国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    国内芸能

    1: 2016/11/20(日) 17:14:56.76 ID:CAP_USER9
    11月16日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)にて、司会の中居正広があからさまに不機嫌な態度を見せ、スタジオを凍り付かせる場面があった。この日は「ムダに明るい人たち」をテーマにハイテンションを売りにする芸人やモデルが集合。収録は終始、騒がしい雰囲気だったが、中居の一言で場の空気が一転したのである。テレビ誌のライターがその様子を説明する。

    中居は収録冒頭からゲストのハイテンションを受け入れられず、やり取りが噛み合わないシーンもしばしば。中盤からは明らかに不機嫌な表情となり、ゲストMCの山里亮太に『ちゃんと仕切んなきゃダメだよ!』と矛先が向かうと、出演者たちが一気に委縮していました。その状況で若手女芸人のゆりやんレトリィバァがエピソードトークに挑んだのですが、その最中にも中居は『ちゃんと振れよぉ。雑なんだってぇ。丸投げすんなぁ』と山里をネチネチといびり倒し、場の雰囲気は最悪でしたね

    ゆりやんは中居の表情を伺いながら必死にトークを続けるも、ビビりすぎたのか同じことを重ねてしゃべってしまう有様。中居が山里を叱るシーンでは目にうっすらと涙が浮かぶほどで、トークが終わるとスタジオ全体が沈黙に包まれる異常事態となっていたのである。なぜ中居は不機嫌さを隠そうとしなかったのか。テレビ誌のライターが続ける。

    この時はゲスト出演者ばかりか、スタジオ観覧客も中居の態度にビビっていましたが、大スクリーンに『怒られても明るいのか? ドッキリ大成功!!』の文字が映し出されるとスタジオは大爆笑の渦に。中居と山里以外の全員が、みごとにドッキリに引っかかったというわけです。俳優としての実績も豊富な中居はもちろん、その演技に完璧に合わせた山里もみごとでしたね

    ドッキリの最中には、ハイテンションなはずの出演者がショボーンとした素の表情を見せる場面も。中居のイタズラ心は44歳になったいまも旺盛のようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12307660/
    2016年11月20日 10時14分 アサジョ
    nakai

    【中居正広がマジギレして女芸人が涙目!その理由とは?】の続きを読む

    kei

    1: 2016/11/24(木) 20:51:36.32 ID:CAP_USER9
     男子テニスの世界ランキング5位・錦織圭(26=日清食品)が24日、都内で行われたタグ・ホイヤーのイベントにマイケル・チャン・コーチ(44)とともに登場した。2人は今シーズンを振り返るとともに時計、ファッション、オフの過ごし方などについてトークを展開した。

     ATPツアー・ファイナルで4強に進出するなど自己最多の58勝を挙げた錦織は「アップダウンはありましたけど、試合数もすごく多くこなせましたし、大きな大会でも全米オープンでベスト4に入れたり、毎年よくなっている。充実した1年でした」と総括した。チャン氏は「年初からファイナルまで一貫してとても安定していた。フィジカルも強くなったし、ケガも少なかった。コーチとしても誇りに思う」と目を細め、成長が見えた試合としてリオデジャネイロ五輪での銅メダル決定戦を挙げた。

     今後は約2週間のオフを取り、練習を再開させる方針。昨夜は島根の実家で過ごし、温泉にも入ったという錦織は日本滞在中の楽しみについて「B級的なものも好きなので、麺類とかオムライスとかいろんなものを食べたい。テニスから離れて友達に会って、また充電して来季に臨みたい」と笑顔で話した。

     また、イベントにはサッカー日本代表の香川真司(28)がビデオメッセージを寄せ「この1年も素晴らしい活躍をテレビを通じて見させていただきました。すごく大きな刺激をいただいています。錦織選手はサッカーが大好きで上手とお聞きしています。いつか一緒にサッカーできたらいいなと思っています」と錦織にエールを送った。


    2016年11月24日 19時29分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/621216/
    no title

    【【帰国】錦織圭、日本での楽しみがこちら!】の続きを読む

    masu


    【話題】舛添要一氏、赤坂の和食料理店で目撃されるも『顔がやつれて、オーラもない』 

    1: 2016/11/23(水) 13:01:42.57 ID:CAP_USER9
    顔はすごくやつれていました。オーラもないというか……。身体もやせてしまったのか、着ていたスーツがブカブカに見えました」(居合わせた客)

