国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    国内芸能

    3

    1: 2017/04/15(土) 22:12:45.47 ID:CAP_USER9
    美人女優にもかかわらず、バラエティー番組で振り切ったチャレンジを披露している木村佳乃(41)が、15日放送のNHK総合「土曜スタジオパーク」で唯一、断った仕事を打ち明けた。

    世界の果てまでイッテQ!」などで見せる、体を張った挑戦が評判になっている木村は「自分が結婚して子供を授かって、ご家族みんなで楽しんで見られるような番組に出たいな、笑っていただけたらいいなという気持ち」と、バラエティー番組に出るようになった理由を説明した。 一番怖かったのは、約60メートルの高さから跳んだバンジージャンプだという。

    そこまで体を張ってきた木村だが、「バラエティーでも唯一、これはできませんとチェックしたことあるんですよ。ストッキング相撲だけはどうしてもちょっとまだ。こっそりバツをつけました。こういう(へちゃむくれの)顔になるし、今後の仕事にも影響が…」と、ストッキングをかぶる仕事を断っていたことを告白した。

    (以下、詳細はソースでご確認ください)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/15/0010098842.shtml
    【木村佳乃がバラエティ番組で唯一断った仕事】の続きを読む

    4

    1: 2017/04/06(木) 11:44:16.30 ID:PpQO6d+T0
    元フジテレビアナウンサーの平井理央が、11月12日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)に出演。番組のトーク内容から 「体臭」が理由で夫婦の営みがないのでは、とネット上をザワつかせている。

    共演者から「変な癖」を聞かれた平井は、「私、夜お風呂入らないんですよ。特に酔っぱらっていると、絶対入らない」と告白し、スタジオはドン引き。

    3


    さらには「臭いがバレないように、旦那とは離れて寝ます。モワッとした臭いがあると思うので」と続けたのだ。

    「平井は『旦那が迫ってくる時があるんじゃ?』と振られると 『迫ってくるみたいな時は‥‥あんまりない。迫られない』と、図らずとも夫婦の寂しい寝室事情が明らかになりました」(テレビ誌ライター)

    http://www.asagei.com/excerpt/47487 

    【平井理央と旦那の夫婦の営みがヤバすぎる・・・】の続きを読む

    1

    1: 2017/04/21(金) 20:02:49.93 ID:CAP_USER9
    30代のホストの男性から現金を脅し取ろうとして逮捕されたセクシー女優の坂口杏里が、普段から“金にモノを言わせて”ホストたちをはべらせていたという話が漏れ伝わってきた。

    「王様ゲームで負けたホストには、罰ゲームとしてさまざまな“恥辱ゲーム”をやらせていたようです。負けたホストを四つん這いにして、テーブルに見立ててフルーツやシャンパンを背中に置いたり、その格好のまま足先を舐めさせるなど、エピソードには事欠きません」(業界ライター)

    坂口は、セクシービデオの出演料が数千万ともいわれているが、毎日のようにホストクラブで散財していたそうだ。

    「杏里はもともと性欲過多で、以前に交際していた芸人の小峠英二も『次の日の仕事に差し障る』と周囲に漏らしていたほどです。母親の坂口良子の遺産も、ホスト遊びで食いつぶし、3万円の恐喝で逮捕されるとは、金の管理能力が全くないと言っていいでしょう」(関係者)

    今回逮捕に至った容疑は、「ベッドを共にした写真をばらまく」と恐喝したものだというが、別のホストたちも「釈放されたら、オレも写真をばらまかれるのでは」と戦々恐々としているようだ。万が一、そんな写真がインターネット上へ投稿されたら、他の上客に嫌われて売り上げが激減しかねない。ホスト引退の引き金にも成り得る。

    「杏里は『シャンパンタワー』を好んで頼み、一晩で数十万を散財していました。彼女のような客は“パワー客”と呼ばれ、ホストたちのあいだで奪い合いになるのですが、いつもナンバーワンかツーが必ず付いて、金をはき出させていました。大抵は数十万のボトルを入れてくれるので、店の売り上げとしては助かるのですが、酒癖が悪く、何か粗相があると『ここで土下座してよ』と下っ端ホストに説教をしていたそうです。なだめるのが大変だったというスタッフの証言もあります」(同・関係者)


    坂口は、サイン会などのイベントでは、足を運んでくれたファンにサービスたっぷりで、握手やハグをしている姿も確認されている。

    「セクシー女優としては頑張っていたようですが、私生活ではまるで子供のようなものでした。そこらへんを見つめ直さないと、釈放されても仕事は難しいでしょう」(前出・ライター)

    転落した“大物女優の娘”を待つ試練の道やいかに。

    http://dailynewsonline.jp/article/1303246/

    【恐喝容疑の坂口杏里「ハレンチなホスト遊び」の内容がこちら】の続きを読む

    このページのトップヘ