国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    国内芸能

    1: 2017/04/30(日) 12:29:01.24 ID:CAP_USER9
    https://news.walkerplus.com/article/107811/
    MovieWalker 2017年4月30日 10時00分

    変わり果てて老婆のようになってしまったカイリー・ミノーグ(48)が、ついにボトックス過剰使用を認めた。2009年のエル誌のインタビューで、「少しでも若くいたいなら、何でも試してみるべきだと思う。ボトックスだけじゃなくて、できることは何でもしているわ。それぞれ価値観があるのだから、人がとやかく言うことではないと思う」と語っていたカイリー。

    しかし2010年のインタビューでは一転し、「ボトックス中毒だったけど、もうやってないわ。ほら、シワがあるでしょ。美容外科手術もしたくないの。もっとナチュラルな方法に頼ったほうがいいと思うようになった」と語っていた。

    デイリー・メール紙には、2009年、2010年など過去の写真と、今年のカイリーの写真が多数掲載されているが、かつては美しかったカイリーの昨今の変わりようは尋常ではなく、「あの人は誰?」とまで言われるほどになってしまった。

    そして今回The Australianのインタビューでカイリーは、「とても辛いことだけど、ボトックスを過剰に使用し過ぎたと言わざるを得ないわ。でもこれは私にとって、長い間当たり前のことだった。エンターテインメント業界で生きていくのに、プレッシャーがなかったと言ったら噓になるわ」と、ボトックスをやめるどころか、中毒になっていたことを認めている。

    「昔と同じような感覚でランジェリーのコマーシャルにでることはないけれど、年齢でファッションを制約したくない」と、今後への意気込みも語ったカイリーだが、「あんなに綺麗だったのに」「(ボトックス過剰で顔が激変した)フェイ・ダナウェイまっしぐら」「気の毒だけど、もうキャリアは終わった」「加齢より、ボトックスでモンスターになった人の曲は心に響かない」「乳がんを克服して頑張っていたので応援してたのに悲しい結末」といった、キャリアの終焉を宣告する残酷なコメントが寄せられている。
    【NY在住/JUNKO】

    no title

    no title

    no title


    2008年に撮影されたカイリー・ミノーグ
    no title

    【【整形中毒】カイリー・ミノーグ、変わり果てた姿はボトックス注射の結果と認める】の続きを読む

    1: 2014/02/15(土) 22:26:52.31 ID:Dfjc/b4t0
    グラビアアイドルの中村静香(25)が最新DVD&ブルーレイ「中村静香 しーパラダイス」でB88(Fカップ)・W59・H86センチのセクシーボディーを大胆披露している。

    昨年11月に米グアムで撮影した27作目のDVDは、素朴な少女が理想的な男性と出会い、大人へと成長していく物語仕立て。白の水着が小さくて恥ずかしかったそうで「リッチな時間を楽しんでください」と話している。16日に東京・ソフマップ秋葉原アミューズメント館などで発売記念イベントを開催する。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140214-OHT1T00223.htm

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【中村静香「水着が小さくて恥ずかしい」】の続きを読む

    1

    1: 2017/05/01(月) 18:52:49.15 ID:V0YLbazi0
    インターネットテレビ放送局Abema TVが開局1周年記念番組として5月7日(日)に放映する格闘技イベント『亀田興毅に勝ったら1000万』の調印式・記者会見が、1日(月)都内にて行われた。

    この番組は元WBA世界ライトフライ級王者・元WBC世界フライ級王者・元WBA世界バンタム級王者・亀田興毅への挑戦者を募集し、1人につき3分3Rずつのボクシングルールで亀田に勝ったら1000万円の賞金が与えられるというもの。挑戦者は一般人、ヤンキー、ホスト、外国人、オタク、元○○など立場は問わず、我こそは腕に自信ありというなら誰でも構わないとのことで広く挑戦者を募った。

    1週間の期間で2000人以上の応募があり、その中から選ばれたのは4人。歌舞伎町ホストクラブの支配人・ 神風永遠(年齢非公開)、現役高校教師・松本諒太、51万人の登録数を誇る人気ユーチューバー・ジョー(25歳)、北関東最大の暴走族の元総長・ユウタ(33歳)。※対戦順

    選考基準は「亀田と戦いたいという熱意が最も強い」ことが伝わったというもの。また、より多くの挑戦者にチャンスを与えるべく4名と戦うことになったため、プロボクサー、プロ格闘家は除外された。

    4名の中でボクシングを学んだ経験があるのはジョーのみで、神風は「喧嘩で負けたことがない」、松本は「自転車競技を10年やったきた」、ユウタは「喧嘩で負けたこともあれば勝ったこともあるが、そんなのは関係ない」としている。4人は「リングの上で何が起こっても自己責任」との調印書にサインして調印式を終えた。

    亀田は「この企画を通してボクシングの素晴らしさを皆さんに伝えたい。挑戦者の4人にはボクシングの厳しさを知ってもらい、見ていたのとは違って苦しいとかいろいろなことを分かってもらってボクシングを好きになってもらいたいですね」とコメント。挑戦者には「リングに上がったら手加減は出来ないから死ぬ気で向かってこないと怪我をすることになるよ」と警告した。

