アメリカ・フェレーラ、カンヌでの災難


アメリカ・フェレーラがカンヌ国際映画祭で災難に見舞われました。パレ・デ・フェスティバルで行われた映画『How to Train Your Dragon 2』のプレミアに登場する際に何者かがドレスの中に潜り込む一幕が見られました。










共演者らがすぐに男を引きずり出します。










男はウクライナ人タレントのヴィタリ・セディウクです。これまでにもウィル・スミス、アデル、ブラッドレイ・クーパー、レオナルド・ディカプリオら有名人たちに近づいて騒ぎを起こしています。


困惑を隠しきれないアメリカ・フェレーラをケイト・ブランシェットが慰めます。その後写真撮影が続行され、出演者や関係者らが改めてカメラの前に立ちました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

  1. 匿名

    べティ、災難だったね( 。゚Д゚。)

  2. 匿名

    ケイトのドレス、おもしろい。ケイト自身がこのドレスを希望したのかしら。

  3. 匿名

    最低の極みやな。
    ウクライナ人が騒ぎ起こすなら、ここじゃないだろう。
    ロシアにいってやってこい

Comments are closed.