旅に出たら人生が変わったからお前らも行け

1: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:41:56 ID:6ut
人生って小さな事が積み重なって変わって行く。

嘘のような話ですが、先月大きな節目を迎えた記念に。

書き溜めてありますので淡々と投下して行きます。
2: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:42:58 ID:6ut
2002年夏

自分は三年連続となる自転車の旅の準備をしていた。今回の目的地は無く、期間も1週間から20日くらいと言う大雑把な感じ。テーマは

【風の吹くまま気の向くまま】

今日は昼過ぎ迄寝ていた。出発の初日からグダグダだが、前期試験が直後なので少し位だらけていても良いだろうと早速適当だった。
3: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:44:00 ID:6ut
曇天模様、しかし雨の降らなさそうな自転車旅行には最高の条件。荷物を載せ、柔軟体操をしてから自転車に跨り、ペダルを漕ぎ始める。

普段走り慣れている道は不安もワクワクも特になかったが、良いペースで新札幌駅を通過した。

その時パンクした自転車と、その横にガードレールに背中を預けたまま下を向いて地べたに座っているチャリダーを発見。
4: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:45:19 ID:6ut
ロン毛、金のような茶髪。極力関わりたくないギャル系。とはいえ自転車屋が近くに無いので声をかけてみた。

「パンクですか?」

ビクッΣ(゜o゜;)

あ、外国人だった。

引用元



5: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:46:59 ID:6ut
(´・ω・`)△?÷◯□あうったー□+※

ロシア人か?どこか怪我したのか?全くわからなかった。

( ;ω;)!ヘルプ!

英語は話せるみたいだ。

「Are you OK?」
( ;∀;)おけー

「I fix your cycle、please wait a little.」
( ;∀;)きーとす


なんだかよくわからないが、多分お礼かOKって意味だろう。多分。
6: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:48:14 ID:6ut
自転車を近くのコンビニ前に移動する。タイヤを外し、チューブを取り出し、空気を入れてボトルの水をかけながら穴をチェックして行く。あった。ヤスリをかけ、パンク修理ゴムを貼り、叩いて…

作業中に気になったので聞いてみた。

「where are you from?」

(*´∀`*)すおみ!

「すおみ?」

(*´∀`*)!ふぃんらんど!
7: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:49:27 ID:6ut
話を聞いてみると千歳空港から来たらしく、この近くでパンクしてしまい、あちこち自転車屋を探したが結局わからず、疲れて休んでいたところだった。

チューブを戻してタイヤをつけて空気を入れる。ついでに自転車につけた荷物のバランスがバラバラなので付け直してあげる。

(*´∀`*)きーとす!

きーとす、お礼の言葉みたいだ。

(*´?`*)ノもいもーい

彼女はそう言って自転車に嬉しそうに跨り走りだした。

小さなバックを置き忘れたまま。
8: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:50:41 ID:6ut
「Wait !!」

気づいてない…急いで修理道具を自分のバッグに突っ込み、自転車で追い掛ける。結構速い!

しばらく追いかけ、信号で追い付く。

「Wait.」
Σ(・д・ノ)ノビクッ

バッグに気付くと
(〃゜Д゜〃)きーとす!

この娘…なんか不安だ。飲み物も見当たらないし。
9: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:52:20 ID:6ut
近くのコンビニで聞いてみた。

「Where do you want to go?」

(*´∀`*)しれとこ

見事に逆走してる。ダメだ。物凄いダメな娘だ。

「知床 is over there…about 500km」

(´・ω・`)あいやー…

あ、ショック受けてる。アイヤーって…ここは中国じゃないです。
38: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)06:14:30 ID:Aq9
>>9
あいやーでワロタ
10: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:53:21 ID:6ut
どうせ暇つぶしの旅だし、思い切って俺も久々に知床チャレンジしてみるか。

「May I help you ?」
(*´∀`*)いえす!

ノリと勢いでフィンランド人の手伝いをしてみることにした。

地図を広げ、旭川、北見、網走、知床で泊まり、観光。同じルートを戻って来るのが時間的にも良い事を伝える。

(`・ω・´)…←多分わかっていない。絶対わかっていない。
11: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:53:35 ID:lJE
2002年ていつの話やねん
13: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:55:12 ID:6ut
>>11
まぁ昔話です。だいぶ長いですがね
12: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:54:19 ID:6ut
「OK.I’ll support your travel.OK?」

(´・ω・ `)りありー?さんきゅー!

時間も時間だし、今から出発しても微妙な場所に行く距離になりかねない為、一旦我が家に向かう事にする。
14: 以下、からお送りします 2016/09/19(月)05:56:21 ID:6ut
道中

「Today, you have to stay my house.」

あ、黙った。そりゃそうだ。怪しいもん。

「Next day,We go to 旭川,about 120km.OK?」

暫く考えたらしく
(`・ω・´)おーけー。

そして我が家にフィンランドから来た旅人が泊まることになった。名前はスオミからとって一応スミーとしておく。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)