国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    国内芸能

    wada
    ega


    1: 2017/01/03(火) 13:20:20.91 ID:CAP_USER9
    ねとらぼ 1/3(火) 13:06配信

     1月2日TBS系列で放送された「超人気番組が一挙集結 夢の祭典!番組対抗!ドッキリアワード2017」に対し、「やりすぎ」「かわいそう」「いじめ」などの声が相次いでいます。

     話題となっているのは、人気番組「アッコにおまかせ!」出演者らが仕掛け人となり、お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子さんをターゲットにしたドッキリ企画。芸能界のご意見番として知られる和田アキ子さんを、江上さんが怒らせてしまうという定番ドッキリでした。

     「アッコにおまかせ!」初出演となる江上さんに対してのむちゃブリや、江上さんだけが知らない「番組のしきたり(ウソのしきたり)」などを次々と実行された上、最後は和田さんに大声で怒鳴られるなどのドッキリに、江上さんは思わず号泣。

     さらに番組プロデューサーから和田さんへの謝罪を提案された江上さんは、なぜかプロデューサーから「(和田アキ子さんは酔うとキス魔になるため)アッコさんに謝るときはキスをする」という、冷静に考えればおかしいと分かるようなしきたりを伝えられます。しかし、余裕のない江上さんは真剣な表情でそれを受け入れ、和田さんの楽屋へ向かいました。

     謝罪に訪れた江上さんに和田さんは、「分かってるのか?」「本当に心から謝ってるの?」「心からじゃないよ、その謝り方は」と矢継ぎ早に言葉を投げかけ、江上さんは顔面蒼白。謝罪の意思を見せようとキスをしに行ったところ、「何しようとしてんねん!」と和田さんに軽く突き飛ばされ、「反省をしております」と涙を流しました。

     ここで、和田さんからドッキリ大成功のプレートを見せられるも涙が止まらず、軽く放心状態の江上さん。「マジでこの番組いかれてるな……」とこぼしました。さらに「ケイちゃんが泣いてるから、かわいそうだなって……」と江上さんの相方・近藤くみこさんも涙しました。

     このドッキリは番組内で最優秀作品賞に選ばれ、人気焼き肉店より100万円相当の弁当がプレゼントされました。また、江上さんは1月2日に「ドッキリアワード!」とブログのエントリーを更新。「まんまとダマされました めっちゃ泣きました絶対面白いので、ぜひ!!!!」と番組の告知を行いました。

     しかし、ネット上ではこのドッキリについて「単なる恫喝いじめで笑えないな。いじられてなんぼの芸人だが、あれは酷すぎてニッチェの江上さん可哀想すぎる」「ニッチェ江上へのドッキリは、今年初めてキレそうになった」「年始からこんなのはさすがに笑えない・・ただの虐めだよ。江上敬子が可哀想すぎる。面白いと思う?その企画意図がわかりません」などの批判が殺到。一部では和田さんと江上さんの関係性を考えて「パワハラ」とする意見もみられました。

    以下全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00000010-it_nlab-ent
    niche

    【【TBS】正月ドッキリ番組に批判殺到!「やりすぎ」「かわいそう」】の続きを読む

    1: 2016/12/30(金) 17:21:54.14 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/12482130/
    2016年12月30日 11時56分

    29日放送の「ドラゴンクエスト30th そして新たな伝説へ」(NHK総合)で、大ヒット漫画「ドラゴンボール」を手掛けた鳥山明氏が、大人気ゲーム「ドラゴンクエスト」のキャラクターデザインをめぐる苦悩を明かした。

    番組では、第1作発売から30周年を迎える「ドラクエ」の制作現場を取り上げ、開発関係者にインタビューしていた。その中で番組は、第1作目から500体以上のキャラクター、モンスターの原画を手がけている鳥山氏にも取材を試みた。

    鳥山氏は手紙の中で、この仕事を引き受けたときを振り返った。鳥山氏は第1作目の当時はRPGはまだ一般的ではなく、「ドラクエ」がまさか30年以上も続く人気シリーズに成長するとは思ってもみなかったと明かした。当時の鳥山氏はほんの軽い気持ちで引き受けたそうだが、同じことを長く続けられないため、手紙の中で「正直、そんなに続くならお断りしていました」と本音を綴っている。

    また、鳥山氏にとって「ドラクエ」のキャラクターデザインは「楽しくもキツい仕事」だという。現在では、人間のキャラを手がけることが多いが、「基本的にマジメないい連中」がほとんどなので、そうした人物像に関心があまりない鳥山氏はさほどバリエーションを持ち合わせていないのだとか。さらに、たとえファンタジーとはいえ時代設定を外すわけにもいかず、苦労が多いという。鳥山氏は「回を重ねるたびにどんどん辛くなっていき、まさに騙し騙し描いているような状況です」との本音も漏らしている。

    キャラクターのデザイン設定も非常に細かく、自由度が低いとのこと。時折妙なデザインを手がけてみても、ボツとなってしまうとか。鳥山氏は「昔のように、何でもない雑魚モンスターを好きなように描かせてもらっていた頃を懐かしく思うこともあったりします」と愚痴めいたコメントを残す一方、新作「ドラクエXI」の仕事に全力投球しているとも語っていた。

    関連スレ
    【テレビ】山田孝之が「ドラクエ」特番で堀井雄二を直撃、鳥山明からのメッセージも NHK 29日放送
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482918646/
    dq

    【鳥山明、ドラクエキャラを描く苦悩を告白】の続きを読む

    endo

    1: 2016/12/31(土) 19:41:34.34 ID:CAP_USER9
    デイリースポーツ 12/31(土) 19:19配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000081-dal-ent

     ダウンタウン、ココリコ、月亭方正が出演する大みそか恒例の「絶対に笑ってはいけない」シリーズ、「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(日本テレビ系)が31日に放送を開始している。冒頭から、番組の恒例になっているココリコ遠藤章造の家族が登場した。さらに、妻の雅美さんまで顔出しで登場して笑いを誘った。

     おなじみになっているバスの車内シーンで、来年2月10日放送のドラマ「銭形警部」(日本テレビ系)で演じる銭形警部にふんした俳優の鈴木亮平が、遠藤一家と姿を見せた。銭形警部が登場する人気アニメ「ルパン三世」から、遠藤の父が石川五右衛門、弟が次元大介、さらに母が峰不二子を演じ、さまざまなショートコントを繰り出した。遠藤の両親が、そして弟とダウンタウン浜田が口げんかからキスに発展するダチョウ倶楽部の“お約束”で、ダウンタウンらを笑わせ、「アウトー」判定をとっていったが、とどめを刺したのが遠藤が15年12月に再婚した妻・雅美さんだった。

     ココリコ田中が「出ちゃった」。松本が「あー初めまして。元マネジャーさんですよね。関根勤さんの」と驚く中、遠藤は「こっち来たらあかんねんって君は」と困惑。だが、おかまいなしに雅美さんは遠藤の元に近づき、夫婦生活の不満をぶちまけた。

     「なんで章ゃん結婚指輪買ってってくれないの。結婚式挙げたいのに指輪がないのおかしいじゃない。それに性欲がない性欲がないって…。私は2人目がほしいの」とぶちまけ、最後は「結婚指輪を買ってハワイで挙式を挙げたいの。約束して、約束して!」と顔を近づけ、お約束のキスで笑いをとった。
    no title
    no title
    no title

    【ココリコ遠藤の新妻が顔出しTV出演!美人すぎると話題に(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