国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    男性芸能人

    steven


    1: 2016/11/03(木) 21:32:18.61 ID:CAP_USER9
     ロシア大統領府は3日、プーチン大統領が米俳優スティーブン・セガール氏(64)にロシア国籍を付与したと発表した。セガール氏はプーチン氏と交流があり、たびたびロシアを訪れている。

     ロシアのペスコフ大統領報道官は3日、セガール氏が以前からロシア国籍取得の申請をしていたと述べた。(共同)

    http://www.sankei.com/entertainments/news/161103/ent1611030013-n1.html

    【【驚愕】スティーブン・セガールがロシア国籍を取得!プーチン大統領が直接付与! 】の続きを読む

    no title

    1: 2016/10/26(水) 18:28:18.22 ID:CAP_USER9
    子役時代に活躍すると悲しい末路を迎えるパターンが多いが、『ターミネーター2』(91)に出演していたエドワード・ファーロング(39)もその1人。 「ますます巨漢になった様子が震撼もの!」と話題になっている。

    同作でジョン・コナー役を演じたエドワードは、当時少し不良っぽい美少年として一躍時の人となったが、 その後はアルコール依存症と薬物依存症でリハビリ施設への出入りを繰り返し、いまだに立ち直れていない様子。 飲酒運転で逮捕されたほか、2006年に女優のレイチェル・ベラと結婚して息子を授かるも、離婚を申請され、親権を巡ってストーカー行為や暴力沙汰を繰り返している。

    また2009年から交際をはじめ、破局と復縁を繰り返している女優の恋人モニカ・キーナ(37)にも空港で暴力をふるった容疑で逮捕されている。

    デイリー・メール紙は破れたジーンズに、Tシャツ姿のエドワードがモニカと歩いている様子を掲載しているが、エドワードはでっぷり腹が飛び出し、顔も三重アゴでむくんでいる。またモニカも、かつてのかわいらしい感じはなくなり、でっぷりしたおばさんに激変しており、 あまりの変わりっぷりにネットユーザーたちからも、「いまだに立ち直っていないし、今度も無理だろう」「ジョニー・デップもそうだけど、 アルコールや薬物をやると皮膚のハリや顔色が悪くなる」「悲しすぎる末路だ」といった意見が寄せられている。

    また昨年11年ぶりに来日を果たした『A.I.』(01)のハーレイ・ジョエル・オスメントも、『シックス・センス』(99)で、 弱冠11歳にしてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、「天才子役」と言われていたが、認識不能なほどの激太りが話題になっていた。【NY在住/JUNKO】

    http://news.walkerplus.com/article/90747/

    no title

    【ターミネーター出演の美少年が激太り!【エドワード・ファーロング】(画像あり)】の続きを読む

    1: 2016/10/10(月) 07:20:02.13 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    sssp://img.2ch.net/premium/1051729.gif
    (CNN) 米国の有名俳優ロバート・デ・ニーロさんが9日までに、米大統領選で有権者に投票を促すインターネットのキャンペーン・ビデオに登場し、共和党候補ドナルド・トランプ氏を罵倒する発言を繰り返した。

    デ・ニーロさんはこの中で「明らかな愚か者、くだらない人間、ペテン師」などの荒々しい言葉を使って痛罵(つうば)。犬や豚との侮蔑の表現も飛び出し、自らの発言の意味も知っていないだろうとも言い切った。

    また、トランプ氏は人の顔を殴りたいと言っているが、「私が彼の顔にパンチを浴びせたい」とし、「彼を大統領にしたいと思っている人間がいるとは思えない」とも続けた。

    キャンペーン・ビデオの製作者側は、余りにも党派的な主張としてデ・ニーロさんの発言部分の映像は削除した。デ・ニーロさんは昨年行った米メディアとの会見で、民主党の大統領候補であるクリントン前国務長官への支持を表明していた。

    トランプ氏は現在、女性をめぐる過去のわいせつな会話が新たに暴露される醜聞に襲われ、共和党内で支持撤回の動きが加速しているが、デ・ニーロさんの発言のビデオ撮影はこの騒動前に行われていた。

    ソース先に動画あり 2016.10.09 Sun
    米俳優デ・ニーロ、トランプ氏を罵倒 「顔を殴りたい」
    http://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35090261.html
    robert

    【【怒り】ロバート・デ・ニーロ「トランプの顔を殴りたい」】の続きを読む

    1: 2016/09/29(木) 22:43:27.03 ID:CAP_USER9
    27日発売の「女性自身」(光文社)が、俳優・松田翔太主演の映画『グッド・コマーシャル』の撮影が突如延期になったことを報じた。同誌によれば、延期の原因は松田の態度にあるのではとしているが、これについて関係者は「彼は業界内で“ドラマクラッシャー”として有名」と、口を揃えて肯定する。

    「同映画は、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣の小説が原作。報道によると、7月上旬にクランクインし、すでに7割ほど終えていたそうですが、突然延期に。関係者にも理由の説明がなかった一方で、“松田が問題を起こしていた”という証言が出ています。監督がOKを出したシーンなのに撮り直しを要求し、ヘソを曲げてホテルの部屋に引きこもってしまったといったもので、撮影を飛ばしたようです」(スポーツ紙記者)

    よくいえば“役者としてのこだわり”といったところだが、実際に振り回される関係者からすればたまったものではないだろう。そして今回報じられた件以外にも、松田は似たようなトラブルを何度も起こしていたという。