     11月初旬の夜、前東京都知事の舛添要一氏が現れたのは、赤坂のとある和食料理店。政治資金問題で辞任後は、公の場に出てくることがなかっただけに、ひとり寂しく夕食……と思いきや、

    5人ほどで来ているのを見ました。一緒にいたのは、自民党幹事長の二階俊博さんと前内閣特命相の島尻安伊子さん。それから、議員らしき2人の方がいました」(前出・居合わせた客)

     舛添氏と一緒にいた二階幹事長と島尻さんは、いずれも現役の自民党議員でかなり重要なポストに就いている。

    二階さんは、自民党の幹事長。選挙活動の指揮や国会運営、法案審議、さらには自民党の財政や人事の管理などに携わる役職です。島尻さんは現在、内閣府大臣補佐官を務め、沖縄振興や子どもの貧困対策など安倍政権のキーとなる政策に関わっていますよ」(全国紙記者)

     そんな大物たちと赤坂で密会とは、まるで“政治家”のようだ。まさかこの会食は、舛添氏の政界復帰への布石!? 

     その可能性を“精査”すべく、都内にある彼の自宅へ向かった。

     11月某日の夕方、白い帽子をかぶり、黒色のジャンパーに紺色のジャージをはいた舛添氏が出てきた。最寄りの駅方面に向かって歩きだしたところを直撃した。

    ─舛添さん、週刊女性です。

    いや、もういっさい、取材には応じていませんから

     声をかけると、一瞬驚いた様子を見せたが、すぐに表情が硬くなった。

    ─最近、自民党の二階さんたちと会食をされていたようですが、政界復帰を視野に入れてのことですか? 

    取材にはいっさい、応じられません。はっきり言います。それだけです

     強い口調で、こちらの顔をまっすぐ見る。だが、その顔はやはり、頬がこけていて、シワも増え、一気に老け込んでしまった印象だ。

    ─おやせになったように見えますが、体調がすぐれないのでしょうか? 

    …………

    ─次の参院選に出馬されるおつもりなのでしょうか。

    …………

    ─小池百合子都知事に何かひと言お願いします。

    …………

     こちらが何を質問しても無言を貫き、そのまま街へと消えていった。後日、所属事務所にも問い合わせてみたが、

    何も話すことはありません

     という回答しか返ってこなかった。


    週刊女性PRIME 11/23(水) 11:42配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161123-00008611-jprime-pol

    no title

    【舛添要一氏、激ヤセ最新画像が話題に】の続きを読む

    aibo

    1: 2016/11/18(金) 13:58:28.02 ID:CAP_USER9
    水谷豊演じる杉下右京の活躍を描き、長寿シリーズとして人気を集めているドラマ「相棒」(テレビ朝日系)。現在、水谷の“相棒”役で出演しているのが、反町隆史だ。

    反町といえば、「GTO」(フジテレビ系)をはじめ、数々のドラマで主演として活躍してきた。プライベートでは、女優・松嶋菜々子と結婚して、2児の父親でもある。結婚後はヒット作に恵まれていなかった反町にとって、「相棒」は久々の当たり役といっても過言ではないが、早くも降板危機が訪れているという。

    演技も決してうまいほうではないですが、何よりも反町さんには共演者に対して、年上年下関係なくタメ口を利くクセがあるんです。本人に悪気はないんでしょうが、水谷さんも『もう反町クンはいいよね』と降板を示唆している。次の“相棒”は仲間由紀恵さんか山本耕史さんという噂が流れています」(テレビ朝日関係者)

    そうしたなか、古くから反町を知る芸能プロダクション関係者はこう明かす。

    反町さんは基本的には悪い人じゃない。今でもラーメンが大好物という庶民派のナイスガイなんです。 ただ、ものすごくシャイでとても不器用な人。お決まりのタメ口も照れ隠しの意味もあると思うんですけど、勘違いされてもしかたがないですよね

    視聴率もこれまでに比べれば下降しているだけに、反町が姿を消すのも時間の問題か──。

    http://dailynewsonline.jp/article/1230139/
    2016.11.18 09:58 アサ芸プラス

    【反町隆史が相棒を降板寸前!その理由とは?】の続きを読む

    1: 2016/11/24(木) 08:57:54.14 ID:CAP_USER9
    http://dailynewsonline.jp/article/1232845/
    no title


    あの人気声優に熱愛が発覚か?
     
