国内・海外芸能ニュース|ゴシップノート

2chニュースのまとめサイトです。話題の芸能人、海外ハリウッドセレブなどの芸能ゴシップ記事を配信しています。

    kiyo

    【野球】清原和博、懺悔の引き籠もり生活 大魔神・佐々木が明かす

    1: 2017/01/16(月) 19:42:37.73 ID:CAP_USER9
    ■銀座ホステスと交際中

    現在、清原はどのような生活をしているのか。 大魔神・佐々木主浩氏に聞くと、

    キヨは糖尿病と薬物依存症の治療のため、週1回通院するほかは、都内のマンションの部屋からほとんど出ない生活をしています。“俺は犯罪者だから”と、他人の視線に晒されることをとても怖れている。運動をしないうえに大量の出前を取るから、お腹もぷっくりと太ってしまいました

     精神的にも不安定なところがあるという。

    インタビューでは、子どものことを聞かれて涙ぐんでいましたが、自分と話していても同じです。キヨが一度、子どもの野球の練習を見に行くと、それ以降、子どもが練習を休むようになってしまった。キヨはひどく落ち込んで、一時は自分の電話にも出なくなりました」(同)

     しかし、その一方で、清原には再婚話も持ち上がっている。

     前出の知人が続ける。

    「清原は、20代でハーフの銀座ホステスと交際していて、逮捕前には大手芸能プロの会長に紹介し、岸和田の実家にも連れて行った。いまも、その関係は切れず、清原は金欠のため色んな人からのカンパで生活している状態なんですが、周囲には結婚すると明かしています」

     果たして、立ち直ることはできるのか。

     元近畿厚生局麻薬取締部長の西山孟夫氏が解説する。

    「テレビで見る限り、落ちるところまで落ちたという認識をしているようなので、回復できる見込みはある。ただ、危ないのは、大きなストレスに直面したとき。子どもとの別離が薬物に嵌ったきっかけなら、家庭を持つことも確実な社会復帰には必要かもしれません」

     嘘の懺悔とならないように……。

    ワイド特集「年を跨いだ無理難題」より

    週刊新潮
    2017年1月12日号 掲載
    http://www.dailyshincho.jp/article/2017/01160559/?all=1


    清原和博(49)さん、周囲のカンパで出前を食いまくる毎日・・・・・・の続きを読む

    mat


    1: 2017/01/15(日) 20:51:58.54 ID:CAP_USER9
    昨年末、葵つかさ(26)との二股交際が報じられた、嵐・松本潤(33)。女優の井上真央(29)とは10年来の交際とも言われていたが、すでに破局を迎えているという。

    ジャンル違いとはいえ、2人の「女優」と交際していた松本だが、そんな松本に近頃「尿潤」という新たなニックネームが付けられている。葵との熱愛報道により飲尿疑惑が浮上し、その結果今回のアンモニア臭漂うニックネームが誕生してしまったのだ。

    とはいえ、ネット上では「尿潤」以外にも様々なあだ名が飛び交った。「タク潤」「ケチ潤」「ゲス潤」「道尿寺つかさ」など、バラエティに富んだ名称が次々と飛び出す事態に。


    しかし最も定着率の高いあだ名はやはり「尿潤」のようだ。飲尿疑惑と結び付けやすいうえに、語感もしっくりくるからだろうか。

    女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」においても、ごく普通に「尿潤」の2文字が並んでいた。

    「尿潤、普通に新しいCMしててビビった」
    「もうMJじゃないね NJ(尿潤)だね」
    「2ちゃんで尿潤って呼ばれてて笑った」
    「尿潤が定着しちゃってる(笑)」
    「松潤のあだ名は飲尿大好き尿潤になったからヨロシクね!」


    もうひとつのニックネームである「MJ」まで「NJ」に変えられる始末であり、もはや飲尿疑惑の持つ改名パワーはとどまるところを知らない。また、「もう液体のCM全てNGだよ」「ビールが尿に見える」等、松本が出演するCMに対し嫌悪感を抱く声も挙がった。

    ビールはビール、尿は尿だ。が、これだけ「尿潤」という愛称が定着しつつあると、やはり商品に対するイメージにも大きな影響を及ぼしてしまうということだろうか。本人や事務所だけではなく、企業側も困惑しかねない状況と言えそうだ。

