、ここから始まって、ここで卒業していく。私もこのステージで最後を迎えられて、本当にありがたいです」と笑顔をみせた。

    公演中には「夕陽を見ているか?」「夢の河」の2曲で涙を見せた。その意味を聞かれると、「『夕陽~』はJKT48でもシングル(2013年7月)として出させていただいている曲なんですけど、そのときを思い出しました。その時期が一番つらかった。言葉ができ始めて、みんなとも打ち解けてきたんですけど、もどかしい気持ちもあった。そのときよく泣いていたのに、今こうしてみんなとここに立てているのってすごいなと思ったら感動しました」と明かした。

    卒業後の活動については「まだちゃんとお知らせできないんですけれど」と前置きしたうえで、「いろんな国、海外に行って、もっともっとたくさんのことを知りたい」と野望を明かし、「もう一つは、これからもJKT48を支えていきたい。大きなところでコンサートができるように」と目を輝かせた。

    12年11月にJKT48に完全移籍した仲川は公演中、移籍まもなくデング熱にかかり、入院していたことを
    告白する一幕も。さらにはチフス、アメーバ赤痢にもかかったことをケロリと明かし、会場はどよめきに
    包まれた。報道陣から改めて聞かれると「でも生きてるので! 免疫力がすごいと思います」とガッツポーズ。「すべては12月末に発売される書籍『ガパパ』に書いてあります」とちゃっかり自叙伝をアピールした。

    『ガパパ』とはインドネシア語で「大丈夫」「問題ないよ」という意味といい、「4年間、私が一番使っていた言葉でもあるし、最初に覚えた言葉でもあるので、その大切な言葉をタイトルにしました」と明かしていた。

    囲み取材にはJKT48劇場支配人を兼任するメロディー・ヌラムダニ・ラクサニ、2年連続『JKT48選抜総選挙』1位のジェシカ・フェランダ、チームJキャプテンのシャニア・ジュニアナタ、チームKIIIキャプテンのデフィ・キナル・プトゥリの同期4人も立ち会った。

    オリコン 10月16日(日)22時25分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000316-oric-ent
    『仲川遥香、ありがとうを伝えに来ました。with JKT48』終演後の囲み取材に応じた仲川遥香 (C)ORICON NewS inc.


    20161016-00000316-oric-000-6-view

    【【JKT48】仲川遥香がジャカルタ移籍後、デング熱、チフス、アメーバ赤痢に罹患!?】の続きを読む

    take


    1: 2016/10/16(日) 08:33:01.88 ID:Wl/pWNM90 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    たけしの逆鱗に触れた菅野美穂の行動

    2002年に公開された北野武映画『Dolls』で主演を務めた菅野。この映画の撮影中、こんなことがあったらしい。 菅野のシーンにOKを出した監督のたけし。にもかかわらず、菅野は自分の演技に納得がいかなかったため、再撮影を何度も希望した……。

    この菅野の行動がたけしの逆鱗に触れ、それ以来共演NGになったのだとか。

    「絶対に許さない」ビートたけしの信念

    一見すると、菅野の主張も一理あるかに思えるが、たけしの映画監督としての持論はそれを許さない。ある記者会見でたけしは次のように語ったこともある。

    たまに『監督、ここはこう撮るべきじゃないですか』って言ってくる奴がいるんだけれど、そいつ大嫌いで2度と使わない。 (以下略)監督に気に入られるように演技をするのが役者であって、監督の演出方法に言うのは絶対に許さない

    結果的にお互いのプロとしての信念が仇となり、共演NGとなったたけしと菅野。裏を返せば、それだけ二人が作品作りに妥協を許さないということだろう。

    http://www.excite.co.jp/News/90s/20160310/E1457109891303.html
    no title

    【ビートたけしが共演NGと語る人物】の続きを読む

    1: 2016/10/16(日) 00:38:00.30 ID:CAP_USER9
    「STAP細胞の報告会見直後は、将来のノーベル賞候補と言われていましたが、論理の破綻と矛盾が指摘されたことをきっかけに、うその研究であることが発覚しました。もう研究者として生きていくことは限りなく不可能です。合コンでいい相手を見つけようとしていても、不思議ではありません」(全国紙記者)

