ライアン・ゴズリングとルーニー・マーラが撮影中


ライアン・ゴズリングとルーニー・マーラが、テキサス州オースティンでテレンス・マリックの新作映画の撮影に臨みました。








 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加



まとめ連合



コメント

  1. 匿名

    ドラゴンタトゥーの女の子だね!
    見た目も雰囲気も全然違って新鮮

  2. ライアン・ゴズリングと言う男

    ハリウッド俳優の中で1番ライアンが好き.演技も上手いしラースとその彼女.ブルーバレンタイン・最後の花火と共に映り消える幸せだった頃のライアンとミシェルの姿にはジーンっときてしまい涙がとまらなかった、結婚式の映像も良かったからライアンがラスト家を出ていく後ろ姿を見ながら戻ってきてミシェルとやり直してと画面に向かって言ってしまったほどでした、幸せの行方は実話をもとに作られた映画なのですがライアンは小さい頃母親を自殺で亡くし母親が死ぬのを目の前で見ていてそのショックからトラウマを抱え妊娠したキルスティンに中絶をするよう言ってしまいます、子供が自分のようになるのを彼は恐れていたからです、だから父親になるのも子供を作るのも彼は拒み続けました、優秀な弟との確執や嫌々ながら継いだ父親の仕事をやりながら彼は毎日不安や苦しみを抱えて日々を過ごし彼は人格を突然変え冷酷で謎の多い役を演じます、その中で現在までキルスティンは行方不明の妻を演じています、後半のライアンの女装姿や隣人のおじさんとのやり取り老いた姿もいいですね.どれも凄く良かった.共演女優の奥さん役をやった「ミシェル・ウィリアムズ・ブルーバレンタイン」「キルスティン・ダンスト・幸せの行方」の二人も素敵でした、彼の演技で1番注目されるのはやはり目ですね、その時その時の場の雰囲気や感情を台詞じゃなく目で表現し訴えかけている姿は目を見張るものがあり見ている人を熱くさせる独特のライアンにしか出せない個性を彼は持っていますね、情熱と冷静さを上手に使い分けているので酷い夫や謎めいたシリアスな男や優しい男性の役も彼はとても上手いです、役に入り込んで自然体で演じているからなのか違和感が全くない.画面に釘付けになって魅入ってしまうほどの魅力とオーラを持っている役所さんですね.今1番注目されていると言っても過言ではないし、輝きが半端ない.ジェームズ・フランコも好きだけど彼は何時も悲しそうな目をしているからまあそこが彼の魅力なんですが「トリスタンとイゾルデ」はロミオとジュリエットのような物語で最後に川岸でトリスタン役のフランコがイゾルデの前で死んでしまうのだけど彼の悲しい目で演技する姿に勝る俳優はいないってほど悲しみを表すのが上手い最高です、でもやっぱりゴズリングがNo.1です、「私の中で」 まだ日本に一度も来日したことがないけど何時かジョニー・デップのように毎年1回のペースでいいから来てほしいな、映画雑誌Screenの表紙も何時か飾ってほしいな、最新作ドライブは来週TSUTAYAで借りて見ようと思います、ライアンは20年に一回でるかでないかの逸材です、彼は素晴らしく素敵な俳優です、実際の彼は性格もいいですからね、一度見たらまた見たくなるほど応援しファンになってしまうと思います、ここまで長文を読んでくれた人へ感謝します、ではまたどこかで

  3. 匿名

    ライアン・ゴズリングのよさが今まで
    サッパリわからなかったけど、
    「drive」見て完全にやられました。
    これは何の撮影だろう?日本で公開されますように!!

Comments are closed.