国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    海外芸能

    タイガー・ウッズ選手逮捕、飲酒か薬物使用し運転容疑

    1: 2017/05/30(火) 04:39:39.46 9
    2017/05/30 04:26(ワシントンD.C./米国)
    【5月30日 AFP】男子ゴルフ界のスーパースターで、メジャー通算14勝を挙げているタイガー・ウッズ(Tiger Woods)選手(41)が29日、飲酒または薬物を使用した状態で車を運転した疑いで逮捕された。米フロリダ(Florida)州パームビーチ(Palm Beach)郡保安官事務所の記録から明らかになった。

    ウッズ選手は同日、フロリダ州ジュピター(Jupiter)で警察に逮捕された後、午前7時18分(日本時間午後8時18分)に留置所に収容されたが、同10時50分(同11時50分)には自己誓約により保釈された。逮捕時の顔写真がインターネット上に掲載され、そこに写ったウッズ選手は疲れた様子で、伸びたままのひげが目立っている。

    t


    ジュピター警察署の報道官は、ウッズ選手が午前3時前後に交通検問で逮捕されたとしているが、現時点ではこれ以上の詳細は明らかになっていない。

    ウッズ選手は今年2月に行われた欧州ツアーのドバイ・デザート・クラシック(Omega Dubai Desert Classic 2017)を腰痛により1ラウンドで棄権して以来、公式戦には出場していない。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3130007?act=all

    【タイガー・ウッズ逮捕!警察で撮られた写真がヤバすぎる(画像あり)】の続きを読む

    1

    1: 2017/05/21(日) 07:49:39.52 ID:dQe1H9TX0
    オランダのウィレム=アレクサンダー国王はオランダ航空の子会社の便でパイロットとして定期的にアルバイトをしている事実を明かした。BBCが報じた。

    国王が航空機操縦免許を取得していることは2013年に即位するまでにすでに知られていた。ところが週に2度、オランダ航空の子会社のKLMシティホッパーで第2操縦士として働いていることは、今回の告白までは知られていなかった。KLMシティホッパーは欧州圏内で小型ライナーによる運行を行っている。
    h

    ウィレム=アレクサンダー国王は乗務員を代表してお客様に挨拶をすることを好んでいるが、その際に自分の名前は名乗っていない。それでも乗客の中にはその声で操縦室にいるのは国王だと分かる人もいる。

    国王いわく、この夏には資格向上のコースを受けて、ボーイング737型機の操縦をマスターする予定。今までいったことのない場所まで長距離を大勢の乗客を乗せて飛行することを夢見ている。

    https://jp.sputniknews.com/life/201705183647229/
    1

    【【衝撃】オランダ国王がしていた秘密のアルバイト】の続きを読む

    1: 2017/03/12(日) 17:48:17.70 ID:CAP_USER9
    歌手のブリトニー・スピアーズが、美しいビキニ姿を披露した。

    一時期は激太りした様子が伝えられていたブリトニーだが、近年は見事シェイプアップに成功して、かつての引き締まった体型を取り戻した様子。 35歳となったブリトニーはビキニ姿で様々なポーズをとっている動画をインスタグラムに投稿。「TGIF(Thank God, It’s Friday.)」とコメントを添えている。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2017/3/11 12:40 ハリウッドニュース
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170311-47588312-hollywn

    b1

    b2

    【ブリトニー・スピアーズのビキニ姿が凄い!シェイプアップして元通りに(画像あり)】の続きを読む

    o

    1: 2017/05/15(月) 10:53:28.14 ID:V+Evgl6u0
    120歳まで生きたいと口にしていた女傑オノ・ヨーコ(84)に幻覚型認知症が忍び寄っている。世界を股にかけるバイタリティも、 亡夫ジョン・レノンから引き継いだ巨万の富も、その侵食を阻むことあたわず。実弟による病状の告白が人生の無常を訴えかける。

    (中略)

    世界で最も有名な日本人のひとりであるオノ・ヨーコは、差し当たって病を養っている。彼女が、NYセントラルパーク西側の自宅アパート「ダコタ・ハウス」内で倒れ、近くの病院に搬送されたのは昨年2月26日のことである。

    「脳卒中」という速報が打電され世界中を慌てさせたが、息子のショーン・レノンが「脱水症状と過労。彼女は大丈夫」と否定し、その翌日、彼女は退院した。この騒動とは、病とは果たして何なのか。それを打ち明けてくれたのは、他ならぬ実弟の啓輔氏(80)。

    (中略)


    「姉の体調は良くない。良くないのは当たり前なんだよな。85歳になろうとしている人間がだね、“体調がいいです”なんてことは少ないよ」「DLBという認知症らしいんだ。本人も認識しているよ。尿漏れがどうとか忘れっぽくなったとか、そういったこと言いたがらない女の人がいるけど、姉はそのタイプ」

    (中略)

    「DLBは老化に伴って神経細胞が死んでいき、認知症などの症状が現れてくる『神経変性疾患』のひとつです。この疾患=認知症ではなく、認知機能障害で自立した生活ができなくなった状態を認知症と呼びます。DLBは認知症のなかではアルツハイマー病、脳血管性認知症に次いで3番目に多いとされています。高齢者の認知症のなかでは2桁以上の割合を占めているというのが私の実感です」と、東大大学院医学系研究科の岩坪威教授が以下のように解説を続ける。

    「いくつかの特徴的な症状があり、その1が幻視で、何もいないのに“犬がいる”と訴えたりするように、『ないものが見えてしまう』というものです。その2は、パーキンソン症状が合併症として現れることが多い。DLBが進んでパーキンソン症状が出ることもあればその逆もある。パーキンソン症状とは運動の障害で、具体的には動きが鈍くなったり手足が硬くなったり、震えが出たりします」

    また、気持ちの変動の強さも見逃せないポイントだ。

    「昨日は意識がはっきりしていてよく話していたのに、今日は反応がないくらいぼんやりしているといったことがあるんです。この点は、診断基準の1つに挙げられているほど特徴的な症状です。他には、起立性低血圧と言って、立ちあがった時にフラッとしてしまうとか、レム睡眠行動障害と言って寝ている間に軽く暴れたり大きな声を出したりすることもありますね」

    (中略)


    この病気は1976年、横浜市立大の小阪憲司名誉教授が発見したもので、その歴史が浅いゆえに予防策についてはまだ分からないことばかり。むろん、進行を止めることは難しいという。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00521109-shincho-ent
    息子のショーンと
    j


    【幻覚型認知症を患うオノ・ヨーコの現在がヤバイ】の続きを読む

    このページのトップヘ