    ネットニュースでは、東京都内の個室パブで合コンをしていたと報じられているが、日時は不明だ。相手は広告代理店関係者のようで、参加者は男女数名ずつ、小保方さんは笑顔で合コンを楽しんでいたとされる。

    「STAP細胞に関する論文で“リケジョの星”として一躍有名になったものの、不正が発覚して勤務先の理化学研究所を、くび同然で退職しています。昨年11月には、早稲田大学の学位(博士)も取り消されました。これほど劇的に立場が変わった人も珍しいでしょう」(同)

    今年1月には、STAP細胞騒動に触れた手記『あの日』(講談社)を出版している。だが、これは一瞬の話題にしかならなかった。

    「10万部以上が売れ、印税も1,000万円近く入ったようなので、出版した意味はそれなりにあったのではないでしょうか。ただ、内容は共同研究者を罵ってばかりで、話に発展性がなかったのはむなしく思えましたが…」(書籍編集者)

    彼女は、出版を機に芸能界入りするのではないかという見方もあった。一部では吉本興業とたけし軍団の名前がまことしやかに囁かれた。

    「“STAP評論家”という冗談のような肩書きで芸能界入りするという話も出ていました。ただ、今年は年初からベッキーの不倫や『SMAP』の独立騒動など、大きな芸能ニュースが立て続けに起こり続けました。そのため、みんな小保方さんのことを忘れてしまいました」(同)

    割烹着姿で研究をする姿が評判だったが、話題が風化するのは早いものだと思い知らされる。

    「本人は芸能界入りに前向きだったようですが、現実には声が掛からなかったみたいです。だからなのか、積極的に合コンにも参加しているらしく、ネットニュースの内容と噂が合致しています」(芸能事務所関係者)


    結婚して幸せに暮らせるようになれるだろうか。

    http://myjitsu.jp/archives/10489


    obo

    【【STAP細胞】小保方晴子さんの現在は?書籍印税1000万!芸能界入りも前向きだったが・・・】の続きを読む

    1: 2016/10/14(金) 08:35:08.31 ID:CAP_USER9
    ◇ スイートルーム、赤いドレス、と初めて尽くし

    「髪を伸ばしているところなんです。今までずっと短かったんですけど、長いほうがアレンジしやすいから。
    部活のみんなも髪が長い人が多いんです」

    金メダルを獲ったレスラーとはいえ、普段はお洒落に関心のある女子大生なのである。ヘアメイクが使うヘアアイロンの動きを鏡ごしに目で追いながら、土性沙羅(21歳・至学館大学)は年頃の女心を明かした。
     
    彼女はリオデジャネイロ五輪女子レスリングの69kg級で金メダルを獲得。帰国後は日本代表選手団の合同パレードなどの公式行事やイベント出演のほか、始球式のピッチャー、バラエティ番組の収録など、引っ張りだこだ。明るい性格とはじけるような笑顔が相まって、人気も急上昇中。

    「たくさんの人に声をかけていただけるのが本当に嬉しい。皆さんにメダルを見せると、大きい、重いって
    喜んでもらえるんです」
     
    多忙を極める彼女が今回、都内ホテルのスイートルームで生まれて初めてのグラビア撮影に挑戦、
    10月14日発売の『週刊現代』でその姿を披露している。


    「試合も緊張しますし、始球式も緊張しましたが、これはまた別の緊張感が……」
     
    大勢のスタッフに囲まれてやや困惑気味の彼女は、数ある衣装の中から、肩のドレープが特徴的な赤いドレスを選んだ。赤は大好きな色だという。初めて履いたピンヒールに少しふらつきながらも「筋トレになりそう」と笑顔を見せる。鍛え抜いたふくらはぎの筋肉が盛り上がり、足首にかけて、細くなっていく。素肌は白く、瑞々しい。

    「どんな風にすればいいですか」と表情やポーズの作り方に恥じらいながらも、真剣な表情をカメラに向ける。白いカットソーにデニム地のホットパンツという装いに着替えると、幾分リラックスしたのだろうか。用意されたホールケーキにナイフを入れながら、笑みを浮かべる。

    「チョコレートがかかったところから切ります! 好きなものはチョコとケーキ。
    普段、寮にいる時はジャージ姿で大好きな東村アキコさんの『東京タラレバ娘』をゴロゴロ読みながらチョコレートを食べています。地元に帰ったらコメダ珈琲のチョコノワールを食べたい」


