国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    国内芸能

    6

    【朗報】大魔人佐々木さんの馬、ドバイのG1で1着

    1: 2017/03/26(日)00:41:46 ID:e2i
    やったぜ。

    1

    2

    3

    4

    5

     【ドバイ(UAE)25日=板津雄志】ドバイ国際競走がメイダン競馬場で行われ、ドバイターフ(GI、芝1800メートル)に出走した昨年の秋華賞馬ヴィブロスが優勝。ジョアン・モレイラ騎手とのコンビで鮮やかな差し切り勝ちを決めた。タイム1分50秒20(稍重)。優勝賞金は360万米ドル(約4億680万円)。

    7

    <ドバイターフで優勝したヴィブロス>
     
    【大魔人・佐々木主浩さん、2分間で4億円ゲット!】の続きを読む

    1

    1: 2017/03/05(日) 11:42:23.03 ID:uw3Ahxtl0
    1(二) 男子校芸人
    2(遊) 本当はスゴい!!松村邦洋
    3(中) じゃない方芸人(第1回)
    4(三) 中学の時イケてないグループに属してた芸人(第1回) 
    5(一) 人見知り芸人
    6(右) 魁!男塾芸人
    7(左) お酒飲めない芸人
    8(捕) 町工場芸人(第1回)
    9(投) どうした!?品川

    【アメトーーク!の歴史に燦然と輝く面白かった企画で打線を組んでみた】の続きを読む

    na

    1: 2017/03/23(木) 14:04:43.09 ID:CAP_USER9
    「昨年末に7年ぶりのディナーショーを行い、完全復活を印象づけた明菜さんですが、年明け以後、まったく近況が聞こえてきません。ファンから、また体を壊したんじゃないかと心配する声も聞こえてきます」(アイドル評論家・中森明夫さん)

    昨年12月、全10公演のディナーショーを開催。ひさびさに元気な姿を見せた中森明菜(51)。だが期待された“完全復活”とはほど遠い状況だ。

    「じつはいま、明菜にはテレビ局からの出演オファーが殺到しているんです。音楽番組、バラエティ、特番……、50本以上の依頼があると聞いています」

    そう話すのは、長年、明菜を追いかけてきたワイドショーの芸能デスクだ。だが、それに対する明菜サイドの答えは――。

    「オファーを伝えても、返って来る答えは、『本人が出たくないと言っている』の一点張り。そこから一歩も前に進まないんです。生放送ではなくVTRの出演でもと譲歩しても、答えは変わりません」


    さらに、あるテレビ局関係者が、声をひそめて明菜の現状を教えてくれた。

    「びっくりするんですが、彼女は今、大好きな“南の島”でバケーションをエンジョイ中です(苦笑)。体調は悪くないですよ。いや、ディナーショー前よりはるかによくなっています。海外に行けば中森明菜を知っている人はいませんからね。そこでのびのびリフレッシュ。そして、5月からはサンフランシスコで新曲作りに入る予定だと聞いています」

    なんと、明菜の体調は問題ないのだ。ならば、なぜテレビ出演オファーを“全拒否”するのか。

    「それは彼女の心の問題なんです。彼女は、自分を応援してくれるファンの前ならば、ああやってディナーショーも開けますが、自分を嫌っている人たちがいるかもしれない、テレビや公の場では、いまだに歌うことさえできません。体調はよくなっても、心がそれに追いついていないのです」(前出・ワイドショーデスク)

    明菜は、“なぜ嫌な思いをしてまで、ファンではない人たちの前で歌わなければならないの?”と思い詰めているとのだいう。完全復活まであとわずか。だが、その“あと一歩”が果てしなく遠いようだ――。

    2017年3月23日 12時0分 女性自身
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12835526/

    【中森明菜、50本のTV出演オファーを全て拒否した理由】の続きを読む

    no title

    1: 2017/03/25(土) 22:12:13.37 ID:Tx6EAB5A0
    不倫疑惑で自粛の田中萌アナ、特番で3カ月ぶり“復帰”「お騒がせしまして」

    昨年12月の不倫疑惑報道で番組出演を自粛していたテレビ朝日の田中萌アナウンサー(25)が、24日夜に放送された同局系バラエティー特番「バクモン学園 鬼教師・太田と委員長・田中と芸人30人の物語」(後11・15)で約3カ月ぶりに“復帰”した。

    進行役を務め、赤い縁のメガネにグレーのスーツ姿で登場。冒頭、爆笑問題の太田光(51)から「紹介したい新人の子がいる」といわれ、「副担任を務めます田中萌です。よろしくお願いします」と、ややかたい表情であいさつした。

    太田が「“たなかもえ”っていうと、こいつの奥さんと同姓同名だよ」と相方、田中裕二(52)の妻でタレント、山口もえ(39)を引き合いに出すと、「大変お騒がせしまして」とペコリ。直接は言及しなかったものの、8歳年上の同局、加藤泰平アナとの不倫騒動を“謝罪”した。

    田中アナは、4月3日スタートのレギュラー版「バクモン学園」(月曜深夜0・15)にも出演する。

    http://www.sankei.com/entertainments/news/170325/ent1703250013-n1.html

    no title

    no title

    no title



    【不倫した田中萌アナの顔が超絶劣化(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