    かつて飲尿健康法という民間療法が流行ったが、あれはあくまで自身の尿を飲むものである。他人の尿ではアウトだ。疑惑は疑惑でも、「自身の尿を飲んだ」という疑惑であれば、むしろ健康に気を配る人間として、若干のイメージアップが図れたかもしれない。

    (全文はソースをお読み下さい)
    http://www.dokujo.com/entertainment/48324.html

    ★1 2017/01/15(日) 16:13:44.41
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484464424/

    【笑撃的】嵐・松本潤の新ニックネームがヤバイ!出演CMにも嫌悪感の声・・・の続きを読む

    koni

    1: 2017/01/15(日) 05:24:47.64 ID:CAP_USER9
    2017-01-14 16:36

     撮影から7年の時を経て、映画『トマトのしずく』がきょう14日に念願の公開初日を迎えた。この日都内で行われた舞台挨拶には、主演の小西真奈美をはじめ、吉沢悠、原日出子、榊英雄監督が登壇した。

     本作は、いじっぱりで素直になれない娘(小西)と口下手で不器用な父(石橋蓮司)との葛藤、絆、そして家族愛を描いたヒューマンドラマ。そんな小西が撮影時のエピソードとして“父の髪を切るシーン”を挙げた。
    薄い頭髪を意識して躊躇していた小西に、監督から実際に髪を切ってくれという指示を受けて、ハサミを入れたところ「思いっきり切ってしまって…、蓮司さん、ごめんなさい」と撮影後に平謝りしたそうだ。

     また、共演者の吉沢は小西をおんぶするシーンを思い起こし「7年前でよかった。いまだったらギックリ腰が癖になっているので、格好よくおんぶできないかも」と語り、出演者それぞれが7年越しの公開に万感の思いを抱えながら、撮影時のエピソードを語ってくれた。

     映画は渋谷シネパレスほか全国で順次ロードショー。


    ・映画『トマトのしずく』で夫婦役を演じた吉沢悠(左)と小西真奈美(右) (C)ORICON NewS inc.
    no title

    ・(左から)三浦誠己、杉山優奈、吉沢悠、小西真奈美、原日出子、榊英雄監督 (C)ORICON NewS inc.
    no title

    http://www.oricon.co.jp/news/2084513/full/


    ∥動画∥
    小西真奈美、7年越しの映画公開に万感の思い 映画『トマトのしずく』初日舞台挨拶 [oricon]
    https://www.youtube.com/watch?v=gaCpYAxyBrw


    【画像】小西真奈美の現在がこちら・・・の続きを読む

    kudo

    1: 2017/01/14(土) 10:24:58.98 ID:3qUl3BVp0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
    http://dailynewsonline.jp/article/1258876/

    木村拓哉の足を引っ張る?工藤静香の”インスタ開設”に批判の嵐

    昨年、“SMAP解散の因子になった”と騒がれた工藤。アカウント紹介文では「30周年ありがとう記念!ファンクラブ用」だと記し、原則的には非公開。「問題があったら直ぐ辞めます!」と宣言している模様だ。

    フォロワー数はすでに1万8千人以上を記録している(13日現在)。

    肝心の投稿はどんなものかというと、愛犬や工藤が作ったとおぼしき手作りの料理やケーキなどの写真の数々。日に複数投稿することもあり、今まであまり明かされることのなかったキムタク一家のプライベートが端々から伺える。

    「元々工藤は宝飾系ブランドを立ち上げたり、絵画を描いたりネット通信販売を展開したりするなどアクティブ。流行りのインスタも前々からやりたかったんでしょうね。 ただ夫があんな状況に陥っていたから去年は我慢していたんでしょう」(芸能関係者)

    投稿に対しては、ファンのポジティブなコメントがズラズラ並んでいるが“場外”ではブーイングの嵐。「ヤンキーババアのお洒落気取り」「私はキムタクの妻的な匂わせが感じる」「この人が紹介したらグリーンスムージーもカラダに悪そうに見える」「メリーのお見舞いの様子でもupしたら?」と辛辣な声が飛んでいる。

    「タイミングが最悪。SMAPが解散した直後の開設ですから、ファンからすれば気持ち良くないでしょう。本当に、わざわざファンの怒りの矛先を作ってどういうつもりなのでしょうか。 表にしゃしゃり出てこないことが木村への最大にサポートになるのに」(前出・関係者)
    【悲報】工藤静香が大炎上・・・の続きを読む

    このページのトップヘ