    「彼は2014年から母で女優の松田美由紀が代表を務めるオフィス作に所属していますが、それ以前は大手芸能事務所・研音の所属でした。しかし、当時から現場での問題行動が後を絶たず、研音サイドは毎回、監督やプロデューサーに頭を下げて回っていた。母親の事務所に移籍することになったのも、本人がしばしば揉め事を起こしていたことで、研音側がサジを投げたというかっこうです」(同)

    ●共演NGも

    現場の雰囲気を破壊するドラマクラッシャーぶりは、松田の代表作の一つ『LIAR GAME』(フジテレビ系)シリーズでも噂になっていた。

    「ドラマ版では戸田恵梨香とW主演を務めましたが、続編映画では多部未華子が起用された。
    これは、ドラマ版の撮影が明け方まで押していた時、マイペースな松田が自身のメイクに長時間費やしていたことで、付き合わされた戸田が立腹。このことが原因で空気が悪くなり、戸田はその後の続編を拒否したどころか、松田との共演NGを主張しているそうです」(制作会社スタッフ)

    そんな松田だが、来年1月にフジテレビで放送される日曜日の連続ドラマでも、このたび主演が決定したという。

    「特に研音を辞めて以降、彼が現場でトラブルを起こさないほうが珍しい状況。新作でも『絶対に、また撮影がストップするようなトラブルが起きる』と、現場関係者は今からハラハラしているそうです」(同)

    業界内にはとどまらず、ついにはマスコミにも漏れ始めてしまった松田の悪評。先日31歳の誕生日を迎え、役者としてはまさにこれからといった時期だが、果たして今後もコンスタントに作品に出演することができるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010005-bjournal-ent
    Business Journal 9月29日(木)22時30分配信
    shota
     

    【現場でトラブル続出!松田翔太の悪評、あの女優から共演NGも!】の続きを読む

    1: 2016/09/23(金) 22:38:42.19 ID:CAP_USER9
    どんなに有名なセレブに対しても、日本の入国管理局は容赦ナシ! 

    古くはポール・マッカートニーが大麻所持で、最近ではパリス・ヒルトンがドラッグの有罪歴によって日本への入国許可が下りず、日本の地に降り立ちながらも泣く泣くそれぞれの国へ戻っていったということがあった。

    薬物関係ではないが、先月末に女性に銃を突きつけて脅したとして逮捕されたクリス・ブラウンも、日本に入国することはできないようだ。

    「TMZ.com」によると、クリスは来週26日、27日に東京国際フォーラムで開催予定のコンサートのために日本へワークビザを申請。しかし、現在“銃突きつけ事件”が捜査中のため、ビザも入国も拒否されてしまった。「TMZ.com」が日本領事館に問い合わせたところ、「日本は犯罪歴のある人や取り調べ中の事件を抱えている人に対しての入国審査が非常に厳しい」というコメントを得たとのこと。

    クリスは2009年にも当時交際していたリアーナに対して暴行事件を起こし、オーストラリアから入国拒否を受けてツアーをキャンセルした過去がある。

    約2,500万円の保釈金を払い、9年ぶりの来日公演が期待されていたクリスだが、コンサートプロモーターの「クリエイティブマン」によれば、公演は「延期になった」ということだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000013-cine-movi
    kurisu

    【【銃つきつけ事件】クリス・ブラウン、日本公演延期に】の続きを読む

    1: 2016/09/13(火) 15:04:58.36 ID:CAP_USER9
    9月7日放送の『一周回って知らない話』(日本テレビ系)に、フリーの宮根誠司アナウンサー(53)が出演。 自身のイメージについて、お笑いタレントの東野幸治(49)、オアシズの大久保佳代子(45)らと語る場面が見られた。

    当たり前になりすぎて、今さら誰も説明してくれないが、“今どきの視聴者”が知らないであろうことを本人に直接聞くという同番組。 宮根アナは『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)でおなじみだが、この番組は大阪で制作されているためか、東京での知名度は低い。実際に街頭で宮根アナを知っているか、さまざまな人に聞いたところ、 「何者か分からない」「笑点とか出てそう」「イメージとしてはポッと出」などの、辛辣な答えが返ってきた。

    これを見た宮根アナは「帰る! 大阪に帰る!」「ああいうのは切るのがテレビの常識でしょ!」と言って席を立とうとし、東野が笑いながらも必死に止めていた。ようやく席に戻った宮根が自身について、元朝日放送のフリーアナウンサーであると説明すると、スタジオの観客席からはどよめきが上がった。 その後、宮根のイメージについて聞かれた大久保は「ミヤネ屋見る限り、東京の人が嫌いな関西人」とコメント。宮根から「よう言うな、そんなこと!」と、ツッコミを受けていた。

    「大阪では支持の厚い宮根アナですが、やはり東京ではワイドショーでいろいろツッコミを入れている人、というイメージなんでしょうね。ただ、関西のタレント人脈はすごいものがありますし、自身が所属する事務所に羽鳥慎一アナを引っ張りこんだ実績もあります。アナウンサーとしてだけでなく、フィクサー的な存在でもあるのが、彼が注目されている理由ですね」(芸能誌記者)――やはりただのアナウンサーじゃない!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1195142/
    2016.09.13 10:00 日刊大衆

    no title

    【大久保佳代子に宮根マジギレ!?「東京人の嫌いな関西人」と酷評】の続きを読む


    ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが、ドラムセットを持ってニューヨークの地下鉄のホームに姿を見せました。「Everyday Spectacular」というプロジェクトの一環で、それぞれが持つ才能を公に披露するよう呼びかけたようです。

    【ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、地下鉄のホームで演奏】の続きを読む

    このページのトップヘ