エイミー・ワインハウスがマーク・ロンソンと一緒に曲作りに入りました。作詞についての打ち合わせが深夜にまで及んでいるようです。また、自前のスタジオを購入したとも伝えられています。