    11月12日放送の『文春砲Live』で報じられた、『ラブライブ!』の西木野真姫の声優・Pile(28)のお持ち帰り報道。相手は「アイドラ」の愛称で知られるバンド『I Don't Like Mondays.』のリーダーを務める秋気(28)だ。

    『ラブライブ』は“ラブライバー”と呼ばれる熱狂的なファンが多く、今回の報道を受けて一部では大騒ぎになっている。 そんな報道を担当した記者のスズキ氏は「今回はすんなりといきました」と語る。

    「僕らはPileをずっと狙っていた、というわけではなかった。たまたまその日イベントをやっていたので行ってみたら、あれよあれよと撮れてしまったラッキーなパターン。1軒目のバーでは女友達と2人だったので期待してなかったのですが、2軒目に入ると男が迎えきた。その男こそが、お持ち帰りをした秋気だったんです」

    ■「今後は人気声優も狙っていく」

    宴は大いに盛り上がり、Pileたちは3軒目に移動。このとき、2人は“男女の仲”であることをのぞかせた。

    「3軒目を出ると秋気が肩を抱き寄せ、腕を組みながら秋気の家に入った。この時は驚きました。そもそもなぜ『文春』がPileを? と思う方もいるかもしれませんが、『紅白歌合戦』(NHK)の出場経験もあり“スクールアイドル”とアニメで名乗っている以上、アイドル扱いしてる人も多いと判断したんです。今後は、そういった人気アニメの声優もありかなと思っています」(スズキ記者)

    生身のアイドルも、アニメ発の“スクールアイドル”も、恋愛をしたい1人の女のコであり、一方でそんな彼女たちに恋心に近い感情を抱くファンもいる。ならば、『週刊文春』(文藝春秋)は追いかけてやろうという方針のようだ。次回、12月16日に『文春砲Live』の放送を予定しているというスズキ記者だが、新たなスクープがまた飛び出すかもしれない。

    文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)
    >>1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、
    『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

    【【週刊文春】ラブライブお持ち帰りスクープ!】の続きを読む

    1: 2016/11/24(木) 13:05:12.98 ID:CAP_USER9
    デイリースポーツ 11/24(木) 12:58配信

    NHKが24日、大みそかに放送される「第67回紅白歌合戦」(後7・15)の出場者を発表した。 初出場は紅組5組、白組5組の合計10組。宇多田ヒカル、KinKi Kidsらに加え、大竹しのぶも初出場。

    注目のSMAPは名を連ねなかったが、同じジャニーズからはKinKi Kidsの他、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zone、TOKIO、V6が出場を果たした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000057-dal-ent
    smap

    【【紅白発表】ジャニーズ6組!SMAPは?】の続きを読む

    ken

    1: 2016/11/22(火) 17:26:26.96 ID:CAP_USER9
    デイリー新潮 11/22(火) 17:00配信

     11月10日に三回忌を迎えた俳優・高倉健。現在、東京・丸の内の東京ステーションギャラリーでは追悼特別展が開催中と、その人気はいまだ衰えることを知らない。一方、健さんと共に生活をしていた元女優の養女(52)については、なおも不明な点が多いが、今回、2人の出会いについて新たな事実が判明した。

     ***

     健さんが逝く前年に養子縁組していた養女は、数十億円ともいわれる遺産すべてを相続し、「高倉プロモーション」の社長の座に就いている。彼女が健さんの死を親族にも知らせず、密かに荼毘に付したことで、遺族は不信感を募らせている。

     そんな養女と健さんが出会ったのは、およそ19年前の『ザ・ペニンシュラ香港』だったと、さる映画関係者は明かす。

    「彼女はホテルジャーナリストをしていたことがあり、仕事で香港に滞在していたのでしょう。で、ロビーで健さんを見かけ、こんなチャンスは二度とないと思った彼女は名刺を渡して猛アタック」結果的に、養女は世田谷区瀬田にある健さんの豪邸に入り込んだ。健さんがかつて江利チエミと過ごした地であり、また思い入れを持っていたというこの“終の住処”は、没後に取り壊され、養女が社長を務める高倉プロ名義の新築住宅が建築中である。江利との間の水子を弔う神奈川県鎌倉市の墓も、養女は更地にしてしまっている。

     何が養女をこうした非情な行動に走らせているのか。11月24日発売の「週刊新潮」では、これを解き明かす鍵となりそうな証言と併せ、特集記事を掲載する。

    「週刊新潮」2016年12月1日号 掲載

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161122-00515017-shincho-ent

    【高倉健、40億の遺産を養女に相続させた結果・・】の続きを読む

    このページのトップヘ