    なお、亀田と挑戦者はともにヘッドギアを着用して戦う。これは挑戦者が素人であることと、バッティングを防止するため。

    番組は5月7日(月)18:00より23:00まで5時間にわたって生放送される。
    .
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000009-gbr-fight
    k


    【【亀田興毅に勝ったら1000万円】選んだ相手が弱すぎると話題に】の続きを読む

    4

    1: 2017/04/30(日) 08:10:20.65 ID:CAP_USER9
    歌手で女優の神田沙也加(30)が4月26日、結婚を発表したお相手は、俳優の村田充(39)。187cmの長身の元モデルだ。

    沙也加は2002年のシングルデビュー時(当時の芸名SAYAKA)、松田聖子の娘として注目されたが、その後は伸び悩み。しかし2014年に映画『アナと雪の女王』のアナ役で"自力"でブレーク。紅白歌合戦で映画の歌を歌い、その姿を観た聖子が涙する場面が話題になった。

    この結婚をさぞかし聖子も喜んでいるだろうと思いきや、沙也加がインスタに掲載したのは父、神田正輝(66)と彼との3ショット。聖子は"蚊帳の外"なのだ。

    29日には神田が「(孫の)顔が見たい」と取材陣に話したが、この時点で聖子のコメントはまだなし。海外にいて連絡がとれないともいわれるが、いったい何が起きているのか。


    聖子を結婚前から取材しているある女性誌記者は、もともと母娘の仲は微妙だ、と話す。

    「沙也加さんが1歳半の頃に聖子さんは全米進出し、幼い頃は神田さんや姑(女優の故・旭輝子)が、離婚後は主に祖母が面倒を見てきた。大スターになる人は勝気で、常識にも外れたくないから結婚も出産もする人が多いけれど、結局いつでも自分が“1番”ですからね」

    母がビッグなうえ恋に奔放。そのため沙也加は苦労したようだ。15年に発売した自身初のスタイルブック「Dollygirl」でも、学校でのいじめを明かしている。しかしここでも、父のことは記しているが、母の聖子には一切触れていない。先の記者はいう。


    「芸能界に進んだ後は、方向性だけでなく男性関係でも聖子さんと揉めたようです。母と娘の男性のタイプが違うし、母は男性を見る目も相当厳しかったのかもしれない」

    沙也加は、若い頃から神田の母、旭輝子と旧知の仲だった大地真央をママと呼んで慕ってきた。5月13日には結婚パーティーを催すようだが、そこに本当のママが現れるのかハラハラする。

    とはいうものの、こんな意見も。TVウオッチャーの吉田潮さんは「聖子がパーティーに来ても来なくても関係ない」ときっぱり。

    「娘は30歳だし、密着するよりつき離したほうが健全な気もする。一切関わらないってのも清々しい。もっとも聖子のことだから、今回のことを上手にいいタイミングで自分の宣伝に使うかもしれないけど。こうなったら唯一無二の聖子ブランドを貫き通してほしいわ」

    娘の結婚で、お相手の男性以上にクローズアップされるママは、やっぱり偉大ということか。(取材・文/藤村かおり)

    3

    2017年4月30日 7時0分 dot.(ドット)
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13003575/

    【松田聖子が神田沙也加の結婚に沈黙している理由】の続きを読む

    【特撮】16歳の濱田龍臣「僕の幼稚園の頃の夢」 ウルトラマン最新シリーズ「ウルトラマンジード」主演

    1: 2017/04/27(木) 10:14:29.39 ID:CAP_USER9
    俳優の濱田龍臣(16)が、人気特撮ドラマ「ウルトラマン」の最新シリーズ「ウルトラマンジード」(テレビ東京系で7月8日スタート、土曜・前9時)に主演することが26日、分かった。16歳の主人公はシリーズ最年少となる。

    h


    すっかりイケメンになった濱田が、新たなウルトラヒーローとして見参する。濱田はかねてウルトラマンの大ファンで、子役時代の2010年には映画版「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」に出演したことも。

    「僕の幼稚園の頃の夢は『ウルトラマンになること』でした。それがなんと16歳でかなって、すごくうれしい」と感無量だ。

    濱田は、ひょんなことからウルトラマンジードに変身する力を手に入れた主人公・朝倉リクを演じる。ジードは、ウルトラマンゼロの宿敵として知られるウルトラマンベリアルの息子。思わぬ事態を知るところからストーリーが動き出していく。

    (中略)

    濱田は「ベリアルの遺伝子を受け継ぐウルトラマンジードが自分の運命と向き合い、どのように成長していくのかを一緒に見守っていただけたら」と呼びかけた。

    ◆濱田 龍臣(はまだ・たつおみ)
    2000年8月27日、千葉県生まれ。16歳。エキストラをしていた祖母の影響で子役としての活動をスタートし、06年に本格デビュー。09年、1000人の中からオーディションで選ばれNHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演。その他の出演作に日本テレビ系連続ドラマ「怪物くん」(10年)など。昨年の映画「ハイヒール革命!」では女装姿も注目を集めた。 趣味はゲーム、読書。身長175センチ。


    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170426-OHT1T50291.html
    スポーツ報知が独占入手した変身後のウルトラマンジード
    u
    【有名子役・濱田龍臣の現在がイケメンすぎる!】の続きを読む

    このページのトップヘ