国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    各国王室関連


    1

    小室圭さんの元カノは有名飲食店令嬢?眞子さまと”二股交際”の可能性 

    1: 2018/03/17(土) 11:42:37.28 ID:0AKiEeeU0
    眞子内親王殿下との結婚が延期になった小室圭さん(26)に、「誰もが知る有名飲食店」令嬢の元カノがいたという情報を、8日発売の『女性セブン』(小学館)と9日の『FRIDAY』(講談社)が報じてネット上で話題を集めている。

    『FRIDAY』は、母親・佳代さんの元婚約者A氏の証言を掲載する。小室さんが留学に行く前(12年9月)に、佳代さんは「圭ちゃん、あのお嬢さんとは、最近どうなの?」と切り出したのだという。小室さんは「はい、お母さま」と素直に返事し、「仲良くしているよ」などと答えていたとか。A氏によれば「あのお嬢様」とは、「誰もが知っている有名飲食店の令嬢」。しかも、小室さんと眞子内親王が出会ったのが12年の6月に開催された留学生の意見交換会だったことから、「交際かぶり」の懸念まであるようなのだ。

    よもや我らのプリンセスと「二股」とは想像したくないが、これが本当だとすれば由々しき問題である。

    この令嬢については『女性セブン』の方でも、知人コメントとして「横浜に本店を置き、都内にも何軒か支店を構える有名飲食店の経営者のご令嬢と付き合っていました」と紹介している。 

    ちなみにSNS上では、この「誰もが知る横浜が本店の飲食店」とは、作家・林真理子(63)が「友人の娘さんが小室と親しく家によく来ていた」とエッセイに書いたことから、林とオーナー夫人が仲の良い高級中華料理店『H』ではないかとの噂が流れている。 

    このニュースを受けて、ネットSNSや匿名掲示板でも

    「親子そろって異常な上昇志向…。私たちの姫様から離れてください!」 
    「母親は借りたお金を返さない、本人は二股。結婚して幸せになれるとは思わない。」 
    「どんな心臓したんだよ。非正規(社員)でプロポーズしかも二股って」 
    「何度でも言う。この人はやめておけー!」 
    などと厳しい非難ばかりが飛び交っていた。 
    この記事の続きを読む


    145人の男性がプロポーズしたという19世紀の最高美女の写真が公開される 完全におっさんなんだが…

    1: 2017/12/16(土) 17:20:42.53 ID:f9AS1Vjb0
    19世紀のペルシャカザール王朝(1779~1925)の姫として紹介されてきた「伝説の美女」の写真が公開され話題になっている。

    その伝説の美女は生涯に145人の男性にプロポーズされるほどモテモテだったという。 しかし、公開された写真を見ると意外にもそんなに美女では無い。今と19世紀では「美女」の基準が違うのだろうか。
    ぽっちゃり体型に太い眉毛、そしてヒゲまで描かれているように見える。今では美人に程遠いルックスであるが、当時では最高に美女だったのかもしれない。

    この美女はナーセロッディーン・シャー(Naser aI-Din Shah Qajar)王の8番目の娘。

    先ほども書いたように145人の男がプロポーズし、更に姫の気を引くために13人の男性は自ら命を絶ったという。この美女は外見だけで無く内面も美人で男女同権のために常日頃活動していたという。

    ※いろいろ閲覧注意
    http://gogotsu.com/archives/35487

    1

    2

    3

    4

    この記事の続きを読む


    【速報】イギリスのマスゴミ「ウィリアムズ王子が散髪に2万7千円もかけてるンゴw」→

    1: 2018/01/20(土) 13:44:53.75 ID:QqWdba2x0

    イギリス人「ギャハハ!www」 
    One's number one cut! William pays £180 for a buzzcut from Kate's hairdresser 'after Prince Harry teased him about his baldness' 

    no title


    no title

    no title

    http://www.dailymail.co.uk/news/article-5283807/Prince-William-sports-shaven-head-backs-NHS-scheme.html

    この記事の続きを読む

    【皇室】佳子さま、園児たちからの「きれい!」の声に、はにかみながら「ありがとう」

    1: 2017/07/25(火) 15:16:29.49 ID:CAP_USER9
    秋篠宮家の次女佳子さまは25日、静岡県御殿場市で開かれた「第51回全日本高等学校馬術競技大会」の開会式に出席した。

    午前10時15分ごろ、会場に到着した際には近くの保育園児17人が出迎えた。白いブラウスに青色のスカート姿。パールのイヤリングとネックレスを身につけた佳子さまは、園児たちに近づき、「きょうは待っててくれてありがとう」と声をかけた。園児たちから「きれい!」と声が上がると、はにかみながら「ありがとう」とこたえていた。

    さらに「保育園では何をするのが好きですか、遊ぶの?」「いっぱい遊ぶところがあるんですね」と話しかけたり、「気をつけて帰ってね」と伝えたりした。

    (中略)

    佳子さまは現在国際基督教大学(ICU)の3年生。9月~来年6月の日程で英国のリーズ大学に留学し、舞台芸術の歴史や理論などを学ぶ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000025-asahi-soci 

    第51回全日本高等学校馬術競技大会の開会式出席のため、 会場に到着した秋篠宮家の次女佳子さま
    2

    no title

    3

    6

    この記事の続きを読む

    1

    1: 2017/05/21(日) 07:49:39.52 ID:dQe1H9TX0
    オランダのウィレム=アレクサンダー国王はオランダ航空の子会社の便でパイロットとして定期的にアルバイトをしている事実を明かした。BBCが報じた。

    国王が航空機操縦免許を取得していることは2013年に即位するまでにすでに知られていた。ところが週に2度、オランダ航空の子会社のKLMシティホッパーで第2操縦士として働いていることは、今回の告白までは知られていなかった。KLMシティホッパーは欧州圏内で小型ライナーによる運行を行っている。
    h

    ウィレム=アレクサンダー国王は乗務員を代表してお客様に挨拶をすることを好んでいるが、その際に自分の名前は名乗っていない。それでも乗客の中にはその声で操縦室にいるのは国王だと分かる人もいる。

    国王いわく、この夏には資格向上のコースを受けて、ボーイング737型機の操縦をマスターする予定。今までいったことのない場所まで長距離を大勢の乗客を乗せて飛行することを夢見ている。

    https://jp.sputniknews.com/life/201705183647229/
    1

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