    『週刊現代』では、ロングインタビューと多数の撮り下ろしカットが掲載されているが、束の間のオフを挟み、また競技に打ち込む日々が始まる。最後に今後の目標と4年後の東京五輪への思いを聞いた。

    「まだ世界選手権(17年8月にパリで開催予定)で金メダルを取っていないので、そのために目の前の試合をひとつずつ……。そして、その先にある東京五輪へ繋げたい――そう思っています」

    週刊現代 2016/10/13
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49936
    no title

    no title


    撮影|LUCKMAN ヘアメイク|堀口有紀 スタイリスト|佐賀愛衣
    文|田ノ上博規

    【【レスリング】金メダリスト土性沙羅がグラビアに初挑戦!!(画像あり)】の続きを読む

    1: 2016/10/15(土) 23:06:41.77 ID:CAP_USER9
    http://www.j-cast.com/2016/10/15280795.html?p=all

    シンガーソングライターの松任谷由実さんが2016年10月14日、ツイッターで「メンヘラ?早く滅びておしまい!」などと言及、ファンらの間で「ユーミンのツイッターがこわい」という声が上がっている。

    大御所ともいえる彼女がツイートでなぜ......と驚きを隠せない人も少なくないようだ。

    突然の毒舌

    松任谷さんは10月14日昼、ツイッターに

    「【松任谷由実】メンヘラ? 早く滅びておしまい!」
    と投稿した。「メンヘラ」は、「メンタル」面に問題がある人、といった意味で使われることが多い。

    松任谷さんはその1分後にも、

    「【松任谷由実】ワードが出来ると、それに甘えて寄りかかるやつが許せん!『僕、フリーター』って開き直るな!ツンデレとかもサブカルからきてるよね。『私、サブカル』って甘えるなよ。カルチャー知らないくせに!」と毒づいた。ツイッターには「ユーミンのTwitter激しいな!?」「ユーミンのツイッターがこわい」と動揺する声が寄せられた。

    松任谷さんがどういう経緯で激怒しているのかは分からないが、そもそも彼女がツイッターのアカウントを持っていたと知らなかった人も多かったようだ。エッセイストの能町みね子さんが15日、「ユーミン先生、現時点でフォロワー12000人しかいず、知名度の割に少なすぎるのでツイッター最近始められたのかと思ったらなんと5年前からやってた、けど、5年間で300ちょっとしかツイートしてない!6日に1回くらいしか書かないレアツイッタラー」とびっくりしていたように、このアカウントは2011年12月2日から存在していた。もっとも開設以来、16年8月26日まで、基本的に松任谷さんの出演情報ばかりだったが9月1日、「【社員1号】今日から「YUMING STAFF」を「松任谷由実 Official」に名称変更しました!これまで以上にパワーアップしてお伝えします」と投稿し、9月7日には「【社員1号】突然ですが、明日、このTwitterにユーミンが降臨します」と宣言。翌日、「ユーミン」が顔写真付きで姿を現したのだ。

    「ユーミン早くTwitterやめた方がいい」

    「【松任谷由実】降臨したよ~さて、何やって欲しい?(笑)」
    松任谷さんのツイッターは8日、そう投稿した。その日以来、「【松任谷由実】」の署名がほぼすべての投稿に添えられており、料理の写真や芸能人とのツーショット、自身の曲「気づかず過ぎた初恋」の歌詞などが発信されている。

    「【松任谷由実】」と書かれていても、それが本人によるものか定かではないが、ツイッターでは多くの人が「ユーミン」の発信だと信じているようだ。

    「なんだかユーミンらしいお茶目な画像も色々載ってる」
    「まさかツイッターでユーミン本人が自宅を公開してくれるとは思わなかったな」
    と、ファンを楽しませていた。

    だが、14日の怒りを露わにしたツイートをきっかけに

    「ユーミン早くTwitterやめた方がいい」
    「なぜか、ユーミン様がTwitterで切れておられる。ちょっと心配。お疲れかなあ?(汗)」
    「ユーミンのツイッターちょっとびっくりした。ツイッターって、友達にしゃべる感覚で書いちゃうとおかしくなる時があるよね」
    という声が寄せられ始めている。

    yumin

    【【恐怖】ユーミンがツイッターで突如ブチ切れ!動揺広がる】の続きを読む

    このページのトップヘ